森田理香子プロのスイングの秘訣
本サイトは、岡本綾子プロのスイングをお手本に
理想的なボディーターンの解説を目的とするものですが、
岡本綾子プロとの関係は一切ございません。

下半身リードのダウンスイングからの続きです。

さて、ムチをしばく際には、最初から手首のコックを使うと鋭くしばくことはできません。鋭くしばくためには、最初曲げた肘を伸ばすようにしてムチを引っ張った後、手首のコックを鋭く使ってムチの先端を走らせます。

ゴルフのスイングにおいてこの「ムチをしばく原理」を働かせることで、インパクト時の瞬間的なヘッドスピードを効率的に上げることができます。
ただし、「ムチをしばく原理」といっても、本物のムチをしばくのと同じようにヒジを伸ばしたり手首のコックを使ったりするのではなく、ここまでの説明にあるダウンスイングの初動の段階で腰の回転にともなう肩の回転によって左腕を引き回しクラブをグリップエンドからボールに向かって引き下ろすのが、ムチをしばく際のヒジを伸ばしてムチを引っ張る段階に相当し、手首のコックを使ってムチの先端を走らせる段階に相当するのが、これからご説明する腰に支えられた右ひじを支点に、肩の回転によってグリップエンドからクラブを引き回すことによって、クラブヘッドが自然に回り込む勢いでボールをしばくように弾くということです。


ダウンスイングの後半から、上半身(胸)がボールに正対しても決して肩の回転を止めて腕を振ろうとするのではなく、踏ん張った左足を軸に右足かかとを上げて左股関節を捻って腰が狙った方向を向くまで回し込むのに合わせて、
右腕のタメをしっかり保ったままクラブをグリップエンドから引き回すように、曲げたままの右ひじを右腰と一緒に、右手グリップを肩と一緒に回し込んで、インパクト直前に前傾を崩さずに首筋を軸に飛球線方向に向かって胸を張るように左肩を思い切って回し左腕を引き抜きます。すると、ボールを見る視線上をグリップエンドからクラブを引き回した直後に、クラブヘッドが勢いよく回り込んでボールを弾くように飛び出します。

左足を踏み込んで左腕をボールに向かって引き回した後、踏ん張った左足を軸に右足かかとを上げて脇腹に絞り込まれた右ひじといっしょに右腰を回し込みながら、前傾を保ったまま飛球線方向に向かって胸を張るように肩を回して左腕を引き抜くと、右脇腹に絞り込まれた右ひじを支点にグリップの描く弧が急速に小さくなってグリップエンドからインサイドに引き込まれ、
「ムチをしばく原理」が働いて、遠心力によってクラブヘッドが狙いよりもやや右斜め前方(アウトサイド)に向かって勢いよく飛び出します。
そして、充分に肩が回り左腕がボール方向にめいっぱい伸びた瞬間に、クラブフェースが狙った方向を向いてボールをヒットします。
まさに「腰と肩の回転でボールをしばく」感じです。

インパクトの瞬間は、腰はほぼ限界近くまで回っているので、右脇腹に固定されて腰と一緒に回った支点(右ひじ)も常に同じ位置に定まることになり、ショットの再現性が高まります。

私が衝撃を受けた「新左一軸ゴルフ上達プログラム」の紹介サイトの中に、「右腕を体に密着させて、腰で打ち抜くようにすればいい」とか「左股関節を軸にする」と書かれているのですが、まさにこのことではないかと思うのです。
 
インパクト直前にヘッドを打ち込もうとしてコックを緩めたり右ひじを伸ばしてはいけません。
右ひじを伸ばしたり、手首のコックを解いてヘッドを遊ばせて回し込むのではなく、手首もひじもしっかりと固めた右腕でクラブを支えたまま、腰と肩を回すことのみによってクラブをグリップエンドから引き回してボールをしばくのです。
こうすることで、「角運動量保存の法則」によって身体の回転による角運動量をヘッドに伝え、ボールを飛ばす威力を大きくする(ボールに体重を乗せる)ことができ、打球の威力が増します。
実際に、インパクト前に手首のコックをリリースしてヘッドだけを回し込んでボールを捉えた場合と、コックを固めたまま身体を回してボールを捉えた場合とでは、インパクト時の音が全く違ってきます。

