江戸の外食文化 資料
「江戸時代の醤油文化」TOPに戻る


資料「長屋」「江戸の水」「江戸時代の年表と出来事」

江戸庶民の長屋

多くの江戸庶民の住まいでは、中堅の商人や職人層(地借家持)は主に表通りに面した地所を借り、自ら家を建てて住んだ。一方、駄菓子や小間物、荒物などを商う比較的裕福な小商人(こあきんど)などは表通りに面して建てられた「表長屋」といわれる店舗と住まいを兼ねた二階建ての長屋を借りた。また、農村で生活できなくなって江戸に流入した貧農(小百姓)、職人や日雇人夫、最下層の武士などは、表通りの裏手の路地中に建てられた「裏長屋」で暮らしていた。



裏長屋は棟割り形式の平屋が普通で、広さ9尺×2間/約3坪か、9尺×3間/約4.5坪が多く、「九尺二間の裏長屋」と称され、六畳一間の広さが住宅の基本となっている。その中に入り口の土間や煮炊きをするへっつい(かまど)が付いているため、実際には部屋として使えるのは四畳半であった。それが居間兼寝室で、当然押し入れは無く、布団は昼間は畳んで部屋の隅に置き、ついたてで隠していた。

長屋は、防火対策から家の中の土間に「煮炊き用」の釜を設置してあるだけで、その釜で1日分の飯を一度に炊き、おかずの調理は井戸の周りで行い、外にある七輪で焼くという調理方法をとっていた。イワシやサンマなどの焼き魚が食卓に上がるのは、七輪が登場する江戸後期といわれている。それだけに調理済みの総菜を売る屋台や煮売り屋はとても重宝だった。また、小型で移動できる七輪や火鉢などによって、長屋の仲間2、3人が集まって鍋物をする「小鍋立て」と呼ばれる調理法が可能になった。



「表長屋」と「裏長屋」の関係


「長屋」とは、一棟の細長い建物を複数の所帯で住み分ける住居のことで、2種類の長屋があった。
表の大通りに面して建てられた商売を営む店舗兼住宅を一般的に表長屋(表店,おもてだな)といい、2 階建てが多く、1階部分が商いのスペース、2 階部分が住居になっており裕福な人が住んでいた。
それに対して、表通りから表店の裏側へ入っていく三尺~ 六尺の路地に面している住宅が裏長屋(裏店,うらだな)である。一般に長屋といえば、裏長屋のことをいった。裏店に裏長屋が建てられ、一般化したのは享保期以降と言われている。
裏長屋は、大多数の庶民が住み、主に、四畳半の部屋に一畳半の台所と土間がついた「九尺二間」(間口3.6m、奥行2.7m)の大きさである。表通りとの出入口には裏木戸(長屋木戸)があった。

表通りには、瓦屋根による土蔵造りや塗屋造りとする見世蔵(店)などの堅牢な町屋が並んでいたが、町裏へ入れば粗末な造りの長屋があった。
大通りに面した表店には、棟梁・鳶頭・隠居・町師匠などの町人が住んでいたが、江戸町人の大半は路地に面した裏長屋に住み、車曳き・火消人足・大工や左官・髪結(かみゆい)・畳刺し・籠かき・魚売り・浪人者・等々さまざまな人達が暮らしていた。
家賃は、平均で月1000文、棟割り長屋で月500文程度、老朽化したもので月300文程度であった。






江戸長屋の種類

裏長屋には、「棟割長屋」と「割長屋」があった。
「棟割長屋」は屋根の棟のところで仕切り、背中合わせに部屋が作られた形で、両隣だけでなく背中合わせにも隣の住人がいる形式である。
「棟割長屋」1軒の平均的な大きさは、間口が九尺(約2.7m)、奥行きが二間(約3.6m)。入り口をくぐると三尺四方の踏み込みの土間、片隅に竈(かまど)と座り流しに水瓶(みずがめ)が置かれていた。その奥に生活空間の四畳半があった。窓と押し入れはなく、1軒には平均2~3人が住んでいた。「割長屋」は六畳間で、梯子(はしご)をかけて上る物置のような中2階も付いていた。

