(コラム、ブログ)




ブログに変わりました →  のりたか の ひとりごと


第185回 Column
(2011/11/30)


「最近の色んな事を・・ 」

この前、 床屋さんでライブありました。
床屋さんなのに、特別コーヒー教室が開催され、そこで演奏。
そこの床屋さんは、変わっていて、ちょんまげ和服。
奥さんもいつも和服。すごいです、粋なんです。
お菓子職人のさくらぼんちゃんが、CDジャケそっくりのケーキを作ってくださり、お涙ちょちょぎれました・・・

ケーキ→さくらぼんちゃん http://niconicosmile.shiga-saku.net/

それから、
この前できたCD「あの娘のところまで」が、Amazonで買えるようになりました。
Amazon、便利なので助かります。
http://www.amazon.co.jp/dp/B0068ZF5BU/

最後に、
ずーっとライブさせてもらっていた、セカンドハウス堅田店が、12月27日で閉店することになりました。
ここは毎週やってたし、新曲できたら試してみたり、ライブ録音してみたり、
ゴハンやケーキ食べさせてもらったり〜色々お世話になったところです。
何だか寂しいのですが、しょうがないです・・・「今まで、ありがとな」って言ってあげたい。


第184回 Column
(2011/10/27)


「トレインーサブレ」
この前10/23、近江八幡の尾賀商店でCD発売ライブしました。
たくさん来て頂き、ホントありがたかったです・・ハート

ライブ途中の休憩にお茶を出しました。
そのお茶菓子として出したのが、トレインサブレ。
精進菓子屋のジェントレコさんが作ってくれました。
http://gentle-co.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/train-sable-e71.html

CDに電車の曲があるんですが、
歌詞の一部を英訳してイラスト書いて、サブレにしてくれました。
これ、たまげました。ありがたい。
食べるのがもったいないお菓子。でも食べると、めちゃウマイお菓子。

尾賀商店の皆さんには、お世話になってばかりです。
今年の春、尾賀商店のクラフトショップ咲sacra楽、長田翠さんから
「森本さん、CD作りましょうよ」って言われて、
CD作る事になりました。翠さんの力、大きいです。ありがたや・・・

ライブには、近隣のカフェのオーナーさん、
酒遊館のオーナーさんも来ていただきました。
何たって「サイケデリックスペース酒遊館」だもんね。 ありがたや・・・


第183回 Column
(2011/10/13)

CDできました♪

久しぶりCD作りました。
森の中、夜の公園、キッチン、カフェ・・などで録音したものが入ってます。
弾き語りのアルバムです。
滋賀のエキスみたいなもの、少し入ってるような気がします。

「あの娘のところまで」森本のりたか
9曲入り、2000円(税込)
https://noritaka.shiga-saku.net/e728167.html

急に作る事になったので、バタバタしましたが
色んな方の協力や意見を頂いて、作ることができました。
ありがとうございましたムード

ジャケ印刷やプレスをお願いした会社が不思議なところでして・・・
デザイナーの馬場さんが見つけてきたんですが、
横浜で、普段は美容院をやってるところなんです。
美容院やりながら、レーベル運営やCD制作をやってる感じ。
なんか、ステキ。いい感じの雰囲気。



第182回 Column
(2011/9/27)

「キモイ」

いつもライブを録音してる。
後で、チェックするためなんやけど、
自分の喋り方がキモイ・・。いつも思う。

標準語だからか。
どうすれば、関西弁(滋賀弁?)話せるんやろ?
関西圏で活動するのに、標準語で喋ってるのは、どうなん?

