みんなで滑ろう みなとのもり公園
ホーム ニュースポーツ広場 公園案内 アクセス インラインスケート イベント BBS 天気
インラインスケートを知っていますか?
ブーツにウィール(タイヤの様なもの)が2~5個”縦一列”に並んでいるスケートです。
インラインスケートを履いて、さぁ、何をしましょう?
スピードを極めるもよし、ダンスをするもよし。でも、ただよちよち滑るだけじゃもったいない!
スラロームにアグレッシブに、とにかくもっと色々な可能性にチャレンジしたいものです。
一緒に楽しく滑ってスケートスキルをステップアップしましょう。

アグレッシブ用B3セクションは大変危険です。セクションに入る前に自分のレベルをしっかりチェックしてください。
お子様の場合は、テストで一定のランクに達してからセクションに入ることをお薦めします。


ミニスクール・チャレンジカードのテストを行っています。毎月第2・第4日曜日。インラインスケートの無料レンタルもあります。滑ってみたい方は是非どうぞ!


色々なテストに挑戦してスタンプを集めよう!10個集めた方にはステッカーをプレゼント。



インラインスケートを履いて滑るまでの基本!

インラインスケートで、どんな風に滑ると格好いい??

トイスケートではなく、スポーツメーカーのインラインを購入しましょう!

滑れるようになったら、スラロームに挑戦!いろいろな技がありますよ。

スラロームがしやすくなるブーツのセッティングを少し紹介します。

休日のスラローム用コートの様子を撮影した動画です。YouTubeチャンネル(撮影・編集:すがさん)



スラローム競技は、直線状に並べたパイロンの間を縫うようにして進みながら、技の難易度と完成度を競います。
日本で行われているトリックスラローム(パイロン間隔が150cm×15個)と、世界的に競技者のいるフリースタイルスラローム(パイロン間隔50cm、80cm、120cm×各20個の3レーンを使用)があります。 パイロンを倒すと減点です。
技の難易度ではなく、1レーンを抜ける速さを競う、スピードスラロームもあります。


アグレッシブとは、ジャンプ台を利用してジャンプする「エアー」、 階段の手すりなどに飛び乗り滑る「グラインド」などを行うジャンルです。
技をより容易かつ安全に行えるように専用のインラインスケートがあります。
主な競技種目は、ジャンプ台やレールを配置したコースを使用して競う「STREET(PARK)」競技と、ハーフパイプを使用して競う「VERT」競技です。
アグレッシブインラインを行う場所としてスケートパークが各地にあります。



今後、随時更新予定です。