森田理香子プロのスイングの秘訣
普段の生活の中で「棒で何かを叩く」という動作は、可動域が広く力を入れ易く動かし易い、肩、ひじ、手首などの関節を使って身体の正面で腕を振って行うことに慣れています。
それ故、ゴルフを始めた時から、まず身体の正面でクラブを振ってヘッドをボールに当てる(ボールを打つ)ことを覚え、その次にボールを飛ばす精度や飛距離を高めるための練習を重ね、知らず知らずのうちに身体の正面でボールを捉えるリストターン系のスイングイメージが身についていきます。

リストターンのスイングは、日常動作に近く、短期間でクラブヘッドをボールに当てることが出来るようになるのでこれが正しいと思い込み、下の男子プロのような力強いスイングフォームをイメージして試行錯誤を繰り返しながらそのまま練習を続けがちなのですが、ある程度のレベルまで到達したところで、さらなる高みを目指して方向性と飛距離を高めようとすると、その再現性を高めることが非常に難しくなり、常にナイスショットが打てる感覚をマスターするには相当な練習量が必要になって、練習場ではナイスショットが打てていても、実際のコースではスコアが全然良くならないという壁にぶち当たります。
また、プロゴルファーのスイング分解写真を見て、
「自分もこんな風に力強く美しいフォームでスイングが出来たらな〜。」と写真のイメージを思い描きながら、打ちっ放し場で練習を積み重ね、自分のスイングをビデオ撮影して見てみたら
自分の理想からはほど遠い酷いスイングフォームだったことに愕然とされたご経験はないですか?

プロゴルファーの分解写真は連続的な動作の一瞬を切り取ったに過ぎず、
プロゴルファーは、その写真のフォームを作ろうと意識しながらスイングしている訳ではないのです。
さらに、写真のように止まっていない
実際のスイングにおいては、自分の力以外に物理的な遠心力と慣性力が働くために
ただひたすらボールを遠くへ飛ばそうと、闇雲にプロのフォームを真似て力づくでクラブを振り回していても、理想のイメージ通りにクラブを振って狙ったところへボールを飛ばすことはなかなかできないのです。

理想的なスイングを修得するためには、これらの物理的な力が働くことも頭においた上で、自分がどのように意識して、どこにどう力を入れれば自分が理想とするスイングイメージに近づくのか?
自らの眼で確認しながら正しい力の入れ方を知ること。

つまり、写真のような形(フォーム)をつくろうと意識するのではなく、身体をどう動かすかを意識することが大切であり、その結果として、ビデオ撮影した一瞬、一瞬の形が理想のフォームに近づいているかどうかが大切なのです。

このサイトは森田理香子プロのような美しいボディーターンのスイングを修得するために、
自ら意識したことが、実際のスイングにどのように反映されるのかを、ど素人のゴルファーが、ハイスピードカメラを用いて試行錯誤を繰り返しながら導き出した秘訣をまとめたものです。


森田理香子プロご本人ならびに本サイト作成者とジャパンメモリアルゴルフクラブとの関係は一切ございません。

私がゴルフを始めたころに教えられたことは、
「テイクバックから最初に構えたときに両腕と胸でできる三角形に戻すように、身体を回転させながら左足に体重移動して左腕でクラブヘッドを打ち込んでいく。」でした。
その教えを忠実に守って辿りついた私のスイングが、左下の連続写真にある、俗に「手打ち」と言われるようなヘナチョコスイングです。

ゴルフを始めてから相当の期間、こんなヘナチョコスイングで打っているとは思いもせず、力任せにクラブを振り回して、OBもよく出ましたがドライバーで
230ヤードくらいは飛んでいました。

それ故、私自身は「OBが出るのは練習が足りないからだ!」とか、
「もっと力を入れてきちんとボールをヒットできるようになればもっと飛ぶはずだ!」と思い込み、ひたすら打ちっぱなし場へ通い、ナイスショットが出る確率を高めようとボールを打っていたのですが、

この分解写真を見たときは、「エッ、こんなへっぴり腰なの!」とガッカリする衝撃を受け、もっと力強いスイングにしようと、こんなスイングイメージを頭に描きながら、

クラブヘッドを打ち込むように腕を振って、身体の正面でボールを捉えるものと思い込んだまま試行錯誤を繰り返しました。

しかし、いくら練習しても、コースに出るとたまにもの凄いナイスショットが打てても、方向性は安定せずOBもよく出て、上ってみればいつもスコアは100前後あたりをうろちょろしてほとんど進歩は見られず、

