HOME



日本ポーランド協会は、1975年4月設立。日本とポーランド両国民の相互理解と友好親善に寄与することを目的とする民間の任意団体です。関西センターは、東京・名古屋・関西・長崎の4つの地域センターの中の1つとして1980年に設立、現在も活発に活動を続けています。専門家ばかりではなく、年齢を問わずポーランドに関心がある様さまざまなジャンルの人々で構成され、アットホームな雰囲気が特徴です。

 



今年2022年は、関西でのポーランド・シベリア孤児救済の100周年に当たります。
1920年の東京での救済事業に続いて、1922年に、ソ連建国時の内戦の中シベリアで悲惨な状態にあったポーランド人児童390人を敦賀上陸後、大阪で治療・救護し、神戸からロンドン経由で祖国ポーランドに無事に送り返すことができました。日本赤十字社を中心とするこの救済事業には公私にわたり関西の多くの人々がかかわり、それはポーランドの人々の親日感につながって、たとえばその恩返しという形で1995年の阪神・淡路大震災の被災児童のポーランド招待が実現したように、日本・ポーランド両国の国際親善に大きく貢献しました。

2022年5月22日(日) 100年前の危機がつないだ日本・ポーランドの絆
‐ポーランド・シベリア孤児 神戸出港100周年記念‐
北中綾子ピアノコンサート ~ポーランドからのそよ風~」
*2022年6月24日(金) 100年前の危機がつないだ日本・ポーランドの絆
‐ポーランド・シベリア孤児 神戸出港100周年記念‐
オンライン座談会vol.5 「ポーランドの今」

(ゲストの坂本さんのウクライナ支援への協力はこちらで
*2022年8月28日(日) 講演会(対面・オンライン併用)
100年前の危機がつないだ日本・ポーランドの絆
‐ポーランド・シベリア孤児 神戸出港100周年記念‐
敦賀→大阪→神戸 孤児救済の歴史と国際親善
*2022年9月末~10月 学生ワークショップ
「日本・ポーランド友好の100年を考える」(仮題)
 ‐危機から始まる国際親善の可能性‐
(準備中・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準備中・・・  

 

 

* 人道の港 敦賀ムゼウム 企画展
 桜咲く国 ~388人の子供たちが過ごした日本~
  2022年7月1日(金)~9月30日(金)

映画
 「アウシュビッツのチャンピオン」  
  2022年7月22日(金)より全国順次公開

ピース大阪
  開館の日平和祈念事業 講演会
  「正義の外交
    2022年9月11日(日) 14:00~16:00
    ※事前申し込み要

  特別展
   「タデウシュ・ロメル駐日ポーランド大使と極東のユダヤ人戦争避難民」
    2022年8月25日(木)~9月18日(日)

  特別企画
   映画「ボルドーの領事」上映会
    2022年9月3日(土)、10日(土)、17日(土)、24日(土)

* (ポーランド人アーティストも参加)
 2022 AT ARTS EXHIBITION 
  〇浄厳院アーティストinレジデンス   2022年9月1日(木)~9月30日(金)

  〇浄厳院現代美術展   2022年10月22日(土)~11月6日(日)

*静岡英和学院大学パネルディスカッション
 海洋文化としての伝説・楽園・異界
  2022年10月1日(土)