扇観光株式会社 輸送安全マネジメントの取り組み

【輸送の安全に関わる情報公開】
平成18年10月より、運輸安全マネジメントの導入に伴う自動車運送事業関係法(道路運送法及び貨物自動車運送事業法)の一部を改正する法律が施行されました。
扇観光株式会社では、輸送安全マネジメントを確実に実施するため、「運輸安全マネジメント」の計画策定、輸送の安全にかかわる情報を公表し、下記の通り全社員一丸となり取り組んでまいります。


          運輸安全マネジメントの取り組み
                          平成29年 1月 吉日
                            扇観光株式会社
                          代表取締役 成川 邦彦

1.会社全体での基本方針並びに輸送の安全に関する当社の基本的な方針
  及び事故防止重点目標
扇観光 会社基本方針: 「もてなしの気持ち」
安全に関する基本方針: 「安全・安心は最大の顧客サービス」
  @ より安心・安全なバス会社を目指す
  A 輸送の安全の確保が事業経営の根幹である
  B 顧客に全面的な安心信頼を得る為の努力を惜しまない
  C 輸送の安全に関する情報は開示共有する
平成29年事故防止重点目標
 目標: 「自損事故根絶0件 手間を惜しまず安全確認を実行」

2.基本的な方針についての、社内への周知方法
  事務所・乗務員控室に掲示する。
3.基本的な方針に基づく、事故防止目標の達成状況(昨年)
  平成28年 残念ながら、バス部門は自損事故 タクシー部門は
  対物・自損事故が発生しました。
  事故件数については、前年と比べ、バス部門は、自損事故が増加(人身・対物事故は0件)
  タクシー部門においては、対物事故1件、自損事故1件で自損事故が大幅に減少しました。
4.目標達成のための計画
 ・安全運行に関する定期的な乗務員教育を計画実施し、意識の向上を図る。
 ・定期健康診断(年2回)や適正診断(初任・高齢乗務員)の結果に基づく対面個別指導の実施
 ・運転適正診断(一般診断)対象者全員の受診及びその結果に基づく対面個別指導の実施
 ・睡眠時無呼吸症候群(SAS)のスクリーニング検査の定期的な実施と結果に基づく対面指導の実施
 ・デジタルタコグラフ・ドライブレコーダー(2カメラタイプ)の両方を用いたデータ活用による
  安全運転の確認及び指導(全体・個別)並びに、結果に基づき指導者同乗での運転指導の実施
 ・安全性が向上した(衝突防止自動ブレーキ・ふらつき防止装置)最新車輌の導入
  (平成26年〜29年に連続導入)
 ・ヒヤリハットの情報収集・反映に活かす為、大小関わらず報告してもらうよう励行し、その情報を
  点呼時や教育時に全従業員への情報のフィードバックをし、防衛運転意識の向上を図る。
 ・定期的に、管理者による運転指導(適時)、接客指導(適時及び会社全体で年2回)を実施し
  安全運転・防衛運転に対する認識を深める。
 ・毎日、実行項目を定め、点呼者(運行管理者)が点呼時に、実行項目の遵守並びに
  それに伴う注意喚起を行う。
5.当社における安全に関する情報交換方法
 ・点呼時において、輸送の安全確保に関する情報交換と安全意識の向上に努める。
 ・定期的に輸送の安全確保に関する意見交換会を運転者等の参加のもとで開催し、
  改善点の有無を検証し、業務の改善を行い次の目標や計画に反映させます。
6.反省事項及び改善方法
  昨年は、タクシー部門の事故件数は大幅に減少いたしましたが、バス部門においては、
  自損事故が昨年に比べ増加しております。
  全従業員で猛省及び話し合いを昨年末実施いたしました。
  どういう背景で事故が起きたかを検証し、話し合い時に従業員全員で事故の
  原因を追求し、検証及び反省点を話し合い、検証の結果、空車時における車両回転時、
  バック時における確認ミスでの自損事故で車輌周囲の状況の把握不足による接触
  及び障害物の確認不十分と考えられました。
  手間をかけて確認をする事で防げることであり、自損事故根絶と手間をかけた安全確認を
  実施することを本年の目標に定め、全員で無事故・無違反に努める事を誓い、
  再発防止を努めると共に、お客様に対しても的確な応対・思いやる応対を日頃より
  心がける事を、全従業員で再確認いたしました。
7.自動車事故報告規則第2条に規定する事故(転覆、死傷者、火災等を伴う重大事故)
  に関する事故統計
  前年(平成27〜28年)の該当事故は0件でございます。

 運輸安全管理規定: 
 組織体制及び指揮命令系統: 

ご案内(Information)

扇観光バスは貸切バス事業者安全性評価認定制度認定事業者です。


【平成28年更新】
最高ランク三ツ星へ昇格
(初回認定より連続で80点以上の評価をいただいております)
制度概要はこちら