本文へスキップ

伊木まり子プロフィールProfile

氏 名伊木 まり子
現 職生駒市議会議員 (無党派)
経 歴1956年大和(やまと)病院(生駒総合病院の前身)で出生
1962年いこま保育園卒園
1968年生駒小学校卒業
1971年生駒中学校卒業
1974年奈良県立奈良高等学校 卒業
1980年奈良県立医科大学卒業 医師免許取得
1981年大阪医科大学皮膚科学教室入局(1993年まで)
助手、外来医長、皮膚科専門医
1990年皮膚汗腺腫瘍の免疫組織学的研究により医学博士の学位取得
1993年生駒総合病院皮膚科医長
大阪医科大学非常勤講師(2009年3月まで)
2004年生駒総合病院医局長
2005年生駒総合病院閉院のため退職
奈良駅前クリニック非常勤医師
(2009年3月まで)
2007年生駒市議会議員当選
2008年生駒市議会新病院設置等に関する特別委員会 委員長
2011年生駒市議会議員当選(二期目)
市民福祉委員会 委員長
2014年予算審査特別委員会 副委員長
2015年市民福祉委員会 委員長
資 格医師、医学博士、皮膚科専門医
所属
医学会
日本皮膚科学会、日本皮膚病理組織学会、
日本悪性腫瘍学会、日本アレルギー学会
家 族娘2人は独立し、夫と2人暮らし
趣 味家庭菜園、園芸を少々

《 一念発起、勤務医から市議会議員へ 》
 平成17年3月、戦後60年の歴史を持ち、生駒市唯一の公的病院として生駒の医療の中心となってきた奈良県国保連合会生駒総合病院は、閉院通知からたったの3ヶ月で、後継医療体制も決まらぬまま閉院とされました。
 当時、伊木まり子は生駒総合病院の医局長でしたので、患者さんを無視して強行された閉院の過程をつぶさに見ることとなりました。不安をつのらせる患者さんたちの話を聞き、治療がとどこおることのないようにと、他の病院や診療所の先生宛の紹介状を書く毎日。その数400通近く。こんなことが2度とあってはならない、と強く思ったのでした。この体験が閉院後も「市民の病院をつくる会」の代表世話人として運動を続ける原動力となりました。「つくる会」は生駒総合病院の後継医療の確保を求める署名活動を2次にわたって行い、3万筆近い署名をいただきました。その結果、山下市長は新病院建設に向けて動き始めました。
 しかし、議会が病院建設用地の購入に待ったを掛けました。なぜ? 平成19年1月、初めて市議会を傍聴した伊木まり子はそこでの議論にびっくり。これが市民の命を守る医療を議論する場?? 議会は3万筆の市民の思いを無視している。それは患者を無視したあまりに乱暴な閉院とまったく同じやり方です。市民の命と健康の問題を市長いじめの政争の具にしている。伊木まり子は市議会議員選挙への立候補を決意しました。
 それから8年。紆余曲折ありましたが、生駒市議会は市立病院を設置するための条例を制定し、医療法人徳洲会に指定管理者として運営を任せる公設民営の市立病院事業を進めてきました。生駒市立病院は6月に開院します。
(市立病院開院に向けてのこれまでの道のりはまり子ニュース2013年1月号2015年2月号をご覧ください。)