森田理香子プロのスイングの秘訣
本サイトは、森田理香子プロのスイングをお手本にボディーターンの解説を目的とするもので、
森田理香子プロご本人との関係は一切ございません。

ボディーターンの秘訣 - Part 1 からの続きです。


 大切なポイント:解説の言葉
「ここでは、岡本プロの膝(ひざ)の動き、ニーアクションにご注目下さい。
岡本プロの飛びの秘密は、このニーアクションにあると言っても過言ではありません。」

バックスイング(テイクバック)の次は、振り上げたクラブを振り下ろすダウンスイングなのですが、
ゴルフのスイングでは、ダウンスイングの初動で腕を振り下ろそうとしてはいけません。
左肩の力で左腕を振ってクラブを振り回すのではなく、
左肩を回して左腕を引き回し、クラブを引き下ろすのです。
腕を振らずに肩を回して左腕を引き回すために、まず腰を回す。
厳密には、腰と言っても”ウェスト”ではなく、
“お尻(ヒップ)”の回転 - 『ヒップターン』です。

では、ひと言で「お尻を回す」と言っても、どこに力を入れて、どのように回すのでしょう?
右足を蹴る? 左足を捻る? おへそを狙った方向に向かって突き出す? 腰を反時計回りに捻る?
いろんな回し方がありますが、ボディーターンのダウンスイングのきっかけの動作は、まず、下の岡本綾子師匠の連続写真のように、内側に曲がった左ひざを外側に捻りながら左足をグッと踏み込みます(ニーアクション)。

この踏み込みによって右足から左足に荷重移動しながらお尻(腰)を回していくのですが、岡本綾子師匠のようにバックスイングからダウンスイングへしなやかに切り換えるには、どのタイミングで左足を踏み込んでいくかが重要なのです。

左の連続写真をじっくり見ると、左腕がバックスイングを終える前に左足は既に膝を外側に捻るように踏み込み始めています。

これは、バックスイングの終盤で、左腕をしっかり伸ばしたまま左腕とクラブが直角になるくらい左右両手首を親指側にしっかりコックしてグリップを振り上げ、左腕の付け根が窮屈になり始めたところで、クラブを振り上げた勢いを利用してグリップの左手小指側を右耳の右横あたりに突き出し、左腕の付け根あたりが顎の下までくるように右ひじを曲げるように力を入れてグリップを振り上げるのとほぼ同時に、意識を左足に切り換え右足荷重から左足荷重になるよう左足をグッと踏み込んで(踏みしめて)左ひざを外側へ捻りながら腰だけをわずかにスライドさせるように右腰(右尻)を少し左前方に向かって回し込むとともに、上体が起き上がらないように左肩甲骨を左斜め上方に向かって回し左腕を引き回します。

つまり、グリップを振り上げる(残す)ように右腕をしっかり固めながら左足を踏み込んで、ダウンスイングを始動してから腰がボールに正対するあたりまでは、左の岡本綾子師匠のように左足をグッと踏み込んで腰を回してダウンスイングをリードするのに合わせて首筋を軸に左肩を回し振り上げた両腕の形を崩さずにグリップをボールに向かって引き下します。

右足荷重になる上半身主導のバックスイングから、左足を捻るように踏み込んで腰を回して左足荷重に移行する下半身主導のダウンスイングへ切り換える際に、めいっぱい腕を振り上げてから左足を踏み込むのではなく、限界に達する直前に左足を踏み込んで下半身リードで振り子のようなリズムでダウンスイングを始動する僅かな間を持たせることで、上半身が力まずに岡本綾子師匠のようなしなやかなゆったりとしたスイングリズムタメを生むことが大切なツボです。
感覚的には「グリップを振り上げながら、左足を踏み込んで左腕を引き回す」感じです。
限界まで振り上げてからダウンスイングしようとすると、どうしても左肩に力が入り腕を振り下ろそうとしてしまいます。
スコアが伸び悩んでいる多くのアマチュアゴルファーは、クラブヘッドを速く振り下ろそうとして、左肩に力を入れて腕を振り下ろしてしまうために、グリップやヘッドが早く落ちてタメが出来ないばかりでなく、スイングリズムが速くなってスイング軌道の再現性が悪くなり、正確なインパクトがしづらくなるために思い通りの打球が打てなくなるのです。


「左足を踏み込んで左ひざを捻るように左足へ荷重移動しながら腰を回し、グリップを残したまま左腕を引き回すように左肩甲骨を左斜め上方に回す。」が、ボディーターンのつぼその2です。

左足を踏み込んで左腕を引き回すと同時に、右半身は、
左の連続写真のように、右ひじをしっかり曲げトップオブスイングの位置にグリップを残すように右腕を固めたまま、しっかり曲げた右ひじを内側に絞り右脇腹あたりに絞り込むように右肩を斜め下向きに回しグリップエンドからクラブを引き下ろします。つまり、右半身は、グリップを振り上げた位置から決して動かさないように右腕はひじと手首をしっかり曲げて固めボールを狙って右肩をスイングプレーンに沿って回すだけなのです。

「左足を踏み込むと同時に、しっかり曲げた右ひじを右脇腹に絞り込むように右肩を回し、クラブをグリップエンドからボールに向かって引き下ろす。」が、ボディーターンのつぼその3です。