東京で関西弁は○やけど。
大阪で標準語は×って感じ?
×まで行かんでも、テンション下がる↓

そう、テンション下がる感じ。
さがるわー


「キモイ」で検索したら出てきた・・
iPhone充電ケーブル
(YouTube)

http://www.youtube.com/watch?v=d2tpSCVVujc


第181回 Column
(2011/8/29)

「黙々と レコーディング・・」

10月にCDを出す予定です。
ジャケットの絵は、ひらやまなみ さん。
版画作家の方です。滋賀で活躍されていて、企業の公告などされてます。

写真から、柔らかい穏やかな雰囲気が漂ってくると思います。

デザインは、馬場和実 さん。
古い古い外国の赤い車に乗ってます。いい車です。
自分でも絵を書かれます。写真もやるし、マルチです。

音は僕がやってます。 まだ録音してます。
録ってみては、ボツにして・・
メモ書きみたいなのを、何とか、9曲にまとめてます。
弾き語りのアルバムです。

自分なりのこだわりがあって
機材のこだわりです。
アナログっぽい、チープなものが好きです。

最近は品質の良い、マイクとか、ケーブルとか、弦とか
いい機材がたくさんあります。
音の分離もよく、ハッキリしてます。

僕は、キレイな音が苦手で、
機材もアナログで、チープなのが好きです。
音がハッキリしないので、音がにじみます。

昔の機材って精密でなく
アナログだし、にじみます。
昔の音にしたくて、黙々とやってます。

にじんだ音が好きなんです・・
水彩画のような感じ。


細野晴臣さんの今年春に出たCD「HoSoNoVa」の中から (YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=zkqkcYeQSAc


第180回 Column
(2011/7/25)

「アナログ〜デジタル」

テレビ放送もデジタルになる。何でも、だんだんデジタルになる。
時代の流れだから、しょうがない・・・

でもいまだに、アナログなのが好き。
アナログなモノで育ってきたから。安心する。

アナログ脳、デジタル脳ってのもあって・・・
白黒はっきり分けて、数値化するような生き方は、デジタル。
白黒の中間で、感覚的に生きるのが、アナログ。
人の生き方も、だんだんデジタル化してるのかな。

アナログの音が好き。
温かくて、柔らかで、耳に痛くない。
にじむ音というか・・白黒くっきりしない音。
レコードの音、カセットテープの音、大好き。
(〜といいながら、iPodも大好き、便利)

ライブでも、どうやったら、レコードのように聞かせられるか・・・そればっかり考えてる。
会場に溶け込む音、にじんでゆく音。ゆるく流れる音。

レコード擦り切れるぐらい聞いた・・・「Sparkle」山下達郎(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=3YKTe5xOv54


第179回 Column
(2011/6/29)

「お茶会ライブ」
いつもと違った雰囲気で〜ゆるりと。
お茶会ライブ、またやる予定です☆

この前もやりました。
ケーキ食べながら〜お茶会ライブ。

「眠くなるかもしれないので、眠くなったら、どうぞ寝て下さい」っていうたら、本当に寝てた人が何人かいた。
いいのか、わるいのか、よくわからない・・・

月に1回ぐらい、場所変えながらやる予定〜
次回は、小川珈琲っていうところ。珈琲、とてもウマイですコーヒー
おいしい珈琲飲みながら、ゆるり〜といかがでしょうか。

7/5(火)start.PM10:30〜12:30
ライブチャージ1000円(+ワンオーダー制)要予約〜
小川珈琲 堅田店 2F
Tel. 077-573-6553


こういうのもやります・・・浜田真理子「のこされし者のうた」(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=zt1sLd5vPu0

第178回 Column
(2011/5/21)

「CD製作中」
久しぶりに、ちゃんとCD作ってます。

ちゃんと作ってるといっても、
ハンディレコーダーで簡単に録ってるだけ。
ギターと歌のみ。

秋に出す予定です。9曲入りですハート

サイケで、アンビエントな感じで、
ミニマルにしたいけど。 たぶん・・聞きやすい感じになると思います。

↓こういうの、いいなぁ。 Vashti Bunyan session - Lately
http://www.youtube.com/watch?v=KdgT1i1LYlU


第177回 Column
(2011/4/27)

「これでいいのだ」
小さいころから、記憶力が悪くて、
憶えても、すぐ忘れる。

あと、複雑なことに弱くて
たくさんの事を一度に言われると、クラクラする。

昔は、「自分はダメなんだ」と思ってた。「社会で戦っていくにはー」とか
でも、だんだんと開き直ってきて、複雑なことには、自分から頭を突っ込まないようにした。

「出来ないことは、もういい。出来ることだけをやろう」

そんな感じで、最近は生活してる。
別に困ったこともない。毎日、ゴハンも食べられる。
音楽も出来てるから、これでいいのだろう。

ちあきなおみ 星影の小径(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=JkoQ0QooWsg


第176回 Column
(2011/3/28)

