長崎・出島と醤油、蘭学、鎖国政策
「江戸時代の醤油文化」TOPに戻る


長崎・出島と醤油、鎖国政策
長崎の出島とは

長崎の出島(3,969坪)は寛永13年(1636年)にキリスト教布教を阻止するために築かれ、市中に居住していたポルトガル人は、この島に収容された。
寛永14年(1637年)に「島原の乱」が起き、幕府はこの一揆をキリシタンの反乱とて鎮圧したが、この乱によってキリスト教の脅威を感じた幕府は禁教徹底のためポルトガル船の入港を禁じた。寛永16年(1639年)には第5次鎖国令(ポルトガル船の来航禁止)を発布し、ポルトガル人は日本から追放されて来航も禁止された。
南蛮諸国の中で、日本にとって最大の貿易相手国はポルトガルであったが、寛永16年(1639年)、ポルトガルとの関係悪化によりポルトガル人が追放されると出島は無人となった。寛永18年(1641年)幕府はキリシタン禁圧と貿易統制を目的として平戸オランダ商館(1609年、日本の平戸にオランダ貿易商館を開設)を閉鎖して出島にオランダ人を移住させた。居留オランダ人は全て出島に隔離収容され、平戸商館時代のように日常的な日本人との自由な交流は一切禁止された。幕府はオランダがキリスト教布教の意志がないことを認め、南蛮貿易の相手をオランダ1国に限り、日本来航の継続を許した。これにより出島は約220年間の鎖国期の海外に開かれた唯一の窓口となった。


自由貿易港 出島

幕府は長崎出島にオランダ東インド会社の貿易拠点「オランダ商館」を置き、長崎奉行の管轄下でオランダ貿易を行なった。また、中国からも私貿易船が多く来航したため、幕府は市中に唐人屋敷を設置するなど統制した。こうして、幕府は貿易の利を独占することができた。貿易に関係している西国の大名が富強になるのを恐れて、貿易を幕府の統制下におこうとした。また、幕府は長崎を窓口としてヨーロッパの文物を輸入し、オランダ船の来航のたびにオランダ商館長が提出する「オランダ風説書」によって、海外の情報を知ることができた。
鎖国下で江戸参府が許されていたオランダ商館の責任者カピタンは、有利な対日貿易を継続するため、定期的な「拝礼献上(将軍に謁見、幕府高官宅への挨拶回り、献上物の呈上)」のために、およそ三ヵ月をかけて江戸との間を往復した。

日本の醤油は、「JAPANSCH ZOYA(ヤパンセ・ソヤー日本の醤油)」または「JAPANSCH SOYA(ヤパンセ・ソイア)」の名で、オランダとの長崎での貿易を通じてヨーロッパに輸出されていた。「出島」とは江戸幕府の鎖国政策として長崎の海中を埋めたてて造られた扇形の人工島である。出島と江戸町とは出島の北側にある表門の出島橋(一ノ橋)で結ばれていた。

オランダ船は毎年6,7月頃に入港し、主な輸入品には砂糖,胡椒,丁子,甘草,サフラン,肉桂,ビロード,羅紗,水牛角,象牙,齊角,書籍,天球儀,地球儀があった。日本からは陶磁器,漆製品,屏風,木材,金,銀,銅,樟脳,煙草,そして「醤油」などが輸出された。
オランダ船の貿易品は沖に停泊している本船から小舟で出島の水門に搬入された。水門は出島の西側にあり二ノ門とも呼ばれ、この門はオランダ船入港時の荷揚げや出航時の輸出品積み出しの際に開かれるだけで通常は厳重に閉鎖されていた。出島には多くの日本人も働いていた。

出島は長崎奉行の管理下にあり、町年寄の支配のもと、出島乙名(でじまおとな)やオランダ通詞などの地役人が関与した。出島乙名の職務は貿易についての監督や出島内で働いている日本人の監督、指導、出島に出入するための門鑑(もんかん・通行許可書)の発行、公共施設の監視、商館員の使用人の割り振り、商館員の生活や行動の監視などであった。



