赤穂駅前 大嶋皮膚科医院

美容医療
 


はじめに
 肌が調子よくなり、シミやニキビができにくくなる手入れ法を指導しています。シンプルな方法でマスターすれば化粧品代はかなりうくようです。実践していただくと肝斑炎症後の色素沈着と呼ばれているシミは改善してきます。全部のシミがこれで治るわけではありませんが、治療をうまくおこなうのに必要です
 お気軽にご相談下さい。

安全で効果的なシミの治療戦略
 上のスキンケアを実戦していただくと、速やかに肌荒れが解消します。

 肌荒れが起きないと言うことは、シミをつくらないような肌の手入れができているというばかりではなく、すでにできてしまっているモワッとしたシミも自然に改善してきます。
肌がシミを直そうとするモードに入っているのです。

 しかし、それだけでは
どうしても消えないシミが島状に残ってきます。そのシミは個別の治療が必要なわけですが、その治療はレーザーも含め言ってみれは肌をヤケドさせたり擦りむいたりする処置になります。これは諸刃の剣であり、シミを消そうとしているつもりが損傷により新しいシミができかねない行為です。

 ただ上のスキンケアを実戦していれば、肌は湿潤療法により効果的にキズを治すモードに入っているので治療による副作用は最小限に抑えられ、万一発生しても最小の努力で改善します。

 また島状に残ったシミの治療法は単一ではなく、レーザーはその選択肢の一つです。

 トップページ

 診療ワンポイント

  アトピー性皮膚炎

  痛みのTP療法
 (肩・腰・膝・足など)

 ご家庭では

  食物アレルギー

 
美容医療

  レーザー治療

 男性型脱毛症
    女性の抜け毛

 院長紹介

 ごあいさつ

 アクセス

 リンク集

 雄鷹台山写真集
シミといっても種類が色々あり
治療法がそれぞれ違います
上述のスキンケアはどんなシミの治療でも必須で、それだけでも改善してくるのが肝斑や炎症後の色素沈着です。
肝斑 レーザー治療後の炎症後色素沈着
ただこれらのシミをはやく治そうとしたらビタミンCやトラネキサム酸の内服、ハイドロキノンの外用が有効です。さらにトレチノインという外用剤を追加するのがよいのが日光(老人性)色素斑です。
日光色素斑
肌から隆起した老人性疣贅(脂漏性角化症)やそばかす(雀卵斑)は液体窒素療法によく反応します。ただし液体窒素療法は施術後に炎症後の色素沈着が発生しやすいですから、その予防に上述の内服やハイドロキノン外用を併用することがお勧めです。
脂漏性角化症 雀卵斑

レーザー治療へ

トップページへ
 
皮膚科・美容皮膚科・肩こり、膝足痛治療
大嶋皮膚科医院

所在地    兵庫県赤穂市加里屋66-2
郵便番号    678-0239
電話番号    0791-43-6900
mail       ako_derma@yahoo.co.jp