美しく、力強いフォームで、もっと遠くへ、もっと正確に

と悩む日々が続き、ゴルフがだんだん面白くなくなってきていました。

そんな悩める私に、突然一通のメールが届きました。それはオージー・ゴルフ・ジャパンLLPというところからの、オジー・モア(Ossie Moore)というオーストラリアのティーチングプロによる「新左一軸ゴルフ上達プログラム」というDVDの紹介サイトへの案内メールでした。
その紹介サイトを読み進む内に、ひとつの衝撃的なフレーズが私の眼に飛び込んできたのです。

腕を振っちゃダメだよ。腕は身体にくっつけて打つんだ



このフレーズは、それまで、ひたすら肩に力を入れてクラブ(腕)を振っていた私には革命的でした。
女子プロのスイングっぽいと感じた私は、GDOにあった女子プロのスイングビデオを何度も見てみました。
このお二人のスイングは、もの凄く参考になりました。
特に、岡本綾子プロを師と仰ぐ森田プロの華麗なスイングフォームからは、岡本プロが現役だった頃、軽くゆったりと振っているようでもしっかりと飛んでいた謎が何となく理解でき、私がずっと抱いていた思い込みは、根本的に間違っていたことに気づいたのです。
森田理香子プロ

岡本綾子プロのスイング
BOOK DVD

そして、森田プロの華麗なスイングフォームに少しでも近づければと思い、ビデオカメラを練習場に持ち込んで自分のスイングを撮影し、「森田理香子プロのスイングとどこが違うのか?」、「どう意識すれば森田プロのようなリズムでボディーターンのスイングができるのか?」、何度も何度も比較しながら試行錯誤の末、何とか下のビデオのようなスイングができるまでになり、実際のコースでは、ドライバーもアイアンも驚くほど安定し、ドライバーは250ヤード以上飛ぶ事もあり、スコアも90前後で回れるほどになりました。 

CASIO High Speed EXILIMで撮影した5番アイアンの素振りと実際のショット

2013年12月撮影 2015年9月撮影
2013年撮影の時点では、素振りではまあまあボディーターンのスイングっぽくヘッドが振り抜けているのですが、
実際のショットでは、ボールを打とうとする意識が強いためか、それとも昔のスイングの癖か、
クラブヘッドを打ち込もうとして右肘の伸びと手首のリリースが早く(タメが出来ていない。)、
腰や肩の回転に対してクラブヘッドがボールに到達するタイミングが早くなり、インパクトの時点ではヘッドがグリップを追い越してボールの捉え方が弱々しく歪な手打ちになっています。

つまり、頭では分っていても、いざボールを打つとなると、無意識の内にクラブヘッドをボールに当てにいってしまい身体の回転が止まり腕を振ってしまうのです。
この違いは、ビデオ撮影をして客観的に自分のスイングを見て初めて気付きました。

2015年9月撮影の時点では、素振りではボディーターンでスムーズなスイングができているのですが、いざボールを打つとなると、左足を軸にした腰の回転でグリップエンドから振り抜くように意識していても、クラブヘッドを上手くボールに当てようとする意識からか、左足を軸に思い切って腰を回すことができておらず、左足への乗り込みが弱く腰の回転が中途半端なまま、肩を回しながら右腕のタメを解いてグリップを落してしまい、2013年ほどではないにしても、インパクトでは腰が引けたような姿勢のままヘッドが回り込んでボールを捉えています。

その結果、身体の回転でボールをしばくというよりも、ヘッドの勢い(慣性力)でボールを掃うようなインパクトになっています。
頭でわかっていても、理想のスイングイメージ通りにボールを打つことはなかなか難しいのです。

素振りと実際のショットで違ってしまうのと同じように、打ちっぱなし場ではナイスショットが連発できても、いざコースに出ると気持ちが入り過ぎてスイングのリズムが乱れ、練習場のスイングができないことはよくあります。

つまり、自分が理想とするスイングイメージを、感覚だけではなく言葉で身体に理解させておかないとダメなのです。自分のスイングの改善点を知るためには、客観的に自分のスイングを自分の眼で見ることが最も大切です。改善点がどこなのかも分らずに、打ちっぱなし場でただ闇雲に10000発のボールを打つよりもはるかに効果的です。

スイングの改善点が分って、その効果が実際のコースで結果として出ると、
ゴルフが以前にも増して面白くてたまらん今日この頃です。

森田理香子プロのスイングからつかんだボディーターンのツボを忘れないように、そして、コース上でも簡単に思い出せるようにと思い、自分がこれまで試行錯誤して気付いたことを自分なりに整理してまとめてみたら、「結構うまいことまとまってるやん。」と思えましたので、私と同じような悩みとか勘違いをしておられる方がおられたなら少しはお役に立てるのではないかと思い、私が森田プロのスイングからつかんだボディーターンのツボをこんなホームページにして公開することにしました。


