網戸を自分で張替え!ポイントは?

自分で出来る!網戸の張り替え方法!

網戸を自分で張替える方法について。春や夏など、窓を開けて風を部屋に通す機会が増えてきます。しかし、網戸がないと蚊などの虫が部屋の中に入ってきます。虫の侵入防止でかかせないのが網戸!快適に過ごす為には網戸は大事ですよ。でも、網戸に穴が開いてしまったり、破れたりしていると、虫の侵入を許してしまうことになりかねません。網戸の張替えは自分で簡単にできますので、ぜひ挑戦してみて下さい。

~まず網戸を外しましょう~

DIY道具:プラスドライバー、カッター、網戸張替用ローラー

①では網戸を取りはずし、網戸の押さえゴムを取りはずしましょう。そして網戸の押さえゴムの収まる溝を掃除します。このとき使いふるしの歯ブラシなどがあれば便利ですよ。
網戸1

網戸の外枠と同じぐらいの、寸法になるように、網を切って、網目が枠と平行になるように、網を置きます。そして網戸の押さえゴムを挿入し、網がたるまないように少し引っ張りながら、もう片方に網押さえゴムを仮挿入します。網の押さえゴムの挿入には網戸ローラーのローラーと反対側の突起を利用すると便利です。
網戸2

網戸の枠と網の目が平行になるように、網の押さえゴムを網戸ローラーを使いながら挿入していきます。先ほどの仮挿入部分まできたら、仮挿入を取り外し、コーナーの部分まで挿入します。同様に次の辺の端の方を、網がたるまないように引っ張りながら、網戸の押さえゴムを仮挿入します。次の辺からは、網の押さえゴムを挿入時、枠内側のたるみがなくなるように、少し引っ張りながらゴムを挿入していきます。
網戸3

最後に網のはみ出した部分をカッターナイフでカットすれば、網戸の張替え完了です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

↑ PAGE TOP