 

表通りに面した表長屋(表店)の門の形をした木戸から、三~六尺程度の細い路地があり、その周りに裏長屋が建てられていた。路地は住人の共有通路で路地の中央には溝板(どぶいた)が奥の方まで敷いてあり、その下には雨水を流す下水溝が通っていた。路地は長屋住民の共用スペースとして、厠(かわや)、掃き溜め(ゴミ捨て場)、井戸が付設されていた。共同の井戸では、朝の洗顔から、食事の下ごしらえ、洗濯などをすべてここで行なった。通路以外として物売りの市・子供の遊び場・夏には縁台を出しての夕涼み・井戸端会議など、社交場としての役割を果たした。

 



長屋の大家

江戸時代の土地は、基本的にはすべて幕府の所有物であった。幕府は大名に土地を貸し、大名は地主などに貸し、地主はそこに長屋を建てて庶民に貸すという構図であった。その中で、地主に代わってその土地・家を管理する家主(いえぬし)がいた。家主は、家守(やもり)とか大家(おおや)とも呼ばれていた。長屋の大家は裏木戸と呼ばれる出入り口のカギを開け閉めしていた。明け六つ(朝六時)には裏木戸の門が開めて、暮れ六つ(夕方六時)には戸が閉めなくてはならなかった。

■大家は江戸の町の行政を担っていた
幕府は町奉行のもとに、上級町役人(ちょうやくにん)の「町年寄」や「町名主」と下級町役人の「大家(家主)」などの3役で町と住民の管理を行なった。
江戸の町の行政の中心の「町年寄」「町名主」「大家」の3役は、武士ではなく町人階級の中から選ばれ、道路の保守管理や防犯、防火、紛争の調停などさまざまな役割を担っていた。この3役の中でもっとも高位だったのが「町年寄」という役で、町奉行所から出された布令を受け取り、町人に伝達する役割を持っていた。「町名主」は町年寄の下に位置し、小さく区切られた町単位での行政を任されて、平均しておよそ7〜8町を担当しており、ほかに仕事は持たず、専任で町政を行っていた。また、「大家(家主)」はさらにその下で、町名主の指示を受けて実際の町民と接触し、実際の町の運営に当たっていた。

大家は町奉行所など行政機関の末端に位置し、裏長屋の店賃(たなちん)のやり取りだけなく、店子(たなこ)へ町触れ(広報)の読み聞かせ、店子の身元調査と身元保証人の確定、諸願や土地家屋の売買書類への連印、賃貸の管理、水道や井戸の修理、道路の修繕、喧嘩・口論の仲裁、人別帳調査をはじめとした長屋の住民の把握など、さまざまな役目があった。
また、名主や大家で「五人組」の自治組織を作り、月毎に当番を決め、月行事(がちぎょうじ)を選び、町の自身番に詰め、長屋だけでなく町の自治管理も務めた。借家人は、表借家人(表長屋)・裏借家人(裏長屋)を問わず、町人としての町政参加が認められなかった。





長屋住人の暮らし

 九尺二間の裏長屋、 「富士登山振分双六」慶応元年(1865)より「青物売り」の絵


江戸時代には、長屋の土地・建物の所有者と、その所有者に代わって貸地・貸家を管理する大家が「守貞漫稿」によれば、江戸には約2万人いたと言われる。様々な人々が暮らす江戸の長屋を取りまとめていたのは大家である。大家は長屋の住人から家賃[店賃(たなちん)]を徴収する役目をもっていたが、同時に、町役人として防火防犯の取り締まりも行なった。

長屋住民の職業を見ても日雇稼ぎ、棒手振り等の不定期就労者が多く、住人の平均的な1日の稼ぎは、居職で350文、出職で410文程度であった。長屋の店賃(たなちん=家賃)は、当時真面目に働けば2~3日で稼げる程度の安い金額である。裏長屋の生活は“その日暮らし”が多かったこともあり、「親も同然」といわれた大家の管理下のもと、「子」である店子たちもお互い助け合って生活していた。大家は店子の保証人になることもあり、子供の誕生や婚礼、葬式、奉行所への訴えにかかわったりもした。