出島からの醤油の輸出

江戸時代には、長崎・出島を通して醤油が輸出されていた。オランダ船と中国船によって長崎から運ばれた醤油は、おもに中国大陸や東南アジア、インドやスリランカなどで使われた。さらに一部はオランダ本国まで運ばれ、極東の調味料としてヨーロッパでも高い評価を得ていた。輸出された醤油は、香辛料・調味料の一種として、スープやソースに混ぜて使われた。17~18世紀のヨーロッパ人にとって、醤油は胡椒などと同じく、遥か遠くからもたらされた高価で珍しく美味しいソースだった。

江戸時代、ヨーロッパ諸国中で唯一日本との貿易を許されたのがオランダである。醤油の輸出はオランダ東インド会社が正保4年(1647年)にオランダ商人によって10樽分の樽詰めされた醤油が長崎の出島より、台湾の安平商館(ゼーランディア城)へ搬送したのが最初といわれ、ヨーロッパにはオランダへ1737年に35樽が初めて出荷されている。
「長崎商館仕訳帳」という資料によると輸出された醤油の単位が「樽」で記録されている。「樽」には大樽と小樽があり、それぞれ29リットル強、15リットル弱の醤油が詰められていたようである。

当時の輸出醤油は京都と堺(※)のものが主流で、ワインやリキュールを入れる四角のガラス製の「ケンデル瓶」に煮沸した醤油を詰め、栓にコールタールを塗って密閉した15本入りの専用「ケンデル箱」で送られたようである。その後「コンプラ瓶」が登場するがこれは商館がコンプラ株仲間にケンデル瓶に代わる瓶の調達を命じて生まれたものである。

※:堺での醤油の生産は、江戸時代の初めの俳集『毛吹草(けふきぐさ)』(寛永15年・1638)に諸国から出る名産として、堺南組の醤油溜りが出ています。江戸時代の百科事典といわれる『和漢三才図会』(正徳2年・1712)にも名物の味噌に泉州・堺の醤油溜りがあげられ、江戸時代には醤油の生産が盛んだったことがうかがえます。

貞享4年(1687年)の『長崎商館仕訳帳』にはセイロン本社商館用に「京の醤油20樽」の記載がみられ、長崎出島から輸出される京の醤油の記載は元禄5年(1692年)まで『長崎商館仕訳帳』に見られる。また、明和元年(1764年)から安永9年(1780年)の間の『明安調方記』には、堺の醤油について記録されているが、それ以外の醤油については触れられていない。
寛政11年(1799年)前後からびん詰めの輸出醤油が出てくる。初めはオランダからブランデーやウィスキーなどを詰めてきた四角いガラス瓶で「ケルデル瓶」と呼ばれた。その後、ケルデル瓶が足りなくなり、赤道下での変質を防ぐため、長崎の波佐見町で焼かれた白磁染付の徳利型の陶器の「コンプラ醤油瓶」と呼ばれるものが使われるようになった。江戸時代中期の寛政2年(1790年)には、オランダ東インド会社によって陶器の瓶(コンプラ瓶)につめた醤油が長崎から輸出されるようになった。

1647年に始まった醤油の輸出も幕府の鎖国政策の行き詰まりで、1854年には日米和親条約が結ばれる時代へと移り変わり、オランダ人の貿易独占特権は1859年に失われ、コンプラ株仲間の特権も1866年には廃止された。



