インパクトは腰の横、ムチの原理でボールを弾き飛ばす!

下半身リードのダウンスイングからの続き「インパクト」です。


さて、ムチをしばく際には、最初から手首のコックを使うと鋭くしばくことはできません。
鋭くしばくためには、最初曲げた肘を伸ばすようにしてムチを引き回した後、
手首のコックを鋭く使ってムチの先端を走らせます。


ゴルフのスイングにおいてこの「ムチをしばく原理」を働かせることで、
インパクト時の瞬間的なヘッドスピードを効率的に上げることができます。



ただし、「ムチをしばく原理」といっても、
本物のムチをしばくのと同じように、ヒジを伸ばしたり、手首のコックを使ったりするのではなく、

下半身リードのダウンスイングの説明にあるダウンスイングの初動の段階で、
左足を踏み込み、腰を振り子のように僅かにスライドさせながら回し、
腰の回転にともなう肩の回転によって左腕を引き下ろし、
クラブをグリップエンドからボールに向かって引き回すのが、
ムチをしばく際の、ヒジを伸ばしてムチを引っ張る段階に相当し、

手首のコックを使ってムチの先端を走らせる段階に相当するのが、
下半身リードのダウンスイングの説明の後半にある、
踏み込んだ左足を軸にして、
右足かかとを上げ、右尻を狙いよりもやや右斜め前方(インサイドアウト)に向かって押し出すようにグッと回し込みながら、
左肩を回して左腕を左斜め上方に引き抜く
ことによって、

右脇腹に絞り込まれた右ひじが、
右腰と一緒に回りながら伸びることで、
グリップの描く弧が急速に小さくなり、

クラブが引き回されながら、
「ムチをしばく原理」が働いてクラブヘッドが回り込み、
「腰と肩の回転によって、ムチでしばくようにボールを弾き飛ばす。」のです。

ダウンスイングの後半の段階で、上半身(胸)がボールに正対しても、
決して腕を振ったり、手首のコックを緩めたりして、
ヘッドを打ち込もうとするのではなく、


あるいは、ボールをしっかり見ようとか、ボールを上手く打とうとし過ぎて、
無意識のうちに肩の回転が遅くなり、グリップが慣性力で落ちてしまったり、
あるいは、左肩を回そうとして、
上体が起き上がったり、左へ流れたりしないように気をつけて、

踏ん張った左足を軸に、右足かかとを上げて左股関節を捻り
腰が狙った方向を向くまで、右尻を回し込むのに合わせて、

右ひじの曲げと右手グリップの形をしっかり保ったまま
腕の形は崩さずに、
右尻の後を追うように右ひじを右脇腹に絞り込みながら、

左腕を引き抜くことを意識して、
前傾したまま頭を残し、
首筋を軸に飛球線方向に胸を向けるように、
左肩を左斜め上方に向かってしっかり回します。

すると、右腰と一緒に回る右ひじが支点となって伸びグリップの軌道が描く弧が急速に小さくなることで、
グリップエンドからインサイドに引き込まれ、

ボールを見る視線上をグリップエンドから引き回されるようにグリップが通過した直後(ハンドファースト)に、「ムチをしばく原理」が働いて、
遠心力によってクラブヘッドが瞬間的に回り込み、フェースは瞬時に狙った方向を向きます。


インパクトの瞬間は、
アイアンの場合は、
ボールの下を、クラブヘッドを滑らせるイメージで、
クラブを引き抜くように左肩を回す
と、
腰が回りきる直前の、右ひじが自然に伸び始めたあたりで、
クラブヘッドが瞬時に回り込んでフェースが反り、
ダウンブローにボールを捉えます。


ドライバーの場合は、
ボールをやや左足寄りにセットしますので、
インパクトのタイミングがアイアンより遅くなり、
右腰を回し込みながら、右手小指側をボールにぶつけるイメージでグリップを引き下ろし、
左肩を回しながらボールを捉え右ひじを伸ばす


