伊藤塾の行政書士通信講座をあらゆる角度から徹底解説します!- 行政書士試験の合格を目指す!-

独学で資格取得 - 目指せ!行政書士 -
行政書士の資格取得を目指す皆さんに役立つ情報を発信します!
行政書士の通信講座
伊藤塾の行政書士通信講座を徹底解説!【法律資格の専門校!】

更新日:2020年5月1日

伊藤塾行政書士通信講座

 行政書士の通信講座「伊藤塾」については、「行政書士のおすすめ通信講座【人気12社比較ランキング!」のページでおすすめNo.9という下位の順位でご紹介している通信講座です。

 おすすめランキングが下位の順位になっているのは、受講料(価格)が高いというのが大きな理由です。

 講座内容自体は、カリキュラムも充実していますし、講師も教材も優れています。しかし、そこまで充実したカリキュラムが果たして必要なのか、、、と疑問を持ってしまいます。もっとシンプルなカリキュラムで十分に合格できるわけですから。

 このページでは、伊藤塾の行政書士講座の概要のほか、どのような点が優れているのか、また、どのような点が残念なのかについて、もう少し掘り下げてご紹介したいと思います。

執筆者 大西雅明
市役所に22年間勤めた元公務員。在職中に、行政書士、宅建士、マンション管理士、土地家屋調査士などの資格試験に合格し、10年以上にわたって当サイトで情報発信している。

執筆者 大西雅明のプロフィール写真(行政書士、宅建士、マンション管理士、土地家屋調査士などの合格証書)
執筆者紹介

伊藤塾の行政書士通信講座の概要

 それではまず、伊藤塾の行政書士講座の概要について、簡単に確認しておきたいと思います。

 伊藤塾は、1995年に塾長「伊藤真」弁護士が開塾して以来、司法試験をはじめ、司法書士、行政書士など多数の法律家等を輩出してきた、法律系の資格を専門とした資格予備校です。

 伊藤塾は、全国に7校舎を開校しているため、通学講座のイメージが強いかもしれませが、通信講座においても、法律系の資格では大きな存在感を持っています。

行政書士の通信講座
伊藤塾

伊藤塾行政書士通信講座
⇒伊藤塾 公式サイト
初学者向け通信講座のラインナップ/受講料

行政書士 合格講座 本科生【2020年向け】
[Web] 248,000円

行政書士 合格講座 速修生【2020年向け】
[Web] 175,000円

行政書士 短期集中講座【2019年向け】
[Web] 89,800円
2020年7月末まで→ 79,800円

 以下では、伊藤塾の行政書士通信講座の初学者向けコースの核となる「合格講座 本科生」を中心に、ご紹介していきたいと思います。

【関連記事】

伊藤塾の行政書士通信講座の詳細解説!

 それでは、伊藤塾の行政書士通信講座について、講座を構成する以下の項目ごとに分けて、詳しく見ていきたいと思います。

  • 講義・講師
  • カリキュラム
  • 教材(テキスト・問題集)
  • eラーニング
  • 合格実績
  • サポート体制
  • 受講コース

講義・講師

 伊藤塾の行政書士通信講座では、講師は、4名から選ぶことができるようになっています。

 なかでも、平林勉講師は、”行政書士の受験指導に革命をもたらす風雲児”として、伊藤塾の行政書士講座の看板講師となっています。

伊藤塾行政書士通信講座平林勉講師
⇒ 講師紹介ページ(公式サイト)

 平林講師の講義の特徴は、行政書士試験突破の鍵は「体系的な思考力」、「適切な制度理解」、「磐石な事案処理能力」にあると捉え、法体系の理解を重視し、思考力を鍛えていくことで、事案処理能力を身に付けるという指導方針になっています。

 まさに法律専門の資格予備校「伊藤塾」の講師ですね!

 講義は、通学講座を収録したものです。基本的には喋り中心で、必要に応じて手元の資料を画面に表示しながら解説するスタイルです。

 通学講座の収録ということで、通信講座専用に収録したものと比べて、見やすさは劣ります。

平林講師プロフィール

  • 2008年1月 平成19年度行政書士試験合格
  • 2010年3月 横浜国立大学大学院 国際社会科学研究科修了
  • 2011年から、本格的に受験指導を開始
  • 2013年3月  高等学校教諭一種免許取得(公民)  中学校教諭一種免許取得(社会)
  • 2017年 司法書士試験合格

平林講師著書

  • うかる! 行政書士 民法・行政法 解法スキル完全マスター

講義サンプル

⇒ サンプル動画が掲載されているページ(伊藤塾公式サイト)

【関連記事】

カリキュラム

 伊藤塾では、法律資格専門の受験指導校ならではのアプローチから、合格に必要となる盤石な基礎力とその応用力を養うためのカリキュラムが用意されています。

 伊藤塾のカリキュラムは、大きく分けて「基礎力養成期」、「応用力・解答力養成期」、「実践力養成期」の3ステップに分かれます。 


⇒カリキュラム紹介ページ(公式サイト)

 まず、基礎力養成期では、合格するためにもっとも必要なことは盤石な基礎力を確立することと捉え、インプット講義と並行して、答練でアウトプットすることで、盤石な基礎力を身に付けながら、試験で使える実践的な知識を養成していきます。

 次に、応用力・解答力養成期では、基礎力養成期で身に付けた知識を定着させ、より高いレベルの思考力、応用力を養うために、改めて各テーマについて学習し、レベルアップした答練を通じて解答技術も身に付けていきます。

 そして最後の実践力養成期では、公開模擬試験により、本試験で実力を発揮するための「本試験力」を養い、本試験を迎えるというカリキュラムになっています。

 以上のカリキュラムにより、総講義時間は239時間という充実したカリキュラムになっています。(インプット講義:183時間、アウトプット講義:56時間)