「越える」
家から、三上山が見える。近江富士って呼ばれている。
朝、いつも〜じっと眺める。
3月は色んな事があった。みんな大変だと思う。
三上山は、いつものように穏やかだ。

色んなことあっても、越えて行くしかない。目の前に山が立ちはだかれば、越えて行くか、回り道をするか。
僕は、音楽を続けて行くしかない。
夢は90歳まで。ヨボヨボで倒れそうなのに、いい音出してる〜ってのが希望です。

3月に初めて、尾賀商店っていうところで演奏しました。
木版画「ひらやまなみ」さんのイベントで演奏させてもらった。

いいところでね。心地よいんです、本当に。
音楽を続けていたから、たどり着けたような場所。
そんな〜素敵なところ。

アラブのシンガーソングライター Souad Massi - Khalouni (YouTube) 好きだわー
http://www.youtube.com/watch?v=Qs-9tldPsRw


第175回 Column
(2011/2/27)

「かっこ悪い〜かっこよさ」
昨年末の紅白の桑田佳祐。
紅白で、ボブ・ディランみたいだった。

日本人が、ボブ・ディランすると、何だかカッコ悪いが、
彼のディランは、カッコ良かった。

やれることが幅広い。時に洋楽ロック、歌謡曲に、そしてディランにも。
ミュージシャンって、だいたいカッコつける。
カッコつければ、つけるほどに、カッコわるくなる。

彼には、かっこ悪さを演じて見せる余裕がある。 軽く下ネタも、ギャグもいけちゃう。
デビュー時には、ギャグセンスを買われて、いかりや長介から、ドリフターズ加入の誘いを受けた〜という。
なんてステキな話。



桑田佳祐 BORN TO BE WILD/BLOWIN' IN THE WIND (YouTube) 

https://www.youtube.com/watch?v=TsuQAWCAxrs



第174回 Column
(2011/1/31)

「ゴージャス」
ゴージャスな時間・・・。

人によって違うのかしら?

温泉っていう人もいるし。晩酌っていうのもある。
夜のお姉ちゃんの店が好き〜って言う人もいる。
ゴルフってのもある。ドライブってのも。

僕は、ライブの時間と、デザートの時間。
これ、最高の時間ハート

山田養鶏場が作った絶品シュークリーム「仰木の卵シュー」食べながら、 コーヒーを飲む。
琵琶湖を見ながら、音楽を聴きながら。

今日のBGMは、「musette」  こんな音楽作りたい
http://www.youtube.com/watch?v=eCkpZxS7hd4


第173回 Column
(2010/12/31)

「嘆きのボイン」
年末に書くことでもないけど・・・ハート

むかし、サラリーマンやってる時のあだ名は、「ボインちゃん」だった。
何でか意味は、わかりません。 飲んでるときに、そうなってしまった。
だから、会社でいつも「ボインちゃん」って呼ばれていた。

上司に「おい、ボインちゃん」って言われると
僕は「はい」って返事してた。
そのうち、得意先にも言われるようになってしまった。
でも得意先の人は遠慮して「ボインくん」と呼んでくれた。

個人的には、ボインの女の子より、足がスレンダーな女の子の方が好き〜。だからといって、ボインの女の子が嫌いか?と言われると・・・そんなことない。
それでは〜良い年をお迎えください。


月亭可朝 - 嘆きのボイン(YouTube) 
https://www.youtube.com/watch?v=wpvaI6DUAyA


第172回 Column
(2010/12/30)

「エネルギー」
今年は、ライブのCD出すことが出来た。
今までライブ演奏って自信なくて・・・録音する気にもならなかった。

でも、一夜のライブに込められた「内なるエネルギー」みたいなのを、そのままパックして、
届けられたらステキだな〜って思えるようになった。
カフェのライブなので、子供の声や、食器の音など色々入っている。それがまた音の風景を作ってくれている。