また、右ひじや手首の力を抜いてヘッドを遊ばせてしまった方が、ヘッドスピードが上がりそうな気がしますが、遠心力でグリップやヘッドが外に膨らみ先に回り込んでしまうため、力を抜くタイミングの僅かなズレによってヘッドが回り込むタイミングやフェースの向きが乱れ、インパクトの再現性が低下して打球の方向性が安定しなくなります。右腕は固めたままヘッドを遊ばせずにインパクトすることによって、腰と肩を回すことのみに集中でき、インパクトや打球の乱れの修正がシンプルになります。

左肩の回転によって左腕が斜め上方に引き抜かれるように引っ張られ、右ひじは右腰に支えられたまま一体となって回り込み、ボールを見る視線上をグリップエンドからクラブを引き回すようにグリップが通過した直後(ハンドファースト)に、クラブヘッドがグリップに遅れてボールの斜め後ろ(インサイド)から回り込んで少し下がった右肩の右前でボールを捉えます。「腕を振ってクラブを棒のように振り回してクラブヘッドでボールを打ちにいく!」のではなく、「クラブヘッドは遅らせ、腰と肩をしっかり回してムチのようにクラブをグリップエンドからボールに向かって引き回し右肩の右前でボールをしばくように弾き飛ばす!」というイメージです。
岡本綾子師匠の教本「岡本綾子LESSON」には次のように書かれています。
「・・・ 前略 ・・・ スウィングはインパクトで終わりませんが、この瞬間、下半身の回転の9割は終わっています。・・・ クラブフェースがボールを捉える瞬間には、腰はほぼ完全に飛球線方向を向いているはず。インパクトでは下半身がほとんど回り切り、そのままフィニッシュと同じ形になっているのが理想です。インパクト後は、この下半身の形に従って上半身が自然に引き上げられていく。これがインパクトからフォロースルー、フィニッシュまでのスムーズな流れだと思ってください。」
 ・・・ 以上抜粋 ・・・ 
即ち、腰が飛球線方向を向くまでは、グリップが右腰を追い越すことはなく、腰が飛球線方向を向いた後から腰の右横でボールを捉えることになるのです。つまり、ダウンスイングの途中で遠心力に負けてグリップやクラブヘッドが早く落ちてしまわないように、右ひじは伸ばさず、右手首は親指側に曲げたままコックを緩めず、バックスイングのトップでのグリップの位置を出来るだけ動かさずに腕の形をキープするよう我慢してタメを作り出す右腕への意識が大切なのです。
「ボールを見る視線上をグリップエンドから引き抜くように」というと「ヘッドが遅れて狙いよりも右方向へのスライスになるのではないか?」と思われるかもしれませんが、ボディーターンのスイングでは、右肩が少し下がって飛球線方向に向かって胸を張るくらいの気持ちで肩をしっかり回してボールを捉えるので、身体を回すことによってクラブシャフトが捻られ、インパクトの瞬間にはムチをしばくようにクラブヘッドが急速に回り込み、クラブフェースが目標方向を向いてボールを捉えるのです。
インパクトで腕の振りでヘッドを打ち込むのではなく、身体の回転によってムチをしばくようにグリップエンドからクラブを引き回すには、左の連続写真のように、腰の右横、右肩の右前でボールを捉える瞬間を、身体の正面真上からではなく、頭を右に傾げてやや後方からのぞき見るように意識して、しっかり曲げた右ひじが右脇腹に自然に絞り込まれるように右腰と肩を回し込んで、ボールに向かって真っすぐ斜めにグリップを引き下した後、インパクト直前からフィニッシュまで上体の前傾をキープしたまま左腕を引き抜くようにしっかり肩を回して、ダウンスイングからフィニッシュまで上体が起き上がらずに頭の位置がまったく変わらず、スイングプレーンと肩の回転面がほぼ平行なままよどみなく肩が回りフィニッシュがピタッと美しく決まることが大切です。
バックスイングからダウンスイングへのしなやかな切り換えを心がけて左足を踏み込んで左足に荷重移動してから、右足かかとを上げて踏ん張った左足を軸に左足股関節を捻って右ひざが左ひざの横に回り込むように右足を引き寄せるように、腰が飛球線方向を向くまでしっかり回し込むことが大切です。

