第41章 ロボット掃除機ルンバ(Roomba)

ロボット掃除機がちまたで話題になっている。予想以上にいい、と。
もしそうなら、掃除機革命だ。我が家も欲しい。
ところいざ買おうとすると障害がある。価格だ。ロボット掃除機といえば、最有力候補はルンバ(Roomba)だ。この手の草分けでもあり、性能には定評がある。しかし価格もそれなりに・・・いやそれ以上に・・・・・高か〜〜〜〜い。聞けば製造はchinaらしい。ならば多分激安のはず、販売元が米国なのがくせもの、暴利とりすぎ。 

以下の機体は”ルンバ 初号機”と中身が瓜二つ。

果たしてこれが価格に見合う価値(性能)があるのだろうか?・・・・・イミテーション(もどき)もルンバ(初号機〜400)と外見は多少違うが中身が互換性があるものさえある(CleanBoo,Faltima030,HouseBeat etc)。性能はほぼ同じだろう、ならイミテーション(もどき)でもいいのではないか。  しかし本当かどうか、確かめるには現物を入手しなくては始まらない。
しかし、たかが掃除機ごときに十万円近い大金を叩くのは抵抗がある・・・・・。そこで奥の手、海外(米国)のサイトを覗く、ここで驚くべき実態が明らかとなった。なんとRoomba530・・日本国内相当品はルンバ537相当で、米国販売価格(定価)は300ドル、実売価格は250ドル。為替レート(78)円を当てはめると、なんと2万円を切る価格である。それが日本国内正規品では7〜8万円で堂々と売られているのだ。なんと米国の300〜400パーセント。 これではかの悪名高き農産物の関税並みだ
これを打破するには。個人輸入するしかない、・・・・そしてついに、生まれて初めて、個人輸入に手を出すことに。結果 なんの問題も無く・・オークションで・・しかも中古ルンバ530・・をgetできてしまったのだ。落札価格は145ドル(11K円)。  米国内運賃や手数料、日本国内運賃などで計7k円ほどフンだくられるが、結局、総額2万円ほど、これでも日本国内相場よりめっぽう安い。
3週間位で商品が到着、早速開封。不安があったが、意外や意外、ほぼ新品に近い完動品で、何の問題も無く使える。以後ほぼ毎日使用しているがこれといった不満も、故障もない。

次にもどきの入手だ。ルンバ530より高性能で安いのがいい。しかしマッピングできるものとなるとまずNeatoだが。残念なことに、国内には流通していない。もっと安く手軽なものをと、偶然、探し当てたのが”Iclebo”なるものだ。 これは韓国ユジン社のもの。仕様を見ると、バッテリーがリチウムイオンだし、スケジュール機能、自動充電もあるという。 しかも初値は50000円程もしたようだから相手にとって不足はあるまい。それが現在、なんとわずか12800円、新品だ。(なんでこんなに安いのか心配?)これでいてルンバの上を行くカメラマッピングにより最適掃除ルートを走行するときている。期待がもてそう。で購入。
テストの結果 先に結論を言うと。  やはりルンバ格段に格段にいい。理由は、ロボット掃除機の基本性能とは障害物に強く行き倒れがないこと。・・・テストしてみると同じ部屋(20mmカーペットあり)でルンバは完走するのに、icleboはカーペットを乗り越えられず息絶える。 また集塵性能をみるのに、人口ゴミ(パンチ穴カス)を床(フローリング+カーペット)上にばらまいたテストではルンバは、1度の走行でほぼ完全に取りきってしまうが・・・、icleboは半分も取れない。など、やはり長い歴史を持つルンバにはとうていかなわないようだ。

その後CleanBoo Faltima030も手に入れたがやはり行き倒れ多すぎルンバには全くかなわないことが分かった、。


ルンバ530はなぜ集塵能力と走行性がいいのだろうか

・・・両者ともブラシと真空も併用でゴミを集めるのだが、ルンバは回転ブラシが2個あり(ダブルブラシ方式)互いに逆方向に(内側に)回っているからゴミを指でつまむようにして効果的に集塵ボックスに運ぶのに対し、Icleboを始めとする韓国製(スマーボ、ココロボも韓国製)は回転ブラシが一個、つまみあげることはできない、上揃って真空が弱いときているからごみはブラシと一緒に回っているだけで、一向に回収できない。これに気づいたメーカーは、対策としてゴム製のリップをちりとりのように付けている。回収効率を上げるにはリップと床とのギャップは0でなければならない。しかしそうするとちょっとした床の凹凸にこのリップが引っかり走破性を著しく損ねる。走行性を良くしようと床とのギャップを広げるとゴミはスルーしてしまい結果集塵能力を著しく損ねることになる。

ルンバは原理上このリップが必要ないうえ、ブラシそのものも上下に可動となっているから障害物に非常に強いにもかかわらず集塵性能がたかい。
しかし icleboはルンバにない高等なマッピング機能がある。非常に広い場所も一度で掃除ができる。などルンバにもない優れた先進の機能をもっており人工頭脳では負けてない。しかし肝心の走行性、集塵性能など自動掃除機としての基本性能がルンバに遠く及ばない。

故障

 ロボット掃除機は故障が多いといわれている。しかし当方のルンバ(3台保有)経験ではここ数年破損など致命的な故障は一度もなかった。しかし
 その後不思議な現象に遭遇した。スイッチonでガーガリガリという雑音がスピーカから出る、今度こそ本当の故障のようだ。修理依頼するしかないのか?(幸い最近では非正規品でもメンテしてくれるところが現れたが)、問い合わせてみたが、こんな症状は経験したことがないとのこと(嘘だろ?)。センサー取替になると、10k円、基盤取替えだと、30k円以上覚悟してくださいとのこと。困り果てていたので、よっぽど頼もうかとおもったが、オークションを見るとセンサーを売っている、ということはよくある故障に違いない。で落札、(5K円)、取替え、直った。其後1年以上再発はない。   

Neato(ニート)の導入

ルンバは良く出来ていてほぼ満足していたが、不満が全くないわけではない。1つは;自動充電に失敗し、行き倒れることが結構あること。観察していると、充電スタンドまでは来ているのだが、最後の位置決めで僅か数ミリずれ、接続できず、失敗、何度もやりなおしたあげく行き倒れになるようだ。、また狭いところにハマり込んで動けなくなって行き倒れることもある。多室(6畳x6)を一度に掃除ができないのも不満だ。

これができるロボット掃除機はないだろうか?Neato(ニート)がそれらしいことはわかっていた。しかし国内販売はなく諦めていたのだが、このほど、日本でも販売されることになった。が高価すぎて手が出ない。ところがこの度格安でNeato bvがゲットできたので確かめることができた。


結果;(ルンバ530〜537と比較して)

優れた点;掃除時間が短くて済む(ルンバの1/3くらい)充電スタンドに確実に帰り確実に充電でき失敗がない、電池が長持ち(1充電で長く働く)、一度に広い範囲が掃除できる上、多部屋が一度に掃除できる。行き倒れが少ない。など

同等;ごみの回収率、コーナーのごみ回収率、障害物の乗り越え、ひも、衣類などの巻き込みなどは同等。

劣る点価格がやや高い以外特に劣るところは見当たらない。いえばルンバはやんちゃ、Neatoはクソ真面目、だろうか。


はじめに戻る