江戸時代の貨幣制度  
 「江戸時代の醤油文化」TOPに戻る

江戸時代の古銭(大きさの比較)
写真左から、金貨「慶長 壱両小判(レプリカ)、万延 壱両小判(レプリカ)、 二分金(万延期)、 二朱金(万延期)」、
銀貨「一分銀(天保期・安政期混在)、 一朱銀(安政期・嘉永期混在)」、
銭貨「百文銭(天保通寳)、 四文銭(明和期・安政期混在)、 一文銭(寛文期・享保期混在)」である。


資料:江戸時代の貨幣制度(1)
江戸の貨幣制度


■ 江戸時代の貨幣は、金・銀・銭の「三貨制度」

江戸時代の貨幣には、金貨、銀貨、銭貨の3種からなる制度を「三貨制度」という。金貨は計数貨幣で、銀貨は目方を計って使用する秤量(ひょうりょう)貨幣であるが、後には定額の銀貨や金単位をもつ計数銀貨も発行された。
徳川幕府は、鋳貨制度を制定し、金座、銀座、大判座、銭座において、それぞれ貨幣を鋳造させて全国通用の貨幣制度「三貨制度」を確立させた。
江戸時代には、活発な経済活動が行われることで様々な貨幣が登場した。江戸時代の貨幣は、小判に代表される金貨、丁銀や南鐐二朱銀などの銀貨および一文銭などの銭貨(銅銭)という3種類の金属貨幣が並行流通(三貨制度)していた。
金貨は小判1枚を1両で数える「計数貨幣」、銀貨は重さの単位である匁(1匁=3.75g)で表す「秤量貨幣」、銭貨は「寛永通宝1個を1文で数える「計数貨幣」である。(金貨と銭貨は1枚の額面が決まる「計数貨幣」ですが、銀貨は額面や重さは決まっておらず、取引のたびに秤で計量する「秤量貨幣」だった)


■ 三貨の交換相場

幕府が慶長14(1609)年に定めた公定相場は「金1両=銀50匁= 永1貫文=銭4貫文(4000文)」であった。元禄13年(1700年)の公定相場は「金1両=60匁=銭4貫文(4000文)」である。額面価格と貨幣の枚数で価値が決まるものを「計数貨幣」、重さで価値が決まるものを「秤量貨幣」という。

  • 慶長年間(1603~15年):金一両 = 銀50匁 = 銭4貫文(4000文)、慶長小判(金86.28%、銀13.20%、金4.3匁)の通用期間:1601年~1695年(寛永6年~元禄8年)
  • 明和年間(1764~72年):金一両 = 銀60匁 = 銭5貫文(5000文)、元文小判(金65.31%、銀34.41%、金2.3匁)の通用期間:1736年~1827年(元文元年~文政10年)
  • 慶応年間(1865~68年):金一両 = 銀150匁 = 銭10貫文、万延小判(金57.25%、銀42.35%、金0.5匁)の通用期間:1860年~1874年(万延元年~明治7年)

●金貨(計数貨幣)…1両=4分=16朱
●銀貨(秤量貨幣)…1匁=10分、1000匁=1貫(貫目、貫匁) ※秤量貨幣の単位「匁」は、重量の単位そのもの(1匁=約3.75g)
●銭貨(計数貨幣)…1000文=1貫文

 

金貨は4進法と10進法の組み合わせ、銀貨と銭は10進法というように三貨そえぞれの数え方が異なっていた。
金貨は、小判1両を基準にそれ以下の単位は4進法で決められた計数貨幣(両・分・朱の4進法で1両=4分=16朱、両は10進法)であり、銭貨は1枚が1文と決められた計数貨幣(10進法で単位は「貫文」、1000文が一貫文)である。

 
一貫文(一文銭を1000枚をさしに通して束ねたもの)1貫=1000匁=3.75kg

銀貨銀塊は重量を貫匁で計る秤量貨幣として流通したため、単位は重さを表す「貫・匁」(1貫=1000匁=1万分=10万厘)である。しかし、銀貨は江戸時代中期以降には、一分銀、一朱銀といった金貨体系の単位の額面をもった計数銀貨が多く発行された。


