本文へスキップ

指定難病認定を目指しています Castleman's disease patient group

TAFRO症候群とは

TAFRO症候群とは

リンパ節の組織像はキャッスルマン病と類似し、より重症で進行の早い新しい病気です。未だキャッスルマン病の一部とする意見と別疾患とする意見で分かれています。

症状や治療等について

TAFROとは、Thrombocytopenia(血小板減少)、Anasarca(全身浮腫、胸腹水)、Fever(発熱)、Reticulin fibrosis(骨髄の細網線維化)、Organomegaly(臓器腫大、肝脾腫、リンパ節腫大)、の頭文字をとって2010年に名付けられたものです。

原因不明の全身性炎症性疾患で、国内の患者数は推計150人〜200人とも言われていますが、現在症例の集積中で症例数は不明です。

症状は、発熱、全身浮腫、胸腹水、リンパ節の腫れ、腎機能低下や血小板の減少などがあります。治療は、ステロイドのパルス療法や、免疫抑制剤、アクテムラ、リツキサンなどで、寛解のケースもありますが、まだまだ不明な点が多い病気です。

キャッスルマン病患者会

〒708-0886
岡山県津山市昭和町2−65−1
事務局 松本

castleman.disease.pt@gmail.com

FAX番号 0868-29-3329(FAX専用)

電話での応対が困難な為、お問い合わせはメールおよびFAXにてお願いいたします。
※オンライン署名の欄でご質問を記入いただくと、連絡先が分からずお答えできませんのでご注意ください。