腰がほぼ回りきったところで、
充分に肩が回り左腕がボール方向に伸び、
ヘッドが回り込んで、左腕とクラブシャフトがほぼ一直線になって、
右腰の横で、アッパーブローにボールを捉えます。
そのまま肩を回してヘッド放り出すと、高弾道で真っ直ぐな打球が打てます。

お尻と肩が充分回るまでクラブヘッドがボールに到達しないように、
右ひじを曲げ、右手グリップを小指側から回し込むように固めて我慢しないと、
コックが緩んでクラブヘッドが身体が回るよりも先に回り込むと、
フェースが開いたままボールを捉えて、狙いよりも右方向へ、
右ひじが早く緩んで遠心力でグリップが早く回り込むと、
ヘッドが反り過ぎて、狙いよりも左方向への打球が出やすくなります。

身体の回転に対して、グリップの回り込みとクラブヘッドの回り込みが、
どれくらい同調するかによって、ボールを捉えたときのクラブヘッドの向きが変わるので、いかに再現性良くボールを捉えるリズムを身に付けるかです。


ボディーターンスイングのインパクトで大切なことは、
「腕を振ってクラブを棒のように振り回してクラブヘッドでボールを打ちにいく!」というイメージではなく、

「クラブヘッドは遅らせ、
右足かかとを上げ右尻をグッと回し込むのと同時に、
左肩をしっかり回してクラブをグリップエンドからボールに向かって引き回し、
右腰の横、右肩の右前で、お尻と肩の回転のみでボールをしばくように弾き飛ばす!」
というイメージです。



岡本綾子師匠の教本「岡本綾子LESSON」には次のように書かれています。
「・・・ 前略 ・・・ スウィングはインパクトで終わりませんが、この瞬間、下半身の回転の9割は終わっています。・・・ クラブフェースがボールを捉える瞬間には、腰はほぼ完全に飛球線方向を向いているはず。
インパクトでは下半身がほとんど回り切り、そのままフィニッシュと同じ形になっているのが理想です。
インパクト後は、この下半身の形に従って上半身が自然に引き上げられていく。これがインパクトからフォロースルー、フィニッシュまでのスムーズな流れだと思ってください。」 ・・・ 以上抜粋 ・・・ 

即ち、腰が飛球線方向を向くまでは、グリップが右腰を追い越すことはなく、
腰が飛球線方向を向くのと同時に腰の右横でボールを捉えることになるのです。

そのためには、ダウンスイングでは、グリップやクラブヘッドが早く落ちて、身体がしっかり回る前に、
クラブヘッドがボールに到達しないように、

右ひじは伸ばさず、左手首の親指側に曲げたコックが緩まないように右手グリップをしっかり固め、バックスイングのトップでのグリップの位置と形を変えずに腕の形をキープするよう我慢してタメを作り出す右腕への意識が大切なのです。


こうすることで、「角運動量保存の法則」によって身体の回転による角運動量をヘッドに伝え、ボールを飛ばす威力を大きくする(ボールに体重を乗せる)ことができ、打球の威力が増します。

岡本綾子師匠の教本「岡本綾子LESSON」には次のように書かれています。
皆さんの多くは、どうしてもダウンスウィングの途中でコックがほどけてしまい、クラブヘッドがすぐに落ち、いわゆるスウィングの「タメ」が作れません。このスウィングの「タメ」をキープするには、  ・・・ 中略 ・・・  があります。クラブを振り下ろしてくるときに、右手人さし指の付け根にグーンとパワーがかかる感覚が得られれば、それがスウィングの「タメ」になります。・・・ 以上抜粋 ・・・

頭を残したまま、淀みなくしっかり肩を回して、
グリップエンドからクラブを引き回すには、
ダウンスイング開始時に頭を少し右に傾げ、

右の写真のように、腰の右横、右肩の右前でボールを捉える瞬間を、身体の正面真上からではなく、頭を右にやや傾げてボールを後方(ビハインドザボール)からのぞき見るように意識することが大切です。