左足を捻るように踏み込み踏ん張った直後は、
左の連続写真の後半のように、右足かかとを積極的に上げ、踏み込んだ左足を軸にして左足股関節を捻って右尻を左斜め前方(インサイドアウト)に向かって押し出すように回し込みながら左足にしっかり腰を乗せて行くと同時に、右脇腹に絞り込まれた右ひじを腰と一緒に回しながら、首筋を軸にスイングプレーンと平行にしっかり右肩を回して固定した右手グリップでクラブをボールに向かって引き回すとともに、左肩で左手グリップを引き抜きます。

この「右足かかとを積極的に上げる。」という動作のタイミングがとても重要です。
「右足かかとを上げて右腰を押し出す。」ことを意識していないと、左足の捻りのみで腰を回そうとして重心が左後方へ流れやすくなり、しっかりとした腰の回転運動ができません。
また、少しでも遅れると、腰が充分に回る前に上半身が先に回ったり、慣性力によって腕だけが振り下ろされたりしてインパクトの際のフェースの向きや位置が乱れ易くなります。

意識的には、「左足を踏み込んだ直後に右足かかとを上げ、右腰を押し出しながら、決して上体が起き上がらないように前傾を維持したまま、右肩をやや下向きにボールに向かった回し飛球線方向に胸を向ける。」ぐらいの感覚で身体を回しクラブを引き回します。

大切な事は、首筋から背筋にかけての肩の回転軸が構えからフィニッシュまで上下左右に大きくぶれないように出来るだけ一定に保ったまま上半身を回すことです。
腰や肩の回転が止まってしまう原因となるので、決して、腕を振ったり、コックを解いたりしてヘッドを打ち込もうと意識してはいけません。
また、お尻を回し込むのと一緒に上体が起き上がったり、左側へ流れて頭や腰が左側へスライドしたりしないように左足首から股関節、首筋にかけての回転軸を大切にして、
無理に右足を蹴ろうと力むよりも、右の岡本綾子師匠のように右尻を押し出すくらいのつもりで右足かかとを上げ右ひざを送り込むように右腰を回しながら、右腰と一緒に右ひじを回し込むとともに、右ひじや右手首が伸びてグリップやヘッドが早く落ちて、右肩、グリップ、クラブヘッドの位置関係が崩れないように出来るだけ我慢しながら、肩をしっかり回してクラブをグリップエンドからボールに向かって引き下ろすのです。
感覚的には「出来るだけヘッドを遅らせて、身体の回転のみでヘッドを回し込む。」ようなイメージです。

バックスイングからダウンスイングへのしなやかな切り換えを心がけて、左足を踏み込んで左足に腰を乗せた後は、右の写真のようにお腹が打球方向にやや突き出て上体が少し後ろにそるようなフィニッシュをイメージして、左足をしっかり踏ん張って下半身を安定させ、左足を軸に右ひざを左ひざの横に送り込むようなゆったりとしたリズムで、右足かかとを上げて左足股関節を捻りながら左足を軸にお腹が飛球線方向を向くまで右尻を回し込みながら、首筋を軸に飛球線方向に胸を張るように肩を淀みなくしっかり回すことが大切です。
ボディーターンのスイングをマスターする上においては、両足の動きに連動してフィニッシュまでしっかり腰と肩が回るようにすることが大切です。
決してお尻より先に肩を回し始めたり、腕を振り下ろすような早いリズムでこれらの動作をしようとしてはいけません
つまり、左足を踏み込んで踏ん張ってから、右足かかとを上げて右ひざを送り込みながら左足股関節を捻り右尻を回し込む下半身の動きに集中して、下半身の動きに連動して上半身が動くようにダウンスイングします。

右腕でグリップを振り上げた位置にしっかり固定したまま、まず左半身を意識して左足を踏み込んで左肩甲骨を回して左腕を引き回し左足を踏ん張った(右上側の連続写真)後は、右半身に意識を切り換え右足かかとを上げて右尻と一緒に右ひじを回し込みながら、前傾を保ったまま首筋を軸にしっかり肩を回して、クラブをグリップエンドからボールに向かって真っすぐ引き回す(右下側の連続写真)ことがリズム良くできるようになるまで、何度も素振りをしてその感覚とリズムを掴んで下さい。

左ひざを捻るように左足を踏み込み、右尻を左前方へ回すように腰だけをスライドさせて左足に荷重移動して踏ん張ってから、右足かかとを上げながら左足を軸に右尻(右腰)をさらに回し込むように左股関節を捻るのです。正しい身体の回転運動のイメージと感覚をつかめればボディーターンのスイングを8割方マスターできたと言っても過言ではありません。

両足の動作(ニーアクション)で腰を回し込みながら、左腕を引き回して腰の右横、右肩の右前でボールを捉えてフィニッシュまで肩を回しきるぐらいのイメージでダウンスイングすると、腕を振ってボールを打ちにいくことや、身体がボールに正対したあたりで回転が止まるといった事がなくなりフィニッシュまでスムーズに振り切れます。
リストターン主体でボールを打ち抜く場合は、左足を踏ん張って壁をつくり左腕でヘッドを打ち込むようにクラブを振り下ろしますから、左半身を意識したインパクトになります。
しかし、ボディーターンで打ち抜く場合、左足を踏み込んだ後は左足を踏ん張って軸として、右足かかと、右腰、右肩、右ひじ、右グリップに集中した右半身を意識したインパクトを心がける方が、身体の回転とインパクトが安定します。

