「太皷表現師」について

1993年、すでに「鬼太鼓座(おんでこざ)」を独立していた私、時勝矢が、当時の代表、故・田耕(でん・たがやす)と再会した際、
「あんたはこれから『太皷表現師』を名のっていきなさい。」と直接言われ、「ありがとうございます。使わせていただきます。」と
伝え、それ以来、自身の肩書きとしています。

音楽に国境はないが国籍はある  「鬼太鼓座」の頃、1980年代に田(でん)さんが私たち座員に、よく言っていた言葉。

Information

太鼓表現教室を202056日まで一時休止します。
なお、チケットの有効期限
(6ヶ月)と来なくなってから6ヶ月以上経っていて入会金を再度徴収する条件は、202047日以降から猶予します。
それまでに期限が切れている場合、または
6ヶ月来られていない場合は有効ではありません。

2011年に公開されたドキュメンタリー映画「幸せの太鼓を響かせて〜INCLUSION〜」(製作総指揮:細川 佳代子、監督:小栗 謙一、製作:近衞 ィ子)
その
2作目の映画Challenged 〜困難な存在の日々、そして旅立ち〜」2019年秋に完成しました。
監督:小栗
謙一
製作総指揮:細川 佳代子
able映画製作委員会:代表 近衞 ィ子
音楽:小林 研一郎
語り:栗原
出演:瑞宝太鼓/時勝矢 一路 ほか
2020年、全国公開予定。 Flyer

20181020
 
「第
33回国民文化祭・おおいた2018」「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」 開会式オープニングステージ『ヨロコビ・ムカエル?』が106日、
 
iichiko総合文化センターiichikoグランシアタで開催され、時勝矢 一路・作曲「由布岳」の笛のメロディが、ゆふいん源流太鼓によって演奏され、
 
NHKで放映されました。

2018106 上越文化会館大ホール
 
「瑞宝太鼓×鼓童
in 地域共生フォーラム」公演で、時勝矢 一路・作曲「勇躍」が合同演奏されました。

PROFILE

時勝矢 一路・楽曲一覧 (全曲、時勝矢 一路が作曲した作品)

著作権、振り付け について

UP

太皷表現教室 202056日まで一時休止します。      生徒募集中!! ※(受講日当日の申込み不可)

UP

ワークショップ 202056日まで一時休止します。 ※(受講日当日の申込み不可)

太皷バチ 販売(“一路・モデル”3種類) 

ICHIRO Twitton-ton

MADE IN JAPAN (CDTシャツのグッズ販売)

INCLUSION

e-mail contact us

Archive

時勝矢 一路・作曲&亜鷺 幸・作詞集

映画の公式HP

時勝矢のピアノと大太鼓の演奏が聴けます。
「幸せの太鼓を響かせて
INCLUSION」予告篇より

JT「セブンスターカスタムライト CM

English


『鐘皷』(しょうこ) 作調:時勝矢 一路 199438日・作曲

双盤()で演奏が始まるアンサンブル性に優れた組太鼓曲。「第1章」「第2章」で構成されている。
自身の主宰するヨーロッパ・ツアーのために作曲し、国内外で高い評価を得ている。


この曲は
1994年に石川県で行われた「壱刻壱響祭」でも、時勝矢が楽譜を提供し、プロ・アマの太鼓奏者によって合同演奏された。
当初は、
94年の「壱刻壱響祭」のみ、のために提供した楽譜が、20年以上、知らない間、使用されていた。
その後、
2005年、2006年、2007年、2008年、2009年、2010年、2011年、2012年、2013年、2014年、2015年、2016年、2017年、
2019年の「白山国際太鼓エクスタジア」で演奏された。

特に石川県の浅野太鼓に所属する「和太鼓サスケ」は、
20数年以上、この曲を演奏している。
なお、時勝矢が演奏するオリジナルの「鐘皷」には、サスケが演奏中にしているような振り付けは一切無い。

 時勝矢は、
20数年間一度も「サスケ」のメンバーを指導したことがなく、面識もない。
 よって、それらの振り付けは、無断でつけられたものである。
 また、本来の「鐘皷」は「第1章」「第2章」を続けて演奏するように構成されているが、
 「サスケ」の演奏では「1章」のあと「虫送り」が演奏され、その後「2章」を演奏したり、
 
2019年「白山国際太鼓エクスタジア」では、「鐘皷」と別の作曲家の楽曲がつながっていたり、
 「1章」と「2章」を別で演奏するなど、作曲者の意図をまったく無視している。誠に遺憾である。

主な「サスケ」の演奏記録は下記の通り。

●『国立劇場2013 ・「日本の太鼓 祈り、千里に響く」曲名が「天地響応」となっているが、正しくは「鐘皷」である。
●『青山劇場・「青山見聞録」 26回「太鼓進化論」(410秒から) 曲名が「天地響応」となっているが、正しくは「鐘皷」である。
『いま響きが風になる』2012 「和太鼓 サスケ 天地響応 () 曲名が「天地響応」となっているが、正しくは「鐘皷」である。
 2007年、2008年、2009年、2010年、2011年、2012年、2013年、2014年、2015年、2016年、2017年、2018年、2019年に演奏された。
成田太鼓祭20092009 2011年「第23回成田太鼓祭り千年夜舞台」
『「第12回神恩感謝 日本太鼓祭2014 おかげ横丁(115秒から)」』 『第14回神恩感謝 日本太鼓祭2016
『第16回神恩感謝 日本太鼓祭2018 (117秒から) などなど 第三者 によっても 全国各地で 何度も 再演されている。
その他、太鼓を習う楽曲にも使用されている。

※著作権、振り付け について

©1991-2020  ICHIRO JISHOYA & JDO ICHIRO (Japanese Drums Orchestra ICHIRO). All Rights Reserved.
本サイトに記載のテキストおよび画像、映像、一切のコンテンツについて、許可なく転載することを固く禁じます。
この
HPはリンクフリーではありません。