オーディオと言葉              / 2000.01.10

何故、日本人には英語が苦手な人が多いのでしょうか。
このことを調べた、面白い大脳生理学の研究があるのを知りました。
アメリカへの留学経験があって英語に堪能な人は、日本語を聞いているときと英語を聞いているときとでは、
活性化する脳皮質の箇所が違っているのだそうです。
英語のヒアリングが苦手な人を調べると、英語を聞いても日本語のときに反応する部位が活性化するだけで、
いわば耳が日本語を待ち構えているために、英語を言語として理解できない一因になっているらしいのです。
この、読み書きなどの言語機能を担っているのは左脳。
美術や音楽、数学などの抽象感覚は右脳の働きによるといいます。
この報告で、もうひとつ興味深かったのは、学習で活性域が増えたり高度化していくという箇所でした。

私の経験ですが、オーディオ店の試聴室で聴いたばかりの音を、自分なりの言葉で描写できる人は、
自宅のステレオ装置を上手に鳴らしている場合が多いという印象を持っています。
その語り口は人それぞれで、趣味や性格が反映されているのはもちろん、音の捉え方にも違いがあって、
たとえば、山本さんは直裁に音の造形について話されますが、
木戸さんは比喩を織り交ぜながらの解説風になるのが、その人らしい。

人間は言葉で考え、概念を組み立てます。
言葉なしでは論理的に考えることができない、と言ってよいかもしれません。
自分のステレオ装置に何らかの問題があったとして、筋道を立てて考えて辿り着いた対策方法を試みたなら、
それが裏目に出たとしても、どこかで仮説を間違っていたという新しい情報が得られます。
次に施す処置にはその情報が織り込まれて、別の可能性を調べることができるはずです。
そんな匍匐前進のような作業を繰り返すには、変化の質と量を言葉にして、頭の中で整理する能力は有用です。
大袈裟な言い方をすると、言葉が実証的な手順を支えてくれるのです。

オーディオでは、自分はこんな音が好きだから、この方向で音作りしたいという目標を持っているべきです。
好きな音がいっぱいあったら、嫌いな音を認識しておくのも有効ですし、
なぜ好きなのか、なぜ嫌いなのか、理由を見つけておくことはもっと重要なことです。
そのために、言葉が必要になるというわけです。
他人に質問されてから、自分の音を説明する文言を探しているようでは駄目だと、私は考えています。

音を的確に表現するのが苦手な人が多いのは、脳のトレーニングが足りていないのも、ひとつの理由でしょう。
ステレオ調整に堪能な人は、音を聴きながらその特徴やら印象を測ってきた経験の積み重ねがあるから、
言葉に置き換える脳の活動が自動的に働くだけなのではないか。
英語に似て、機会があったかなかったかの違いなのかもしれません。




前の記事へ  次の記事へ

トップページにもどる