「棟割長屋」1軒の平均的な大きさは、間口が1間半(約2.7m)、奥行きが2間(約3.6m)。 入り口をくぐると土間で、片隅に竈(かまど)と、一段上がって板の間があった。 住居の炊事道具は土間にある竈と流しと水瓶(みずがめ)、そして米櫃、鍋、釜、包丁、まな板、擂り鉢、笊と夫婦の箱膳である。箱膳は箱形になっている膳のことで、自分用の飯茶碗、汁椀、皿と箸を納めておき、食事をする時には箱の蓋を裏返して食器を載せた。衣類は風呂敷に包んで、布団と一緒に隅に置き枕屏風で隠して片付けていた。家具では火鉢、箪笥(たんす)程度である。お風呂はなく、湯屋とよばれる銭湯(湯銭八文)を使い、洗濯も共同の井戸を使っていた。

長屋にはいろいろな職業の人たちが住み、物質的には貧しくとも、おおらかに長屋での生活を謳歌していた。長屋では、住民同士の人情味溢れる助け合い社会が形成されており、生活必需品の貸し借りは、その代表例といえる。みそや醤油、米などの貸し借りがひんぱんに行われていたほか、食材や料理のお裾分けも日常的に行われていたようである。いわば、“個人の所有物は長屋の共有財産”という共通認識が、長屋の住民間で出来上がっていた。


江戸の水道(上水井戸)

■江戸の水道事情
江戸の街は海岸に近い湿地だったため、地下水は塩分を含んでいて飲み水が確保できない。幕府は、家臣の大久保藤五郎に上水道の整備を命じ、江戸で最初の水道となる神田上水(井の頭池を水源)をつくらせた。江戸の水道は「自然流下式」といって、高低差を利用して川のように水を流す方法であった。その後、人口が増大して、神田上水だけでは賄いきれなくなり、1653年に、さらに豊富な水量を求めて、多摩川を水源とした玉川上水(多摩川が水源)が着工された。


庶民の住む長屋の飲み水は「水売り」から買う場合もあるが、長屋には「水道井戸」が引かれていた。江戸中期から後期にかけて幕府の「公営」となった水道料金の「水銀(みずぎん)」は、武士が禄高、町人(地主、家持ち)からは敷地の間口に応じて支払った。長屋暮らしの住人たちの水道料金は、長屋の戸数に応じて大家が負担をしており、長屋の店賃には水道井戸の使用料金が含まれていた。



水道井戸は、江戸時代の中期頃には江戸市中に、ほぼ20~30メートル四方に1か所の割合で設置されていた。日頃使う井戸は、1年に1度(旧暦の7月7日(新暦8月中旬頃))の約一日半かけての「井戸さらえ」があり、大家の指示のもと、住人総出で水を汲みだし、井戸の中に入って隅々まで掃除を行なった。この「井戸さらえ」は江戸中で一斉に行われた。すべての作業が終わると、井戸にふたをしてお神酒や塩を備えるのが習わしであった。

『絵本世都之時』/浮世絵師 北尾重政 安永四年(1775)
井戸さらえ(夏の行事、井戸掃除するために、木に滑車をつけて井戸水を汲みだしている様子が描かれている)

江戸の井戸は、井の頭池から引いた神田上水や多摩川から取水した玉川上水から高低差を利用して地下に埋め込んだ石樋(せきひ)や木樋(もくひ)の中を流れる水を溜めた大きな桶を積み重ねて設置され、そこに水が溜まる仕組みになっている。江戸の人々は、この桶に溜まった水を地上から汲み上げて使ったのが水道井戸である。人々は、つるべや竹竿の先に桶をつけたもので井戸の水を汲んだ。
玉川上水は江戸全域に供水可能で、江戸城、大名屋敷、および武家屋敷を主体に配水していた。一方、神田上水は武家屋敷と町屋を主体に配水していた。江戸の上水道は人々の生活用水とともに防火用水、江戸城堀、大名屋敷泉水、下水に水を流すなどのを多用途施設であった。