 講義時間数が長いということは、それだけ丁寧な講義を受けることができるわけですが、逆に言うと、それだけ学習期間が長くかかってしまうことにもなります。この点については、ご自身が確保できる勉強期間と相談しながら判断する必要がありますね。

【関連記事】

教材(テキスト・問題集)

 伊藤塾の教材に関しては、当サイト内の「行政書士の独学におすすめのテキスト」のページで「うかる!行政書士」のシリーズをおすすめNo.1でご紹介しているように、とてもわかりやすいことで定評があります。

 伊藤塾の行政書士通信講座では、インプット教材「合格テキスト」と「合格カード」で合格レベルの知識を身につけ、アウトプット教材「完成問題集」で実践力を身につけることができるようになっています。

伊藤塾行政書士通信講座の教材(テキストサンプル画像1)
伊藤塾行政書士通信講座の教材(テキストサンプル画像2)
⇒教材紹介ページ(公式サイト)

使用教材

  • 合格テキスト
  • 完成問題集
  • 合格カード

テキストについて

 この「合格テキスト」は、長年にわたり、数多くの合格者を輩出してきた伊藤塾が誇るメイン教材で、初学者でも確実に理解できるよう、図表やイラストを豊富に使用して読みやすいテキストになるよう工夫されているほか、本試験での出題頻度がわかるように出題実績も記載されています。

 ただし、印刷は白黒印刷です。今時は、フルカラーも出てきており、最低でも2色刷りという時代のなか、白黒印刷というのはちょっと厳しい気がします、、しかし、白黒印刷はマーカーが引きやすいというメリットはあるにはあります。

 「合格カード」は、各科目の重要事項を整理した要点整理テキストで、外出先に持ち運べるようコンパクトなA5サイズになっています。

問題集について

 「完成問題集」は、行政書士本試験の過去問だけでなく、オリジナル問題なども収録した問題集です。

【関連記事】

eラーニング

 伊藤塾の通信講座の受講形態は、Web通信のみとなっており、講義動画は、スマホ、タブレット、パソコンいずれも利用が可能で、最大2倍速まで速度調節が可能なシステムとなっています。

 私自身、他資格で伊藤塾の通信講座を受講したことがありますが、巻き戻し(10秒戻る、30秒戻る、60秒戻る)、指定した時間にジャンプ、頭出しマーカーなど使い勝手のよい機能が搭載されています。ただ、スマホで使う場合に、ボタンが小さすぎて押し間違えてしまうことがよくあったので、少し注意が必要です。

 なお、講義動画を受講すること以外は、問題演習機能などの特段の機能はないようです。

合格実績

 合格実績は、公表されていませんが、2018年度試験について、50名もの「合格者の声」の掲載があります。

サポート体制

 Webサービス「伊藤塾マイページ」から、いつでもメールで質問することができるようになっています。

 質問数は、年間365件が上限とされていますが、そこまで質問するような人はいませんので、無制限と考えてよいかと思います。

 また、月に1回、パーソナルトレーナー講師(学習方法の指導等を担当)とメール相談もできるようになっています。

 このような充実したサポート体制は、通信講座専門校ではなかなか整えられませんので、資格予備校ならではですね。

受講コース

 伊藤塾の行政書士試験初学者向けの標準的なコースとして、「行政書士 合格講座 本科生」が用意されています。

 その他、「合格講座 速修生」や「短期集中講座」もありますが、ここでの紹介は省かせていただきますので、公式サイトでご確認ください。

〇 行政書士 合格講座本科生【2020年試験向け】
公式サイト 伊藤塾行政書士通信講座
受講料 [Web] 248,000円
カリキュラム 【基礎力養成期】
・戦略マスター
・基礎力完成マスター
・基礎答練
【応用力・解答力養成期】
・実力完成マスター
・記述式解法マスター
・実践答練
【実践力養成期】
・公開模擬試験(中間模試・最終模試)
講義時間数・スタイル (INPUT) 183時間
(OUTPUT)56時間
(合計) 239時間

講義は通学講座を収録。適宜、画面に資料を表示して解説
教材(テキスト・問題集) オリジナルテキスト(白黒) その他教材の詳細は、以下のとおり。

・合格テキスト
・合格カード
・完成問題集
eラーニング 講義視聴(スマホ、タブレット、パソコンいずれも利用可)
サポート体制 Webサービスによる質問対応(伊藤塾マイページ)
月に1回、パーソナルトレーナー講師とメール相談
合格実績 公表なし。公式サイトでは、2018年度試験について、50名もの「合格者の声」の掲載あり。
セールスポイント! ★業界トップレベルの豊富な講師陣
★法律資格専門指導校だから作れる秀逸な教材・テキスト
総合評価

行政書士通信講座おすすめ総合評価60点 60点

伊藤塾行政書士通信講座の総合評価レーダーチャート(講義講師:15点、教材:10点、実績:15点、サポート体制:20点、受講料:0点、合計:60点)
伊藤塾行政書士通信講座

伊藤塾の行政書士通信講座の詳細解説【まとめ】

 伊藤塾は、法律資格を専門とする資格予備校だけあって、その教材やカリキュラムは、他校とは一線を画すものがあります。優れた講師サポート体制も充実しています。

 ただし、行政書士試験に関していえば、当サイトの上位でご紹介している通信講座(フォーサイト、スタディングなど)で十分に合格することができますので、20万円を超えるような受講料を支払い、ここまで充実したカリキュラムを受講する必要まではないのではないかと思ってしまいます。。

ホーム

当サイトはリンクフリーです。
Copyright (C) 2007-2020 株式会社モアライセンス All Rights Reserved.