音楽をやっていくにしたがって、気持ちも変化していく・・・
来年は、どんな変化があるだろう。その変化を、大事に歌っていきたい。

来年も、どうぞ・・・よろしくお願いします〜

ショーン・レノンと恋人のシャーロット・ケンプ・ミュールが組んだユニット
The Ghost Of A Saber Tooth Tiger
(YouTube) 

http://www.youtube.com/watch?v=Cv2vcwFDbs8


第171回 Column
(2010/12/15)

「夢のお話」
最近、良く見る夢がある・・・

ウルトラマンの夢。 何度も見るので、???なのだ。
あらすじは↓


ある日、いつものようにゴハン食べていると、琵琶湖の上空から光の玉が流れてくる。
家の中まで入ってきて、光がウルトラマン・ゾフィーに変わる。

ビックリしてると、ゾフィーが、「君は、ウルトラマンになりたくないか・・・?」と聞くので、僕は、「なりたい」っていう。

するとゾフィが、チロルチョコをくれる。「これを食べると君もウルトラマンだー」っていうので、早速たべる。

すると身体がデカクなる。目の前に怪獣が現れる・・・
ビックリした僕は、とりあえず逃げる。逃げる。怪獣が追ってくる。

逃げてると、目に前にギターが出てくる。しょうがないので、座って弾き語りをしだすと、怪獣があっけにとられて立ち止まる。

しばらく聞いていた怪獣は、「あんた戦う気あるんか? ないなら、オイラは腹減ったから、星に帰るわ・・」といって帰ってゆく。

それを見て、僕は「あー、良かった」と思う。

ウルトラセブン(YouTube) 

https://www.youtube.com/watch?v=iCuz2D7br78


第170回 Column
(2010/11/20)

「美人」
滋賀に住んでるけど、
道歩いていたら、美人をけっこう見る。
そういう日は、ラッキーディと呼んでいる。

たまーに神戸に行ったりすると、キレイな人がたくさんいるもんで、 ダブル ラッキーディになる。

演奏してる時、お客さんに綺麗な人がいたら、
「よろしい。あなたのために、今日は歌いましょう」 って思う。 男は単純です。


Kimono de BLUES 静沢真紀 (YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=33J15nBXVXw


第169回 Column
(2010/10/29)

「声」
声ってスゴイよね。
喋る声・・・歌う声。
声がいいと、何でも許してしまう。納得してしまう。

秋になると、「スピッツ」聞きたくなる。
草野マサムネ氏の声って、優しくて強い。
倍音が多いから、ハイトーンでもうるさくない。シルクのような手触り。

だから、どんな曲だろうが、あの声がのっかると、満足。
歌詞もメロディーも、勿論〜素晴らしいが、僕にとっては、あの声だけで、満足なのだ・・・

Spitz - 惑星のかけら (YouTube)

https://www.youtube.com/watch?v=MbjW97LTHX8



第168回 Column
(2010/10/23)

「爆音なのに弾き語り」
ニール・ヤングの爆音ギター弾き語りアルバムが出た♪

YouTubeにて弾き語りの映像付きで全曲アップロードされてる。
プロデュースは、ダニエル・ラノワ。
音像が独特なので、このエコー感が好きかどうか、好みだと思う。
昔のU2みたいな感じ・・・でもちょっと、サイケ。

ニール・ヤング・・いつも怒ってるし、毎年のようにCD作ってる。すごい人だわ。


Neil Young - Le Noise - The Film (YouTube)

http://www.youtube.com/watch?v=wU5B53b9ntQ&feature=player_embedded


第167回 Column
(2010/9/28)

「シトロエン」
今度、車のるなら、
シトロエンがいいと思ってる。

シトロエンDSって、
ムシみたいな・・・宇宙船みたいな・・・
その変な形に心おどるハート

変な形の車にギターをのせて、全国まわりたい。
夢よね〜男のロマンよね。
(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=szVmChpLQvQ


第166回 Column
(2010/8/26)

JACKET 「ジャケ買い」
CDのジャケットは大事。
けっこうジャケットで選んだりする。

試聴してもジャケがイマイチだと、買わない。
ジェケいいと、わりと中身も良かったりする。不思議ね。

9月に出る「くるり」の新作、ジャケ好き。祭りの後〜って感じで、しんみり懐かしくなる。

女の子も見た目が大事かというと、どうだろ。
「いやー中身が大事だよ」って言いたいところだが...
ジャケットとは関係ないか・・・いやあるか。


第165回 Column
(2010/8/20)