また、ボディーターンのスイングを修得する上では、過度にインパクト前後(ビジネスゾーン)を意識した練習をするよりも、フィニッシュまでしっかり身体の回転先行でクラブを引き回してボールを捉えられるスイングリズムの修得をまず心掛け、それが身に着いてから正確な打球が打てるように細部を修正するのです。
素振りと同じリズムで実際のボールも打てるように身体にスイングリズムを覚え込ませるのです。素振りと同じリズムで実際のボールを打てない主な原因は、インパクト(ビジネスゾーン)を意識し過ぎて、インパクト直前に身体の動きが止まることにあります。

ダウンスイングでアドレスした時の前傾を崩さずに左足と首筋を軸に身体を回した時、身体の右サイドは右足かかとを上げ、右ひじが脇に絞り込まれ右肩が下がるように回り、左サイドは左足をやや伸ばしながら左肩を左斜め上方に向かって回すことになるので、全体的な身体の回転イメージとして、身体の右サイドは締める(縮める)ように、左サイドは開く(伸ばす)ように意識することになります。

左足を踏ん張ると同時に上体が起き上がってしまうと、肩が水平になったところで回転が止まって腕を振ってしまいスムーズなボディーターンで振り切れなくなります。決して上体が起き上がらないように意識すれば肩がスムーズに回りスイングプレーンに沿って思い切ってクラブを引き回すことができます。
腕を振るのではなく、右尻と肩の回転のみによって理想的なスイング軌道を生み出す意識が大切です。
そして、右尻や肩の回転に遅れてグリップとクラブヘッドが回り込みボールをヒットすることになるので、右の森田プロの写真のように右ひじを絞り込みしっかり回った腰の右横で、左腕を左胸に接触させるくらいグリップを遅らせて左肩を開き、少し下がった右肩の右前でボールを捉えるインパクトのイメージを持って左足を踏み込んでいくのです。

「腰で打て!」とか「腰を切れ!」なんて言われますが、しっかり右尻を回して下半身のリードで打つことを意味しておられるのだと思います。
ボディーターンのスイングでは、腕を振るスイングのように身体の正面でボールを捉えるのではなく、
という意識を持って腰と肩を回すことにより、「腰でしばく」というインパクトが出来るのです。

岡本綾子師匠の教本「岡本綾子LESSON」には次のように書かれています。
「バックスイングからの切り返しをスムーズに行うために、わたしが提案したいのは、トップ直前のタイミングで、右ひざを「クイッ」と内側へ送り込む動きをきっかけにすればいいということ。
もちろん、スウィングは左半身のリードで行い、体の左側に壁を作るイメージ、というのは間違っていません。でも、これもあまり意識しすぎて、左ひざを必要以上に踏ん張ってしまうと、体の回転が止まってしまいます。」 ・・・ 以上抜粋 ・・・ 
ダウンスイングの開始動作として、左ひざを捻ることを意識し過ぎると、左足を踏み込んで左足に乗り込む前に膝が割れてしまうために、腰を左足に乗せづらくなり回転軸が安定せずに上半身が流れやすくなります。

また、腰を回すことを意識し過ぎると、両足で踏ん張ったままお尻の真ん中(体幹)を軸に腰を捻るように回そうとしてしまうために、腰の左側が引けて左足にしっかり乗り込めず、腰を飛球線方向まで回せなくなります。すると、肩を回すか腕を振り下ろしてインパクトしてしまい、手打ちのようなスイングになりやすくなります。

さらに、左足を踏み込む際に左ひざが伸びきってしまわないように注意してください。
左ひざが伸びきってしまうと左半身が伸び上がり、腰を充分に回せなくなって打球が安定しなくなったり、お腹が極端に前に突き出るような弓なりのフォームがきつくなり腰への負担が大きくなったりします。

ベン・ホーガンが50年も前に、名著『モダン・ゴルフ』
「両腰が回転することでダウンスィングを始動する。この腰の運動が自動的に両腕と両手とを腰の高さあたりの位置まで引き下ろす。
ゴルファーがダウンスイングを腰の回転から始めたときには、にわかに自分の蓄積された巨大な力に気がつくものだ。
このとき手首のコッキングはまだほどかれていないが、これが「タメ」であり、ボールをまっすぐ遠くに飛ばす秘訣だ。」と解説しています。

「スイングを台無しにする「ある動作」とは?」


ボディーターンのスイングでは、腕はトップオブスイングの形のまま腰と肩の回転によってクラブを引き回してボールを捉えようとするので、決して左肩の力で左腕を振り下ろそうとしてはいけません。
また、ダウンスイングの初動で遠心力によってスイング軌道が乱れないようにして、「タメ」をつくるためには、左足を踏み込んでダウンスイングを始動するときに、右ひじの曲げと右手首の曲げを絶対に緩めてはいけません。

これらを緩めて肩を回すと、遠心力によって右ひじが伸びて左腕が振られてグリップが落ちるタイミングが早くなったり、コックが緩んでクラブが振られてクラブヘッドが外に膨らんだりして、インパクトのタイミングやフェースの向きが乱れやすくなり再現性が落ちます。

それ故、ダウンスイングで右ひじの曲げや手首の曲げ(コック)が緩まないように、左足を踏み込むのとほぼ同時に、右ひじと右手首にグッと力を入れて、振り上げた位置にグリップとクラブヘッドを残すように右腕をしっかり固めたまま、左肩甲骨を左斜め上方に向かって回し左腕を引き回すのです。

