支部大会案内

第21回佐藤康光杯争奪将棋大会

  令和元年6月16日に、八幡市出身のプロ棋士で、日本将棋連盟会長の佐藤康光九段を迎えた「第21回佐藤康光杯争奪将棋大会」が八幡市文化センター小ホールにて開催されました。大会には八幡市内外からアマチュア棋士249名(A級61名、B級63名、C級63名、J1級31名、J2級31名)が参加し、熱戦の数々を繰り広げました。
  同大会は佐藤九段が平成10年に第56期名人位を獲得したことを記念し、翌11年から八幡市や日本将棋連盟錦旗会支部などで実行委員会を構成し毎年、開催しています。
  大会では、午前中にJ1及びJ2級の参加者が佐藤九段、平藤七段、野間六段から多面指し指導対局を受け、午後には、A級、B級、C級の予選敗退者の内希望者が平藤七段、野間六段から、多面指し指導対局を受けました。

 (大会結果)
A級  優勝 :上田 洋  準優勝 :園中 麻陽  第三位 :瀬戸 隆・増本 勝憲
B級  優勝 :加藤 陽翔 準優勝 :飯田 淳太郎 第三位 :粂 聡一郎・村林 祐治
C級  優勝 :河合 隼人 準優勝 :川﨑 浩司  第三位 :山﨑 樹志・大島 正信
J1級  優勝 :中田 悠斗 準優勝 :宮下 煌太郎 第三位 :畑 祥太朗・吉川 智規
J2級  優勝 :田畑 優  準優勝 :杉澤 侑以  第三位 :南野 煌太・粂 官次郎

 

2019年07月14日

第8回大宅三世代交流将棋教室開催のご案内

毎年恒例の「大宅三世代交流将棋教室」開催決定!!
主催・・・社会福祉法人 大宅福祉会 大宅児童館
協賛・・・大宅学区自治連合会、日本将棋連盟京都山科支部

日時・・・2019年6月29日(土)10時~13時
会場・・・おおやけこども園3階ホール

出演プロ棋士・・・小林健二九段、古森悠太四段
トークショー、大盤講座、指導対局、三世代交流、お楽しみ抽選会などの盛り沢山の企画です。

対象・・・年長児、小学生、中学生及び保護者
参加費・・・無料

申込・・・申込み用紙の項目を記入のうえ、
メール(iwao-ono@syd.odn.ne.jp)で申込みください。

締切・・・2019年6月24日(月)
問合せ・・・090-1815-6018(小野)

たくさんのお申し込みをお待ちしております。

<第8回大宅三世代交流将棋教室 申込用紙>
参加児童氏名(ふりがな)
学校名・学年
〒・住所・電話
保護者氏名(続柄)
児童のみの参加の場合、〇を書いてください。

 

 

2019年05月21日

大将軍支部西日本大会団体戦出場記念会のお知らせ

 出口若武新四段にお越しいただき指導対局を企画いたしました。支部会員の皆様も会員外の方もご参加ください。

【日時】3月 24日(日)13時受付 13時30分開始~16時30分

【会場】島津アリーナ(京都府立体育館) 第10会議室 

【参加棋士】出口 若武四段

【参加費】1,000円  支部会員800円

お支払は、京都府支部連合会各教室直接か、下記の口座振込:

ゆうちょ銀行四四八支店2677888(普通) 日本将棋連盟京都大将軍支部

【申込方法】①FAX 事務局へ申込書FAX送信 075-467-8890 ②メールshougizanmai@yahoo.co.jp へ送信

 あと新四段を囲んで昇段お祝い会と西日本出場壮行会を行います(17時~18時30分)。参加費は 500円(飲み物と軽食)

 

2019年03月12日

大将軍支部5周年有段者将棋大会

優勝  岡本 進作

準優勝 藤井 薫

の方が入賞されました。おめでとうございます。

 今回は、有段者の大会20名。畠山先生の級位者指導対局20名と40人参加にて支部5周年の会を行いました。

 丸4年に渡り200回近く例会ができましたことは、支部会員の方の応援があればこその実績であり、まさに継続は力なりの言葉どおりです。会員数も10名発足時から45名になりました。
 これからも大将軍支部をよろしくお願いいたします。

2018年11月23日

大将軍支部5周年有段者将棋大会のお知らせ

【日時】 11月 18日(日) 13時受付  13時30分開始~17時

【会場】 島津アリーナ(京都府立体育館) 第10会議室 

【参加資格】 有段者 自己申告可 (支部会員以外も参加可)

【定員】 先着32名

【審判】 畠山 鎮 七段 大将軍支部師範

【参加費】 1,000円 (支部会員は800円。会場にて差額返金)

 お支払は、京都府支部連合会各教室直接か、下記の口座振込:       

   ゆうちょ銀行四四八支店2677888(普通) 日本将棋連盟京都大将軍支部

【申込方法】 

①FAX 事務局へ申込書FAX送信 075-467-8890

②メール shougizanmai@yahoo.co.jpへ送信

③京都支部連合会の各教室でも直接受け付けます

【締め切り】 11月15日 (定員に達し次第締め切ります)