右ひざを送り込めるくらいのゆったりとしたリズムで、右の写真のように頭を残して左足に乗り込みお腹が打球方向にやや突き出て上体が少し後ろにそるようなフィニッシュをイメージして左足を軸にお尻(腰)を、首筋を軸に肩を回します。(ここまで頭を残すには、頭を右に向ける意識が必要)

ショートアイアンからミドルアイアンは、ボールの真後ろから狙った方向に真っ直ぐヘッドを振り抜こうと意識すると、腰のリードで腕をインサイドアウトに振ろうとしているので、その分を補うためにヘッドをインサイドへ回し込もうとして、インパクト直前にコックを早く緩めたり、右ひじが早く伸びたりして、腰や肩が充分回る前にヘッドがボール到達して、フェースが開いたままボールを捉らえてしまい右方向への打球になります。
この逆に、インパクト直後に手首(コック)が緩んでヘッドが急激に回り込んだり、あるいは肩の回転が止まって腕を振るだけのフォロースルーになると、インパクト直後にヘッドが早く回り込んでしまいフェースが早く反って狙いよりも左方向への打球が出やすくなります。

ダウンスイングは、左足を軸に右腰を回し込みながらボールに向かって真っすぐ斜め、狙いよりもやや右前方に向かって、身体の回転でインサイドアウトにグリップエンドから引き下します。
インパクト直前からは左肩を回して左腕が引き抜かれることによって腰に支えられた右肘を支点に右腕が自然に伸びながらクラブをグリップエンドから引き抜くように振り抜くタイミングで、ヘッドが自然に回り込みボールを捉えます。

腕や手首を固定したままで腰と肩を一定のリズムで回すことによって、自然に最適な角度でヘッドがボールを捉えるので、決して、インパクト前後で腕の振りや手首のコックを意図的に緩めてクラブヘッドを回し込もうとか打ち込もうと意識してはいけないのです。

いずれにしても、ボールを捉える際には左肩がしっかり回って左腕が引き抜かれることで「ムチをしばく原理」が働いてボールを弾くように打ち抜くのですが、ダウンスイングで前傾を保ったまま右尻を回し込むと、身体が回るに従ってお尻が前方に出る分背筋は右斜めに傾斜することになります。この時、頭を真っ直ぐに保ったまま肩を回すと首筋が歪に曲がってしまうため、脳が勝手に肩の回転を途中で止めてしまいます。

特に、これまで腕を振ってインパクトしておられた場合、ボールをしっかり見ようとしてできるだけ頭を動かさずにインパクトの瞬間を真上から見るイメージが強く残っているので、腰の横でボールを捉えようとすると、下の連続写真のようにダウンスイングは腰を先行して回して左腕を引き下ろせても、無意識のうちにインパクト直前に上半身がボールに正対したところで肩の回転が止まってしまい、ダウンスイング時の慣性力によって腕が振られグリップが落ちるとともにコックが解けてヘッドを打ち込むようにクラブが振られることによって、フェースが開いたままボールを捉えて右方向への打球が出やすくなります。真っ直ぐ飛んだとしても手打ちになってしまうので打球に威力がなく飛距離も出ません。
これを回避するためには、右足かかとを上げて右腰を回し込むのに合わせて、頭を少し右側に傾げて右を向いて残すように意識して、しっかり肩を回しインパクト直後をボールのやや後方から右肩越しにのぞき見るようなイメージをつくります。すると、意識の中では頭を右に傾げて右を向いても、実際は頭がさほど動かずにインパクトで首筋と背筋が一直線になってしっかりと肩が回りフィニッシュまでスムーズに肩を回しきれます。
「右脇腹に絞り込まれた右ひじを曲げたまま、グリップエンドから引き抜くように右尻と一緒に回しながら、頭を少し右に傾げて左肩を回して左腕を引き抜き、右肩の右前、腰の右横でボールを捉える瞬間をやや後方から見る。」がボディーターンのつぼその5です。