こうすることによって、クラブヘッドがバックスイングのトップからボールに到達するまでの軌道を、腕の振りによって振り下される割合を極力減らし、身体(腰と肩)を回すことによって引き回される割合を極大化してインパクトの威力を増すのです。
右の森田プロの連続写真をボンヤリ見ていると、頭がほとんど動いていないので腕を振り下ろして右脇を締めているように見えてしまうのですが、実は腕は全く振ろうとせず、右ひじの曲げと手首の角度(コック)をしっかり保ったまま両腕の形がほとんど崩れずに、右腕はしっかり曲げた右ひじを脇腹に絞り込むように、左腕はしっかり伸ばしたまま引き回されるように腰と肩を回して、スイングプレーン上をヘッドが外に膨らまずにグリップエンドから、ボールに向かって真っすぐクラブが引き下ろされています。


つまり、腕を振ってグリップを振り下ろすのではないのです。
バックスイングの最後に、左腕を伸ばしてグリップを右耳の右横に突き出し、右腕で軽くグリップを引き上げて振り上げた位置から決してグリップを振り下ろさないように右腕を固めて、左肩の力を抜いて左足を踏み込むのに連動して左の肩甲骨を回し左腕(グリップ)を真っ直ぐ引き回すと左腕の付け根部分が鎖骨あたりに押し付けられるような感覚を感じます。その後も左脇は決して開かずに、肩の回転によってそのまま左腕は引き回されるのです。

ダウンスイングの開始直後、左足を踏み込むと同時にグリップを残したまま腰と肩を回して左腕を引き回すと、森田理香子プロや岡本綾子師匠の写真、さらにはベン・ホーガンの著書「モダンゴルフ」の中の左のイラストのように、両腕の形は変わらずグリップより先にしっかり曲げた右ひじが身体の回転に連動して脇腹に絞り込まれてきます。
つまり、身体の右サイドは、右ひじを伸ばしてグリップを早く落としたり、左腕を振って右脇を締めようとするのではないのです。
もう一度おさらいしますと、バックスイングでしっかり左肩を回し込んだ後は、上体が起き上がったり左右にぶれたりしないように回転の軸スイングプレーンを意識して、
左ひざを外側へ捻るように左足を踏み込み右足から左足に荷重移動しながら、テイクバックした位置にグリップを残したまま左腕を引き回すように前傾した首筋を軸に左肩を左斜め上方に向かって回すとともに、しっかり曲げた右ひじを右脇腹に絞り込むように右肩を回すと、左の連続写真のように腰の回転のリードでスイングプレーンに沿ってグリップエンドからボールに向かって真っすぐ、腰の回転と同じリズムでインサイドアウトにクラブを引き下ろすことができます。
インパクトでのヘッドの勢いを最大化するためには、ダウンスイングで遠心力によってヘッドが外に膨らまないように右ひじを曲げたまま、左腕とシャフトがつくる角度を直角に保つように右手グリップを固定して、スイングプレーン上をグリップが描く円の接線方向に常にクラブが保持され、ボールに向かってグリップエンドから真っすぐ斜めに引き回される事がとても大切です。

それ故、バックスイングのトップでできた腕の形が崩れないように遠心力に対抗するために、右肩、右ひじ、右手首に力を入れてグリップとクラブヘッドを遅らせ、左肩は腕を振り下さないように力を抜いて、左の森田プロのように右腰の後をインサイドから右ひじ、グリップ、クラブヘッドの順で回り込んでくるイメージを意識しながら、左足を踏み込み左腕を引き回すように腰と肩を回してダウンスイングを始動するのです。

上のダウンスイングのフォームは、腕でグリップを振り下ろそうとせずに、グリップをバックスイングのトップの位置に残したまま左足を踏み込み腰と肩を回して左腕を引き下ろそうとしてはじめてできるものです。
腕を振ってクラブを振り回そうとするとこのフォームは絶対できません。
こうすることによって、ダウンスイングの初動段階ではヘッドの描く弧が小さく慣性モーメントが小さいために、大きな負荷を感じることなく身体の回転力でスムーズにヘッドを回すことができるとともに「タメ」がつくられ、インパクトの直前から後ほど説明する「ムチをしばく原理」が働いて、ダウンスイングで溜められたパワーがインパクトで一気に開放されてヘッドが勢い良く飛び出すようになり、瞬間的なヘッドスピードを最大化できるばかりでなく、クラブの重さやシャフトの長さの影響を受けにくくすることができるので、すべてのクラブをほぼ同じリズムで振ることができるようになります。
岡本綾子師匠の教本「岡本綾子LESSON」には次のように書かれています。
・・ 前略 ・・ どうしてもダウンスウィングの途中でコックがほどけてしまい、クラブヘッドがすぐに落ち、いわゆるスウィングの「タメ」が作れません。このスウィングの「タメ」をキープするには、右手の親指と人さし指を固く締めておき、コックが勝手にほどけてしまうのを防ぐ必要があります。クラブを振りおろしてくるときに、右手人さし指の付け根にグーンとパワーがかかる感覚を得られれば、それがスウィングの「タメ」になります。・・中略・・ 最初のうちはかなり強く意識しないと、なかなか身につきにくいものです。 ・・ 以上引用 ・・
岡本綾子師匠の教本「岡本綾子LESSON」には次のように書かれています。
「ダウンでの上半身の動きを単純明快に表現すると、『クラブが立ったままの状態で振りおろす』といえます。他のいいかたでは『グリップエンドをボールの位置に向けながら』です。」では、具体的にどうすればいいか。まずクラブを引きおろしてくるときは、右ひじが自分の腰骨より前に入るように意識すること。こうすればグリップエンドはボール位置をさすはずですし、クラブは立ったままの状態でおりてくるはずです。」   ・・・ 以上引用 ・・・

