ドレンホースを塩ビ管で延長(エアコン編)

~塩ビ管だと踏んでも大丈夫~

エアコン、クーラーのドレンホースを塩ビ管にて延長接続。ドレンホースは踏んだら潰れてしまうけど、塩ビ管なら踏んでも潰れません。接着剤で接続するので外れることもありませんよ。

しっかりと接着剤を塗りましょう

道具:塩ビカッター又は塩ビ用のこぎり金のこぎり)、塩ビ管用接着剤
材料:塩ビ管VP13塩ビエルボTS13塩ビソケットTS13
ドレンホースの蛇腹部分の径がTS13エルボ、TS13ソケットに差し込めますので、位置を確かめながら作業をしてください。
差し込む時は、塩ビ管用接着剤を付けるか、ビニールテープで巻くかをしてください。
☆ポイント☆塩ビ管に書いてある文字を見えない位置にもっていくと見栄えが良くなりますよ。
それとドレンは勾配を少し付けながら接続を行ってください。

塩ビ管1

まずは切りたい長さの所に印を付けます。
(斜めに切れない様に印を塩ビ管1周に付けましょう。)
切った後、内側外側共にバリ(切りかす)が付いているので全て綺麗に取ります。
塩ビカッターで切った場合はバリは出ませんよ。塩ビ用のこぎり金のこぎりで切った後はしっかりバリ(切りかす)を取りましょう。
☆ポイント☆カッターの刃の反対側やのこ切り等で擦ると綺麗に取れますよ。

塩ビ管2

左図赤丸印、塩ビ管は先から2センチ程、継ぎ手(エルボ)はパイプが入る内側の全てにまんべんなく塩ビ管用接着剤を塗ります。
(接着剤が手に付いても乾いてから取れますよ。)

塩ビ管3

そしてパイプと継ぎ手を接続をします。
この時塩ビ管を押し回しながらエルボを接続してください。
そうすることで塩ビ同士がうまく溶け合い、接着されます。
塩ビ管がたまに抜けて出てくることがありますので、回しても動かなくなるまで持っていてください。
もしも寸法を間違った場合は、ソケットを使い、長さを調整してください。
最後はドレンが出てくる事を確認してください。
室内機の前面パネルを開けて、銀色のフィンにやかんなどで水をかけ入れると早く確認できますよ。
銀色のフィンの下にはドレン受けがあるので、水を入れても大丈夫ですので。

~インフォメーション~


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP