利用になる前に
面会交流支援は、同居親 別居親 双方の合意が必要です。
また、お子様が面会交流を拒否されている状況ではご利用をお断りしています。

事前面談


ご利用を希望される場合、同居親 別居親 双方に、当所スタッフ支援相談員が事前面談を行わせていただきます。

事前面談の場に、親双方が同席する必要はありません。また同日である必要もありません。

必要に応じて、お子様の同席をお願いする場合があります。

事前面談で、ご利用方法 ご利用の同意 規約の了承を確認させていただきます。

会員登録書、利用契約書に署名もしくは捺印し提出していただきます。

審査の上でご利用可否をご連絡いたします。

同居親別居親双方ともに事前面談を終了し、利用申込書をご提出いただいてから、ご利用までの最短日数は約7日〜10日となります。

事前面談申込書ご希望の方は、当STUDIO 提携法律事務所 弁護士にご連絡ください。


事前面談でご用意いただくもの
記入済みの事前面談質問票 (調停等でご利用同意がなされている場合には)会員登録書 利用契約書を当日にご提出いただいても結構です。
事前面談費 各5500円 同居親別居親双方で11000円必要です。
印鑑 
調停等で和解事項に面会交流利用の記載がある書面をお持ちの場合は、必要部分のコピーをご持参ください。