「岡本綾子のすぐにチェックしたい! ゴルフの急所」には、
「スイング中、体には曲げちゃいけない関節と、伸ばしちゃいけない関節があり、これも体感できるのです。
例えば右ヒジ、ここは早く伸ばしてはいけない関節。テークバックで右脇が空いている選手でも、ダウンスイングでは右脇は締まっています。この形を作るために、ダウンスイングで右ヒジを伸ばしてしまってはいけません。右ヒジは、インパクトを過ぎてから延ばす。一方、左ヒジは曲げちゃいけない。手首もできるだけ同じ形をキープする。こうすれば、自然にレートヒットが可能になります。」 ・・ 以上引用 ・・ と書かれています。
右腕に力を入れてヘッドを遅らせ左腕は決して振り下ろさないというのは、積極的に腕を振ってヘッドに勢いをつけ身体の正面でボールを捉えようとするスイングの右腕や手首の使い方、左肩の力の入れ方とは真逆になります。

しかし、実際は両腕の形を固めて身体の回転でクラブヘッドを回した方が、例え回転スピードが遅くても、タメができることによる「ムチをしばく原理」と、身体を回すことで生じる身体の角運動量がクラブヘッドの角運動量に加わり、「角運動量保存の法則」によって腕を振ってヘッドだけを早く回すよりもボールに伝わる角運動量が大きくなる(俗に、「ボールに体重が乗る」)ので飛ばす威力が増大するのです。

遠心力に負けてグリップやヘッドが外に膨らんだり、あるいはヘッドスピードを上げようとして、右ひじが早く伸びたり、左腕を振ったり、手首のコックを早く解いてしまったりしてヘッドが早く回り込んでしまう限り、いくら腰や肩を回そうとしても腰や肩がしっかり回る前にクラブヘッドがボールに到達してしまい身体の回転力を生かしたボディーターンのスイングにならないのです。そればかりでなく、ダウンスイングで腕を振り下ろしてしまうと、腰と肩の回転に対する腕の振りやヘッドが回り込むタイミングがその都度乱れやすくなるために、スイングの再現性が大きく低下してしまうのです。

例えば、右下のビデオのある俳優さん、しっかり身体を回して左腕を引くようにダウンスイングを始動していますが、振り始めから右ひじと右手首に力を入れてグリップとヘッドを遅らせようと意識していないために、振り下ろした勢いの慣性力と遠心力によって、
右ひじが伸びてグリップが早く落ちて腰を追い越し、さらに手首(コック)が伸びてクラブヘッドがグリップを追い越し、本人が思っている以上にクラブヘッドだけが先に回り過ぎてボールを捉え、身体の回転パワーやタメがまったく生かされていない歪なインパクトフォームになっているので、安定性や再現性が失われるとともに飛距離も出なくなります。

下の岡本綾子師匠の全盛期と2013年当時の森田理香子プロのスイング比較に見られるように、ダウンスイングを始動する際の左足の踏み込みによる僅かな間の違いによって、回転の軸やインパクトまでの腰の回り方、ボールを捉える瞬間のイメージや腰の開き具合が違ってきます。
岡本綾子師匠は、バックスイングからダウンスイングへ切り換える際に、まず左足を踏み込んで腰を僅かにスライドさせるようにして荷重を左足に移す間を置いて腰がボールに正対したあたりから、踏み込んだ左足を踏ん張り右足かかとを上げ、左足股関節の捻って腰を回し込むのに応じて右ひざを左足に寄せるようにして左足に乗り込みながら、腰と肩をほぼシンクロさせて回しておられ、全体的に自然なしなやかさと全身の一体感を感じられるスイングになっています。

森田理香子プロは、バックスイングのところで説明した通り、バックスイングのトップが高く腰を先行させて回して身体の捻りを大きくすることで、スイング軌道を調整しながらダウンスイングされます。


上のバックスイングからダウンスイングへの切り返しのビデオを見ると、ダウンスイングの始動ではグリップがバックスイングのトップに来たあたりで腕は何もせずにグリップを残したまま、積極的な両足の動きによって腰が先行して回り始め肩が回り左腕が引き下ろされていることがわかります。

岡本綾子師匠と比べると森田理香子プロはバックスイングのトップの位置が高く、岡本綾子師匠のような左足を踏み込んで荷重を移す間をとらずに、ダウンスイングの開始動作として、左足をしっかり捻るように踏ん張るのとほぼ同じタイミングで積極的に右足かかとを上げて腰を捻るように先行させてしっかり回し込み、上半身(肩)と下半身(腰)との間に大きな捻転をつくり、インパクト前後でこの捻りを一気に解放しながら左足に乗り込むように上半身を回しておられます。
それ故、ダイナミックな力強さを感じられるスイングになっていますが、ダウンスイングの始動で左足に荷重移動するような動きがない分、腰の回転軸が身体の中心に近くなっています。
アマチュアではここまで振り上げると左腕を引き回す動作が大変取りづらくなるのと、腰を先行して回すためには余程しっかりとした下半身がないと回転の軸がぶれて上半身が安定しません。
(私自身の経験では、)トップオブスイングでは、左足を踏み込んでバックスイングからダウンスイングへの切り換え動作をした際に、岡本綾子師匠のようにスイングプレーン上に右腕でグリップを引き上げながら、ボールに向かってシンプルに左腕を引き下ろせる間をとれるダウンスイングのリズムと感覚を身につける方が、ムダな力みがなくなるとともに右サイドにしっかりタメができて、下半身リードでスムーズに肩を回してクラブを引き下ろせるので、インパクトの再現性が高まり打球が安定します。

