Sozo Satake 〜創造佐竹〜

創造佐竹ホームページ

カウンター

■最新情報■   

新作 3気筒オッシャー

実車の6気筒のエンジン音を目標として3気筒のオッシャーを製作いたしました。

その結果、ギターエフェクターによる反響音を加えた状態での走行はF1のような音の仕上がりとなりました。

 https://www.youtube.com/watch?v=EacEfv8qMg8

  

 

3気筒エンジン部 

 

3気筒オッシャーのエンジンは、ボア径10o、ストローク7o、クランクピンは120°ごとに配置。

音の発生メカニズムは、排気側はver.2同様の弁方式、吸気側は初代オッシャーのピストンバルブ方式となっています。

 

排気管部 

 

3気筒オッシャーの排気管は、一部をシャーシ―フレームに這わせたことにより排気管を低く設置することができました。

 

エフェクトオッシャー

エフェクトオッシャーはギターエフェクターによって反響音を加え、野外でも響きのあるリアルな音を実現させようとするものです。

 

オッシャーのエンジン音は、走行させる環境によって響き方が異なります。室内では壁などによって音が反響しますが、屋外では反響が少ないために抜けた音になります。一方、実車の場合は爆音であるため、野外でも広範囲からの反響を得られることができ、音の響き方が大きく異なります。

そこでギターエフェクターを利用して反響音を発生させ、その中をオッシャーが走行することで、よりリアルなエンジン音を実現しました。

左の写真は排気管にFMワイヤレスマイクを装着した状態を示し、右の写真はギターエフェクター・携帯ラジオ・Bluetoothスピーカーをセットにしたものを示しています。

セットの種類はリバーブセット2個とディレイセット1個としています。


エフェクター設置例      

 

2種類のエフェクターの役割

@リバーブ

 残響音を発生させるもので、遠くの音を演出するのに効果的です。

Aディレイ

 繰り返し音を発生させるもので、比較的近くで反響している音を演出するのに効果的です。

 

 Bluetoothスピーカーは、送信時にわずかなタイムラグが発生するため、反響効果がより効果的になりました。

 

走行時は、リバーブセットを離れた場所へ設置し、ディレイセットは近くに置きます。

この状態で車を走行させると、オッシャーが遠くにある時は生音とリバーブ音(残響音)が混ざり、遠くでエンジン音が響いている音となり、近くに来るとディレイ音(繰り返し音)が響くようになります。

車が移動することで自然と2種類のエフェクター音が移行していくため、実車のような音の変化を演出することができます。

今回は、ディレイセットを操作者近くに、リバーブセットを左右に設置し、約60mの範囲をカバーしました。