ボディーターンによってクラブを引き回してボールを弾くように打つためには、インパクト前後では出来る限りクラブフェースが前方(打球方向)を維持したままで振り抜かれることが望ましいので、テイクバック時の手首の角度をしっかり保ち、前方を向いたフェース面はそのままに肩の回転によってボールを弾き飛ばすように振り抜きます。
決してインパクト直前から手首を反したり(コックを緩めたり)右ひじを伸ばしたりしてヘッドを回し込もうとしてはいけません!
ドライバーにしても、アイアンにしても、右の岡本綾子師匠のアニメーション(5番アイアン)のように、ボールを見る視線上をグリップが通過する瞬間は、右手首のコックを決して緩めずに右腕とシャフトを直角に保ったままヘッドを遅らせ、腰と肩をしっかり回すことによってグリップエンドから引き回すように視線上を振り抜き、身体の回転でムチをしばくようにクラブヘッドが回り込む勢いでボールを弾き飛ばすのです。
上の岡本綾子師匠との5番アイアンのスイング比較を、インパクト時の肩の回転角とグリップの位置、右手の甲の向きに注目して見て下さい。
クラブのシャフトの傾き(角度)が同じくらいのところで、グリップの位置を比較すると、岡本綾子師匠は、インパクトまでしっかりとコックを保持したまま腰と肩の回転によってグリップを引き抜くように回し込んだところでボールを捉えて肩の回転力(水色のラインと肩の角度との差)で打ち抜いておられますが、私は、身体の正面でボールを捉えようとするイメージが残っているために、身体がボールに正対したところで肩の回転がほとんど止まってしまい、腕を振ろうとしてはいないにも関わらず、トップから引き下した勢いで腕が振られてグリップが落ちています。

肩が充分に回っていないうちにグリップが落ちてしまっているので、肩の回転不足を補うためにコックを早く解いて手首を反しフェースを正面に向けてボールを捉えています。それ故、クラブヘッドも早く落ちてリストターンのインパクトのようになり身体の回転力で打ち抜けていません。このようにコックが早く解けてグリップが振り抜かれるスピードに対してクラブヘッドが速く回ってしまうとスイングアークがシャフトの長さのみになり、インパクト後にフェースが早く反り打球のドローがきつくなって方向性が安定しなくなります。

下の連続写真のようにグリップの位置が同じところでクラブヘッドの位置(シャフトの傾き)を比較すれば、インパクト前にコックが早く解けてしまっていることがさらによく分かります。つまり、インパクト前に肩の回転を決して止めてはいけないのです。
また、岡本綾子師匠は、ダウンスイングからインパクトにかけてしっかりと肩を回しているにも関わらず、頭が全く動いていないのはほんまに凄いです。「頭を動かさない。」と意識すると肩が回らなくなるので、「肩が回るのに従って頭を右に傾げるようにして右側を向く。」と意識すると、頭が残って動いていないように見えるのかもしれません。アマチュアの場合は、インパクト後は無理に頭を残そうとせずに打球を追いかけるように視線を上げるくらいを意識する方が肩はスムーズに回ります。
(岡本綾子師匠の5番アイアンのスイングは「岡本綾子のスーパーゴルフ スウィングイマジネーション」より)

