ジュリー・ロンドンとボリューム      / 1999.12.31

ジュリー・ロンドンの声は、すらりと細身で都会的に洒脱です。
優しい気持ちを歌うとき真顔の合間に微笑みを見せたり、沈んだ気持ちの歌の終盤で悲しい懐いを拭ったり、
気持ちの微妙な変化をとても繊細に表現します。
歌唱力の背景に知性が覗えて、私は素敵な人だなあと思うのです。

その歌から情感が薄れ始めたのは、師走に入ろうかという頃。
なだめすかして使ってきたプリアンプのボリュームのガリオームが、ひどい状態になってしまいました。
音量調整でツマミを回すとき以外にガリは出ませんが、声の艶が明らかに落ちて、
ジュリー・ロンドンが特別な歌手ではなくなってしまいました。
ガリオームとは、アンプの音量ツマミを回して出る、接点の接触不良が原因のじゃりじゃりという雑音です。
このトラブルは、オリジナルのMIMESIS SR-Preではおそらく起きません。
何故なら、問題のボリュームはMIMESIS 2がMIMESIS 2Aにバージョンアップで採用されたもので、
これを、私はSR-Preに取り付けてもらっていたのです。

かねてから代替ボリュームを探していた安田さんから、推薦できる部品を見つけたと聞いていたので、
不快なガリを解消するこれはいいタイミングだと、SR-Preを改修するために安田オーディオラボに送りました。
新しいボリュームは、連続可変ではなくて22段階のステップ式でした。
AGIのModel 511でも、RFエンタープライズに相談してステップ式のCOSMOS AG38に取り替えていたので、
メリットは理解していましたが、正直なところ、使い勝手が落ちるのが心配でした。
でも、背に腹は代えられません。
ジュリー・ロンドンが口先だけで素っ気なく歌うのは困るのです。
他のCDにだって音質劣化が現れていたので、尚更選択の余地はありませんでした。
ステップ式ボリュームで一番困ることは、1クリックで変化する音量が自由にならないことでしょう。
CDごとに違う音を揃えたり、音楽の種類によっても聴く音量は調整するとき、不便なのです。
実際、私が深夜に鳴らす音量を最初の1クリック目で越えるので、減衰量を18デシベル積み増してもらいました。

そんな曲折はありましたが、ガリオームのない音量調整は大変快適です。
初めのクリックが深夜の音量に絶妙に合い、静かに聴く常用域では5クリックまで使えて、
大きめの音量で鳴らすには10クリック近辺と、なかなかいい具合。
音の曇りはすっかり晴れていました。
自動車のフロントグラスを新品に取り替えると見晴らしが良く爽快ですが、似ていなくもありません。

ところで、同じ修理に送るなら、一緒に改造して欲しいアイディアを私は持っていました。
SR-Preのプリント基板はほぼ正方形の一枚物ですが、四隅を固定しているだけ。
これでは、半導体デバイスやコンデンサが振動の影響を受けてしまいます。
プリント基板の中央辺りに固定箇所を追加するだけで、それなりの改善効果が得られます。
基板とシャシーの加工が可能か安田さんに問い合わせると、快諾してもらえました。

余談になりますが、安田さんは修理とは関係のない小さな提案を忍ばせて、依頼者を試すことがあるようです。
下手な受け答えをしたらきっと聴き手のレベルが疑われるので、なかなか気が抜けません。
今回は、DIVAを前提として、既に下げてあったSR-Preのカットオフ周波数を更に下げることでした。
他にも手を加えてあるので因果関係は定かではありませんが、楽器のサイズ感や材質感が解りやすくなっていました。

修理と改造の成果は、3日を過ぎた頃から明らかになってきました。
アコースティック楽器、エレクトリック楽器共に、音量に伴う音色のぶれ幅が以前より少なく安定感が増しました。
音色に安定感があるから、微妙な響きの変化が耳を澄まさなくても解ります。
また、以前より音像がはっきりしました。
これらの感想は、改造前と比較した相対的な変化なので、今までより情報量が増えたのでしょう。
SR-Preは鮮度を取り戻しただけではなく、クォリティーが向上していました。
ジュリー・ロンドンの声からは、自立した人格が聴こえてきます。
ところが、品は失われていないのですが、情感がやや濃くなっていて、私としては少し抑えたいところ。
私の好かないフィジカルな音ではないのですが、リアルさがやや強くなっていたのです。
SR-Monoのセッティングなどを僅かに変更して、クウォリティーを残しつつ、いつもの音に戻しました。
アンプのクウォリティー改善は、プリント基板の5箇所目の固定が効いているような気がします。
請けてもらった安田さんに感謝です。

興味深いことに、SR-Preは、今回の改造で製品の格が上がりました。
先日までは、大改造したSR-Monoに位負けしていて、SR-Preの限界が見えていたのですね。
システムの音は、システムの中で一番クウォリティーが低い機器の音で頭打ちになります。
SR-Preがシステムのネックになっていたのです。
ところが、安田オーディオラボから返ってきたSR-Preからは、頭打ち感を感じなくなくなっていました。
現在は、どの機器が次の天井を作ってしまうのか判らないほど上手く協調しています。
つまり、私の使いこなしが充分ではなく、調整を追い込む余地が残されている状態と考えることができます。

ここまで手を入れていながらよく言うわ、と突っ込まれそうですが、私はやみくもな改造は好きではありません。
でも、ただ変化するのを楽しむのではなく、聴き手が自分の音を自覚していて、目的を伝えて、
オーディオ機器のチューナーを生業とする安田さんのようなプロの技術を借りて改造してもらうなら、
それは広義の使いこなしと言えなくはないか。
メーカーオリジナルでは出せなかった音を聴くと、そんな言い訳が湧いてきます。




前の記事へ  次の記事へ

トップページにもどる