 大切なポイント:解説の言葉
「ここでは、岡本プロの膝(ひざ)の動き、ニーアクションにご注目下さい。
岡本プロの飛びの秘密は、このニーアクションにあると言っても過言ではありません。」

イチローにも影響を与えていた岡本綾子プロのスウィング
実は、岡本綾子のリズムは、大リーガーのイチローにも影響を与えていた、というのだ。イチローの幼少時代、父・宣之氏は、当時米ツアーで活躍していた岡本綾子のルーティンやスウィングリズムが、常に一定であることに感銘。それを真似するようにイチローにアドバイスしたことが知られている。
振り子打法を考えつくきっかけとなったのも、彼女を真似て、重心を移しながらバットを振ったことに始まると言われている。

イチロー選手のスウィングは、常にムダな力みを感じさせず、そのリズムのよさがヘッドスピードとエネルギー効率につながっている。
世界を狙えるアスリートは、究極のリズムとテンポを身につけているものなのだ。

「週刊ゴルフダイジェスト」 - 2013年5月7日号より


森田理香子プロのオフィシャルサイト
本サイトは、森田理香子プロのスイングをお手本にボディーターンの解説を目的とするもので、
森田理香子プロご本人ならびに株式会社リコー(RICOH)との関係は一切ございません。

ダウンスイングではグリップを振り下ろさずに、右ひじを曲げグリップをテイクバックした位置に残し遅らせるというのは、これまで左肩の力で腕を振ってグリップを引き下ろしヘッドスピードを上げながら、身体の正面でボールを打とうとしておられた方からすると全く逆の動作になり、にわかには受け入れ難いことだと思います。

しかし、「ヘッドを速く振ろう。」とか、「ヘッドを打ち込もう。」、あるいは「ヘッドをうまくボールに当てよう。」とするヘッドへの意識があると、身体が勝手にダウンスイングの始動時に左肩を支点に腕を振ってしまう、あるいは、インパクト直前から右肘を伸ばしたり手首を使ってヘッドを速く振り抜こうとします。

すると、スイングの「タメ」が作られないだけでなく、ダウンスイングの開始直後からクラブヘッドの描く弧が大きくなって慣性モーメントが大きくなり、インパクトの瞬間のヘッドスピードを上げるのにも、確実にスイートスポットでボールを捉えるためにクラブヘッドをコントロールするのにも、腕と肩の大きなパワーが必要になり、結果的には、腕を振ってスイングすると平均的なヘッドスピードは高まりますがインパクト時の瞬間的なヘッドスピードはそれほど高まらないばかりでなく、身体がしっかりと回る前にグリップが右腰を追い越してしまう手打ちになって体重が乗らず、ヘッドコントロールができずにインパクトのタイミングや位置、方向性が安定しなくなり、ミスショットする確率は高くなります。

身体のしくみから言っても、物理的な作用反作用の法則から見ても、腕を安定的に早く振ろうと力めば力むほど、その支点となる腰や肩の回転を脳は勝手に止めてしまうので、身体を回すことと腕を振ることを両立させることは至難の業なのです。

また、いくらボディーターンで打とうとしても、ゴルフを始めたころによく教えられる下の図に示すこちらのスイング解説にあるような


とか
「ボールをしっかり見て、身体を回しながら腕の形を身体の正面で構えた時と同じ三角形に戻すようにしてヘッドを落とし込んでボールを打つ」という思い込みとその練習によって出来上がったインパクトのイメージが頭の中にある限り、無意識のうちに脳が勝手にそのフォームを作ろうとして、身体がボールに正対したあたりで身体の回転を緩め右ひじを伸ばしコックを解きながらヘッドを落とし込むようにボールを捉えてしまいます。しかし、慣れ親しんだインパクトイメージなので本人はそれでいいと思い込んでいて、何が悪いのか気がつかないのです。
私自身、元々身体の正面で両腕を伸ばすようにしてボールを捉えるものと思い込んでいたので、いくら腰や肩を回そうとしても、実際にボールを打つとなると、頭の中にあるインパクトイメージでボールをしっかり捉えようとして、上の連続写真のように無意識の内にボールに正対したあたりで身体の回転が緩んで腕が振り下ろされてボールを打ちにいっていたのですが、スローモーション映像で素振りと実際のショットを見比べて、これまでとは全く逆に右腕でグリップを引き上げ、インパクトまで右ひじが伸びないように、そして手首のコックを解かないように力を入れて、グリップやヘッドが早く回り込まないように我慢してボールを捉えるタイミングをずらし、肩をもっとしっかり回し込んで右肩の右前でボールを捉える瞬間をやや斜め後ろからのぞき込むインパクト(ビハインド・ザ・ボール)のイメージを持たないとボディーターンのスイングにならないということに気付いたのです。