■ 江戸時代1603-1867年 江戸庶民・商人・下級武士が使用した貨幣

江戸庶民の財布(巾着・道中財布)に入っていたのは豆板銀(小粒銀)、一文銭、四文銭、天保通宝(百文銭)などが多かったが、一朱銀、二朱銀の取引にも慣れていた。長屋暮らしの庶民たちは、一分金などの金貨や金の小判なんか見たこともないのが普通であって、富くじ(宝くじ)や賭け事でまれに小判が手に入っても、かさんだ借金の返済ですぐ無くなったので、「これ小判たった一晩居てくれろ」という川柳があるほど、庶民は小判にはめったにお目にかからなかった。

一般の小売、米・味噌・油など、その時々に売り買いの日常品を商人から買う場合は、銭貨(銅銭)が主として用いられた。銭貨は1枚が1文というのが基本単位で、10進法で計算した。食べ物屋では高額貨幣の金貨が使用できないため「文銭勘定以外の販売はいたしません」と店内に注意書きを貼ってあった。
豆板銀
1601-1868年
丁銀(目方約43匁)
1601-1868年
一分銀(1000文)
1837-1869年
一朱銀(250文)
1829-1869年
百文銭
1835-1869年
九六銭(銭差し百文)
1670年?~
四文銭
1768-1869年
一文銭(文銭)
1626-1869年

銭貨は寛永通宝の一文銭(銅)があり、明和期以降は四文銭(真鍮)が定着した。四文銭の発行がきっかけで「四文屋(しもんや)」の屋台が流行った。「なんでも四文屋」と称して、菓子やおでん、煮魚などを四文均一で売っていた。幕末には天保通宝という百文銭が流通の主流を占めるようになった。当時は一文銭96枚を束ねて百文として通用している。96という数は2、3、4の各数で割り切ることができて便利なので普及した。この慣行を「九六銭(くろくせん)」、「九六百(くろくひゃく)」と称した。一文銭を100枚を束ねたものは「丁銭](百文勘定)といった。


■ 貨幣の通用は混在

金貨は、一両の「小判」のほかに、2枚で一両の「二分金」、4枚で一両の「一分金」、8枚で一両の「二朱金」、16枚で一両の「一朱金」があった。
銀貨は、12枚で金貨一両と等価とされる「五匁銀」、4個で一両の「一分銀」、8個で一両の「二朱銀」、16個で一両の「一朱銀」があり、額面の表記で使われた。
また、「切餅」と呼ばれた一分銀100枚(壱分銀弐拾五両=小判25両相当)を所定の紙を用いて包み封印されたものがあった。「切餅」は幕府への上納や公用取引のために用いられた。

また、秤量貨幣の銀貨としては「丁銀」と「豆板銀」があり、わらじ型の「丁銀」は四十三匁とされ、正しい重さの「丁銀」1枚に「豆板銀」十七匁を加えて金一両(元禄期)と交換された。豆板銀は、量目は1個1~10匁くらいであり、江戸時代を通じて流通した銀貨の一種である。豆板銀は、高額の丁銀に対する補助的な少額貨幣として用いられた。豆板銀は、小粒銀(こつぶぎん)、小玉銀(こだまぎん)とも呼ばれ、当時、銀座において用いられた正式名称は「小玉銀」である。(1匁=3.75グラム)

しかし、天保8年(1837年)から金地金不足を理由に一分銀が多量に発行された。嘉永6年(1853年)には、一朱銀が発行されるにいたって、江戸時代後期は銀貨の計数貨幣化が進行し、一方で丁銀の流通は衰退し銀建て取引は藩札および手形で代用されるなど名目化した。