ドライバーにしろアイアンにしろ、左腕のひねりや手首の角度をほんの少し変えるだけでもフェースの向きは大きく変わるため、方向性を安定させる上で最も効果的なのは、インパクト前後では左腕は捻らず(振らず)に、グリップは固定して、フェース面をできるだけ安定させたまま、腰の回転とともにしっかり肩を回してグリップエンドから引き回してボールを弾き飛ばすことです。
インパクトの瞬間、右手の甲が下(左手の甲は上)を向いている事に注目して下さい。これはバックスイングのトップでの右手首の状態を保持したまま、肩の回転によって右掌の小指側の側面をボールに向かって回し込む、つまり、インパクトの瞬間は、コックを緩めて遠心力に任せてヘッドを回し込むのではなく、右手首の角度は決して緩めずに、身体を回すことのみによってグリップエンドからクラブを引き回して身体の回転力をヘッドに伝え、その力でボールを弾くのです。

インパクト直前にコックを緩めてしまうと、遠心力によってグリップから先だけが先回りして身体の回転力がヘッドに伝わらなくなり、方向性と飛距離を損なうことになります。
分解写真を見ていると、あたかも手首を反してヘッドを打ち込んでいるように見えますが、これは身体をしっかり回して右ひじを支点にグリップを回し込んでいるのと、「ムチをしばく原理」が働くことによって、ヘッドが回り込んで若干右ひじが伸びているのがあたかも意図的に手首を緩めて打ち込んでいるように見えているだけです。
岡本綾子師匠の教本「岡本綾子LESSON」には次のように書かれています。
皆さんの多くは、どうしてもダウンスウィングの途中でコックがほどけてしまい、クラブヘッドがすぐに落ち、いわゆるスウィングの「タメ」が作れません。このスウィングの「タメ」をキープするには、  ・・・ 中略 ・・・  があります。クラブを振り下ろしてくるときに、右手人さし指の付け根にグーンとパワーがかかる感覚が得られれば、それがスウィングの「タメ」になります。
 ・・・ 以上抜粋 ・・・ 
インパクトの瞬間に腕の振りで打ち抜いたり、手首を伸ばしたり(コック)、反したり(スナップ)してヘッドを打ち抜こうとか回し込もうとするとインパクト前後でフェース面が大きく変化して方向性が安定しなくなります。

ボディーターンのスイングでは身体(腰と肩)の回転によってクラブフェースが狙った方向を向くまで、腰と肩を回し込まなければならないのですが、遠心力に負けて右ひじや手首が緩んでグリップやクラブヘッドが外に膨らみ先に落ちてしまうと、インパクトのタイミングが早まることになります。
すると、身体が充分に回っていない回転不足にままボールにクラブヘッドが到達することになり、インパクトの瞬間は、フェースが開いたままボールを捉えてアウトサイドにプッシュアウトして右方向への打球が多くなります。それ故、腰と肩を充分に回すためには、インパクトまで右ひじと右手首のタメを決して緩めてはいけないのです。

構えた姿勢で同じようなグリップをすると、クラブフェースは外に開いてしまいますが、ボディーターンで打つ場合、ヘッドを遅らせることにより構えた時よりも身体が開くところまでしっかり左肩を回して身体の右横でボールを捉えることで、クラブフェースが前方(狙った方向)を向いてインパクトします。

別の言い方をすると、ボディーターンのスイングでは腕の振りや手首の反しを使わない分、クラブフェースが正面を向くまで身体を回転させることが必要であり、インパクトのときに腰や肩がしっかりと回っていないとフェースが開いたままになるのです。即ち、

ボディーターンでのクラブフェースの向き(打球の方向)は、インパクト時の腰と肩の回り度合(開き具合)で決定されるのです。

ですから、お使いのクラブフェースの特性によって若干違ってくるとは思いますが、狙った方向にボールを飛ばすためには、インパクトの瞬間はしっかりと腰と肩が回った状態でボールを捉えることが必要になります。ボールよりも後ろに頭を残したまましっかり腰と肩を回すためには、決して腕は振ろうとせずにグリップを遅らせてタメをつくり、ボールを捉えるタイミングをずらして、しっかり左足を踏ん張って腰が飛球線方向を向くまで右尻を回し込んで左足に乗り込み下半身を安定させ、ボールを弾くようにしっかり肩を回すことがとても大切なのです。