「パパより」
Jakob Dylanって、スキやわ。
見た目、声、たたずまい、雰囲気〜。
僕が女なら、確実にホレてまう。

パパのBob Dylanも、もちろん好き・・。
パパとは違う魅力がある。

親子で、いい音楽作っている。

Jakob Dylan on Letterman(YouTube)

http://www.youtube.com/watch?v=8cFZfaziYEk&feature=player_embedded



第164回 Column
(2010/7/29)

「演歌」
演歌みたいに
音楽をやりたい〜といつも思っている。

どんな曲をやっても同じ感じに聴こえるような・・・
でもすごく深みがあるような・・・
ずっと流れていくような・・・

同じに聴こえるけど、心地良さみたいなモノが持続していく〜
そんな音楽をやりたい♪

美空ひばり「悲しい酒」 (YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=zi1yedKi3FE


美空ひばり「都々逸」 (YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=6shhlj-j1No


第163回 Column
(2010/7/15)

「カロリーなメイト」
カバンの中に必ず入ってる
カロリーメイト。

高校生の頃からずっとハート
部活の前にポリポリ〜

社会人なっても
仕事の合間にポリポリ〜
演奏の前にもポリポリ〜

ずっとポリポリ〜してるのに飽きない
不思議な食べ物・・・すきなんだ

鈴木えみちゃんのCM・・・ (YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=JHyhtfmrUws&feature=player_embedded


第162回 Column
(2010/6/24)

「くるま」
もう、10年以上のってる。
どんどんボロになってきて、色んなところ壊れてる。

でもスキ。
ギブソンのオールド・ギターみたいな感じ。

色が好き。エンジンの音が好き。顔すき。
ずーっと、いつまでも乗り続けたい。

新品で買ったときから、ちょっと古い感じ。
なので、今もそんな感じ。そんな感じがいい。

Derek Trucks - オールド ギブソンSG で極上のトーン聞かせる
Derek Trucks Awesome Slide Solo(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=DHRY6JnkIm4

第161回 Column
(2010/6/11)

「いたくない」
エレキで、こんなんするとスゲー痛い。
アコギだと、すごーい・・ってなる。時代なんだろう。

オーストラリア、サーフ系の19歳ギタリスト&シンガーソングライター「キム・チャーチル」
なぜか、さわやかのイケメンなのだ。

Kim Churchill - Live at Byron Bay Blues and Roots Festival (YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=MtUc3WqSoG4


第160回 Column
(2010/5/25)

「芸名つけるなら」
自分に、もし芸名つけるなら・・・
ずーっと、つけたいと思ってる名前がある

「ピストン森本」

なんかB級 っぽくて、アクティブな感じする。

クレイジーケンバンド、好き。 
髪の毛が薄くても、顔にツヤがあってセクシー。かっこいい。
こんなオヤジになりたい。


昼顔/CKB (YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=tkSd4kwlJos&feature=player_embedded


第159回 Column
(2010/5/13)

「Tim Buckley」
YouTubeって、ホンマにありがたい。

Tim Buckleyなんてライブ映像ないだろ?
って思っても、ちゃんとある。

Tim Buckleyすきだ。 ジャズとフォークが混ざってる。ステキ♪
40年前にこんなん、やってたんだなぁ。


tim buckley - happy time (YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=J3DjRHaXW44&feature=player_embedded

Tim Buckley - I woke up (YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=J2GEzbg-YfU&feature=player_embedded


第158回 Column
(2010/4/27)

「空気」
うちに1本だけある、小さい桜の木。
今年も綺麗に咲いた。うっとりした。

桜みてるとゴハンが美味くなる。
桜みたいなミュージシャンになりたい。

聞いてるとゴハンが美味くなるような。
空気さえも変えてしまうような〜うっとりするような。

そんなのいいな。

David Ahlen - スウェーデンの人、日本でCD出てない、 歌の力が強い、場の空気が変わる強さ
We Sprout In Thy Soil (YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=XUF2KZrjApk