女子プロと男子プロのスイングには、大きな違いがある!
まず、次の女子プロのスイングと男子プロのスイングをインパクト時の腰と肩の回り込みと腕の振りに注目しながら見比べてみて下さい。
森田理香子 諸見里しのぶ 宮里藍 上田桃子 木戸愛
写真をクリックすると拡大写真が、名前をクリックするとGDOのビデオが見れます。 
有村智恵

ボディーターンで打つ場合、腰と肩をどこまで回した時点で、
左肩、グリップ、クラブヘッドを一直線にしてボールを捉えるか?
そのタイミングをどうやって掴むか? が最大のポイント
です。

石川遼 池田勇太 藤本佳則 松山英樹 片山晋呉
写真をクリックすると拡大写真が、名前をクリックするとGDOのビデオが見れます。  

女子プロのスイングと男子プロのスイングを見比べると、女子プロは、腰の回転に肩を連動させて腕を振らずにクラブを振り抜いているので、インパクトの瞬間は右脇腹につけた右ひじを支点とし、左肩を充分に回したところで左腕を伸ばしたほぼ同じようなフォームでボールを捉えています。

それに対し、日本の男子プロはもちろん、ルーク・ドナルドも、タイガー・ウッズも、腰の捻りによって蓄えられたパワー(腰の捻転)を解放しながら肩を回転させインパクト直前から腕を振ってヘッドの勢いを増し、身体が開く前にボールを捉えていますので、インパクトの瞬間の腰と左肩の回りが女子プロに比べ若干浅く、両肩のラインと左腕が作る角度がやや開いています。これは、左肩を支点にして腕を振ればいくら肩を早く回しても、ボールを捉える瞬間にこうなるのは当たり前です。

つまり、女子プロと男子プロのスイングには、インパクト時のクラブヘッドの勢いを身体の回転のみで作り出すか、それとも身体の捻転の解放に腕の振り(右腕のタメの解放)を同期させて作り出すかという大きな違いがあり、その難易度が全く違うのです。


ゴルフダイジェスト 2014/03号より

上の松山秀樹プロの芹澤信雄プロによるスイング解説ビデオや片山晋呉プロの分解写真などを見ると、「よし、俺も下半身リードでダウンスイングして、体幹を軸に身体を回転させながら腕の振りも生かしてボールを捉え、しっかりと身体が回ったフォロースルーを取ろう。」なんて、若気の至りで何となく自分にも出来そうな気になってそれを目指してしまいがちなのですが、厳しいトレーニングによって強靭な肉体としっかりとした体幹を鍛え、毎日のようにクラブを振って基礎からスイングを作り上げ、そのダイナミック(動的)なリズムやイメージを身体が覚えている男子ツアープロだからこのようなスイングを再現性よくできるのであって、驚異的な飛距離を出せるのも、分解写真みたいに動作を止めるのではなく、腰や肩を回転させながら腕の振りを同期させ、これらのタイミングをドンピシャにしてボールを正確に捉えスムーズに振り抜くことができるからなのです。


つまり、分解写真からフォーム(形)などの静的な要素は分っても、動作のリズムやタイミングといったダイナミック(動的)な要素は分らず、写真のように止まってはいない実際のスイングでは、腰と肩の捻転の解放に腕を振り出す(右腕のタメをリリースする)タイミングを合わせることは非常に難しいのです。
また、腕の振りに見合うスピードで腰と肩を回せなければ、簡単に腕の振りのスピードが優ってインパクトからフォロースルーにかけて腕だけが先行した手打ちのようなショットになってしまい、腰や肩の捻転パワーを充分に生かせなくなります。
さらに、分解写真のフォームにこだわり過ぎると、実際のスイングでそのフォームを作ろうと意識し過ぎて無駄な力や動作が入ってしまい、却ってスムーズなスイングができなくなります。


それ故、練習場に通い、男子プロのようなフォームでボールを打つことを目指しても、どうしても身体をスムーズに回すことよりも「理想のインパクトフォームでクラブヘッドをボールにうまく当てる。」ことばかりにこだわってしまい、しっかりとした腰や肩の回転を活かしたスイングができるようになる前に、腰や肩の回転を止めて、腕の振りによってクラブヘッドをボールに当てにいくスイングの癖がついて、腰や肩の回転よりも腕の振りを優先して身体の正面でボールを捉えてしまうイメージとスイングリズムが頭に出来てしまいます。