上水井戸に関し、次の記録が残っている。
「元来江戸の地は飲料水に乏しきゆゑに、三代将軍御治世の時大久保主水に命じ、武蔵国多摩郡井の頭の池水を、木樋(とゆ)にて数里の距離を江戸の井水に引用し、承応年間落成す。その後玉川上水も引用す。元禄元年 河村瑞賢計画、千川用水もなる」

江戸の上水管理
幕府は江戸の町の飲み水の運営には、幕府自身が直接関与した。神田上水には、水番屋が5ヶ所あり、番人が居住服務していた。また、玉川上水の水番屋は、江戸外の羽村、砂川村・代田村の3ヶ所、市内の四谷大木戸・赤坂溜池の2ヶ所に設けられた。
水番人は上水を見回り、塵芥の引き上げから水質・水量の調節などの責任を負った。また、水路の要所には、奉行名での高札が立てられ、「この上水道で魚を取り水をあび、塵芥を捨てたりしたものは厳罰に処す」と監視が行われていた。


江戸の水売り

水売りは、天秤棒で水を入れた桶を前後に担いで売り歩き、この2桶を一荷(か)と言う。一荷は三〜四斗(約54〜72リットル)である。
『江戸時代の物売りで「水売り」や「水屋」と紹介されている水を商品として売る商売があった。夏に冷水売りとして冷水に白玉と砂糖を入れて売る行商人として洒落本(しゃれぼん)や川柳でも取り上げられ、初夏の風物詩として多く記録にも残されている。同じ水売りでも、水道や井戸に遠い場所や、良質の井戸に恵まれていない所に、平時飲み水を売りに廻る行商人もいた。天候や遠近によって左右されるものの、一 荷四文程度で売っていたという』 (江東区深川江戸資料館より)



『江戸の下町では井戸を持った家はどちらかというと富裕な階級だった。井戸もよく掘られた。しかし井水が飲用不適なところでは井水を雑用につかい、河川のきれいな水を汲んで、飲用に供していた。このために河川の所々の岸や堤には、たくさんの水汲み場がつくられた。この水汲み場ヘ重い水担桶をかついで、かなり遠くからも汲みにきた。
井戸水にも恵まれず、上水(水道)もなくて飲料水にも困るような地域では、家々にー荷いくらの値段で、飲み水を売り歩く「水売り」が、江戸時代には存在していた。一般の町家で、は水汲みは主婦の仕事になっていた。召使いのいる裕福な家では下男、下女などに水汲み仕事をさせた。

本所・深川などの町は、上水(水道)が隅田川を越えられなかったり、埋め立て地で水質が悪かったりして、飲料水に困る地域であった。そこで、水道の水を売り歩く「水屋」という商売が登場した。

水売り、または水屋と呼ばれる稼業が発生して、水に恵まれない城下町では欠かせないものになってきた。水売りは短い天秤棒の両端ヘ細長い桶をつけ、それをになって出入りの店々へ一荷いくらで売っていたものである。遠近に応じて一荷で四文から六文の報酬をとっていた。なお河川の水ばかりでなく、良質の井戸水の出るところの水を汲んできて売る水屋もあった。山の手の名清水などからも冷水を汲んでは天秤棒をかついで下町へと売り歩いたもので、たいした資本もいらず、当時他の日稼ぎ仕事にくらべて割のいい稼業であった』(鋳鉄管 昭和48. 5 第14号より)



参考・引用:東建コーポレーション株式会社、公益財団法人江東区文化コミュニティ財団、多摩郷土文庫「玉川上水」、紅葉堂書房「江戸の夕栄」、「蔵のあるまちーまちといとなみ」都市環境デザイン会議広報2000.1.20、公益社団法人 都市住宅学会、江東区深川江戸資料館、ビバ!江戸、社団法人 土木学会、鋳鉄管「随筆 水売り」昭和48. 5 第14号、神奈川新聞社『開国史話』加藤祐三






資料:江戸時代年表と出来事














Copyright(C)  日本食文化の醤油を知る  All Rights Reserved.