(NPO)流域調整室(2003~2016、現在清算中)紹介サイト(仮)

 

木津川市鹿背山から、都市計画区域のため、使うときだけ屋根をつけることで建築基準法に対応していた 竹小屋 を、都市計画区域外の和束町石寺の用地(1953年の水害履歴地で、元農耕地を1985年から別荘地として開発された場所)の「田舎に合う竹材壁や水循環工法」の研究開発拠点である和束石寺の流域調整室実験用地解体移転し、排水路、給水・涵養井戸を整備し、電気を引きました。山腹斜面に山城特産柿渋用天王柿等の柿とビワを移植、カボチャや豆を斜面下、斜面保護としてクローバーを、水仙を用地境界に植えました。小規模地すべり地に、1m深地温調査で検出された水ミチや小屋の屋根に降った雨水を溜めて灌漑に利用し、勾配の緩い地すべり地のビオトープ田んぼにホタマン案山子を立て、涵養井戸への側溝に流入させる足踏み水車小屋を作りました。高台には、ビオトープシートを用いて沈殿槽だけ非浸透型にした土壌浄化トイレが完成し、菜種油の取れるナナシキブや、エゴマ、大根、土を軟らかくするラッキーソルガムを植え、竹粉砕物やトレンチによる土壌改良実験にも役立てています。イノシシが潜むほど笹が生い茂っていた向かいの土地の草刈をして側溝を起こして水抜きパイプを入れて安定させ、造成後1年半で傾いた用地入口の隣地擁壁上伐採と金網ワイヤーと水抜き穴延長網蓋で転倒防止を行い、1993年から1997年の間に2m以上の転回場(現在は果樹園として他の方が利用されています)直壁が崩れた箇所を金網で補強し笹をクローバー等の植生にしています。

 NPO流域調整室は、資産のうち助成金で購入した流れ橋模型を気象予報士会京都部会にライフジャケットを、大阪天満橋のカヌー遊船に寄贈し、法人名資産解消しました。

 周辺用地は、購入前に2度も町役場を訪れ廃止されない町道が入っているから条件満たせば町道になるといわれて買い、購入後に町職員がここを転回場にすれば良いと位置指定した地権者も当初は町道化と砂防堰堤直下転回場の提供を快諾しつつも土地利用に悩みソーラー実験施設等検討中と言っておられましたが、2017年2月に入口の橋改築予定を言われたが転回場までの道路は民民による買収で提供せよと言うので交渉しておりました。バブル期の分譲地に水道も引けず住めなかった方々には地元相場で手放すのは辛いようで、現状道路区画や擁壁修理すれば道路等の提供が少ない区画や地元民と交換済みの土地が入り組んでいる区画は整正できそうで、売主不動産屋も買戻しは応じられないが私道の地目変更や提供は受諾されたものの、人生の半分以上こんな所の土地利用に悩んできた転回場所有者が草刈りもせず過疎の砦にしてやると抵抗しています。バブル期の不法造成を見逃した町の責任で、町が買上げあるいは直接借上げ、地権者との土地利用相談を民民任せにせず直接町が行うべきだと、各方面に提唱しています。当用地は、雑種地目許容する下部を砂地農業の水循環や蓮池耐塩実験施設、上部を果樹含む林地、道路脇取得地は手前を橋改築後近隣施設駐車場奥を農林産物用地とし、(過労死訴訟や預託金横流し事件でみられらように背後組織なしに運営維持に無理の多い)NPO組織形態から、「流域調整室技術事務所」に改組するため、清算中です。

 

 

 2007年カヌー川下り合宿の報告書

 

 2008年カヌーと水ミチ調べの報告書

 

 2009年流れ橋模型の流出実験と紹介 (1952年築造旧流れ橋模型の3連モデルで出張実験も可能です。)

 

 200912月~木津川支川馬坂川橋脚での竹入モルタル・ツタ登攀実験

 

 

 2015年12月~「敵に塩」ならぬ塩の情報交換~天津近郊天日塩田視察

 

 

役員 理事(安東尚美、杉本弓代、石井康博)監事(松村寛一郎)

事務所 京田辺市草内(国道307号線山城大橋西1kmマッサージ向南入)

0774-27-2772 FAX0774-68-0862 メールriver-basin * gaia.eonet.ne.jp

               (*を小文字の@にして送信して下さい)