つまり、インパクトの瞬間は自分のイメージ通りになっていたとしても、その前後も含めた全体的なスイングの流れは、理想からはほど遠いという結果になっていることに気付かないまま自己満足してしまうのです。即ち、分解写真のフォームにこだわり過ぎると、全体的なスイングの流れというダイナミックな(動的な)要素が失われてしまうのです。

ひとたび、腕の振りが優先したスイングでボールを捉えるインパクトのイメージとスイングリズムが出来上がってしまうと、ボディーターンを活かしたスイングに修正しようとしても、既に身体に染み付いてしまった手打ちの癖やインパクトのイメージ、そしてスイングのリズムが邪魔をして、腕を振るのを我慢して腰や肩の回転に遅らせてクラブを振り抜いてボールを捉えることが大変難しくなります。

つまり、男子プロのように腰や肩を回転させながら腕を振って、肩や腕、手首などすべてを同期させて常にボールを正確にヒットする術をマスターすることは、理論に基づいた段階を踏んで習得していかなければ、ダイナミックな感覚が身についていないアマチュアには至難の技であり、
このような力強いスイングをマスターしたいと思われるのであれば、ただ闇雲にボールを打つのではなく、下の「ゴルフシンプル理論」で解説されているように段階的な練習をすることが大切になるのです。

腰や肩を回す動作のスピードに比べ、腕を振る動作のスピードは大変速いので、腕を振る意識がある限り腰や肩が十分に回る前に腕の振りによってクラブヘッドがボールに到達してしまう。あるいは、腕を振ろうとすると脳が勝手に身体の回転を止めてしまいます。
そして、他の方から「もっと腰を回せ!」だとか、「もっと肩を回せ!」とアドバイスされて、腰や肩を勢いよく回してボールを捉えようとすると、スイングのリズムがどんどん速くなりショットは全く安定しなくなるばかりで、再現性よくナイスショットを打つことがますます難しくなるのです。
誰も「絶対に腕を振ろうとせずに、腰と肩を回すだけでボールを飛ばすことを考えろ!」とは忠告してくれないのです。


それ故、出来るだけ身体の回転を活かしたスイングにしようと、バックスイングでしっかり身体を回して身体の回転でダウンスイングを始動して、自分では身体の回転を生かしたスイングが出来ていると思い込んでいても、ビデオ映像などでスイングをチェックすると、インパクト直前にグリップとクラブヘッドが身体の回転を追い越し、身体の回転がまったく活かされていない手打ちのようなインパクトになっていることに初めて気づいてガッカリするのです。

手打ちのようなスイングからボディーターンのスイングに改造するためには、一度スイングもスコアもぐちゃぐちゃに崩れることを覚悟して、既に身体に染み付いたインパクトのイメージやスイングリズムを消し去るために、まずボールを飛ばすことは度外視して、腕の振りを一切使わずに身体の回転のみで左腕を引き下しグリップに遅れてクラブヘッドが最後に回り込んでくるスイングリズムを身体に覚え込ませ、腰を飛球線方向まで回し、胸を張るように肩を開いて腰の右横でボールを捉える新たなインパクトのスイングイメージ(フォーム)とリズムを頭の中に作り上げることが必要になるのです。

最近のゴルフレッスン教材のキャッチコピーには、「力を抜いた方が、飛距離が伸びる。」などのようなものがあるのですが、これは、腕を全く振ろうとしなければ上半身からの脱力ができ、身体の回転のみでボールを打つように心がけると、下半身リードの強い筋肉を使ったボディーターンのスイングがスムーズに出来るようになり、腕を振ろうとするよりもスイング軌道が安定して、より正確にスイートスポットでボールを捉えられ、曲がらない打球が打てるようになるからなのです。

                   (ここで、ちょっと、コマーシャル。まだまだ、続くよ!)

 

「SWING PRO II」は、実際のクラブに比べ非常に軽くて柔らかいために、腕を振らずに身体の回転のみでグリップエンドから引き回すように振るのが難しいのですが、グリップを出来るだけ固定して決して腕で振り下ろそうとせずに、腰と肩の回転のみで引き回すように数回振った直後に、実際のクラブを振ってみると左肩で左腕を引き下す感覚やクラブの重みでムチのようにヘッドが振られる感覚がメチャクチャはっきりと感じられ、ボディーターンのスイング感覚を研ぎ澄ますのに適していると感じています。
( (Ryoma GOLF SWING PRO について
スイングプロは、非常に柔らかく、素振りをしてボディーターンのスイング感覚下半身リードの身体の動きを身に付けるのに適しています。それに対し、スイングドクター(オレンジシャフト)は、実際にボールを打ちながらボディーターンでのインパクトのイメージや右腕のタメのリリースポイントを身に付けるのに最適です。