日本の醤油を世界に発信

日本調味料・醤油を初めてヨーロッパに紹介したのは、ツンベルグ(Carl Peter Thunberg)というスウェーデンの医師・植物学者であった。 安永4年8月(1775年)ツンベルグはオランダ商館医として長崎出島に赴任した。以来、彼は一年四ヶ月余りを出島商館付医師として日本で過ごした。翌1776年4月、商館長の江戸参府に随行し徳川家治に謁見し、この年の12月に日本を去った。
日本文化の鋭い観察者であったツンベルグは帰国後に、日本で採集した植物を持ち帰り、約800種の日本の植物を記載した『日本植物誌』を1784年に欧州で刊行し、西洋の地に無く、植物としても知られていなかった「大豆」を欧州に紹介した。また、日本の風俗習慣を詳しく記した『ツンベルグ日本紀行』を書いた。

『ツンベルグ日本紀行』から「味噌」「醤油」に関する文章を紹介する。

“第20章 日本人の食物”:「味噌即ち大豆の汁は日本人の食料品の主をなすものである。あらゆる階級の人、高きも低きも、富めるも貧しきも、年中、日に数回これを食べる。その製法を書けぱ次の如くである。豆を少し柔らかくなるまで煮る。これに同量の大麦或いは小麦を交ぜる。この混合物を24時間暖かい場所に置いて、自由に発酵させる。続いてこれに同量の塩及び二倍半の水を入れ、その後数日は怠らずこれを撹拌する。一定時を経たのち、この液澄を圧搾して、これを樽に入れる。特に醤油を作ることの上手な国がある。古くなればなるほど質がよくなり、且つ澄んでくる。常に褐色をしていて、その主な味は快い䶢味(かんみ=塩辛い味)である」

“第23章 生産物の用途及び特質”:「日本人にとって一番必要な穀物は米である。藁麦、裸麦、大麦、また小麦などは別に大事なものではない。・・・日本人は、隠元豆・豌豆〈エンドウ〉・蚕豆〈ソラマメ〉・大小各種の味豆を盛んに栽培する。ダイズ(Daiso)と云う豆の粉は、いろいろの料理に使われる。これを圧搾して出した汁は醤油となる」

“第26章 日本人の商業”:「茶の輸出は少ない。・・・その代わり(日本人は)非常に上質の醤油を造る。これは支那の醤油に比し遥かに上質である。多量の醤油樽が、バタビア(現ジャカルタ)、印度、および欧羅巴に運ばれる(輸出されている)。互いに劣らず上質の醤油を作る国々がある。和蘭(オランダ)人は醤油に暑気の影響を受けしめず、又その発酵を防ぐ確かな方法を発見した。和蘭人はこれを鉄の釜で煮沸して壜詰めとし、その栓に瀝青(れきせい=コールタール)を塗る。かくの如くにすれば醤油はよく、その力を保ち、あらゆるソースに混ぜることが出来る」


1772年にフランスで完成したディドロ編纂の『百科全書』には「しょうゆ」の項目が設けられており、日本醤油の優れた品質が紹介されている。



鎖国政策の確立

■鎖国政策下の「四つの口」
近年では、江戸時代の鎖国体制化の対外関係のあり方を「四つの口」または「四つの窓」と呼ぶ。鎖国下の幕府は、長崎口(オランダ・中国との貿易)、対馬口(朝鮮との国交)・薩摩口(琉球王国との国交)・松前口(アイヌとの独占交易権)の4つの外交窓口で外国と結びつき、関わりがあった。この4カ所を「四つの口」体制という。

三代将軍家光の時代に起こった島原の乱(1637年)の後、キリスト教の影響を恐れた幕府は、禁教令によるキリスト教(カトリック教)の日本への流入を食い止める宗教政策・日本人の海外渡航の禁止・キリスト教の布教に熱心なスペイン・ポルトガル船の来航を禁止し、長崎出島にオランダ商船と中国商船のみの渡来を許可するという制限的な貿易秩序(幕府による海外貿易の独占)の鎖国を完成させていく。その後、幕府は二百年以上鎖国政策をとった。鎖国によって幕藩体制が強化・安定し、「徳川の平和=Pax Tokugawa」とよばれる天下泰平の世が続いた。しかし、幕府は日本と海外につながる「四つの窓」があり、鎖国後も直轄や大名を通じた貿易・交易が行われ、品物のやり取りや文化の交流もあり、江戸幕府は鎖国下においても海外の情報収集は続けていた。

