電線の剥き方や接続の仕方

~被覆を剥く時は電線を傷つけない事!~

エアコン、クーラー、冷凍機など様々な機器に電線を接続する際に必要な技術や方法について紹介。まずはエアコン編です。電線を傷つけてしまうと折れたり、熱をもってしまうことに。正しく結線をしましょう。

ペンチでは剥かないこと。無理に刃を押し付けない。

この作業には電気工事士の資格が必要となりますので気を付けてください。
☆注意☆コンセントは差し込まない事!!差しながら作業をすると、ショートしたり感電する恐れがあります!!
まずは取り付けをするエアコンの電線(わたり線)が何芯なのかを確認しましょう。
確認した上で電線を準備し、配管と同じ経路で電線をはわします。
電線(わたり線)は配管よりも1.5m長くしておきましょう。(片側750mm程度)これは配管接続部よりも電線接続部の方が遠くにある為です。
くれぐれもドレンホースの下に電線が通らないように気を付けてくださいね。

剥き方1

電線の接続としては、最初に電線の外装周囲にナイフの刃を入れます。(力を入れ過ぎないように注意します。)

剥き方2

刃を隣り合う電線同士の中に合わせ、刃を起こしケーブルに刃を入れていきます。

剥き方3

外装周囲のナイフの切れ目までナイフを入れたら、、ナイフを外し、外装を引きちぎります。

剥き方4

そして、赤白黒どれでもいいので、絶縁被服の剥ぎ取りをします。
これも外装と一緒でナイフで周囲に刃を入れます。
くれぐれもペンチで剥かないようにしましょう。傷が付き、線の折れや熱を持つ原因となりますので。

剥き方5

そして被覆を抜き取ります。
被覆を簡単に剥くことが出来るストリッパーがあるので使ってみてもいいでしょう。
同じように白と黒の線も被覆を剥きます。

剥き方6

出来上がりが左の写真のような形になります。
銅部分に傷が付いていないか確認します。傷が付いていたらもう一度剥き直しましょう

電線の長さを合わせて結線

結線1

電線を剥く作業ができたら、規定の剥きしろで剥く長さを合わせます。分かりにくいですが、写真の白い電線の押さえでは、15mmのゲージを表示しています。
室内機・室外機共に電線押さえに剥きしろ(ゲージ)が書いてありますのでペンチで切り、長さを合わせます。

結線2

☆ポイント☆長さをあわせたら、室内機・室外機共に差し込む順番の「色」を合わせてしっかりと奥まで差し込みます。
写真の様に少し長めに電線を切り、丸めながら配線すると接続しやすいですよ。
電線が差し込みにくい時は赤白黒の被覆をペンチで掴み、差し込むと楽ですよ。
この時、差し込みの確認窓がありますので電線が奥まで入っているかを確認します。
電線を抜く時は差込口上部の突起にマイナスドライバーを押し当て、電線を引き抜きます。
これで電線の接続は終了です。

~インフォメーション~


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP