活動報告

活動報告

第45回 京都府小学生将棋名人戦

 2月23日(日)9時30分、ひとまち交流館にて、全国大会選抜戦 25名、交流戦55名計80名参加により開催されました。北部大会参加者30名を入れますと110名の参加となります。(女子6名)
 以下の方が入賞されました。おめでとうございます。

 選抜戦 優勝:粂 聡一郎  準優勝:元井 遼   三位:平井 湧真・柏本 凌汰

 交流戦 優勝:南野 煌大  準優勝:小山 陽輝  三位:藤原 和真・奥村 隆太

 審判長:西田拓也四段 指導対局:小野巖名誉会長

 令和2年開催の大会は、新元号大会となるため運営は新しい改革を致しました。従来のメダルをやめて審判長の色紙を副賞とする。切れ負けを将棋をやめて10分30秒制に変更することにしました。

 過去には、全国大会で羽生永世七冠が優勝し、28回全国大会では西田四段がベスト4まで行かれたことは長年の将棋ファンであれば周知の事実だと思っています。数々の英才、天才を輩出した大会に京都の子供達の夢を砕こうとする強敵が出てくるとは夢にも思いませんでした。それは、中国の新年春節から一気に蔓延しだしたコロナ肺炎です。3月度は将棋連盟の100名以上参加の大会は全面中止、関西本部将棋道場も閉鎖。日本全体がイベント中止になりました。
 運営本部は、中止の決断をせまられましたがマスク、消毒用アルコ-ル設置等予防対策をとることで開催いたしました。参加者の保護者の方からのクレ-ムもなく体調不良になったとの連絡もなく、皆さんの暖かい応援に感謝しています。表彰式に参加者から拍手をいただいた時には、安堵と感激で胸が熱くなりました。

 次回の大会は、3月20日(祝日)ゼスト御池広場でのふたば書房杯でしたが、今の新型コロナウィルス事情により、延期とさせていただきます。
 
 4月29日(日)開催 女流アマ竜王戦、こども竜王戦を世界遺産御室仁和寺にて開催予定です。ご参加お願いいたします。
 

2020年03月06日

第49回全国支部将棋対抗戦・名人戦 第27回シニア将棋支部対抗戦

令和2年1月12日(日) ひとまち交流館にて名人戦17名、団体戦9チ-ム、シニア戦30名 計74名にて開催されました。

 以下の方が優勝されました。

 名人戦  野島 進太郎 (東山支部)

 団体戦  府庁チ-ムA

 シニア戦 奥田 進 (東山支部)

 西日本大会出場おめでとうございます。


  支部会員の皆さん、明けましておめでとうございます。
  令和2年京都府支部連合会の例会から年間行事のスタ-トとなりました。安用寺六段を審判長にお迎えいたしました。冒頭の挨拶にて、あと六勝で七段になられますと皆さんにお伝えいたしました。盛大に、秋には連合会主催の祝賀会を行えると思っています。
  新しく大会内容の変更は、今までの切れ負けル-ルから30秒の秒を予選からつけた点です。これにより運営としての時間はかかりますが、たたきあいの将棋から本来の内容のある将棋になると確信しています。

2020年01月21日

年末将棋まつり in 京都平安ホテル

 12月1日(日)京都平安ホテルにて、支部連合会会員の忘年会と将棋大会を兼ねて開催いたしました。
 以下の方が入賞されました。おめでとうございます。

親子大会優勝:中谷欽哉 亮彦  準優勝:所恵二郎 幾心

個人戦優勝:高山瞭貴    準優勝:岡本進作

 指導対局を森 信雄七段、中尾 修七段、野間 俊克六段、石川 優太新四段。山下 数毅奨励会4級の先生方にお願いいたしました。ありがとうございました。

 夕方からは、忘年会大パ-ティを開催いたしました。

 「将棋と忍者」が今回のテ-マです。

プログラムとしては

 1. 今年一年お世話になりました森先生への感謝。

 2. 石川新四段の京都お披露目の会

 3. こども竜王戦イン仁和寺での中学生の部優勝者・菊井慶樹君と山下奨励会4級の公開対局

 4. 時代劇俳優さんの忍者ショ-

 特筆する内容は、石川優太四段の魅力です。振り飛車党独特のぬらりくらりの返答で、的を得ているようで違う。この雰囲気がすごいです。大化けする可能性十分でした。


 来年度も行います。みなさん年末よろしくお願いいたします。


 今年一年ありがとうございました。
 いい年をお迎えください。

 来年1月12日の支部対抗戦でお目にかかりましょう。

2019年12月17日

第32期竜王戦7番勝負第二局仁和寺開催応援

  10月22日 京都オ-クラ前夜祭、23日~24日 第二局仁和寺にて開催されました。京都での大会にて連合会もお手伝いの応援をさせていただきました。

  まず、前夜祭にて9月開催されました子供竜王戦各クラス優勝者から竜王、名人に花束の贈呈を行いました。

  タイトル戦の当日には、運営から会場受付などの応援をいたしました。1泊100万円の場所は、まさに竜宮城の御殿のような雰囲気があり、宇多天皇のお軸の前は皇室しか座れない床の間。その下での対局です。今回内容的には、名人の攻めが勝った感があります。

  皆さんにうれしいご報告があります。

  9月15日に開催されたこども竜王戦の内容が、とてもよかったとの評価を仁和寺さんからいただき、来年4月29日第二回の大会を開催いたします。それと同時開催で女性の将棋大会を仁和寺さんで行うことを計画しています。«将棋大好き女子集まれ»の大会です。

  仁和寺さんの協力を得て、将棋は大衆文化から伝統文化への仲間入りを確実にしています。すこし賢くなった気がします。

 

2019年10月27日

こども竜王戦in京都仁和寺

 以下の方が入賞されました。

 おめでとうございます。

中学生の部:優勝 菊井 慶樹  準優勝 市川 開  三位 岡本 進作

小学生高学年の部:優勝 紀平 倖佑  準優勝 小沼 佳浬  三位 平井 湧真

小学生低学年の部:優勝 原口 孝成  準優勝 藤間 健太  三位 小幡 大智

超初心者小学生の部:優勝 小山 丈太朗 準優勝 松本 遼  三位 杉浦 旬

 

  写真にあるように、どの子供達の表情も真剣そのものです。いい環境下にいればしっかり技術は身につくと思っています。
  今回は、世界遺産の御室仁和寺の大広間を第32期竜王戦の記念事業として企画いたしました。

  中学生25名、小学生高学年57名、小学生低学年57名、初級者の部30名の169名の参加にて開催されました。引率の保護者の方をいれますと300名以上の来場となりました。各クラスの優勝者には、10月22日の京都オ-クラにて、竜王戦前夜祭にて広瀬竜王と記念写真をプレゼントいたします。あと12月1日(日)中学生の部優勝の方は、京都平安ホテルにて連合会主催将棋まつりにおいて奨励会の方との対局を企画しています。

  参加された方から次回開催の要望も多く、仁和寺といえば桜の時期に、すこし名前を変えた大会として恒例将棋大会にしようと協議中です。たのしみにしてお待ちください。
 

 

 

2019年09月25日
» 続きを読む