海外との貿易が四つの口(松前・薩摩・長崎・対馬)に限定された「四口体制」が成立されて、鎖国体制が完成された。対馬・薩摩・松前の三口は大名家(藩)による管理であったが、長崎のみ幕府の直轄地として重要視されていた。
幕府は朝鮮(窓口:対馬藩主の宗氏)・琉球王国(窓口:薩摩藩の島津氏)と国交を結んで将軍の代替わりごとに使節(朝鮮通信使・琉球の慶賀使)を迎え、中国とオランダの交易関係により生糸・絹織物や薬品が輸入され、蝦夷地(窓口:松前藩主の松前氏)からは木材や海産物などを交易で得た。また、長崎を窓口としてヨーロッパの文物を輸入し、オランダ船の来航のたびにオランダ商館長が提出する「オランダ風説書」によって、海外の情報を知ることができた。このように、幕府は窓口を制限することで海外からの情報と貿易を独占しようとした。


 

幕府はキリスト教(カトリック)の禁教と貿易の統制を目的に日本人の海外渡航を厳禁し、外国船の渡航を制限して、一方で長崎出島ではオランダ・中国との貿易を認め、来航したオランダ人が出島(1641–1860年)に、中国人が「唐人屋敷」(1689–1870年)に賃貸料を払ってそれぞれ滞在した。

■「鎖国」 へ至る過程
1612年 幕府がキリスト教の禁教令を出す
1616年 中国(明)以外の船の入港を長崎・平戸に限定
1623年 イギリスが平戸商館を閉鎖
1624年 イスパニア(スペイン)との国交を断絶、来航を禁止
1631年 奉書船(渡航が許可された船)制度の開始、朱印状以外に老中の泰書が必要となる
1633年 奉書船以外の渡航禁止、海外に5年以上居留する日本人の帰国禁止
1635年 中国・オランダなど外国船の入港を長崎のみに限定、日本人の渡航と帰国の禁止
1637年 島原の乱(1637~38)
1639年 「鎖国令」、キリスト教布教禁止、ポルトガル船の来航を禁止
1641年 オランダ商館を平戸から長崎・出島へ移転

■鎖国令と長崎出島
以下の「鎖国令」は、1633年から1639年の寛永期にかけて、三代将軍の徳川家光が5度にわたって発布した。この鎖国令はポルトガルの日本貿易独占の排除とキリスト教禁止を主目的としているが、貿易そのものを閉ざすものではなく、ポルトガル貿易に変って、新しいキリスト教と関係のないオランダ・中国との交易を進めることであった。幕府はポルトガル貿易の代替物をオランダ・中国に求め、代替物の筆頭としての生糸(白糸)の輸入も安定して行われていることからも幕府の意図を解することができる。この条項によって日本船の全面渡航が禁止され、一般国民は諸外国との接触は完全に閉ざされた。

 ・寛永10年(1633年)第1次鎖国令。奉書船(幕府公認の船)以外の渡航を禁じる。また、海外に5年以上居留する日本人の帰国を禁じた。
 ・寛永11年(1634年)第2次鎖国令。第1次鎖国令の再通達、海外渡航・長崎寄港制限。
 ・寛永12年(1635年)第3次鎖国令。中国・オランダなど外国船の入港を長崎のみに限定。日本人の海外渡航と帰国を禁じた。
 ・寛永13年(1636年)第4次鎖国令。貿易に関係のないポルトガル人を追放、残りのポルトガル人を長崎出島に移す。
 ・寛永16年(1639年)第5次鎖国令。ポルトガル船の入港を禁止。 → 一般にこれをもって鎖国の完成とする。
 ・寛永18年(1641年)鎖国体制の完成。平戸のオランダ商館を出島に移す。

