ご利用規約 面会交流支援初回ご利用時の規約です。交流支援中断等による解約後再利用時規約とは一部異なります



面会交流にあたり下記の行為は会員規約により禁止しております

@お約束の時間は厳守していただきます。

A事前取り決め、調停和解事項がある場合は、最優先で厳守していただきます。

Bお子様を伝言係にしないでください。 面会交流の場をもう一方の親に対するメッセンジャーとして使うことはおやめください。
また、子どもに対してもう一方の親の状況を聞く行為もおやめください。
子どもは、面会が自分のために行われているのではないのだと思ってしまいます。
 
例 
養育費の支払いが遅れる または滞っているなどの催促督促
面会交流時間の延長 回数の変更など事前取り決め 調停和解事項の変更など

C子どもを情報収集行為に利用しないでください。
  
例 
相手方が再婚したのか? 相手方に同居中の第三者がいるのか?など
相手方が再婚していた場合、家庭内の状況などを聞き出そうとする行為。

D事前取り決め場所以外への移動、同行スタッフに連絡 許可なく移動する行為 
これらの行為は連れ去りとみなし、以降の支援をお断りするとともに、他の支援機関、裁判所、警察等からから照会があれば情報提供する場合があります。

E相手方への感情(怒り 愚痴)態度等は絶対に子供の前ではおやめください。

F取り決められた面会日時は厳守してください。
ただし、緊急入院 緊急外来受診を必要とする急病 突然のご不幸など特別な場合は除きます。

やむ負えない事情で面会交流が行えない場合
原則として、面会交流のキャンセルは面会交流当日を含めた3日前までにご連絡いただくことになっています。
また、面会交流当日を含めた3日前までに支援費用のお支払いが確認できない場合(無連絡)は、自動的にキャンセルとみなします。

G面会交流中の様子(写真 文章など)をSNSなどの不特定多数が閲覧できる可能性のあるものへの投稿は厳禁しています。
万一、これらの行為が確認された場合は、理由の如何を問わず支援中止 また会員資格取り消しとなり、
他の支援機関から面会交流支援中止の理由等問い合わせがあった場合は、重大な規約違反として報告いたします。

H面会交流支援費用は、規格に基づき面会交流当日を含めた3日前までに所定金融機関へ振り込んでいただきます。 
面会交流支援料金は、当日スタッフへの手渡しはお断りしております。
(ただし交流支援1ご利用で、有料施設への入場料 当日の交通費などが発生する場合は、発生する諸費用のみスタッフへの手渡しとなります)






(面会交流支援をお断りするケースについて)
面会交流は、同居親 別居親双方の合意に基づいて行われるものです。
したがって、同居親 別居親のいずれかが面会交流を拒否された場合、支援の一時中止 あるいは以降の支援をお断りいたします。

また、お子様が面会交流を拒否された場合も同様となります。

面会交流支援組織は裁判所 法律事務所ではありません。面会交流を促す行為は弁護士法に定める非弁行為に抵触する可能性がありますのでお受けしておりません。


以下の事例もしくは類似事案が発生した場合、支援の一時中止 以降の支援をお断りいたします。

1 お約束の時間が度々守っていただけない場合
2 スタッフに対する暴言 脅迫 などの行為
3 その他、利用規約に反する行為 ご利用契約書に記入された事項に悪質な虚偽が発見された場合

?OMI-VISITS