左足を踏ん張ってしっかり左足に乗り込むように右腰(右尻)を回し込むことができないと、腰の回転不足を、両足を踏ん張って背筋を使って肩を回したり、腕を振ったりして補おうとして、イメージ通りのスイング軌道からヘッドが外れ、フェースの向きが乱れて打球が安定しなくなります。

クラブを日本刀に持ち変えて刃を下にして構えたとして説明します。
構えたときには、右掌の小指側側面が刃と同じ方向でありクラブのソール側になり、左手の甲側が刀の左側面でありクラブフェースの向きになります。テイクバックした時、トップでの刃の向きはスイングプレーン上でボール方向を向きます。即ち、クラブフェースはスイングプレーンと平行になって上を向いています。このまま、腰と肩の回転によってボールを切るように刀を柄頭(グリップエンド)からボールに向かって真っすぐ斜めに引き下ろし、そのまま腕を振って振り抜くと、刀では刃がボールに向かって振り下ろされるのでボールを切ることができます。
しかし、クラブではソール側から振り下ろされるためにフェースが開いたままボールを打ってしまい右方向へのスライスになってしまいます。

ところが、腕を振り出そうとせずに腰の回転とともにしっかり肩を回して刀を柄頭(右掌の小指側側面)から引き回すと、インパクト直前にグリップがインサイドに引き込まれた瞬間に手首が捻られ刃は下向きになって刀の側面がボールに当たります。
つまり、腰と肩の回転によってゴルフクラブをグリップエンドから引き回すように振り抜いたとしても、インパクト直前に自然にクラブフェースが狙った方向を向きボールを捉えることができるのです。方向を安定させるためには、クラブヘッドがグリップに遅れて回ることがとても重要になり、コックが早く緩んでヘッドが早く落ちるとスライス気味の打球になります。

左のスイング連続写真をグリップに注目して見ると、インパクトの直前まで左手の甲をずっと上に向けたままでクラブをグリップエンドから引き下ろしても、身体を開くように上体を回してボールを捉えているので、インパクトの瞬間にはクラブフェースは狙った方向を向いています。

肩を大きく回さないリストターンのスイングでは、インパクト直前に左腕の捻りと手首の反しによってクラブフェースを正面に向けようとするために腕の振りが強く出ます。

この腰と肩の回転力によってヒットできるようになると、腕を振ってヒットしていた時とはボールの飛び方が全く違ってきます。ただし、右へのプッシュアウトやスライスが出やすい場合は、以下のような原因によってクラブフェースが開いたままでボールをヒットしていると考えられます。
  • 左足の踏ん張りが弱いために、身体が左へ流れたり、腰や肩の回りが浅くなっている。
  • 腰だけが回って、肩が充分に回らずに腕の振りでクラブヘッドが落ちている。
  • ダウンスイングの段階で、遠心力に負けて左腕とシャフトの角度が直角になるように右手首をキープできていない。あるいは、右ひじが早く伸びてしまうために、ヘッドが落ちるタイミングが早くなり、充分に肩が回る前にフェースが開いたままでクラブヘッドがボールに到達している。
  • 左足が伸びる。腰が前に突き出る、あるいは左へ流れる。インパクト後に上体が起き上がる。などによってフェースが開いたままボールを捉えてそのまま反らずに抜けている。
「インパクトは肩の回転を止めずに、左手の甲はやや上を向き、右手首はテイクバック時の角度を保持したままグリップエンドから振り抜いた後、グリップを放り出すように両腕を伸ばす。」がボディーターンのつぼその6です。

何度も言いますが、クラブヘッドがボールに到達するまでの過程を、腰と肩の回転で達成しようとしながら腕を振ったり、グリップのコックを解いてしまうと、腰や肩がしっかり回る前にクラブヘッドがボールに到達してしまうために、歪なインパクトフォームになります。それ故、右ひじの曲げとグリップのコックを決して緩めずに、クラブヘッドがボールに到達するタイミングを遅らせるように我慢して、腰と肩の回転のみによってボールを弾くようにグリップエンドからクラブを引き回すことを意識するのです。

