石川虚舟
▲ TOP PAGE
 
《明るみ No.2》
石川虚舟 2012
 
マルティン・ハイデガー
『芸術作品の根源』
 ▼ 
 
芸術 (Kunst)
 
物と作品
 
間/虚
 
真理と芸術
 
太極(Urstreit)
 
大地(Erde)
 
看者(Bewahrenden)
 
根源(Ursprung)
 
ハイデガーの秘密
 
 
 

石川虚舟《明るみ No.2》2012
凝灰岩(笠松石)
 
蝋燭を灯すと、 世界が大地を基盤として開示され、
そして故郷である笠松石が世界に顕現する。
 
⇒ デュシャン・ガーデンズ 《 天空の抜道 》2017〜
 ⇒ 石川虚舟《輝く気》2013
 ⇒ 内丹術 
 
 
 
作品と真理   Das Werk und die Wahrheit
真理が虚・陽(Lichtung)と蔽固・陰(Verbergung)との太極(Urstreit)として生起する限りにおいてのみ、大地が世界に顕現し、世界は大地に基盤を置く。 しかし真理はいかに生起するのか? それは数少ない本質的な方法で生起すると、われわれは答える。 真理が生起するこの方法の一つが、作品の作品存在である。 あの対極するものの闘争である作品は、ひとつの世界を確立し、そしてその大地を前景に出す。 そこに存在者全体の非隠蔽性、つまり真理が獲得されるのである。
(訳/石川虚舟)
 マルティン・ハイデガー『芸術作品の根源』1935/36

Erde durchragt nur die Welt, Welt gründet sich nur auf die Erde, sondern die Wahrheit als der Urstreit von Lichtung und Verbergung geschieht. Aber wie geschieht Wahrheit? Wir antworten: Sie geschieht in wenigen wesentlichen Weisen. Eine dieser Weisen, wie Wahrheit geschieht, ist das Werksein des Werkes. Aufstellend eine Welt und herstellend die Erde ist das Werk die Bestreitung jenes Streites, in dem die Unverborgenheit des Seienden im Ganzen, die Wahrheit, erstritten wird.
 Martin Heidegger, Der Ursprung des Kunstwerkes, Reclam, Universal-Bibliothek(2010), S.54.
 

⇒  石川虚舟  《随、No.2》 2014
⇒  ハイデガーの秘密