スイングドクター(オレンジシャフト)のシャフトは、通常のクラブと比べると柔らかく、釣竿のようなしなりをイメージしていただくといいかと思います。シャフトが柔らかい分、棒を振るようにクラブを振ってヘッドを打ち込んでボールを打とうとすると、シャフトがしなってフェースが開いてボールを捉えてしまうため、必ず右方向への打球になってしまいます。

スイングドクター(オレンジシャフト)で真っすぐボールを飛ばすためには、右ひじの曲げと手首のタメをしっかりキープして、身体の回転によってグリップエンドから鞭のように引き回してヘッドが自然に飛び出す勢いでボールを捉えなければならず、身体の正面ではなく、腰や肩がしっかり回った右腰の横、右肩の右前でボールを捉える瞬間のインパクトのイメージを作るのに適しています。

スイングドクター(オレンジシャフト)でボールを打った後で実際のクラブでボールを打つと、右ひじの曲げとコックのリリースをインパクトまで我慢してしっかり肩を回してクラブを振り抜けるようになりボールの捕まりが良くなるので、腕を振らずにボディーターンのみで狙った方向にボールを飛ばすことができるようになります。

ドライバー アイアン ウェッジ
パター
サイズ選択あり!
商品画像をクリックして
Amazonページで選択
少しハード:ブラック
メンズ:オレンジ
レディス:ピンク 
シャフト選択あり!
商品画像をクリックして
Amazonページで選択
オレンジ:スタンダード
イエロー:よりソフト
レディス:ピンク 
 シャフト選択あり!
商品画像をクリックして
Amazonページで選択
オレンジ:スタンダード
イエロー:よりソフト
好みの色をクリック!
  34インチ
右用
オレンジシャフト

あなたのスイングの支点と力点は、どこにありますか?
普段の生活の中で「棒を振る」という動作は、可動域が広く、力を入れ易く、動かし易い肩、ひじ、手首などの関節を使って腕を振って行います。

また、ほとんどのスイング解説は、男子プロのように腕の振りも活かしたスイングを基に男性の方が解説されています。

それ故、プロゴルファーほどの体力もなく、練習量も少ないアマチュアゴルファーが身体(腰と肩)の回転と腕の振りを活かしたスイングの習得を目指すことになり、ボールをクラブヘッドでうまく捉えるための基本練習として、下にあるような図とともに

とか
こちらのスイング解説に書かれているような「アドレスでつくった右腕と左腕の間の三角形を崩さない。」だとか、一般的によく言われている「身体の正面でボールを打つ。」とか、「左足に体重移動して壁をつくり、インパクトで腕を伸ばしヘッドを走らせる。」といった定説に従って、地面方向であるビジネスゾーンに意識を集中させるという思い込みとともに、左右対称にクラブを振って身体の正面で腕を伸ばしてボールを捉えるインパクトのイメージがつくられていきます。

スイング幅が小さければ身体の回転だけで両腕を伸ばして身体の正面でうまく打てるのですが、スイング幅を大きくするに従い、出来上がったイメージ通りに身体の正面でボールを捉えようとすると必ずダウンスイングで腕を振らなければならなくなります。

その結果、下の連続写真の方のようにインパクト前後(ビジネスゾーン)のフォームばかりを意識し過ぎて本能的に(習慣的に)身体の回転よりも腕の振りを優先してしまい、ボールに身体が正対したところで身体の回転を止めて腕を振ってボールを打ちに行くという手打ちの癖がつき、インパクトからフォロースルーにかけては、腕の振りに引っ張られるように腕のあとから身体が回ってフィニッシュをとることになるのです。

何故かと言うと、大きくバックスイングすると、小さなスイングの練習で修得した身体の正面でインパクトするフォームを作ろうとして、腕の関節や筋肉を使ってダウンスイングの開始直後から身体の回転と一緒に腕を振り下してクラブを早く落とし込もうとします。
そして、身体の正面でボールを捉えるために、インパクト直前に身体がボールに正対したところで左足を踏ん張って身体の回転を止め、小さなスイングと同じように身体の正面でヘッドを打ち込むように腕を振ってボールを強く打とうとします。