岡本綾子師匠の教本「岡本綾子LESSON」には次のように書かれています。
「・・・ 前略 ・・・ 世界中のどんな飛ばしや屋も連続写真でチェックするとわかるように、インパクトでの頭の位置が、必ずボールよりも後方に残っています。いわゆる「ビハインド・ザ・ボール」が、飛ばしの鉄則なのです。 ・・・ 中略 ・・・ 
頭の位置をボールの後方に残すのが理想ではありますが、もっと大切なのは、トップでの頭の位置を動かさないということ。これがビハインド・ザ・ボールの意識より重要です。」 ・・・ 以上抜粋 ・・・

ダウンスイングからフィニッシュまで頭の位置がまったく変わらず、左の写真のように、
お腹が打球方向に向き、上体が少し後ろにそるようなフィニッシュをイメージして、

右足かかとを上げてから、右ひざを送り込みながら
左足に乗り込むくらいのゆったりとしたリズムで、
左足を軸にお尻(腰)を、首筋を軸に肩を回し、
スイングプレーンと肩の回転面がほぼ平行なまま、
淀みなく肩が回り、フィニッシュがピタッと美しく決まることが大切です。


「ボールを見る視線上をグリップエンドから引き回されるように」というと
「ヘッドが遅れてフェースが開き、狙いよりも右方向へのスライスになるのではないか?」と思われるかもしれませんが、

腕を振ろうとせずに、グリップやクラブヘッドをバックスイングのトップの位置からできるだけ動かさないように我慢して、
トップからインパクトまでお尻と肩を、淀みなくしっかり回すことによって、

クラブをグリップエンド(右手の小指側)から引き回しても、
右ひじが自然に伸びることでグリップが引き込まれムチをしばく原理が起こり、
インパクトの瞬間にはクラブヘッドが回り込んで

フェースが自然に反り、狙った方向を向いてボールを捉えます。

右脇腹に絞り込まれるように腰と一緒に回った支点となる右ひじも、常に同じ位置に定まることになり、ショットの再現性が高まります。


ドライバーにしろアイアンにしろ、左腕のひねりや手首の角度をほんの少し変えるだけでもフェースの向きは大きく変わるため、

方向性を安定させる上で最も効果的なのは、
インパクト前後では左腕は捻らず(振らず)にグリップは固定して、
フェース面をできるだけ安定させたまま、
腰の回転とともにしっかり肩を回してグリップエンドからクラブを引き回してボールを弾き飛ばす
ことです。

右の写真で、インパクトの瞬間、右手の甲が下(左手の甲は上)を向いている事に注目して下さい。

これはバックスイングのトップでの右手グリップの形を保持したまま、身体の回転によって右手の小指側、即ちグリップエンドからボールに向かってクラブを回し込むからです。

それ故、インパクトの瞬間は、コックを緩めて遠心力に任せてヘッドを回し込むのではなく、右手グリップの形は決して緩めず、
意識的なリストターンも使わず、
身体と腕とクラブを一体化して身体を回し、右ひじの伸びと左肩を回す勢いで、
ヘッドを回し込みボールを弾き飛ばす
のです。


右手グリップを固めたまま、
ヘッドを遊ばせずに、右ひじを支点にインパクトすることになるので、
腰(お尻)と肩の回転をいかに同調させ、いかにリズム良く回すかが大切です。

腰(お尻)と肩をどのようなリズムで、どのように回すかに意識を集中でき、
インパクトや打球の乱れの修正がシンプルになります。

腕を振ったり、手首の力を抜いてヘッドを走らせた方が、
ヘッドスピードが速くなりそうな気がしますが、

ダウンスイング時にコックを解いてしまうと、
遠心力でヘッドが外に膨らみ先に回り込んで
グリップを追い越し、
自分が思う以上に早くボールに到達してしまいます。

すると、ボールを捉えるまでの時間が短くなるばかりでなく、
身体の回転と腕を振るリズムや、力を抜くタイミングの僅かなズレによって、
下の連続写真のような歪なインパクトとなり、

身体の回転力がヘッドに伝わらないばかりか、
ヘッドがボールに到達するタイミングやフェースの向きが乱れ易く、
再現性が低下して、打球の方向性と飛距離を損なうことになります。