そう意識することによって上の連続写真の岡本綾子師匠のように、実際のインパクトは、左肩を回して左腕を引き上げるように振り抜く瞬間にグリップに遅れてヘッドが回り込むハンドファーストなインパクトになり、腰と胸がほとんど飛球線方向を向いた後からボールが打ち抜かれるレートヒットになります。

ボディーターンのスイングをマスターする上で、理解しておかなければならないことは、こちらにも書いている通りインパクトの瞬間のクラブフェースの向きというのは、腕の振り(手首の反し)によって生じる要因と、身体(腰と肩)の回転によって生じる要因との合せ業によって、どれくらいクラブシャフトが捻られているかに大きく左右されるということであり、ボディーターンのスイングをマスターしようと思われるなら、腕の振りや手首の反しによって生じる要因を極力減らして、出来るだけ身体(腰と肩)の回転のみによって、インパクトの瞬間にクラブフェースが狙った方向を向くような理想のスイング軌道をつくり出すということです。

こうすることによって、クラブヘッドに体重を乗せることができ、インパクトで身体の回転エネルギー(角運動量)をしっかりボールに伝えられるようになって、例えヘッドスピードはそれほど早くなくても威力のある打球が打てるようになって飛距離が出るとともに方向性も安定するようになるのです。
また、物理的な作用反作用の法則と人間の動作のメカニズムから考えて、腕を強く振ってボールを捉えようとすればするほど、その支えとなる肩を動かさないように脳は指令を出します。
また肩を回してボールを捉えようとすると腰の回転を止めてしまいます。
つまり、人間の動作本能として作用点に近い部位を動かそうとすればするほどそれを支える部位の動作を止めることになるのです。

ですから、ボディーターンでクラブを振ろうとするのであれば、まず足の運動で腰をしっかり回し、それに連動するように自然に肩を回して、腰が限界近くまで回って安定したところで、肩を回すように力を入れ、最後にボールを捉えた直後に腕を振り出してフィニッシュまで振り切るのです。
インパクトの瞬間に、どのくらい腰や肩が回りどのようにボールを捉えているかは、スローモーションビデオによって自らの眼で確認してみないと分からないのですが、私の経験では、グリップをトップの位置に残して遅らせることやインパクトは肩の回転でグリップエンドから引き抜くことをよほど強く意識していないと、自分の感覚では相当に腰や肩を回して打っているつもりでも、実際のスイングを見てみると、インパクト直前に肩の回転が止まり、腕が振られてグリップとヘッドが早く落ちていることが多く、
インパクトは右腰の横、右肩の右前でボールを捉えるイメージを意識して、右ひじと右手首をしっかり曲げたままグリップとヘッドを遅らせ、ヘッドを打ち込むのではなく、左肩の回転によって左腕を引き抜いてボールを弾くようにグリップエンドから振り抜くことで、少しハンドファーストになりヘッドが早く回り込まなく(落ちなく)なりました。しかし、まだコックが解かれるタイミングが早くヘッドが早く落ちています。

伊沢利光プロも「伊沢利光の結論」の中で、「タメて下してきたヘッドは勝手に走らせるようにする。」と言っておられるように、無理にヘッドを回し込もうとせずに右手首や右ひじの角度をしっかりキープしてヘッドを遅らせたまましっかり肩が回ってクラブが引き込まれるまで我慢して、インパクトの瞬間は身体の回転によってクラブがインサイドに引き込まれることでヘッドが自然に飛び出そうとする勢いでボールを弾き飛ばすように振り抜くのです。
実際に、これが出来てボールをヒットできると、ヘッドを遅らせるようにダウンスイングしているにも関わらず、身体が回った後から自然にクラブヘッドが勢いよく飛び出しびっくりするような打球が飛んでいきます。

インパクト直前にヘッドを振り込んでボールを打つのではなく、コックを解かずにヘッドを遅らせ肩を回してクラブを引き回すことに集中する!