つまり、身体の回転はインパクト直前で止まり、身体の回転でクラブを振り下ろすことによって生じる慣性力と遠心力に腕を振ろうとする力が加わり、自分が思っている以上にヘッドが早く落ちてボールを捉え、腕の振りのみでボールを打ったあとから身体が回っているだけで、男子プロのように身体の回転と腕の振りが同期して両方の力でボールを打てていることにはならないのです。
また、ある程度の経験を積んで100前後でラウンドできるようになったゴルファーの多くが、あるゴルフレッスンのDVDで解説されているような練習を繰り返しながら、身体の回転と腕の振りを使って正確にボールを捉えるためのインパクト前後(ビジネスゾーン)での腕を振り出す際のひじや手首の使い方などの身体の動きとそのタイミング、そしてダイナミックなスイングリズムを身に付ける努力をされます。

そして、下の連続写真のように身体を回しながら右脇を閉めるように左腕を振り下し身体のほぼ正面で右ひじを伸ばしながらクラブヘッドを走らせ、手首を反してクラブを振り抜くリストターンのインパクトが出来るようになれば、練習場ではナイスショットが連発でき一時的にショットが安定して自己スコアを更新できるようになるのですが、さらなるスコアアップを目指して飛距離を伸ばそうとコース上でちょっと意気込んだ途端、たちまちスイングリズムが狂い始めグリップを振り下ろすタイミングや手首のコックを解くタイミングなどが乱れて、身体の回転とクラブの振り下ろしがバラバラになりミスショットを連発して打球の方向性や飛距離が安定しなくなり大叩きしてしまうことになります。
なぜなら、肩、ひじ、手首の関節を使って腕を振るスイングは、自由度が広い反面、調整箇所が多くフェースの向きが乱れやすくスイングの再現性が低いために、スイングのリズムやタイミングなどが狂い始めるとミスショットが出る確率が結構高くなるのです。

さらに、実際のラウンドでは一打ごとに変化するコースの状況やそれに応じてティーショットからアプローチショットまで様々なクラブを使いこなさなければならず、それぞれのクラブごとの重さや長さの違いなどがさらに調整を複雑にしてミスショットの出る確率を高めます。

それ故、ミスショットを避けるためには常に同じようにスイングできる感覚を身体に覚え込ませておくための反復練習が不可欠になるのですが、アマチュアの場合、クラブを握る頻度にも限界があるため、ある程度上達したところで練習場ではいいショットが打てるようになっても、いざコースに出るとミスショットが多くスコアが伸び悩むという壁にぶち当たり、いくら練習しても思うように上達できずゴルフが何となくつまらないものになってしまうのです。

では、どうすれば、この壁をぶち破ることができるのでしょう? 
それは、ゴルフのスイングに対する思い込みや考え方を根本から変えることです。 
もしあなたが、野球のバッティングと同じように
「ゴルフのスイングは、腕や肩の力でクラブヘッドを振り回してボールを打つ。」とか
「ヘッドをしっかり打ち抜くように振れば、ヘッドスピードが上がり飛距離が伸びる。」
と思い込んでおられるとしたら、それは忘れましょう!

野球のバッティングは、限られた時間内に高速に動いているボールをいかに打ち返すかであり、
投球と同時にボールが投げ込まれるコースを瞬時に判断して、限られた時間内にバットをコントロールしてボールの勢いに負けずに確実に打ち返せるだけの自由度とパワーが求められるために、腕の振りを生かしたスイングになり、打球の方向はインパクト時のバットの(軸の)方向によって左右され、バットの捻りは打球方向には影響しません。

ところが、ゴルフのスイングでは、止まっているボールを、狙った方向に狙った距離を正確に打つことの再現性が求められる反面、動作の開始からボールを捉えるまでの時間的な制約がないために、スイングの自由度はそれほど強くは求められません。
また、打球の方向はインパクト時のクラブのシャフト(の軸)の傾きにはそれほど影響されず、クラブヘッドのフェースの向き、つまりシャフトの捻りに大きく左右される
のです。

この点を勘違いしたままで、野球のバッティングのようにクラブヘッドをボールに当てに行ったり、
「インパクトでクラブのシャフトが地面に対して直角になるようにヘッドを回し込まないと、振り遅れてしまって打球は右方向にしか飛ばない。」と思い込んでいると、
ダウンスイングで腕を振り下ろしてヘッドを回し込んでしまう呪縛から逃れられずクラブヘッドを狙った方向に向けてボールを正確に捉えることが却って難しくなり再現性を損ねてしまうために、なかなか上達できなくなるのです。
仮に、ゴルフのスイングを野球のバッティングに例えるとしたら、ドライバーは外角低めを、アイアンは内角低めをセンターバックスクリーンにホームランするような打ち方に近いのかもしれません。