プロの分解写真を見ていると、
ボールを捉える前に手首を使ってヘッドを打ち込んでいるように見えますが、

これは支点となる右ひじが、腰と一緒に回り込みながら、
「ムチをしばく原理」が働くことによって、
自然に右ひじが伸びながらヘッドが回り込んでいるのが、
あたかも意図的に手首を使って打ち込んでいるように見えているだけです。


ボディーターンのインパクトでボールを捉える際のイメージは、
リストターン主体のインパクトにように、
意識的に、右ひじを伸ばしたり、コックを緩めたりして、
インパクト前に右手人差し指側をボールに向けるように手首を反しながら、
クラブヘッドを打ち込むようにしてボールを捉えるイメージとは全く異なるのです。



大概のゴルフ初心者向けのスイング解説では、

とか

などの図解を添えて、こちらのスイング解説に書かれているように、
クラブを左右対称に振りながら「身体の正面でボールを捉える」とか、
「最初に構えたときの腕の三角形を崩さずにインパクト」とか、
「インパクトでは、身体を開かない」とか、
「インパクトの時に肩を水平にする。」というのが、
ゴルフスイングでは当たり前の鉄則のように書かれていますが、

身体の横に振り上げたクラブを、
構えた時と同じように身体の正面まで下ろし、
腕の三角形をつくってボールを捉えようとイメージする限り、
必ずダウンスイングで腕を振らなければ、
イメージ通りのインパクトは再現できません。

この腕を振る動作が入る限り、
リストターンによるクラブのフェースローテーションが起こり、
身体の回転と腕を振り下ろすリズムが常に一定に同調していないと、
その都度ボールを捉える際のフェースの角度が違ってきて再現性が損なわれるのです。


ボディーターンのスイングを修得する上では、
アドレスで構えたときの腕の形に戻すように振り下ろすのではなく、
出来るだけバックスイングしたトップでの腕の形のまま引き下ろすので、

インパクト前後(ビジネスゾーン)を過度に意識すると、
ボールを上手く打とうとして素振りと同じイメージで振れなくなります。

素振りと同じ感覚で実際のボールを打てない主な原因は、
実際に、いくら下半身リードでダウンスイングしても、
インパクト(ビジネスゾーン)を意識し過ぎてボールを見過ぎる。

あるいは、身体の正面で腕を三角形にしてボールを捉えるイメージが邪魔をして
頭を動かさずに地面方向を見て真正面でボールを捉えようとするなどにより、
肩の回転の自由度が損なわれて、
下の連続写真のように、インパクト前後で肩の回転が遅くなり、
慣性力による自分が意図しない腕の振りによって、ボールを捉えてしまうこととインパクト後に腕の振りが強く出過ぎることにあります。

どんなにボールを見ていても、眼から入る情報をもとにインパクトの一瞬をコントロールすることは、簡単にできることではありません。

それ故、過度にインパクト前後(ビジネスゾーン)を意識した練習をするよりも
フィニッシュまでしっかり身体の回転先行でクラブを引き回してボールを捉えるスイングイメージの修得をまず心掛け、

例えボールがあっても、ボールを上手く打とうと意識するのではなく、
素振りと同じリズムでクラブを振り抜けるように、
お尻と肩の回転のみによって理想的なスイング軌道(スイングプレーン)を生み出し、インパクトの再現性が高いスイングリズムを身体に覚え込ませるのです。


すると、右尻や肩を回した後から、グリップとクラブヘッドが回り込みボールを捉えられるようになり、

右の写真のように、しっかり回った腰の右横で、
左腕を左胸に接触させるくらいグリップを遅らせたまま左肩を回して、少し下がった右肩の右前でボールを捉えるインパクトができるようになります。

通常スピードで素振りとボールを打つ場合とを見比べても、
どちらもスムーズなスイングができているように見えるのですが、

実際にボールを打つスイングをスローモーションで見てみると、
インパクトで、腰をしっかり回せずに左足への乗り込みが弱いまま肩の回転が止まり、
右腕のタメ(グリップのコック)が勝手に解けてヘッドが落ちてしまい、
腰が引けたような姿勢のままヘッドが回り込んでボールを捉えています。

