赤穂駅前 大嶋皮膚科医院

アトピー性皮膚炎について
肌にキズがあると痒みが起こりやすいです
キズは
擦ったり掻いたりするとでき、悪化します
内服で痒みを押さえ込み、塗り薬で
キズを治せば速やかに楽になります

 何年も続くしつこい皮疹でもアトピー性皮膚炎でないこともあります。特に首の後ろとか肘膝の掻きあとを伴う痒みなど、見せていただくとすぐ治ってしまう病気だったりするので、治らないと決めつけないで相談していただくのがよいです。薬を塗るといったん痒みは消えるけれど、しばらくすると同じ場所が繰り返し痒くなり、掻いているうちにシミのようになる病気もあります。

 強い痒みは飲み薬に頼ってでも押さえ込む必要があります。ただそれがいつまでも続くかというとそうでないことが多く、アトピー性皮膚炎は特別な素因を持つ方以外は歳とともに症状が軽くなりお薬が不要になることも珍しくない病気です。なので今を我慢しすぎないことが大事だと思っています。

 ネットで「アトピー性皮膚炎と汗」で検索すると痒くなる、しみて痛くなると苦しみの言葉ばかりが出てきます。この汗とどうつきあってゆくかが日常生活の要の一つです。

 で、結論から言うと
汗はたくさんかいた方が良いのです。もちろん肌にかき傷があると汗は塩分を含んでいますからしみて痛くなったり痒くなったりします。なので初めは汗をかく前にワセリンを塗って汗をはじくようにし、不快な症状を予防するようにします。そして汗をかいたあとは早めにシャワー等で流します。ただし洗剤を使わずタオルでこすらずに水や温水で流すだけにします。汗をびしょびしょにかいてもです。すると垢や、汗に含まれる塩分は流されてしみなくなりますが、洗剤を使わないと汗に含まれる脂分は体表に残り肌を守るワックスになり、新たにかく汗をはじき、掻きあとなど体表のキズを治す保護膜になってくれます。

 さらに汗をかくと肌の水分量が増え乾燥肌が改善します。また汗をかくために運動することはアトピー性皮膚炎の悪化因子であるストレス解消にもなります。

 トップページ

 診療ワンポイント

 
アトピー性皮膚炎

  痛みの治療
 (肩・腰・膝・足など)

 ご家庭では

  食物アレルギー

 美容医療

   レーザー治療

 男性型脱毛症(AGA)
    女性の抜け毛

 院長紹介

 ごあいさつ

 アクセス

 リンク集

雄鷹台山写真集
 そして汗や皮脂と不要になった角質(アカ)は、生まれた時お母さんからもらい、それ以来ずっと肌に生息している皮膚常在菌の餌となります。この菌の代謝産物(排泄物)が、肌のワックスになり、肌を弱酸性に維持して有害菌から体を守ってくれます。洗いすぎや消毒はこの常在菌層を乱して黄色ブドウ球菌などの有害菌の生息を許し、肌の環境が破壊されます。アトピー性皮膚炎の患者さんの肌には黄色ブドウ球菌などの有害菌が多数存在していることがあります。

 なので汗をかいては、早めに水や温水で流す、これが日常生活で一番おすすめしたい事なのです。
   肌の環境を整え有害菌から守ってくれるのが皮膚常在菌です。この常在菌のエサがアカや皮脂や汗で、排泄物が肌を乾燥から守る保湿剤になります。従って洗いすぎると肌が傷み乾燥します。紫外線、栄養不足、乾燥が常在菌を死滅させるという研究報告が続々と発表されています。
  
トップページへ
 
皮膚科・美容皮膚科・肩こり、膝足痛治療
大嶋皮膚科医院

所在地    兵庫県赤穂市加里屋66-2
郵便番号    678-0239
電話番号    0791-43-6900
mail       ako_derma@yahoo.co.jp