人質のMIMESIS SR-Mono         / 2000.01.18

MIMESIS SR-Monoのバイアス電流を増やすと音が見違えるらしいですよ。
岩下さんが悪戯っぽく囁きました。
オリジナルのSR-Monoはバイアスが浅く、放熱器は微熱を帯びる程度でした。
トランジスタの動作点を決めるバイアス電流を増やすと歪みは減りそうですが、
無音時の電力消費が大きくなるのでアンプは熱くなります。
何より、音の変化を知らずに改造を頼むわけにはいきません。

4台のSR-Monoは使い始めて半年で、私は音が徐々にこなれる過程をみるのが好きです。
だから、岩下さんの魂胆には気が付かず、生返事していました。
すると3日後に、試聴用の改造SR-Monoが安田さんから届いたのですね。

DIVAは低域と高域を別々のアンプで駆動するバイアンプ方式で使っていました。
SR-Powerの2台でバイアンプ化すると、音が伸びやかになります。
名前の通りモノ仕様のSR-Monoは、2台ではシングルアンプしかできませんが、
SR-Powerのバイアンプより音の色数が増えて充実しました。
だから私はSR-Mono 4台でバイアンプを組んで十分満足していました。

改造SR-Monoが1組ではバイアンプはできませんが、
未改造のSR-Monoのバイアンプには負けないよと、そう言われているわけです。

安田オーディオラボのテスト用機材の中にはSR-Monoもあって、
素性が良さそうに思えたので改造してみたら、
プライベート用スピーカーのMAGNEPAN MG-3.5Rを意外に良くドライブしたそうです。
同じ電磁力駆動方式で平面型3ウェイのDIVAでも同様の効果があるのではないか、
そんな安田さんの推測が発端で、
話しを聞いた岩下さんが罠を仕掛けてきたというのが舞台裏。

1週間ほどで輸送による機械ストレスが取れると、涼やかさに華やかさが加わりました。
リンダ・ロンシュタットの曲で、私が装置の状態をみるのによくかけるのは、
Falling In Love Againと、When You Wish Upon A Starの2曲なのですが、
濁りのない心に向き合うと、こちらも素直な気持ちになります。
更に数日が過ぎて、温かさとか品の良さも表れてきました。
低域の質感が向上してリアリティが増し、コンサート風の臨場感もでます。
しょうがないので罠にはまることにしました。

貸してもらったSR-Monoは、改造が終わるまでの人質のつもりでした。
ところが安田さんは本業が忙しくなり、私のSR-Monoが戻って来るのは2箇月後になります。
人質を取られていたのは私の方だったようです。

返却が遅れたのには理由があって、ひとつは私のわがまま。
DIVAは低インピーダンスなので、改造SR-Monoの放熱器はアイドリング状態でも20℃になりました。
音楽を鳴らすと、露出した放熱器は更に10℃熱くなったので、危険の一歩手前です。
そこで、温度上昇を少なめに抑えられないか相談したところ、
バイアス電流をほどほどに抑えて、素子変更で補う方法を見つけてもらうのに時間を喰ったため。
ふたつめの理由は、安田さんのアイデアを実行するために要した時間でした。
SR-Monoの基板は小さいので、固定は放熱器で筐体ではありません。
放熱器の基部はタップが切れるだけの厚みがあり、そこにスパイクをねじ込めば、
MIMESIS 8と同じメカニカル・グランディングが実現できるだろう、というもの。
既に私は、BDR-Cones-mk3の頂点で放熱器の基部を支えていたので、改造提案は納得できるものでした。

予想外だったのは、スパイクの効果がとてつもなく大きかった点です。
音像の安定感は別次元でした。
でも音の変化よりも驚くのは、音質が大化けしても音色は変化していないところです。
安田さんは拙宅の音を憶えていて、そこは変わらないように修正してくれるのですね。
一般的な改造との違いはここなのです。

それから1年。
放熱器にねじ込んだスパイクは、鋼鉄からステンレスに替わり音も進化しています。
安田さん、カスクの飲み過ぎに気をつけて、いつまでもサポートをお願いしますね。




前の記事へ  次の記事へ

トップページにもどる


MAGNEPAN MG-3.5R

APOGEE DIVA