それ故、身体の回転で弾き飛ばすというよりも、
ヘッドの回り込みのみでボールを掃うような弱々しいインパクトになっています。

腰と肩の回転でグリップエンドから引き抜くように意識して、
自分では出来ていると思い込んでいても、
インパクト直前に、瞬間的に肩の回転スピードが遅くなってしまうことが多く、
自分の眼で確かめながら、理想通りのスイングに仕上げていくことが大切です。


高速ビデオ撮影でスイングチェック!

ゴルフスキルの上達に欠かせないスイングモーションを簡単に撮影できるハイスピードカメラ。
スマート端末で撮る・見る・分析。EX-SA10とスマホを専用アプリ『EXILIM Connect for GOLF』で連動して、リモートでスイング動画を撮影。
撮影した動画は、『EXILIM Analyzer for GOLF』のライン表示や2画面同時再生機能を使用して、その場ですぐにスイング分析することができる。
モーションシャッターを使えば離れていても撮影可能。
動きを感知すると自動でセルフタイマーのカウントが始まり、カメラに触れずに撮影できる。



フォロースルーでは、頭を残し決して上体を起こさない!

前傾姿勢を保ったまま、右尻とともに右ひじを回して、
クラブをグリップエンドから引き回しながら、
左肩をしっかり回して左腕でクラブを引き抜き、
ボールを弾き飛ばすように打ち抜いた後は

上体が起き上がって肩の回転軸が動いたりしないように
前傾姿勢をしっかり保つことを意識して、
胸を張るように左肩を淀みなくしっかり回しながら、遠心力に任せて、
グリップを大きく前方へ放り出すように両腕を伸ばして振り抜きます。

すると、グリップが自然に反りながら、
ヘッドがグリップを追い越すように振り抜かれます。

フォロースルーで、意識的にヘッドを反そうとしたり、
左腕をたたみ込もうとか、左脇を閉めようとかすると、
却って、フェースの向きが不安定になりフック気味の打球が出やすくなります。

つまり、意識的に腕を操作してクラブを振り抜こうとしたりしたりしないで、
お尻と肩の回転のみでスイングをしていれば、
ヘッドが振り抜かれる勢いで自然にヘッドは反るのでインパクト後の腕の振り抜き方を意識する必要はないのです。

ボディーターンで打つなら、フォロースルーで上体が起き上がらないようにだけ気をつけて、

ダウンスイングからの勢いに任せ、
淀みなく肩を回してグリップを大きく前方に放り出すことを心がけると、
フェースが安定したままでボールを捉えた後、
スムーズなフォロースルーができフィニッシュが決まります。

森田理香子プロのフィニッシュ打つ前から、スイングプレーンとフィニッシュをイメージして、
常にしっかりとしたフィニッシングフォームまでスイングプレーンと平行に肩を回してクラブを引き回すことを意識します。

お尻と肩をちょうどいい感じで回しきるリズムというのは、イメージしたフィニッシングフォームまで振り切ろうと意識したときにできるものなので、
フィニッシュをイメージすることによって自然なリズムで振り切れます。

つまり、ミスショットしたからフィニッシュが決まらないのではなくて、
インパクトばかりを意識し過ぎて、フィニッシュまでリズムよく振り抜く事に集中していないと、
身体の回転と、それによって生じる遠心力と慣性力による腕やクラブの振りとが同調しなくなり、
ミスショットしてしまうことが多くなるのです。

スイングリズムが乱れて、
インパクト直前に肩の回転が止まり腕の振りで振り抜いてしまった時は、ボールを捉えてからのヘッドの反りが早くなり、
フック気味の打球が出やすく、
逆に、上体が起き上がってしまうように振り抜いた時は、
ヘッドがしっかり回り込まず、ボールをまともにつかまえられないので、
いわゆる『こすり球』のスライス気味の打球が出やすくなります。