1859年に開国するまでの217年間、出島はオランダ人の日本における唯一の商業基地になった。出島内には60棟余の建物があり、菜園などもあった。出島は原則として日本人の関係者以外出入りが禁止されており、オランダ人もオランダ商館付医官に赴任した蘭学医シーボルトなど以外の者は出島に軟禁状態とした。江戸時代、わが国に来航したオランダ船は、1641年から1859年までの217年間に延べ700隻以上にものぼった。
(※シーボルトは(文政7年(1823)来日、文政12年(1829)帰国)文政7年(1824年)に、オランダ商館の働きかけもあり、長崎奉行の許可を得て出島から離れた長崎郊外の鳴滝の地に、オランダ通事中山某氏の名義で別荘を購入し、医学教育の場である『鳴滝塾(なるたきじゅく)』を開き西洋医学の講義を行なった)



参考文献
鎖国政策下の日本貿易、産業技術史資料に基づいた日本の技術革新に関する研究、徳間書店/お醤油の来た道、講談社学術文庫/オランダ東インド会社、しょうゆの不思議/日本醤油協会、九州大学附属図書館、中公新書/江戸のオランダ人、堺市HP、石川の日本史入門: 「ニッポン」の誕生、奥川書房/ツンベルグ日本紀行(昭和16年)、『30の発明からよむ日本史』(日本経済新聞出版社)、他



 



長崎・出島と蘭学
長崎出島と蘭学
徳川幕府の鎖国時代において、日本との貿易を許されていたのは、オランダと清(中国)のみだった。
鎖国時代、日本唯一の自由貿易港だった出島は、寛永11年(1634)にポルトガル商人を隔離するために造られた縦70メートル、横220/190メートルの扇形で、面積が3969坪の人工島である。寛永16年(1639)の鎖国令により、カトリック系キリスト教のポルトガル人が出島から追放され、来航を禁止された。長崎出島では幕府が認めたオランダ商館のみが交易を続けた。長崎は幕府が直接に支配する直轄地である。
その後、約200年間、長崎の出島は唯一外国と日本が接する特別な土地となり、オランダはもとよりヨーロッパ各国のさまざまな新技術や知識を吸収する“新しい世界への窓”となった。



平戸オランダ商館は、1609年9月の開設から約32年後の1641年(寛永18)5月幕命によって長崎出島への移転を強いられる。この商館移転における幕府の主たる狙いは、当時、国是として進めていたキリスト教禁制の強化策であり、商館を平戸藩領内から幕府直轄の長崎に移して、居留するオランダ人を長崎奉行の直接監督下に置こうとしたものである。オランダ商館の長崎移転によって、平戸商館時代のように日常的な日本人との自由な交流は一切禁止された。プロテスタント系のオランダ人は、目的は貿易だけであり、キリスト教布教には一切関わらない方針だった。こうして、長崎の出島はオランダ人の日本における唯一の商業基地になった。

長崎の出島に移転したオランダ商館は、幕末に至るまで幕府公認の日蘭貿易に従事した。幕府は日蘭交渉の実務に携わらせるために、長崎に配置されたオランダ通詞(通訳)の養成を開始し、オランダ人から直にオランダ語を学ばせた。享保五年(1720)、幕府のキリスト教関係以外の洋書輸入の解禁によって、オランダ語に翻訳された西洋の学術書は長崎出島のオランダ商館を通じて日本にもたらされ、“蘭学”として花開いた。


出島ではためく三色旗はオランダ国旗である


長崎蘭学とは、江戸時代中期以降に、出島をとおしてもたらされた西洋の最新科学や文化を研究する学問のことをいう。西洋諸国のなかでもオランダだけが通商を幕府より許されたため、西洋学術は、オランダ人または長崎のオランダ通詞(通訳)たちを介して、オランダの技術や知識の研究が始まり、1700年代には地理、科学など、さまざまな分野の蘭学書が翻訳された。出島は新しい実用の学問や技術を習得できる場所だった。また、商館付きの医師たちは日本人医師に大きな影響を及ぼした。これらの医師たちの中でもケンペル、ツュンベリー、シーボルトは「出島の三学者」として、滞在中は熱心に蘭学者を育成した。

