第41章 ロボット掃除機ルンバ(Roomba)

ロボット掃除機がちまたで話題になっている。予想以上にいい、と。
もしそうなら、掃除機革命ではないか。我が家も欲しい。
ところいざ買おうとすると障害がある。価格だ。ロボット掃除機といえば、最有力候補はルンバ(Roomba)だ。この手の草分けでもあり、定評がある。しかし価格もそれなりに・・・いやそれ以上に・・・・・高か〜〜〜〜い。聞けば製造はchina、販売元が米国らしい、日本発売元も米国も暴利とりすぎだろ。 

以下の機体は”ルンバ 初号機”と中身が瓜二つ。

果たしてこれが価格に見合う価値(性能)があるのだろうか?・・・・・イミテーション(もどき)もルンバ(初号機〜400)と外見は多少違うが中身が互換性があるものさえある(CleanBoo,Faltima030,HouseBeat etc)。性能はほぼ同じだろう、ならイミテーション(もどき)でもいいのではないか。  しかし本当かどうか、確かめるには現物を入手しなくては始まらない。
しかし、たかが掃除機ごときに十万円近い大金を叩くのは抵抗がある・・・・・。そこで奥の手、海外(米国)のサイトを覗く、ここで驚くべき実態が明らかとなった。なんとroomba530・・日本国内相当品はルンバ537相当で、米国販売価格(定価)は300ドル、実売価格は250ドル。為替レート(78)円を当てはめると、なんと2万円を切る価格である。それが日本国内正規品では7〜8万円で堂々と売られている。なんと米国の300〜400パーセント。これが実態。  これではかの悪名高き農産物の関税並みだ(この関税一体何に使うのか?農家に配るらしい。)
これを打破するには。個人輸入するしかない、・・・・そしてついに、生まれて初めて、個人輸入に手を出すことに。結果 なんの問題も無く・・オークションで・・しかも中古ルンバ530・・をgetできてしまったのだ。落札価格は145ドル(11K円)。  米国内運賃や手数料、日本国内運賃などで計7k円ほどフンだくられるが、結局、総額2万円ほど、これでも日本国内相場よりめっぽう安い。
3週間位で商品が到着、早速開封。一抹の不安があったが、意外や意外、ほぼ新品に近い完動品で、何の問題も無く使える。以後ほぼ毎日使用しているが不満もなく使えている。
次にもどきの入手だ。ルンバ530より高性能で安いのがいい。しかしマッピングできるものとなるとNeatoが最有力だが。国内には流通していない。もっと安く手軽なものをと、偶然、探し当てたのが”Iclebo”なるものだ。 これは韓国ユジン社のもの。仕様を見ると、バッテリーがリチウムイオンだし、スケジュール機能、自動充電もあるという。 しかも初値は50000円程もしたようだから相手にとって不足はあるまい。それが現在、なんとわずか12800円、新品だ。(なんでこんなに安いのか心配?)これでいてルンバの上を行くカメラマッピングにより最適掃除ルートを走行するときている。ルンバの競争相手として不足はない。期待がもてそう。で購入。
テストの結果 先に結論を言うと。  やはりルンバ格段にいい。理由はロボット掃除機の基本性能障害物に強く行き倒れがない、集塵能力が高い)からだ。・・・テストしてみると同じ部屋(20mmカーペットあり)でルンバは完走するのに、icleboは行き倒れる。 また人口ゴミ(パンチ穴カス)を床(フローリング+カーペット)上にばらまいたテストではルンバは、1度の走行でほぼ完全に取りきってしまうが・・・、icleboは取り残しが多い。など、やはり長い歴史を持つルンバにかなわないようだ。

その後CleanBoo Faltima030も手に入れたがやはりルンバにはかなわないことが分かった、下欄に詳しく述べておいた。


ルンバ530はなぜ集塵能力と走行性がいいのか

・・・両者ともブラシでゴミをかき集めるのは同じだが(真空も併用しているが補助的役割)、集塵ボックスにゴミを搬送する方法に違いがある。つまりルンバは回転ブラシが2個あり互いに逆方向に(内側に)回っているからゴミを指でつまむようにして効果的に集塵ボックスに運ぶのに対し、Icleboは回転ブラシが一個しかないからつまみあげることはできない。だからちりとり状の固定リップが付いている、ところがこれが走行の障害になる。効率をよくするためにはリップと床とのギャップを0にしなければならない。しかしそうするとちょっとした障害物でもリップが引っかり動けなくなる。逆に走行性を良くしようと床とのギャップを広くするとゴミはスルーし取残しが増える、

ルンバは原理上このリップが必要ないから障害物に強いにもかかわらず集塵性能がたかい。ルンバのようなダブルブラシ方式を選びたいものだ。(韓国製はスマーボを含めすべてシングルブラシだから落第。)
しかし icleboはルンバにない高等なマッピング機能がある。非常に広い場所も一度で掃除ができる。などルンバにもない優れた先進の機能をもっており人工頭脳では負けてない。しかし肝心の走行性、集塵性能など自動掃除機としての基本性能がルンバ(500番台)に遠く及ばないのだ。

しかしこのiclebo、こんな激安なのに思った以上に使えるのはむしろ賞賛に値するかもしれない。ちょっと改造すればあのルンバさえ凌駕する潜在的能力を秘めているかもしれない。

故障その1

 ロボット掃除機は意外に?故障が多いといわれている。しかし当方のルンバ(3台保有)経験では破損など致命的な故障は一度もなく、掃除することで解消する類である。代表的なものはブラシがまわらなくなるトラブルだ。安全装置が働いているだけだからブラシ周りを掃除すれば治る。これは故障とは言えないのかもしれない。

故障その2

 その後不思議な現象に遭遇した。スイッチonでガーガリガリという雑音がスピーカから出るのだ。動きも少しおかしい。修理依頼するしかないのか?(幸い最近では非正規品でもメンテしてくれるところが現れた)、問い合わせてみたが、こんな症状は経験したことがないとのたまう。センサー取替になると、10k円、基盤取替えだと、30k円以上覚悟してくださいとのこと。よっぽど頼もうかとおもったが、もったいない。とダメモトで分解してみることとした。分解は少々心配だったが、無事修理に成功した。原因は落下防止赤外線センサーの基板接続用のソケットの接触不良 だった?ようだ。ソケットを外してCRCを吹き、元どうりに組むだけで完治した。振動と微小ほこりで接触不良となると考えれば納得できる。

そのごこの故障が再再発、オークションで落下センサーを購入(5K円)、替えて様子をみている。今のところ良好。   

はじめに戻る