魏志濊伝

魏志濊伝


魏志濊伝

濊南與辰韓北與高句麗沃沮接東窮大海 今朝鮮之東皆其地也戸二萬
「濊は南は辰韓と、北は高句麗、沃沮と接し、東は大海に窮まる。今、朝鮮(楽浪、帯方郡)の東はみな濊の土地である。戸数は二万。」


昔箕子既適朝鮮 作八條之教以教之無門戸之閉而民不為盗 其後四十餘丗 朝鮮侯準僣號稱王 陳勝等起天下叛秦 燕齊趙民避地朝鮮數萬口 燕人衛蒲(滿)魋結夷服復來王之 漢武帝伐滅朝鮮分其地為四郡 自是之後胡漢稍別
「昔、箕氏は朝鮮に行き、八条の教えを作って、これを教えたので、入り口を閉めなくても人民は盗みをなさなかった。その後、四十余代、朝鮮侯の準は勝手に王を称していた。陳勝等が決起し、天下が秦に叛いため、燕、斉、趙の住民で地を朝鮮に避けたものが数万人いた。燕人の衛満は槌型の髷を結い夷人の服を着て、朝鮮に来て王になった。韓の武帝は(衛氏)朝鮮を伐ち滅ぼし、その地を分けて四郡にした。これから後は、胡人と漢人がしだいに別れて住むようになった。」


無大君長 自漢已來其官有侯邑君三老統主下戸
「大君主はいない。漢が来てから、その官に侯邑君、三老があり、下戸を治めている。」


其耆老舊自謂與句麗同種 其人性愿慤少嗜慾有廉恥*不請句麗
「その古老は、むかし、自ら、高句麗と同種だと言っていた。その人々の性質はまじめで慎み深く、むさぼり欲しがることは少ない。恥をしる心があり、高句麗を頼ったりしない。」

 *三国志集解の注には、後漢書では「不請匃」と記されており、匃を句と誤り、その後で麗が補われたのだろうとされています。この場合は「物乞いはしない」という意味になります。こちらが正しいと思われます。


言語法俗大抵與句麗同 衣服有異 男女衣皆著曲領 男子繋銀花廣數寸以為飾
「言語や法習慣はたいてい高句麗と同じだが、衣服に違いがある。男女の衣服はみな曲がったエリ(丸襟か?)を付ける。男子は広さ数寸の銀の花をつないで飾りとしている。」


自單單大山領以西屬楽浪 自領以東七縣 都尉主之 皆以濊為民 後省都尉封其渠帥為侯 今不耐濊皆其種也 漢末更屬句麗
「単単大山嶺から西は楽浪郡に属し、自らは以東の七県を領有する。都尉がこれを統治していた。みな濊族が住民である。後、都尉を廃止して、濊の有力者を封じて侯にした。今、不耐濊は皆その種族である。その後、漢の末には高句麗に属していた。」


其俗重山川 山川各有部分不得妄相渉 入同姓不婚 多忌諱 疾病死亡輙捐棄舊宅更作新居
「その習俗は山川を重んじる。山川にはそれぞれみだりに入ることが出来ない部分がある。同姓は婚姻しない。禁忌が多い。病気で死亡した時はすぐさま旧宅を棄てて新居を作る。」


有麻布蠶桑作緜 暁候星宿豫知年歳豐約 不以珠玉為寶
「麻布がある。養蚕して絹綿を作る。夜明けに星座を見てその年が豊作か不作かを予知する。珠玉は宝としない。」


常用十月祭天 晝夜飲酒歌舞名之舞天 又祭虎以為神
「常に十月に天を祭る。昼夜、飲酒、歌舞し、これを舞天と呼んでいる。また虎を祭り神とあつかっている。」


其邑落相侵犯輙相罰責生口牛馬 名之為責禍 殺人者償死 少寇盗
「 その集落どうしで侵害行為があったときは、すぐさま生口(人員)や牛馬で賠償させる。これをセキカと言っている。殺人者は死をもって償う。強盗や盗みは少ない。」


作矛長三丈 或數人共持之能歩戦 樂浪檀弓出其地 其海出班魚皮 土地饒文豹 又出果下馬漢桓時獻之
「長さ三丈(7.2mほど)の矛を作る。数人がかりでこれを持ち、歩いて戦うのが得意である。楽浪檀弓はここで産出する。その海から斑の魚皮を産出する。土地には模様のある豹が多い。また、(小さな)果下馬がいて、漢の桓帝の時これを献じた。」


正始六年 樂浪太守劉茂帯方太守弓遵以領東濊屬句麗興師伐之 不耐侯等擧邑降
「正始六年、楽浪太守の劉茂、帯方太守の弓遵は単単大山領の東の濊が高句麗に属したため、軍を出してこれを伐った。不耐侯等は集落全体でまとまって降伏した。」


其八年 詣闕朝貢 詔更拜不耐濊王 居處雑在民間 四時詣郡朝謁 二郡有軍征賦調供給役使遇之如民
「その八年、宮城に来て朝貢した。詔により、あらためて不耐濊王を拝命した。その住居は人民の間にまぎれ込んでいる。季節毎に郡に来て挨拶した。二郡は軍事遠征や税の賦課があるので、人員を供給したり使用したりして、これを二郡の住民のように扱っていた。」