【主催】 日本将棋連盟京都大将軍支部

  お問い合わせ 事業局(広田)迄 075-467-8887    

2018年11月03日

将棋とサッカー コラボイベント のご案内

~西田拓也四段と将棋&京都サンガを応援~

1 日 時 平成30年10月20日(土)12:00~
2 会 場 西京極スタジアム  最寄り駅:阪急西京極駅
3 将棋イベント 12:00~14:30 場外イベント「エンジョイコーナー」 
西田四段指導対局(サッカー観戦される方のうち希望者、先着15名)
・ 西田四段出題の詰将棋に挑戦 
・ はじめての”エンジョイ“将棋 はさみ将棋、歩まわり、山崩しなど
・ フリー対局スペースで自由対局
サッカーイベント 15:00~J2リーグ サッカー観戦
  京都サンガ vs アルビレックス新潟 15時キックオフ
  ピッチ内でのマスコットとの写真撮影(13:30頃) 等
4 申込み  
(1) 将棋イベントのみ・・・申し込みは不要です。(指導対局なし)
(2) 試合観戦される場合は事前申し込みしてください。(指導対局あり。当日先着順)
特別価格 SB自由席 大人1000円 シニア800円 こども500円で試合観戦(一般当日価格大人2570円 シニア2360円 小中高1280円)
申込先:京都城南支部(千葉)まで 10月15日(月)締切
電話による申込: 070-6683-4688
メールによる申込: chiba@m3.kcn.ne.jp

2018年09月28日

体育館フェスタ 第2回子ども将棋大会報告

  中国では、日本の将棋は、なんと体育というジャンルです。「頭脳スポーツ」という位置づけで子供たちに教えられています。日本では、伝統文化との認識ですが、将棋の持つ激しさや厳しさは、まさにスポーツそのものといえる気がします。

  島津アリーナで毎年行われている「体育館フェスタ」に、京都大将軍支部と京都嵐山支部のコラボ企画として「子ども将棋大会」が開催されて、今年で2回目。9月8日に集まった小中学生は、A級10名、B級21名の計31名の少年少女棋士たち。独自のスイス方式で、熱戦の火ぶたが切られました。
  見守る父兄の皆さんの子供たちに負けない熱い視線のなか、A級4回戦、B級10回戦の激闘。子供たちの真剣な姿は、お父さんお母さんも日頃知らない顔です。

  強豪がそろったA級は、激しい星のつぶしあいの結果、勝野兄弟が、優勝と準優勝をさらいました。10回戦の体力勝負になったB級は、10勝0敗の平井湧真君が優勝。準優勝は、兵庫からはるばるやってきた、松谷梨紗ちゃん小学2年生の少女棋士に。

  満場の拍手の中、賞状と賞品授与の表彰式が終了した後は、午後から指導対局と自由対局に、新しく参加した子供たちも含めて75名の皆さんが、夕方まで将棋を堪能しました。運営スタッフの皆さんも、ほんとうにお疲れ様でした。
  大好評につき、島津アリーナの方から、来年も是非とのお言葉をいただきました。

2018年09月16日

第20回佐藤康光杯争奪将棋大会

 本大会は、平成10年に八幡市出身で日本将棋連盟会長の佐藤康光九段が第56期名人位を獲得されたことを記念し、翌11年から八幡市と錦旗会支部などで開催しています。
 今回は大会が第20回を迎えたことを記念し、大会前日(6月23日(土))に佐藤九段と北村桂香女流初段による公開記念対局を大会会場の市文化センター小ホールで行いました。丁度開催1週間前に大阪北部地震が発生し、市内でも屋根瓦が落ちるなどかなりの被害がありました。当日も開催時間前にかなりの雨が降り心配しましたが、167人の観戦者が対局を楽しみました。大盤解説は平藤眞吾七段、聞き手藤井奈々女流2級(本大会直前に昇級)。将棋盤は本榧6寸5分、平成21年の名人戦第6局(於・東本願寺渉成園)羽生善治名人対郷田真隆九段戦で使用されたものです。
 対局は佐藤九段の目隠し角落ちで、かなりのハンディかと思われました。しかし熱戦が展開され、終盤に佐藤九段が北村女流初段に必至をかけ、佐藤九段の勝利かと思われました。ここから北村女流初段が反撃、かなりの長手数の詰め将棋で見事勝利を収めました。最後は名前の通り桂馬と香車での詰み上がりという作ったような結末でした。観戦された皆さんからは大熱戦に惜しみない拍手がおくられ、特にプロの将棋を初めて見たという方から「非常に楽しかった」という声が寄せられました。
 翌日の本大会は、A、B、C各級64名、J1、J2各級32名、計256名。少し欠席者があり計246名が各級4人1組で予選を行い、2勝者が午後の決勝トーナメントに進出し、熱戦が展開されました。会場では午前中にJ級の全員が、佐藤九段、平藤七段、野間俊克六段の指導対局を受けました。本大会は、佐藤九段のご希望もあり小学生の参加者が多く、今回もA級4人をはじめ約80名が各級で健闘しました。
 各級の優勝者は A級 上田 洋(京都市)、B級 堀川 和哉(橿原市)、C級 浅野 諒(茨木市)、J1級 長嶺 駿輔(京都市)、J2級 粂 総一郎(京都府大山崎町)

 

2018年08月03日