第157回 Column
(2010/4/17)

「ドレイク☆フリーク」
YouTubeで、 ニック・ドレイクを良く検索する。

本人が演奏してる動画はないけど、カバー演奏してる人は、たくさんいる。これが良かったりする。

「おー、スゴイいいやん」「かっちょいい〜」「わかってるわ」
〜と勝手な独り言いいながら、興奮している♪


(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=qO2o42H_YBg&feature=player_embedded

(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=SFSMjchSVeo&feature=player_embedded


第156回 Column
(2010/4/11)

「ボケとツッコミ」
ボケとツッコミのある音楽家がすき。ハート

ボケは歌、ツッコミは楽器。
これは弾き語りとかの場合やけど〜

クラシックの場合は、
ボケが、顔の表情や動作。ツッコミは楽器演奏。
顔の表情は、とても重要やと思う。


おおはた雄一 氏 は、 このボケとツッコミが素晴らしい。
歌で物語を語り、ギターがメロディを奏でる。 素敵なんです。

かすかな光 / おおはた雄一 (YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=8EFydN-a5l8&feature=player_embedded


第155回 Column
(2010/4/4)

「ブートレグ」
ブートレグ(海賊版)って好き。不完全だから、逆にキレイに見えてくる。

自分のCDを久々に作ってみた。
ライブCD。

いつも歌ってるカフェで録音したもの。
そのまんまなので、お客さんもザワザワ〜していて、
ブートレグのよう。

1. Strawberry Fields Forever
2. チェリー
3. Moon River
4. 時がたてば
5. The Rose

カフェには色んな人が来るので、演奏がうるさくてもいけないし、聞こえなかったら意味ないし、そのバランスが難しい。
アナログレコードの音が何となく聞こえてくる〜ぐらいの感じで、いつも演奏してる。



第154回 Column
(2010/3/17)

「わるい音」
わるい音が大好き。

最近のラジオとかで、かかる曲は、本当に音がきれい。クリアー
歌の音程も修正してるからピッチもずれない。
リズムも狂わない。

たまーに、音の悪い曲、ピッチがずれてる〜リズムがもたってる曲なんか聴くと、すごく興奮する。人間味ある。
いけないものを聴いてしまったような幸福感があるハート
歌の音程なんて、外れそうな〜合ってるようなギリギリのところが、一番美しいと思ってる。
そういう音源、自分でも作りたい。

ヴィンセント・ギャロのWhenというアルバムすき。 ヘロヘロ〜具合が何ともいえない

john frusciante と vincent gallo の Light My Fire (YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=Nj5dXJIXcOQ&feature=player_embedded

We Sprout In Thy Soilvincent gallo - brown bunny のサントラより
john frusciante - falling
アシッド・フォークで、すごいサイケ
(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=6yb4VKo6vlg&feature=player_embedded


第153回 Column
(2010/3/10)

「最強?」
お笑い、スゲー。最強かもしれぬ。ハート

お笑いの人は、自分の不幸、生い立ち〜の不幸を
全部、ネタにして大笑いしてる。どれだけ不幸かで笑いをとってる。明るい。

普通、不幸な事あると、
「人生は、悲しみ〜♪」 みたいになること多い。

音楽やる人も、悲しみの人は、歌に出てくる。
聴いてる方も〜すこし悲しくなってくる。それがまたいいんだけどね

ジェフ・バックリィ をしみじみ聞く (YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=KK1UjkXDAJA&feature=player_embedded


第152回 Column
(2010/2/26)

「夜明けの歌」
心が汚れてしまった...
って思うとき、必ず聴く歌がある。

心が壊れそう...
って思うとき、必ず聴く歌がある。

ビューティフルハミングバードの歌には
雲間から差し込む光のような雰囲気がある。 すごい。

歌の力はスゴイのだ。
人を元気にしたり、頭をヨシヨシしてくれたり、スゴイのだ。
ボクはそんな歌の力を強く信じて、今日も歌っている。


ビューティフルハミングバード "眠っているあいだに(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=-1eni8vSovM


