オーディオと言葉              / 2000.01.10

日本人に英語が苦手な人が多いのは何故でしょうか。
大脳生理学で面白い研究があります。
アメリカ留学の経験があって英語に堪能な人は、日本語を聞くときと英語を聞くとき、
脳皮質の活性化する場所が違っていたそうです。
英語のヒアリングが苦手な人は、日本語で反応する部位が活性化して、
いわば脳が日本語を待ち構えているので、英語を言語として受けとめられないそうです。
後天的な才能というわけです。

では、良質な音楽を聴いていれば音楽的な感受性は育つのでしょうか。
少なくともいい音ほど心に響くので、まず頼るべきはオーディオかもしれません。

私の周囲での話しですが、ステレオ装置を素晴らしい音で鳴らしている人は、
ショップの試聴室で聴いた音を、すぐに言葉にすることができます。
山本さんは音を造形に見立てて色や形や触感で表現し、
木戸さんは情景を比喩に使って気分や感情を伝える、と、人それぞれ。
語り口は違っていても、音の趣味や価値観が伝わってきます。
もうひとつ特徴を挙げるとすれば、印象を上手く表現できなかったと感じたら、
別の描写方法を探すことでしょう。
自分自身が納得できないと承知できないのです。
言葉に対するこだわりは、音楽に対するこだわりでもあるのです。

オーディオの調整では、沢山のパラメータの相関を把握する必要があります。
相関を考慮しながら微調整していくのが使いこなしです。
音から連想する性格や風景の微妙な違いを聞きわけて、好ましい方向に整えていくのですね。
感覚の記憶はいつのまにか曖昧になったり変質したりするので、
言語表現を併用して劣化を遅らせます。
普段からそんなことをしているので、ショップでの座談が盛り上がるのでしょう。

音楽のなにがしかを言葉にして音を磨くというレトリックに物事の順序を見るなら、
最初にくるのは音楽的な感受性で、オーディオではありません。
でも、使いこなしを通して音楽の感動が増すことはあります。
それがオーディオの価値だと思うのですね。




前の記事へ  次の記事へ

トップページにもどる