レッド・ツェッペリン            / 2000.01.04

私がレッド・ツェッペリンを初めて聴いたのは、1969年にポリドール提供のFM放送がアルバム発売が告げたとき。
ブルース寄りのバンドが多くて、若い頃の私にはあまり嬉しい状況ではありませんでした。
そこに登場したレッド・ツェッペリンの音楽は、グルーヴ全開の問答無用調が新鮮で、
それまでのロックバンドのスタイルにはない、新しい音楽世界を創造していると感じて、
FMラジオの音を真空管式のテープレコーダーに録音しながら、高校1年生の私は歓喜していました。

演奏には勢いだけでなく、綿密に組み立てられた構成の綾が躍動感と共にあります。
音を重ねる巧みさはプログレッシブ・ロックに劣らず、むしろ曲の展開が大仰でないだけにもっと高度に思え、
ジミー・ペイジの変幻自在なギターはとてもよく歌い、
ギターと同じ乗りで表と裏の関係を保ち続けるジョン・ボーナムの怒濤のドラムに感動。
ついに共感できる、音楽が理知的で演奏能力が卓越したバンドに巡り会えたと、凄く嬉しかったことを覚えています。
湯川礼子氏の解説を聞きながら、私は聴いたばかりの2曲に感戟していました。
最初の放送日には「赤い(Red)ツェッペリン号」と紹介されましたが、
翌週には「率いていた(Led) ツェッペリン号」と訂正されます。
今ではほほえましい想い出です。

レッド・ツェッペリンを、私はハードロックには分類しませんでした。
もっと拡がりのある音楽に思えたからです。
ひとかたまりのような音響は、しかし重ね録りされた幾つもの旋律で出来上がっており、
音の絡み合いにバンドならではの様式を感じて、私はクラシックの交響曲を連想していました。
演奏の勢いに引き込まれつつ、緻密な構成に知的なセンスも感じる、不思議な同居感が比類ないものでした。
雑誌では、ヘビーロックや、のちに生まれるヘビーメタルに分類して語られることがありましたが、
私としては承服しがたく、カテゴリーに閉じ込めて矮小化することに反論したい気分でした。
ファーストアルバムから既に音楽の完成度が抜きんでていたという点で、
若さならではの横着さがもっぱら存在感を支えていた多くのロックバンドとは、質が違っていたと思います。
もちろん、レッド・ツェッペリンが横着でなかったわけではありませんが。

多重録音を多用して、大きな建造物を建てるように楽曲を組み上げる仕事は、ジミー・ペイジのプロデュースセンス。
ボーカルをロバート・プラントに任せても、アレンジをジョン・ポール・ジョーンズに頼っても、
曲作りの核心はジミー・ペイジが担っていました。
レッド・ツェッペリンの中で、ジミー・ペイジは私にとって最も輝いている人物でした。

そのレッド・ツェッペリンは、最近リマスター盤の発売が頻繁です。
リマスターとは、オリジナル・マスターテープからCD製作用のマスターテープを作り直す作業です。
レコード時代には、ジミー・ペイジは意図的に音像を混ぜ合わせて、音響エネルギーの一体感を演出していました。
初期のCDも同じ路線のマスターリングで販売されていました。
ディジタル・リマスターは、1992年にジミー・ペイジが作業をしています。
亡くなったドラマーのジョン・ボーナムに敬意を表して、ドラムラインに光を当てたと一部で評されていますが、
実際はいままで控えめにしてあった音像の見通しをよくし、
楽器やボーカルの鮮度を上げて、4人のコラボレーションとして仕上げたから、そう聞こえるだけ。
でもリマスターで、レッド・ツェッペリンの魅力である構成力も顕在化しました。
プロデューサーのジミー・ペイジの音源に対する意地は執拗で、ベスト盤である筈の新譜 EARLY DAYS では、
更に楽曲の構築が詳細に聴き取れるようになって、今に相応しい音に仕上がっています。

故ヘルベルト・フォン・カラヤンが、唯一評価出来るロックの楽曲として「天国への階段」を挙げていました。
だからお墨付きをもらったと言うつもりはないのですが、大家の台詞として語られたのは嬉しいかったですね。




前の記事へ  次の記事へ

トップページにもどる