ジュリー・ロンドンとボリューム      / 1999.12.31

ジュリー・ロンドンの声は大人っぽくて洒脱で都会的。
優しく歌っても、沈んだ気持ちを歌っても、情感の深さにジンとします。

ステレオからそんな魅力が消えたのは、師走が近付く頃。
誤魔化しながら使ってきたプリアンプのガリオームが一気に悪化しました。
ツマミを回すとジャリジャリと雑音が出ていたのですが、
更に、声が無表情になって気持ちが伝わってきません。
MIMESIS 2Aで採用されたボリュームの音が良いということで、
SR-Preのボリュームを取り替えてあったのですが、耐久性に問題があったようです。

そのままでは聴く気になれず、安田さんからは代替品を見つけたと聞いていたので、
SR-Preを安田オーディオラボに送りました。
代替品のボリュームは22段階のステップ式で、連続可変ではありません。
迷う余地などなかったのですが、以前AGIのModel 511で、
左右偏差が大きいA&Bのボリュームを、RFエンタープライズでステップ式に替えてもらったら、
音と信頼性は申し分ないものの、精密な音量調整ができず困ったことがありました。
同じ不便に悩むことにならないかと心配が募りました。
とはいえ、ジュリー・ロンドンに口先で歌われても困ります。
100点満点でなくても、0点より遥かにましと割り切るしかありません。
深夜に気兼ねしなくす済むよう、減衰量を18dB積み増してもらいました。
もちろん結果は良好で、小音量でも音色の彩度が落ちず音はきめ細かで、
ジュリー・ロンドンの歌も表情豊かです。

安田さんはときどきオーナーの好みを推察して、修理以外にも手を入れてくれます。
このときは、DIVAを前提にオリジナルより下げてあったオフ周波数をもう少し下げたと聞きました。
楽器のサイズ感が感じ取りやすくなったのは、そのせいかもしれません。

修理のタイミングを利用して、私も小改造を依頼していました。
SR-Preのプリント配線基板はほぼ正方形の1枚物で、固定は四隅だけです。
これでは基板が振動しやすく、電子部品が振動すると音質が損なわれます。
叩けば判るのですが、基板中央に固定点を追加すれば良い効果が期待できたのです。
変更が3つ重なったので処置と効果の因果関係は定かではありませんが、
オーディオ的な音は格段に向上しました。

私は基本的にメーカー製品の改造は好きではありません。
向こう見ずな改造は、音の変化を楽しむ自作と同じと思うからです。
でも、試聴しながら、必要であれば修正も施して目的の音に仕上げてくれる、
しかもGOLDMUNDの主宰と親交があって製品にも詳しい安田さんに依頼するのであれば、
メーカーによる高度なカスタマイズとかわるところがないのではないか。
音を聴いてそう思います。




前の記事へ  次の記事へ

トップページにもどる