Design Your Dreams. SMD 成晃機械設計
サイトマップ 個人情報保護指針
Home 製品情報 お問い合せ
Home >手動パルスジェネレータ01の設定について(市販品)

手動パルスジェネレータの02設定について(市販品)

 ★手動パルスジェネレータ01の設定について(市販品)

(1)本体外観

 付属品内容: パルスジェネレータ本体とケーブルと取説用CDになります。



パソコン接続は、電源5V用USB
信号用シリアルポートDsub-9P
この2つをパソコンに接続する。



(2)パソコンとの接続
  USB端子に接続。シリアルポートDsub-9Pに接続。
  USBはDC5Vの電源、Dsub-9Pはパソコンとの信号のIN/OUTになります。


(3)Mach3メニュー画面の「Ports&Pins」を開く。
  右の中ほどにある「ModBus InputOutput Support」にチェックする。



(4)Mach3メニュー画面の「Setup Serial ModBus Control」を開く。


  左上の Port num :1 Baud Rate : 19200 を入力する。

  その下側 Input 欄にチェックしてからOKボタンクリックして閉じる。

  右の「Test ModBus」と下側にある「Config」ボタンは押してはいけません。
  間違った設定になり動作しないので注意してください。




(5)Mach3メニュー画面の「Ports&Pins」を開く。
  その中の 「Encoder/MPG's」開く。
  MPG#1 を下記のように入力する。
  左から ✔   右端は 360  と入力する。  OKボタンで閉じる。



(6)マクロファイル Macropump.m1$ をMach3システムに組み込む。
  C:¥Mach3¥Macros¥Mach3Mill にコピーする。CDの中にこのファイルは有ります。

(7)Mach3メニュー画面の「General Config」を開く。
  中ほどの「run Macro Pump」にチェックを入れてOKボタンで閉じる。


(8)RESETボタンが作動しないとき
  System Hotkeys を開く。



下側 Reset Onボタンクリックする。初期状態では未設定部分は「999」になっています。


下記のメニューが表示されます。


このとき、手動パルスジェネレータの赤いリセットボタンを押す。右の数値が「999」から「229」に変更されました。


これでRESETボタンが使用可能になります。

★注記★
移動速度up/down、主軸回転数up/down の2項目は、Mach3の標準画面では使用可能です。
弊社のスクリーンセットファイルでは、この項目は使用できません。


以上


このページの先頭へ

SMD成晃機械設計 〒598-0001 大阪府泉佐野市上瓦屋518番
Copyright (C) SMD成晃機械設計 all rights reserved.