紀州街道信達宿本陣跡

長屋門

紀州街道は、古くは熊野街道とも呼ばれ、信達宿(しんだちしゅく)はおよそ九百年前頃より、熊野詣の人々で賑わっていました。特に市場村は白河上皇(1053年〜1129年)以後、歴代上皇の宿舎(御所)が置かれたところから、信達荘御所村とも呼ばれていました。後鳥羽上皇が熊野詣をされた、建仁元年(1201年)十月の、お供の歌人藤原定家の日記「後鳥羽院熊野行幸記」にも、往きの七日、帰りの二十四日、信達宿に宿泊したという一文が書かれています。

左奥の鉄筋二階建ての部分が、紀州のお殿様が入る、御成門(おなりもん)のあった場所で、明治四年(1871年)、市場村に渡された部分です。当時は役場で、御成門はそのまま昭和29年まで、残っていたのですが、公民館として建て直された時に、取り壊されました。今は、市場区の敬老会館になっています。

(通常) 非公開

当時の勝手門で、右手の二階建ての蔵の部分に、
人足の手配や、荷物の継ぎたてをする、人馬問屋
置かれていました。戦前(第二次大戦)までは、
当家の近辺の街道沿いに,黒鯛などの正月用品を売る歳の市が出て、大変賑わっていたので、市場という
地名になっています。

長屋門

(南から北を見る。)

(北から南を見る。)

写真をポイントしてください。

信達宿藤保存会へ
角谷(つのや)家

大阪府泉南市信達市場2072番地

大阪ミュージアム」登録物

大阪ミュージアムへ

角谷家、ホーム
  ページにようこそ

当ホームページは、マイクロソフトエッジには、対応していません。文字がばらけて
しまいますので、インターネットエクスプローラーでご覧下さい。

重要なお知らせ今年の信達宿の藤は、十日程早く、咲き始めてしまい、当家の特別公開も
六日間のロングランとなり、約1,900人の方が来られました。藤は、21、22日が満開の終わりで
後四日間に来られた方の中には、遠方から見えた方も居られ、本当に残念がって居られました。
こんな事は今までに、無い出来事でした。来年は予定通り咲きます様に、願っています。
お越し下さった方、また、公開にご協力頂いた方々に、御礼申し上げます。有難う御座いました。