当時オランダは「和蘭」または「阿蘭陀」と書かれたため、「蘭学」と呼ばれるようになった。蘭学は、医学・数学・兵学・天文学・暦学などの諸分野にわたり、最新の知識が長崎から日本中に発信された。蘭学を通して生まれた合理的思考と人間平等思想は幕末の日本にも大きな影響を与えたと言われている。
そうしたなか、文政6年(1823)に日本の動植物を研究する目的で来日したフォン・シーボルトは、来日した翌年に医学教育のための学校を開くことを許可され、長崎の郊外にある鳴滝(なるたき)に塾を開き、診療をしながら、後の蘭学者の高野長英や幕府洋学医の伊東玄朴など多くの門人たちに西洋医学や薬学、動植物学を講義し、日本の蘭学の発展に大いに貢献した。一方、日本滞在中にシーボルト事件(幕府禁制であった伊能忠敬の日本地図や間宮林蔵の蝦夷南千島地図などの国外持ち出し)を引き起こし、シーボルトは文政12年(1829)に国外追放となった。


阿蘭陀人食事之図 (長崎県立美術博物館所蔵)



以下は、「国立国会図書館 電子情報部情報流通係」より引用

「江戸時代の学問の一つに、オランダ語を通じて日本が受容した西洋の学問や技術と、それに対する研究である蘭学が存在した。それは、医学、天文学、本草、博物、植学、化学、地図、暦学などの自然科学を中心としている。はじめ、長崎のオランダ通詞によるオランダ語の学習が中心であった。
その後、徳川吉宗のもと本草学の振興やオランダ文物の輸入が奨励され、青木昆陽、野呂元丈は吉宗からオランダ語学習を命ぜられ、蘭学の機運が醸成されていた。さらに、田沼意次が老中になると殖産興業政策を推し進めたこともその機運を助成した。福知山藩主朽木昌綱や、薩摩藩主島津重豪といったオランダ好みである「蘭癖」の大名も現れている。 蘭学興隆の大きな画期は、安永3年(1774)の『解体新書』の翻訳刊行にみられる、前野良沢、杉田玄白、中川淳庵らの西洋医学の導入であるといえる。江戸時代は家によって学問が受け継がれており、蘭学もその例にもれず、優秀な弟子によって伝えられた」

「また、大槻玄沢の私塾である芝蘭堂ではオランダ語教育が行われ、寛政8年(1796)に玄沢の弟子の稲村三伯が日本で最初の蘭和辞書である『波留麻和解』(「江戸ハルマ」)を刊行するなど、蘭学の興隆が見られた。 19世紀になると、世界情勢の変動が日本にも波及し、フェートン号事件(1808年)をきっかけに、長崎の通詞たちの間ではオランダ語のみならず英語の学習も始められ、のちに日本人がオランダ語学習から英語学習に転換していく先駆けをなした」

「江戸時代後期の日本において西洋兵学の受容が始まったのは、ロシア人の択捉攻撃(1797)やイギリス軍艦フェートン号の長崎不法侵入(1808)などを契機として、東アジアにみなぎる不穏な情勢に日本人が危機感を抱いたからである。すなわち、北からロシア、南からイギリス、そして東からアメリカが日本への脅威として迫ってくるなかで、幕閣や諸大名、各地の武士たちは、それら列強と同等の力を持っていると当時考えられていたオランダから、海軍、陸軍、砲術や築城といった分野での専門知識を導入し、それによって欧米諸列強の侵略に対抗しようとしたのであった」






Copyright(C)  日本食文化の醤油を知る  All Rights Reserved.