第151回 Column
(2010/2/25)

「くるくる」
くるり は、しぶとい。すごいなぁ と思う。
デビューして10年ちょっと。だいたいデビュー10年というと、もう消えているか、
なだらかにフェードアウトしていく感じが多い。目立たぬよう、だんだん上に上がっていくっ てのは少ない。
ガツーンと行ってしまうと、泡のように消えるのも早いので、本当に難しいと思う。
この辺は、計算してるのだろうか〜
この前、くるりとユーミンのコラボCDが本屋で売っているのを見て、上手いことやるんだなぁ・・と感心してしまった。

毎回コンセプトが違うアルバムは、アイデアだけで行ってるわけではないし、
これだけストイックにやってれば、メンバーが変わって行くのもしょうがないんだろうなぁ と思う。

ジム・オルークがプロデュースした、2枚目のアルバムから、ぐーっと引き込まれた。
FMラジオは、毎週聞いていた。そのラジオで、自分の曲が流れたとき、飛び上がって喜んだ。

ずっと頑張って欲しいと思う。自分のモチベーションにもつながる。やる気と勇気を与えてくれる。


くるり/HOW TO GO_live(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=CHfEHFBtHeA


第150回 Column
(2010/2/13)

「ふしぎ」
不思議な事って良くある。なんでだろ。
最近は怖くも何ともなくなってしまった。

テレビでオカルトみたいなのやってても、「だから何なのよ」 って思ってしまう。
「それより、植物が光合成で作る酸素の仕組みの方が、よっぽど不思議だ」
〜と独り言いいながら、コンビニで買った「うまい棒」食べてる。
どーして「うまい棒」がこんなにうまいのか、不思議だ。

イングヴェイ・マルムスティーン(ヘビメタ・ギタリストの神)は、どうしてこんなに手が動くのか? 不思議だ。
Yngwie Malmsteen - Trilogy suite OP5(YouTube)

http://www.youtube.com/watch?v=mGBwyKALXrA


第149回 Column
(2010/2/8)

「アマゾン」
ジュース飲むときは、
ダイドーの仮面ライダー・ソーダを飲む。
シャキーンと気分がなる。ライダーのようになる。

パッケージは何種類かある。写真は仮面ライダーV3。

ボクは、アマゾン・ライダーが好き。
何でかというと、知らない人が見たら、敵に見えるから。
それぐらいヤバイ感じがする。すれすれなのだ。
そこが好き。ハート

仮面ライダーアマゾン(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=VWE8I0-Pn8I


第148回 Column
(2010/1/30)

「胸キュン」
アメリカで、わずか数館から始まった上映は、
口コミで最終的に2千数百もの劇場へと拡大した〜「Juno」。
低予算だけど、アメリカで大ヒット。

今日、DVDで見た。
良く出来ていた。本当にいい映画だった。
音楽がまた良かった。
ラストシーン、恋人2人が弾き語りするシーン。
これが良い。

映画の中で、弾き語りするのって、グッとくる。たまらん。

Anyone Else But You (YouTube↓)ラストの弾き語りシーン
http://www.youtube.com/watch?v=nBDbUVXXp-U&feature=player_embedded


第147回 Column
(2010/1/15)

「高田漬け」
正月は、バーゲンに行って、家で高田渡のDVD見てた。

京都のUNITED ARROWSで買ったORIENTの時計。赤くてカワイイ。安かった。ハート

高田渡は、好きだ。
高田渡から色んな事を教わった。 バイブルのよう。

1、「とにかく1音目で評価が決まるから、そこに集中しなさい」

2、「歌が一番大事、歌が良くなるような演奏をしなさい」

3、「うまくならないことだね、うまくなると魂が宿らない、テクニックだけが立っちゃうんだ」

4、「わざと低いキーで語るように歌うんだ、そうすると伝わるから」

高田渡 ブラザー軒(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=dArOtb5V4Nc


141〜146回 Column (2009年)
135〜140回 Column (2008年)
123〜134回 Column (2007年)
107〜122回 Column (2006年)
95〜106回 Column (2005年)
80〜 94回 Column (2004年)
61〜 79回 Column (2003年)



もどる