漢書地理志 粤地(越地)


 

漢書地理志粤地(越地)


粤地牽牛婺女之分壄也 今之蒼梧鬱林合浦交阯九眞南海日南皆粤分也
「越地は牽牛と婺女(中国星宿)の分野である。今の蒼梧、鬱林、合浦、交阯、九真、南海、日南郡はことごとく越の領域である。」


其君禹後帝少康之庶子云封於会稽文身斷髪避㠯蛟龍之害 後二十世至句踐稱王與呉王闔廬戦敗之雋李 夫差立句踐乗勝復伐呉 呉大破之棲會稽臣服請平 後用范蠡大夫種計遂伐滅呉幷其地 度淮與齊晋諸侯會致貢於周 周元王使使賜命為伯 諸侯畢賀 後五世為楚所滅 子孫分散君服於楚
「その主君は禹の後裔で、(夏の)帝少康の庶子が会稽に封じられ、入れ墨して、髪を切り、蛟龍の害を避けたという。後、二十世、句踐に至って王を称し、呉王、闔廬と戦い、これを雋李に破った。(闔廬の子)夫差が立ち、句踐は勝ちに乗じて再び呉を伐った。呉はこれを大破し、(句踐は)会稽山に追い詰められ、臣服して和平を求めた。後、范蠡と大夫、種の計略を用い、遂に呉を伐ち滅ぼして、その地を併せた。淮水を渡り、斉や晋、諸侯と会し、周に貢を届けた。周の元王は使者を出し、命じて伯の位を賜った。諸侯はことごとく祝賀した。後五世で楚が滅ぼすところとなる。子孫は分散し、君になって楚に服した。」

 越王勾踐や呉王夫差が活躍したのは会稽より北で、この地理志の分類では呉地に当たるが、越ということで、無関係にここに記してある。


後十世至閩君搖佐諸侯平秦 漢興復立搖為粤王 是時秦南海尉趙佗亦自王傳國 至武帝時盡滅㠯為郡 云處近海多犀象毒冒珠璣銀銅果布之湊 中國往商賈者多取富焉 番禺其一都會也
「後十代で、閩君(騶)搖に至り、諸侯を助けて秦を平らげた。漢が興り、搖を復活して立て越王と為した。この時、秦の南海郡の尉、趙佗はまた自ら王となって国を伝えた。武帝の時に至り、ことごとく滅ぼして郡と為した。言う所の近海は犀、象、タイマイ、丸い真珠、丸くない真珠、銀、銅、果物、様々な繊維で織った布の集積がある。中国人で商売に行った者の多くは利益を得ている。番禺はその一都会である。」

 閩越も漢書地理志の分類では呉地に入る。秦の官吏、趙佗が建てた南越とその西・南方が粤地の領域である。南越王の陵墓が発掘されており、そこから出土した玉璧は、日本の串間市、王の山古墳出土と伝えられる玉璧(前田育徳会藏)のパターンに酷似している。その解説は「王の山古墳出土の玉璧」へ。


自合浦徐聞南入海得大州 東西南北方千里 武帝元封元年略為儋耳珠厓郡 民皆服布如單被穿中央為貫頭 男子耕農種禾稻紵麻 女子桑蠶織績 亡馬與虎 民有五畜 山多麈麖 兵則矛盾刀木弓弩竹矢或骨鏃 自初為郡縣吏卒中國人多侵陵之故率數歳壹反 元帝時遂罷弃之
「合浦の徐聞から南、海に入り、大きな島を得た。東西南北は方千里。武帝の元封元年、領有して、儋耳、朱崖郡と為した。住民は、皆、上敷きのような布の中央に穴をあけ、頭を入れて着ている。男子は稲類やカラムシを種まいて農耕する。女子は桑で蚕を飼い布を織る。馬と虎はいない。住民には五種(牛、羊、豚、ニワトリ、犬)の家畜がいる。山は大鹿や小鹿が多い。兵器には矛、盾、刀、木の弓、弩、竹の矢とか骨の鏃がある。初めて郡県と為して以来、官吏や兵卒の中国人の領域荒らしが多かったため、数年に一度の割合で叛いた。元帝の時、遂にこの島を放棄した。」


自日南障塞徐聞合浦船行可五月有都元國 又船行可四月有邑盧沒國 又船行可二十餘日有諶離國 歩行可十餘日有夫甘都盧國 自夫甘都盧國船行二月餘有黄支國 民俗略與珠厓相類 其州廣大戸口多 多異物 自武帝㠯來皆獻見
「日南、障塞、徐聞、合浦から船でおよそ五ヶ月行くと都元国がある。また船で四ヶ月ほど行くと邑盧没国がある。また船で二十余日ほど行くと諶離国がある。歩いて十余日ほど行くと夫甘都盧国がある。夫甘都盧国から船で二ヶ月あまりで黄支国がある。風俗はほとんど儋耳・朱崖と同じようなものである。その島は広大で、戸数が多く、変わったものが多い。武帝より以来、皆、貢いで姿を見せている。」


有譯長屬黄門與應募者倶入海市明珠璧流離奇石異物齎黄金雜繪 而往所至國皆稟食為耦 蠻夷賈船轉送致之亦利交易剽殺人又苦逢風波溺死 不者數年來還 大珠至圍二寸㠯下
「黄門(官名、所属者は宦官)に属す通訳の長と応募者があり、ともに海に入って明珠、璧、瑠璃、奇石、異物を交易し、黄金やさまざまな絵を持っていった。行って国に至ったところは、皆、食料を供給し、女性を配偶させ、蛮夷の商船が転送してこれを届けたが、また、利と交易は人を襲って殺しもする。また風波、溺死に逢い苦しむ。そうでない者は數年で帰り来た。大珠は周囲二寸に至っても下級品である。」


平帝元始中王莽輔政欲燿威徳厚遺黄支王令遣使獻生犀牛 自黄支船行可八月到皮宗 船行可八月到日南象林界云 黄支之南有已程不國 漢之譯使自此還矣
「平帝の元始中、王莽が政治を補佐し、黄支王に威徳、厚遺を輝かさんと欲し、遣使して、生きた犀と牛を献じるよう命じた。黄支より船で八ヶ月ほど行くと皮宗に到る。船で八ヶ月ほど行くと日南、象林の境界へ到るという。黄支の南に已程不国がある。漢の通訳、使者はここから引き返した。」