腕を振り下ろすとどうして再現性が下がってしまうのかを理解して、
いかに調整箇所の少ないシンプルなスイングにして再現性を高めるかがゴルフ上達の鍵です。
では、なぜ腕を振り下ろすとスイングの再現性が下がってしまうのでしょう?
クラブフェースの向きを左右する要因として、
  • 身体の軸の傾き
  • 腰の回り度合い
  • 肩の回り度合い
  • 肩のラインと左腕のつくる角度(腕の振り)
  • 右ひじの曲げ
  • 左腕の捻り(ローテーション)
  • 手首の曲げ(コックとスナップ)
などが考えられますが、クラブヘッドに近い部位ほどその影響は大きく、最も影響を及ぼすのは、
「手首の曲げ(コックとスナップ)」です。次に「腕を振るという動作」によって、右ひじの曲げ、左腕の捻り度合い(ローテーション)両肩のラインと左腕のつくる角度が変化しインパクトの瞬間のフェースの向きに少なからず影響を及ぼします。
腕を振ろうとすると、腰や肩の回転よりも腕の振り下ろしが先行するために、ダウンスイングで左脇が開き両肩のラインと左腕のつくる角度が大きく変化して、ヘッドが打ち込まれるタイミングやクラブフェースの向きがその都度変わり易く、ミスショットが出やすくなるばかりでなく調整箇所が多くて何が悪いのか分らなくなり修正が難しくなります。
肩(腕)の力で振ると、上半身主導でクラブヘッドでボールを打とうとして、左肩を支点としてバットを振るように腕で打ち抜かれます。支点からクラブヘッドまでの距離が長いばかりでなく、支点と力点が同じなので、遠くへ飛ばそうと意気込むほど支点が定まらずヘッドをボールに正確に当てることが難しくなり、方向性が悪くなるとともにナイスショットの出る確率は下がるのです。 ボディーターンで打つと、下半身主導で腰の回転にグリップエンドから引っぱられるようにクラブは振り下ろされ、肩の回転によって右ひじを支点にムチをしばくように振り抜かれます。身体の回転と腕の振りが一体化してヘッドスピードが早くなるとともに、ショットの方向性も安定し再現性が格段に高まります。支点を安定させればナイスショットが出る確率が高まるのです。


腕を振ってボールを打とうとした場合、上図の左側に示す通り、支点である左肩から作用点であるクラブヘッドまでの距離が長く大きな誤差が生じやすくなるばかりでなく、支点と力点が同じなので遠くへ飛ばそうと意気込むほど支点が定まらずヘッドをボールに正確に当てることが難しくなります。

また、身体のほぼ正面で両腕を伸ばしながらクラブヘッドを打ち抜くことにより左腕が捻られることになり、それはクラブシャフトの捻りに直結しているためにクラブヘッドのフェースの向きを大きく変化させることになります。実際、インパクト直前からインパクト後まで左回りに左腕は捻られ続けることになり、クラブフェースが狙った方向を向いている時間がとても短く、ボールを捉える瞬間の僅かなタイミングのズレや左腕の捻り度合い、手首の反し方などによって打球の方向が大きく左右されるばかりでなく、ボールを押し出す時間が短いために勢いのある打球が出にくくなります。

さらには、肩や腕、手首の筋肉はそれ程強くない筋肉なので、常に再現性よくクラブを振るためにはある程度の強さを維持するために日頃から鍛えておく必要がありますが、アマチュアではなかなかそのようなトレーニングはできず、力強く振ろうとするとクラブの重さに負けて却って失敗するばかりでなく、ドライバーからウェッジまでの様々なクラブの特性の違いに対する許容度が小さく、変化への適応性が損なわれミスショットに繋がり易くなります。

つまり、ゴルフのスイングにおいて腕を振る、あるいは手首を使うという動作は、ミスを誘発する要因が多くなるばかりでなく、腰や肩の回り度合い(回転角度)と腕の振りによって生ずる様々な変化量が整合しなければフェースが前を向いてスイートスポットでボールを捉えられないということで、男子ツアープロのような身体を回しながら腕の振りを使うスイングというのは相当に難易度が高く、一定の再現性を保つためには、上半身の動きを支えられる強靱な下半身を鍛え、常に全身にそのダイナミックな感覚を覚え込ませておかなければならないスイングなのです。
逆に、プロはこれらを意図的に変化させることでインテンショナルなフックやスライスを打ち分けています。
ショットの再現性を高めるには、可動域が広く調整が難しくなる腕の振りや手首の曲げなどは意識的に使わずにこれらを固定して調整箇所を減らし、インパクト時のフェースの向きが一定方向を向いて安定する腰と肩の回転のみに集中できるボディーターンのスイングを習得することに専念した方がスイングの再現性は格段に高まります。

