明樂寺住職朝倉信明です。

当山明樂寺は兵庫県三田市にあります浄土真宗本願寺派(西本願寺)のお寺です。

私たちはめまぐるしく、ゆとりのない毎日の中で、

それぞれの勤めに励み、幸せな人生を求めて生活しています。

しかし、常に不平、不満、不足、不安の中にあります。

この人生の悩みに応えてくれるものが、仏教です。

どうぞ寺院を訪ね、仏法のご縁に遇ってください。

仏事のご相談もお受けいたします。

明楽寺について
今月の法話
 
 
ー リンク ー
 
 
 
 
 
お知らせ特別永代経](「御璽(おんじ)」)

当山明樂寺は819日に「特別永代経」法要をお勤めします。

この法要は、「明樂寺」が建ったことを祝う法要です。

今から約200年前、文政(ぶんせい)2年4月12日に寺号「明樂寺」がご本願寺門主により、許可されました。

この許可書を「御璽(おんじ)」といいます。

同年819日に「御璽(おんじ)」が当山で披露されました。

寺院の創建を勘兵衛(かんべえ)さんが、ご本山に願い出てから一世紀後にやっと叶えられたのです。

当時の御先祖は大変な慶びだったことでしょう。

盛大にお祝いの法要をお勤めされたことだと思います。その慶びを伝えるため、毎年「特別永代経」をお勤めしてきました。この「特別永代経」を別名「御璽(おんじ)」といいます。

どうぞ、明樂寺「特別永代経法要」(「御璽(おんじ)」)にお参りください。

【書写会】

8月の書写会はお休みさせていただきます。



【念仏講】


7月23日(月)に念仏講をしました。

正信偈をお勤めして御文章「睡眠章」を皆さんと拝読しました。
その後、「夏の壁飾り第三弾」としてひまわりのリースを作りました。

リースに紙で作ったひまわりの花を糊付けガンでつけていきました。

皆さんなかなかの出来栄えです。

【明樂寺佛婦会】

7月11日(水)第三回の定例会をしました。

始めに「正信偈」をお勤めしました。
事務連絡、その後、昔のお斎を再現ということでお昼を兼ねて精進料理を頂きました。

朝から会館で料理をし、本堂に運びました。

昔のお斎は報恩講で出されました。「
シイタケは笠、ゴボウは杖、アブラアゲは袈裟、ヤマイモは石(聖人が寒夜、路傍の石を枕に寝られたという有名な伝説の、その石)です。そしてニンジンは、手足のアカギレの血。」

などの話をしながら頂きました。

懐かしいひと時でした。


【仏壮定例会】

7月2日(日)1930分より当山客殿で、第3回の仏壮定例会をしました。

会長さんの調聲で「讃仏偈」をお勤めしました。

その後、DVD「お坊さんは行く」で本願寺のお佛飯について学習をしました。

毎日10
升ものご飯を使うことに驚きました。

最後に“恩徳讃”を唱和して終わりました。

2018年行事予定
1月1日(月)元旦会 00時00分より本堂にて
1月2日(火)元旦会二日目 9時00分より本堂にて
1月9日(火)御正忌報恩講法要入り 19時30分より本堂にて
1月12日(金)御正忌報恩講法要中日 19時30分より本堂にて
1月14日(日)御正忌報恩講大逮夜法要 19時30分より本堂にて
3月18日(日)春彼岸入り法要 19時30分より本堂にて
3月21日(水)春彼岸中日法要 19時30分より本堂にて
3月24日(土)春彼岸結願法要 19時30分より本堂にて
3月28日(水)総永代経法要 昼座14時 夜座19時30分 本堂にて
6月10日(日)虫供養法要 20時00分 本堂にて
8月10日(金)別種永代経法要 14時00分 より本堂にて
8月14日(火)盂蘭盆会法要 14時00分より本堂にて
8月15日(水)平和の鐘つき  12時00分より境内鐘楼にて
8月19日(日)特別永代経法要 14時00分より本堂にて
9月21日(金)秋彼岸入り法要 20時00分より本堂にて
9月23日(日)秋彼岸中日法要 20時00分より本堂にて
9月26日(水)秋彼岸結願法要 20時00分より本堂にて
9月28日(金)お取り越し報恩講法要 昼座14時 夜座19時30分より本堂にて
12月31日(月)除夜の鐘撞き(かねつき) 23時より 境内鐘楼にて
 
 〒669-1346 
兵庫県三田市上相野1051

JR相野駅から三田黒石線を
西に進むと左手に明楽寺
の屋根が見えてきます。

ご質問などありましたら、
いつでもお電話下さい。

079-568-0602
FAX 079-568-0602

リンクリンク

newpage3.htmlへのリンク