 CASIO High Speed EXILIMで撮影した5番アイアンの素振りと実際のショット
 2013年12月撮影
素振りでは、上半身の脱力ができているので、腰と肩の回転によって腕が振られクラブが引き下ろされていますが、実際にボールを打とうとした時には、無意識のうちに身体の正面でクラブヘッドをボールに当てようとして腕を振り下ろしてしまい腰と肩が充分に回る前にクラブヘッドがボールに到達して弱々しい手打ちのインパクトになっています。
この素振りと実際にボールを打つ時の違いは、ビデオ撮影をして自分の眼で確かめないとなかなか気付きません。
右の森田プロとの比較でも分るように、右ひじが早く伸びると、腰や肩がしっかりと回る前にグリップが早く落ちてしまいます。手首のコックが早く解けてしまうとグリップよりもクラブヘッドが先行して非常に早いタイミングでボールを捉えることになります。
この時、右脇を締めインサイドから打ち込んだ場合は、腰や肩が充分に回る前にクラブフェースが開いたままでボールをヒットしてしまい右へのプッシュアウトやスライスが出やすくなります。

すると、それを修正するために、上の写真の方のように肩の回転不足を手首の反しや左腕のひねりで補ってクラブフェースを反そうとして、右脇を締めずにアウトサイドから打ち込んだり、インパクトで極端に手首を使ったりして、逆にクラブフェースが覆さってインパクトしてしまい、左へ飛び出すかフック気味の打球が出やすくなります(特にアイアン)。真っ直ぐに飛んでも打球がふけ上がるだけで飛距離が出ません。最悪の場合はヘッドが早く落ちてしまいボールの手前を大きくダフります。

あるいは、野球のバッティングと勘違いして「右方向への打球が出るのはヘッドが振り遅れているからだ。もっと早くヘッドを回し込めばスライスがなくなり飛距離が出るだろう。」と考え、さらに力任せに速くヘッドを振り回そうとしてスイングのリズムやインパクトのタイミングがますます早まり、フェースが開いたままボールを捉えてますます大きくプッシュアウトするかどスライスの打球になったりして、その修正をしようとして極端に手首を反すようにすると、今度はどフックのチーピンショットになったりします。

ですから、スイングのきっかけの段階では、決して「ヘッドを速く振ろう。」とヘッドを意識してはいけません。むしろ、ヘッドもグリップも遅らせたまま左ひざを捻るように踏み込んでグリップエンドから引き下ろすことを意識して、インパクトのタイミングを遅らせるグリップへの意識が大切です。それによって「ムチをしばく原理」のタメができ、右の森田プロのように充分に腰と肩が回ったところで、左腕を左胸に接触させたまま身体の回転力のみで強烈なインパクトを生み出す事ができるのです。男子プロのようにインパクト直前から腕の振りを積極的に使ったスイングを目指すのなら、腕の振りに見合うスピードで安定的に腰と肩を回せるだけの強靭な下半身と体幹がなければ充分な再現性は実現できません。

「2015年版」となっていますが、
2013年5月の「中京テレビ ブリヂストン レディス オープン 最終日」のスイングです

ボディーターンのスイングでは、左腕を振ってヘッドを打ち込むのではなく、肩を回すことによってクラブをボールに向かってグリップエンドから引き回しますから、肩に無駄な力が入らないように肩の回転面とスイングプレーンが平行でなければなりません。そのためには、決して上体が起き上がることがないように注意して、腰の回転とともに左肩が回って左腕の付け根が押しつけられる感覚を感じた後に、腰の回転に合わせて右腕で固定したグリップをボールに向かってグリップエンドから引き下ろす(グリップより先に右ひじから絞り込む)ように右肩を回すのです。

さらに、インパクトまで腕を振ろうとせずに右ひじの曲げと手首のコックを保持してグリップとヘッドを遅らせたままダウンスイングしますので、インパクトの瞬間は上体の前傾を保ったまま飛球線方向に向かって胸を張るように左肩上がり右肩下がりになるところまで肩を回さなければクラブヘッドがボールに届かないため、構えた時の前傾姿勢を保ったまま、腰の回転に合わせて肩の回転でボールを打つようなイメージで思い切って肩を回します。

インパクト前に右手首が緩んでコックが早く解けてしまう。あるいは、意図的にコックを解いてヘッドを打ち込もうとすると、その分クラブヘッドが早く落ちてボールに届くタイミングが早くなり、ボールを捉える瞬間の肩の回り度合いは少なくなります。それ故、肩の回り度合いとコックの解放度合いが整合しなければ、ボールを正確に捉えることは難しくなりミスショットの原因となるのです。

野球のバッティングでは肩を地面と平行に回しながら腕を振ります。また、リストターンのスイングでは、肩を地面とほぼ平行にして身体の正面でボールを捉えます。それ故、腕でクラブを振り回してヘッドを打ち込もうとすると地面と平行に肩を回そうとして上体が起き上がりやすくなります。
またその逆に、ダウンスイングで上体が起き上がると、インパクト直前に肩の回転を止め腕を振ってボールに向かってヘッドを振り下ろそうとします。

いずれにしても、上体が起き上がり肩の回転面がスイングプレーンからずれると、インパクト直前に肩の回転が止まるとともにヘッドの軌道にバラツキが生じやすくなり打球の方向性が損なわれます。特に、ドライバーは身体の中心よりも左側にティーアップするので、クラブフェースが開いたままですっぽ抜けてヘッドが反らず右方向へスライスの打球が出やすくなります。

