玄関や部屋のドアノブがガタガタする、など調子が悪くなった時に直したい・・・。。という時に調子を見てみたりなど。大体はノブの中にある丸座が原因と考えられます。このページではドアノブの修理方法について紹介してます。

〜まずは、ノブを外す作業から始めましょう〜

道具:プラスドライバーウォーターポンププライヤー

ドアノブ修理1

ドアの内側から取り外しを行います。

そしてノブの根本にある穴に、先のとがった物を差し込みながらノブを回します。

そうすると先端が引っかかるところがありますので、そこへとがった物を強く差し込みます。

そのまま差し込んだ状態でノブを引き抜きます。

ドアノブ修理2

もし穴にとがった物を差し込んでもノブが回らないならば、指で指している場所をウォーターポンププライヤーでつかみ、反時計回りへ回します。

(布切れを当ててつかむと傷が付きませんよ。)

ドアノブ修理3

回す時ですが、ノブの中はネジになっていますので、ノブを何回か回していくと引き抜く事ができます。

ドアノブ修理4

ノブを引き抜いたら丸座が出てきますので、この丸座を押さえているビス(2本)が緩んでいる事が多いので、プラスドライバーでしっかりとビスを締め付けます。

ドアノブ修理5

後はノブの内側が写真の様になっていますので、切り込みの位置を合わせ差込ます。

この後は逆の手順で元の通りに組み立てていきます。

関連パーツ

関連リンク

Copyright (C) ドアノブの修理方法 , All rights reserved.