■ 地域や身分によって主に使われる貨幣に違いがあった

江戸では金が本位貨幣として用いられたのに対して、大坂では銀が本位貨幣として流通した。江戸時代の貨幣制度は、主に金貨・銀貨・銭貨(銅・鉄)の三種の金属貨幣「三貨制度」から成り立っていた。江戸時代の貨幣流通は複雑である。江戸では金貨が、上方(かみがた)では銀が中心に流通していた。これを「関東の金遣い、関西の銀遣い」という。
江戸を中心とした東日本(陸中から関東を経て尾張までの範囲)では「金」が主として使われ、大坂(大阪)を中心とした西日本(陸奥から日本海側の羽後、越前を経て関西以西の全ての範囲)では「銀」が主として使われていた。これは東日本には佐渡金山などの金の産地が比較的多く、西日本では石見銀山などの銀の産地が比較的多かったことによる。また、西日本では昔からの貿易で、中国やスペインから入ってきた銀貨の影響もあった。
三貨制度で使用された貨幣は、上級武士や豪商が使った金貨、商人や中級武士(※1)と庶民は銀貨、庶民や商人と下級武士(※2)・農民は銭貨を主に使っていたとされる。
(※1):禄高は200石から50石(1石は米35俵)、収入は約80両から約20両、 邸宅は建坪43坪から30坪。
(※2):禄高30石で約12両、給金支給の最下層武士は一年で三両一分。
(参考):大店の奉公人の給金が年3両(手代)、5両(番頭)、2両2分(下女)。江戸職人の上大工で年収が3両。日雇い人夫で年1両に満たない。


■ 江戸時代の両替商

両替とは「両」つまり主に東日本で使われた計数貨幣である「金」を、西日本で使われていた秤量貨幣である「銀」、もしくは小額の計数貨幣である「銭」と替えるという言葉からきている。 (「両替」の名称は、『両』(金貨)を他の貨幣に『替える』に由来する)

江戸時代の通貨三種類は、それぞれ独立しており、小判、銀貨、銭貨の換算が一定ではなく、常にいろいろの要素で変動していた。
両替商は、徳川幕府が定めた金・銀・銭貨が基本貨幣として通用する三貨制度のなかで発生した。三貨制度が確立することになり、「東国の金遣い、西国の銀遣い」と称されるように、地域ごとに金銀貨の流通範囲が異なっていたほか、金銀貨という高額貨幣と小額貨幣である銭貨との価値の乖離が著しかったため、3貨間の交換業務が必要欠くべからざるものとなっていた。この金・銀・銭貨の交換や鑑定を業として行っていた商人を一般に両替商という。

江戸では金が本位貨幣として用いられたのに対して、大坂では銀が本位貨幣として流通した。金・銀・銭の交換比価が一定せず、関東と上方で本位貨幣が異なっていたことは、貨幣の交換を専業とする両替商を発展させた。両替商は金銀銭貨の両替のほか、商人や大名などを主たる取引相手として、預金の受け入れ、手形の発行・決済、金銭の貸し付け、為替の取り組み・決済という金融業務を営んでいた。

 
江戸時代の両替商の代表格は、大坂の『鴻池屋(鴻池家)』と江戸の『越後屋(三井家)』でした。

金・銀・銅の他に「米」もまた通貨としての役割を果たしてきた。武士の年棒は「何万石」などといって米の量(出来高)で決められていた。そして、大名は「蔵」に米などを保管して、貨幣が必要になると換金して使っていた。江戸時代は大坂が「天下の台所」として、日本の経済の中心地であった。大名は自国で得た米を「米市場」がある大阪で「銀」に換金し、その銀を必要に応じて金に交換していた。そのため、大坂の銀と江戸の金の交換で「相場」が生じ、多くの「両替屋」が存在していた。

三貨制度で使用された貨幣は、上級武士や豪商が使った「金貨」、商人や中級武士と庶民は「銀貨」、庶民や商人と下級武士・農民は「銭貨」を主に使っていたとされる。両替商には、「本両替」と「銭両替」があり、本両替は金と銀だけを、銭両替は銭と銀の両替に従事していた。
本両替は、大手商人や中小問屋商人で預金・貸出および為替の取り扱いを行なっていた。一般庶民を対象とした銀貨と銭貨との両替は、銭屋(銭両替)と呼ぱれる中小・零細の両替商や庶民と密接に繋がっていた米屋、酒屋や質屋などが副業として兼営していた。






Copyright(C) 日本食文化の醤油を知る  All Rights Reserved.