これとは反対に、上半身の前傾を保ったまま左肩を左斜め上方に向かって回す際に、腰がしっかり回っていなかったり、腰より先に肩を回したり、右ひじが右脇腹に絞り込まれずにただ単純に右脇を閉めるように右腰が回ってしまうと、右ひじの伸びるタイミングが早くなってグリップが早く落ち、ヘッドがアウトサイドから回り込んでフェースが覆ってボールを捉え左方向への打球が出やすくなります。

即ち、上体の前傾をしっかり保ったままで、左足の踏み込みとともに左腕を引き下すように左斜め上方に向かって左肩を回した後、右脇腹に絞り込まれた右ひじを右腰と一緒に回し込むことと、コックしたままの右グリップを肩を回して引き回すことが連動することによって、クラブヘッドが最適な角度でボールを捉えることができるのです。

スイング解説の中には、「体重の移動を受け止めるために左足を踏ん張り『壁』をつくるのだ。」とか、「体重移動しながら腰を回すのだ。」とか言われますが、体重移動を意識すると過度に腰を横にスライドさせてしまうこともありお尻の回転が不安定になります。
バックスイングした後は、膝を捻るように左足を踏み込むことによって自然に右足荷重から左足荷重になり、左足を軸に右尻を斜め前方に回し込むように踏ん張ってお尻を回転させた結果として、左足1本で立てるくらい左足に腰が乗り安定したフィニッシュがとれるのです。
つまり、体重移動を意識する必要はないのです。

また、ボディーターン理論の中には、男子プロのように体幹を軸にして腰と肩の捻転(ねじれ)でスイングすると言った説明もありますが、捻転を解きながら意識的に肩だけを回してボールを捉えるためには、それを支えられるだけの強靭な下半身が不可欠なだけでなく、肩の回転に腕の振りを同期させなければならなくなり非常に高度な技術が必要になります。
厳しいトレーニングによって身体を鍛え、常にゴルフのことだけを考えている男子ツアープロならいざ知らず、アマチュアの場合、練習場ではタイミングを上手く取れたとしても、実際のコースではそのタイミングをとることに神経が集中し過ぎて他のことが疎かになってしまいます。

腰と肩の捻りなどあまり難しいことは気にせず、バックスイングでしっかり右足を踏ん張って腰が流れないようにクラブを振り上げ、左足を踏み込んでから右尻を斜め前方に回し込むように左足を踏ん張ることを心がけ、それによって自動的に左肩が回りグリップが引き下ろされ、腰(お尻)を充分に回して右腰の横でボールを捉えた後は、フィニッシュまでしっかり肩を回し切ることに意識を集中して自然に身体を回せるリズムをつかむこと、即ち、いかにシンプルで再現性の高い動きにするかが重要です。

素振りでは上手く出来ても、いざボールを打つとなると、どうしても「ボールをうまく打とう。」、「ボールを遠くへ飛ばそう。」という意識が強くなり、無意識のうちに上半身に力みが生じて、インパクト直前にヘッドを打ち込んでボールを打ちにいってインパクトのポイントやタイミングがずれてしまいます。

ボールを置いて練習する際は、打球の方向や飛距離を気にしながらボールを打つのではなく、例えボールがあってもグリップやヘッドを遅らせるように右腕を固定したまま、素振りと同じリズムで左腕を引き回すことだけを心がけて、身体にスイングのリズムとイメージを覚え込ませて下さい。練習を重ねるに従いベストなスイングリズムで自然に打てた時ほどいい打球が出るようになります。
左斜め上方に向かって左肩甲骨を回す(右肩を下げるように回す)と、「左肩が上りすぎている。」とか、「右肩が下がっている。」とか、「身体の開きが早い。」と指摘されることがありますが、右の比較のようにリストターンのスイングを目指しているわけではないので気にする必要はありません。
ボディーターンのスイングでは、上体を前傾させたまま腕は振らずに身体をしっかり回してボールを捉えなければならないので、左肩は狙いよりも左斜め上方に向かって、右肩はグリップと一緒に斜め下方に向かって回そうと意識することによって回転軸が安定し上半身が起き上がったりせずにスムーズにクラブをボールに向かって引き下ろすことができるのです。

2000年代前半にマスターズで歴代日本人最高位の4位になるなどの大活躍をされ
「キング オブ スイング」と称されるほど美しいスイングだった伊沢利光プロが、
2002年に出版された「伊沢利光の結論 [飛距離と精度]」には
「腰のターンが最初から最後まで主体になるように意識する」
「下半身から切り返した瞬間、手は何もしてはいけない」
「まず下半身から動かし出す。その感覚を体にしみこませる」
「プッシュアウトが出ても腰のターンと腕の振りを連動させることだけ考える」
「タメて下してきたヘッドは勝手に走らせるようにする」
「ダウンスイングで絶対に左脇を開けないで振り下ろす」 などの内容のほか、ボディーターンのスイングをマスターする上での多くのヒントが詳しく解説されています。
BOOK DVD

(ここで、ちょっと、コマーシャル。まだまだ、続くよ!)



日本女子プロゴルフ協会
本サイトは、森田理香子プロのスイングをお手本にボディーターンの解説を目的とするもので、
森田理香子プロご本人ならびにLPGA(日本女子プロゴルフ協会)との関係は一切ございません。
ゴルフウエアブランド「アンパスィ」

続きは、ボディーターンの秘訣 - Part 3「インパクトの瞬間、腰(お尻)はどこまで回せばいいの?」