about   maint&repair   photogallery   mail   blog   link

headoverhaul  
マイクロロン処理を行った途端に冷却水漏れを発見!!
シリンダーとヘッドの間から冷却水が漏れていたようで、ガスケットの不具合かヘッドの歪みが原因かは不明。
出来れば早急に作業を始めた方が良いのだろうが、マイクロロン処理を行ったばかりで踏ん切りが付かず考えた答えが、短期間での1600km走行である。
とりあえず1600km走行すれば処理は完了のようなので、ばらさない部分だけでもマイクロロンの効果を維持しないかなぁと思ったわけである。


マイクロロンの効果かどうかはわかりませんが見ての通りの状態。
向かって左の斜め上の角から冷却水が漏れていました。

中2つのピストンはカーボンも付いていない状態で非常に綺麗です。
しかし、外2つがカーボンで汚れていて汚く洗浄が大変そうです。












ヘッドも見ての通りの状態。

矢印の穴が冷却水の通る道だそうで、ここから燃焼室と外に漏れていた模様。
そのせいでここだけ汚れているのだそうだ。
整備士さんの話ではヘッドの歪みも無く、バルブの状態を見る限りバラす必要も無いとのこと。
よって、洗浄した後このまま組むようです。
私としては、せっかくここまでバラしているのだからシートカット、ガイドうちかえ、バルブシール交換などもしたかったのだが、まだまだ整備ないといけない箇所があり、すべて整備士さんにおまかせします状態です。



ガスケットのゴミを洗浄した所。
この状態で組むようです。
少し残念ですがオーバーホールではなく、ガスケット交換になりました。
まぁ、足回りもリフレッシュしたし、ルーフモールも交換予定なのでしかたがないですね。

















Copyright(c)2006 My VolksWagen Jetta2 All rights reserved