コラム

社員の化学日記 −第75話 「石の上にも20分〜岩盤浴〜」−

10年ほど前から流行りだし,最近ではスーパー銭湯などでもよく見かけるようになった岩盤浴。

最近まで,「サウナと変わらんねんからわざわざお金払ってまでやらんやろ〜」とか「流行好きの女性が行ってるだけちゃうん」などと思っておりましが,今年に入って初めて行って依頼,すっかりハマってしまってます。

やってみて初めてわかる,あのならではの過ごし方が気に入ってしまいました。 サウナとは違いゆっくり,まったりできます。

では実際にサウナと岩盤浴では何が違うのでしょうか。Wikipediaでそれぞれを調べてみると,

■サウナ風呂(サウナぶろ),または単にサウナとは,湯を満たした浴槽に入るのではなく, 温度が非常に高い部屋に裸で入ることによって,汗をかく風呂。蒸し風呂のこと。

■岩盤浴(がんばんよく)とは,温めた天然石や岩石を加工したベッドの上で横になって汗をかくサウナ形式の風呂の一種で, 「お湯の要らないお風呂」などとも呼ばれている。

簡単に書くと部屋内の温度を上げ身体を温めるがサウナ風呂で,岩石を熱したときに出る遠赤外線を身体に照射して温めるのが岩盤浴。 もちろんサウナ風呂でも遠赤外線は多量に出てるでしょうが,部屋の温度と身体の温め方,この特徴が一番の違いだと思います。

他にも違いを挙げると,基本サウナ風呂はタオル一本ですが,岩盤浴では専用の着衣に着替えて,着衣のまま入ります。服を着るので,男女一緒に岩盤浴を利用できる店が多いです。

また,岩盤浴は基本的に岩盤の上に寝転がって温まります。そのため,に大きなバスタオルをもらって自分の寝る場所に敷きます。枕も置いてあり熱された岩盤で頭が熱くなることもありません。タオルは汗などの衛生面にも配慮してのモノでもあります。

施設によっては岩盤浴の部屋を何種類か置いてあり,温度や部屋の明るさ,アロマで香りがする部屋など,その時の気分で選べるようになっていて楽しいです。

サウナ上級者(?)の方はサウナから出てきてすぐに水風呂にダイブ!・・・というのがのがとても気持ちいいらしいのですが,岩盤浴では水風呂ではなくキンキンに冷房が効いた部屋で火照った体を冷やします。店によっては設置してないとこもありましたが,ある施設では雪を降らせていたり,擬似オーロラ(照明)で雰囲気を出したりしており,温めるだけじゃなく冷やす部屋にもいろいろこだわりが感じられます。

サウナが外側(室温)の熱で温めるのに対し,岩盤浴は内側(遠赤外線)で温められる,これによって汗のかき方も違うそうで,

・サウナは外側からの熱で温める方法=汗腺で汗をかく
・岩盤浴は遠赤外線により体内の深部から温められる=皮脂腺が開いて汗をかく

この皮脂腺を開くことが,今話題の言葉,デトックスに関係( デトックス=detox(=detoxification(解毒)=体内の毒素を排出,という意味ですが,) 毒素にもいろいろあります。体内で作られるものや,食事等で体内に取り込み,体内に蓄積するものもあります。

アンモニア,尿素などの毒素は尿等で排出されますが,体内に蓄積された重金属(水銀,カドミウム等)は脂肪に蓄積されているので尿からは出ないそうで,これは皮脂腺が開くことによって古い脂と一緒に排出されるらしいのです。

運動でも皮脂腺が開きますが,ランニングで約30辧ぅ┘ササイズで約2時間も運動しないと開かないらしいです。 この話については,会社で分析を行って実証をしてみたいところです。

私が一番気に入っているのはゆっくりできることです。 岩盤浴では身体を温めて(20分ほど入る),冷まして,温めて,冷まして,の流れなので出たり入ったりしますが,その途中でゆっくり横になったり座ったりして休憩できるスペースがあります。リクライニングチェア,畳,マット等が置いてあり,テレビや新聞,雑誌や漫画等も置いてあるところもあるので,とてもダラダラできます。

利用者は女性ばかりと思っていましたが,カップルで利用してたり(岩盤浴デートなる言葉があるらしいです...),男だけグループや,中には男の人1人で利用されている方も見かけます。

リフレッシュしたい方は週末や休みの日に利用してみてはいかがでしょうか? あ,汗で水分を失うので水分補給をしっかり行いましょう!

【栗林】

次のコラムへ>>

<<前のコラムへ

▲このページのtopへ