洗浄剤メーカーのクスノキ化学

工業用洗浄剤・剥離剤・消臭剤・ポリールシリーズ・ノンクロールシリーズ・
ハクリストシリーズ及びエポガードを製造しています

サイトマップ 個人情報保護方針
Home whats-new 会社案内 製品情報 サービス案内
環境活動お問い合せリンク
 ● ホーム製品情報>非塩素系剥離剤
 
製品情報

非塩素系剥離剤

ハクリスト01 ・ハクリスト02 ・ハクリスト04 ・ハクリスト06 ・ハクリスト07B ・ハクリストA1


その他の製品 ・酸性洗浄剤 ・中性洗浄剤 ・アルカリ洗浄剤 ・非水系洗浄剤 ・落書き除去剤

剥離例はこちら

ハクリスト01

・ハクリスト01の剥離例はこちら
用途 ・ハンガー、治具、マスキング治具、スノコ、アミ、カップガンなどに付着した塗膜の剥離
・発泡剤の塗膜の剥離、塗装不良品の剥離
・エポキシ系接着剤の剥離
特長 ・液性がアルカリ性なので、金属への腐食性は殆どない
・消防法上の危険物に該当しないので消防法の法的規制はない
・非鉄金属(アルミ・亜鉛・亜鉛メッキ等)を腐食、変色せずに塗料を剥離できる
入目・荷姿 17L(金属缶) 200L(ドラム缶)
使用方法 ・原液で使用する。
・常温もしくは90℃までの温度に加温して使用する
・浸漬し、塗膜が軟化・膨潤又は溶解するのを待って引き上げ後、圧力水・ブラシ等を用い水洗し、
 除去する
外観 無色透明液体
臭い アミン臭
pH 12.1
比重(15℃) 1.04
引火点 なし
消防法(危険物) 非該当
有機溶剤中毒予防規則 非該当
PRTR法 非該当
毒物・劇物取締法 非該当

ハクリスト02

・ハクリスト02の剥離例はこちら
用途 ・ハンガー、治具、マスキング治具、スノコ、アミ、カップガンなどに付着した塗膜の剥離
・塗装不良品の剥離
特長 ・液性が中性なので、金属への腐食性は殆どない
・常温及び加温(80℃以下)で使用できる
・非鉄金属(アルミ・銅・真鍮等)を腐食、変色せずに塗料を剥離できる
入目・荷姿 18L(金属缶) 200L(ドラム缶)
使用方法 ・原液で使用する。
・常温もしくは80℃までの温度に加温して使用する
・浸漬し、塗膜が軟化・膨潤又は溶解するのを待って引き上げ後、圧力水・ブラシ等を用い水洗し、
 除去する
外観 無色透明液体
比重(15℃) 1.01
引火点 100℃
消防法(危険物) 第4類第3石油類 非水溶性液体
有機溶剤中毒予防規則 非該当
PRTR法 非該当
毒物・劇物取締法 非該当


ハクリスト04

用途 ・金属(アルミ・鉄・ステンレス等)に付着した焼き付き油の除去
・自動車、オートバイ等のピストンや燃焼室に付着したカーボン汚れの除去
特長 ・常温でも加温でも使用できる
・金属への腐食性は殆どない
・危険な苛性アルカリや塩素系溶剤、第2種有機溶剤、フェノール等は一切含まれていない
入目・荷姿 18L(ポリ缶) 200L(ドラム缶)
使用方法 ・原液で使用する。
・常温もしくは70℃までの温度に加温して使用する
・浸漬し、油が軟化・膨潤又は溶解するのを待って引き上げ後、ナイロンタワシ等で擦り、
 ウエスを用い拭き取る
外観 無色透明液体 
臭い  弱い芳香臭
pH 12〜13
比重(15℃) 1.004
引火点 116℃
消防法(危険物) 第4類第3石油類 非水溶性液体
有機溶剤中毒予防規則 非該当
PRTR法 非該当
毒物・劇物取締法  非該当


ハクリスト06

・ハクリスト06の剥離例はこちら
用途 ・塗料ハンガー、マスキング治具、カップガンに付着した塗料の剥離・不良塗装品の剥離
特長 ・従来の塩素系剥離剤のような不快臭や刺激臭がなく、作業者の負担を軽減する
・環境上問題となるメチレンクロライド(ジクロロメタン)、フェノールやクロム酸塩を含有していない
・鉄、ステンレス、非鉄金属(アルミ・亜鉛メッキ等)を腐食、変色させずに塗膜を剥離できる
・中性のため、酸性溶剤タイプのような剥離後の錆発生はほとんどない
・常温で使用できる
入目・荷姿 18L(金属缶) 200L(ドラム缶)
使用方法 ・原液で使用する。
・浸漬し、塗膜が軟化・膨潤又は溶解するのを待って引き上げ後、圧力水・ブラシ等を用い水洗し、
 除去する
外観 無色透明液体 
臭い  芳香臭
pH 7.4
比重(15℃) 0.96
引火点 53℃ 
消防法(危険物) 第4類2石油類 非水溶性液体
有機溶剤中毒予防規則 非該当
PRTR法 該当
毒物・劇物取締法  非該当

ハクリスト07B

・ハクリスト07Bの剥離例はこちら
用途 ・ハンガー、治具、マスキング治具、スノコ、アミ、カップガンなどに付着した塗膜の剥離
・発泡剤の塗膜の剥離、塗装不良品の剥離
特長 ・液性が中性なので、金属への腐食性は殆どない
・非鉄金属(アルミ・亜鉛メッキ等)を腐食、変色せずに塗料を剥離できる
入目・荷姿 20L(ポリ缶) 200L(ドラム缶)
使用方法 ・原液で使用する。
・常温もしくは80℃までの温度に加温して使用する
・浸漬し、塗膜が軟化・膨潤又は溶解するのを待って引き上げ後、圧力水・ブラシ等を用い水洗し、
 除去する
外観 無色透明液体 
臭い  アミン臭
pH 8.2
比重(15℃) 1.04
引火点 102℃
消防法(危険物) 第4類第3石油類 非水溶性液体 
有機溶剤中毒予防規則 非該当
PRTR法 非該当
毒物・劇物取締法  非該当

ハクリストA1

・ハクリストA1の剥離例はこちら
用途 ・UV系接着剤の剥離
・塗膜の剥離(アミノアルキド系、エポキシ系等)
特長 ・有機溶剤中毒予防規則・消防法(危険物)・毒劇物取締法・PRTR法・労働安全衛生法の
 通知対象物質等に該当しない
・アルミを変色・腐食させずに、塗膜を剥離できる
・真鍮、ガラス製品にも使用可能
・塩素系の剥離剤のような刺激性、臭気はない
入目・荷姿 18L(ポリ缶)
使用方法 ・原液で使用する。
・常温もしくは80℃までの温度に加温して使用する
・浸漬し、塗膜が軟化・膨潤又は溶解するのを待って引き上げ後、圧力水・ブラシ等を用い水洗し、
 除去する
外観 無色透明液体 
臭い  弱い芳香臭
pH 2〜3
比重(15℃) 1.085
引火点 なし
消防法(危険物) 非該当 
有機溶剤中毒予防規則 非該当
PRTR法 非該当
毒物・劇物取締法  非該当
  <他の製品情報を見る
このページの先頭へ

Copyright(C) 2007-2017 KUSUNOKI CHEMICAL.,LTD.All rights reserved.
ホーム /What's new /製品情報 /会社案内 /サービス案内/ 環境活動/お問い合せ/ リンク
サイトマップ / 個人情報保護方針