また、肩を回す際に上体が起きてしまわないように、前傾をそのままに背筋の回転軸を保ってしっかり肩を回し切るということです。無理にインサイドに引き込もうとすると肩の回転面が地面と平行になりやすくなり上体が起き上がって左肩が引けクラブがすっぽ抜けてしまいます。こうなると却ってクラブヘッドの抜けが悪くなり、打球が右方向に出やすくなります。

左肩をしっかり回してグリップエンドからクラブを振りぬくためには、右の岡本綾子師匠のように上体が左へずれないように頭を残して右肩の右前でボールを捉え、そのインパクトの瞬間を真上からではなく頭を少し右に傾げてやや後方から覗き見るようにして、左足首から左腰骨を結ぶ回転の軸を意識して右ひざを引き寄せるように右尻を回し込むと、右尻の回転に伴って自然に胸を張るように左肩が回り、クラブフェースの向きを一定に保ったままクラブを振り抜くことができます。
岡本綾子師匠の左足を軸にした右腰の回転

岡本綾子師匠の教本「岡本綾子LESSON」には次のように書かれています。
「・・・ 前略 ・・・ 世界中のどんな飛ばしや屋も連続写真でチェックするとわかるように、インパクトでの頭の位置が、必ずボールよりも後方に残っています。いわゆる「ビハインド・ザ・ボール」が、飛ばしの鉄則なのです。 ・・・ 中略 ・・・ 
頭の位置をボールの後方に残すのが理想ではありますが、もっと大切なのは、トップでの頭の位置を動かさないということ。これがビハインド・ザ・ボールの意識より重要です。」
 ・・・ 以上引用 ・・・
ボディーターンでスイングしようとした時、バックスイングで身体の右横にクラブを振り上げ、腕を振り下ろそうとせずにトップの位置にグリップを残してダウンスイングを始動し、そのまま出来るだけ腕を振らずに腰と肩の回転のみによってクラブを引き下したなら、クラブヘッドがボールに到達する時には身体は飛球線方向を向くまで回さなければならないのであり、身体の右サイドでボールを捉えるイメージが不可欠なのです。
ボディーターンのスイングでは前述した通り、右ひじは伸ばさず手首のコックは決して緩めずにバックスイングのトップでの腕の形を出来るだけ保持したまま、腰と肩の回転によってボールを見る視線上をグリップエンドから引き回すようにクラブを振り抜いて(ハンドファースト)、グリップの後からヘッドが回り込んで腰の横でボールを弾くように打ち抜き(レートヒット)、ボールを打ち抜いた後、さらに肩を回しながら両腕を伸ばしてグリップを反します。つまり、インパクトよりもずっと後でリストを反すことになります。

右のインパクト瞬間の写真を見ていただくと分りますが、肩の回転によってグリップエンドから振り抜くと、クラブヘッドよりもグリップが先行して、左足の踏ん張りによって生じる身体の回転パワーが、まるでボールをムチ(クラブ)でしばくように力強くクラブヘッドに伝わっていることに注目して下さい。真に体重をヘッドに乗せている感じです。
クラブを引っ張るように腰と肩を回転させてダウンスイングを開始し、身体の回転に遅れてクラブヘッドが大きな弧を描いてボールを捉えるので、ダウンスイングの開始からインパクトまでに要する時間が長くゆったりとしたスイングのように見えます。ゆったり振っているように見えても、肩を回すことでインパクトの瞬間に効率的にヘッドスピードが加速されながら、最適な角度でボールをヒットしますからスイートスポットでボールを捉えるとインパクトの音もボールの飛びも違ってきます。

続きは、ボディーターンの秘訣 - Part 4「ボディーターンとリストターンとではインパクトのイメージが全く異なる」




続きは、ボディーターンの秘訣 - Part 4「ボディーターンとリストターンとではインパクトのイメージが全く異なる」