調整箇所を少なくしてスイングの再現性を高めれば、スイングの精度(安定性)を高めることはより容易になります。スイングの精度(安定性)とは、ヘッドスピードを高めることではなく、
「正確にクラブフェースを狙った方向に向けて、そのスイートスポットでボールを捉える。」ということです。どんなにヘッドスピードを上げても、狙った方向を向いたクラブヘッドのスイートスポットがボールに当たらなければ飛距離も方向性も出ません。

岡本綾子師匠のスイング

BOOK DVD


上の岡本綾子師匠や森田理香子プロの写真のようなダウンスイングのフォームを見ると、「しっかり腰が回っている。」と思われるでしょう。そして、「腕の振りよりも速く腰を回せば同じように振れるのだろう。」と勘違いして、腰を速く回しながら腕を振り下ろそうとして、スイングリズムやインパクトのタイミングが乱れさらにミスショットしやすくなって、これはプロにしかできないとても難しいスイングなんだと思い込んでしまい、相変わらず身体の正面で腕を振りボールを正確に飛ばすための練習を続けられます。
ところが、腕をまったく振り下ろそうとせず、テイクバックで出来た両腕と肩の形を崩さずにグリップを振り上げた位置に残して、右ひじをしっかり曲げたまま右脇腹に絞り込むように腰と肩だけを回す。
別の言い方をすると、テイクバックした際にトップでできる腕の形をできるだけ崩さないでボールを捉えられるように腰と肩を回してダウンスイングすることだけを心がけると、
案外簡単にこのように振り下ろす事ができるのですが、多くの方がヘッドを速く振ることばかりを優先的に考えておられるので、
「右ひじをしっかり曲げヘッドを遅らせ、腕は振ろうとせずにしっかりタメをつくり、腰と肩をしっかり回して腰の横でボールをしばく!」なんてことを言おうものなら、「おまえの言うことは理解できん!アホちゃうか!」と言われてしまうのです。

このように腕を振ろうとせずにボディーターンでスイングすると、インパクト時には手首を反さずにボールを打ち抜いた後で手首が自然に反ることになるので、インパクト時のフェースの向きが一定方向を向いてボールを押し出すように打ち抜け、曲がりが少なく方向性の安定した勢いのある打球が打てます。

とにかく、ゴルフが上達するための近道は、腕を振ってボールを打つという固定観念を捨てて、岡本綾子師匠や森田理香子プロのように、ダウンスイングで右ひじをしっかり曲げて腕を振ろうとせずに
「タメ」を作り出し、右ひじを支点にして腰と肩を充分に回しながらボールを捉えることを身体に覚え込ませた方がスイングの再現性が高まり、ドライバーからショートアイアンまでどのクラブも同じようなスイング、同じようなリズムで打てるようになる
のです。急がば回れなのです。
私自身の経験からも、20年近く100前後でいくら練習しても全く改善されなかったスコアが、考え方を変えスイングを改造しただけで、たった3年で80代前半で回れることもあるくらいに劇的に変わりました。

腰の回転によって右脇腹に絞り込まれた右ひじが支点となったところから、さらにどのくらいまで腰や肩を回したところで腕を振り出してボールを捉えるかで、男子プロのような腕の振りも生かしたスイングか、それとも女子プロのような身体の回転のみのスイングかの違いが出てくるのだと思います。
腕を振ろうとせずに右ひじや手首をしっかり曲げて、遠心力に逆らってどこまでヘッドが膨らむのを我慢して「タメ」を作り出すかでショットの再現性や飛距離が違って来るのです。つまり、
のです。
普段の生活の中でやり慣れていない「腰と肩の回転で棒をムチのように引き回す」という動作なので、最初は戸惑いを感じうまくできないかもしれませんが、素振りをしっかりしてその感覚をつかめてくると、腕を振るスイングよりもはるかに再現性の高い力強いショットが打てるようになりゴルフが面白くなります。



 森田理香子プロ
石川遼プロ

森田理香子プロは、左肩で腕を振るのではなく、左肩を回してクラブを振り抜くので、
インパクトまで左脇は開かず、左腕は右脇が閉じ右腕が伸びる分だけしか動かない。

岡本綾子師匠曰く、
「形にこだわり過ぎてはダメ。スイングの基本は単純な回転運動。
そのためのいいイメージが大切。」

このビデオは、株式会社リコーのホームページより
本サイトは、森田理香子プロのスイングをお手本にボディーターンの解説を目的とするもので、
森田理香子プロご本人ならびに株式会社リコー(RICOH)との関係は一切ございません。