レッド・ツェッペリン            / 2000.01.04

私がレッド・ツェッペリンを初めて聴いたのは、
ポリドール提供のFM放送が1969年に、発売予定を告げたとき。
白人ミュージシャンがブルースに傾倒したバンドが多くて、
私にはあまり面白い状況ではありませんでした。
そこに登場したレッド・ツェッペリンの音楽は、
ブルースへの依存度を薄めてグルーヴ感の奔流のようなもので、
既存のスタイルを塗りつぶしてしまう、新しい創造性を備えていました。
演奏には、綿密に組み立てられた構成の綾が、躍動感と共にあります。
プログレッシブ・ロックほど構造と様式が融合しておらず、
ロックンロールを素材にした変幻自在なギターはとてもよく歌い、
ジンジャー・ベイカーを越える表現力のドラムワークに感銘しました。
ついに共感できる、理知的で卓越した演奏能力のバンドに巡り会えたと、
涙が出るほど嬉しかったことを覚えています。
湯川礼子氏の解説を聞きながら、
私は聴いたばかりの二曲に感戟していました。
最初の放送日には「赤い(Red)ツェッペリン号」と紹介されましたが、
翌週には「率いていた(Led) ツェッペリン号」と訂正されます。
知名度もその程度のバンドだったのです。

レッド・ツェッペリンを、私はハードロックに分類しません。
ストレートな音響は背後の幾つもの旋律で抑揚を与えられ、
さながら、クラシックの交響曲を連想させます。
直情的な演奏の勢いと、理性的な構成力が同居しているのが魅力でした。
ヘビーロック、ましてや後世に生まれたヘビーメタルに分類されると、
お前達は何を聴いているのだ、と、小言をいいたくなります。
若いことが自己主張を正当化する理由になっている、
他の多くのロックバンドとは演奏の格が違います。

多重録音を操って、建築物のように楽曲を組み上げる仕事は、
偏執的なジミー・ペイジのプロデュースのセンスによるものです。
作詞や作曲、ボーカルをロバート・プラントに任せても、
アレンジの半ばをジョン・ポール・ジョーンズに頼っても、
スタジオでの指揮権はジミー・ペイジが掌握していました。
レッド・ツェッペリンの中で、
ジミー・ペイジは私にとって特別に注目する人物になりました。

そのレッド・ツェッペリンは、最近リマスター発売が頻繁です。
リマスターとは、オリジナル・マスターテープからの
CD製作用マスターテープの作り直しです。
昔のアルバムでは、ジミー・ペイジは意図的に音像を混ぜ合わせて、
音響エネルギーの一体感を演出していました。
初期のCDも同じ路線のマスターリングで販売されていました。
ディジタル・リマスターは、1992年にジミー・ペイジが作業をしています。
亡くなったドラマーのジョン・ボーナムに敬意を表して、
ドラムラインを明確に表わすようになったと一部で評されていますが、
実際はいままで控えめにしてあった音像の見通しをよくし、
楽器やボーカルの鮮度を上げ、音場感をも蘇らせて、
四人のコラボレーションとして仕上げられています。
そうして、レッド・ツェッペリンの魅力である構成力も顕在化しました。
プロデューサーのジミー・ペイジの音源に対する意地は尋常ではなく、
ベスト盤である筈の新譜『EARLY DAYS』(1999年)では、
一層、楽曲の構築が詳細に聴き取れるようになって、
現在に相応しい音に仕上がっています。

私には意味のない逸話ですが、故ヘルベルト・フォン・カラヤン氏が、
唯一評価出来るロックの楽曲として「天国への階段」を挙げていました。
だからお墨付きができたというつもりはありませんが、
私の考えが大家の台詞としても語られたのは嬉しいものでした。
正直、ほっとしたのですけれどもね。
カラヤンが、レッド・ツェッペリンは最低のバンドだとけなしていたら、
無視して忘れることにして、ここにも書かなかったでしょう。





前の記事へ  次の記事へ

トップページにもどる