28MHz 基本波発振 2石 CW 送信機の製作

海のかざり

2018/11/21
Last update : 2019/6/8

花のアニメ28MHz 基本波発振 2石 CW 送信機 の概要

28MHz 基本波発振 2石 CW 送信機を製作しました(2018年8月完成)。
「トランジスタ2個で地球の裏側に電波が届くか?」をテーマにしています(後述)。

28MHz 基本波発振 2石 CW 送信機

28MHz 基本波発振 2石 CW 送信機
(アルミケースはテイシン TC-111。廃番になったのが残念)

製作のきっかけは、米国の QRPme のウェブサイト で、基本波発振と明示された 28.060MHz 水晶振動子を見つけたことです。これなら「あゆ」の基板に組めば、VXO にして、フィルタもローパスだけでよく、簡単に 28MHz CW 送信機が作れます。「あゆ」は、JF1RNR 今井 OM が設計され、CQ誌 2009年7月号に「7MHz CW 送信機」として掲載、基板が付録していたので、製作された方も多いと思います(現在でもマルツからキットが売られています)。「あゆ」の詳細はこちら

主役の 28.060MHz 基本波発振 水晶振動子

主役の 28.060MHz 基本波発振 水晶振動子
(手前のトランジスタは 2SC1906)

文字は、インクジェットプリンタ(染料)を用い、A-one フィルムラベルシール[インクジェット] ツヤ消しフィルム・透明 A4サイズ 品番 N28793 に印刷して貼りました。1回失敗しましたが、次からきれいに貼れました。

28MHz 基本波発振 2石 CW 送信機 フロントパネル 28MHz 基本波発振 2石 CW 送信機 リアパネル

28MHz 基本波発振 2石 CW 送信機 フロントパネル(左)とリアパネル(右)
(「ACC」はアクセサリの意味。今のところ未使用。)


花のアニメ今回の製作概要

28MHz 基本波発振 2石 CW 送信機 内部

28MHz 基本波発振 2石 CW 送信機 内部
(右下がブースタ増設用スペース。放熱器用の穴もあけた)
(2個の半固定抵抗は出力セット用)

オリジナルの「あゆ」のトランジスタは、2個とも 2SC1815 ですが、本機は周波数が高く、次項を意識して出力も少しアップしたかったので、2SC1906、2SC2053 に交換し、2個のトロイダルコイルの巻き方も変え、出力500mWにしました。具体的には、発振段とファイナルとの間のコイルは FT-37#43 バイファイラ 8T としました。オリジナルの「あゆ」で使用されている 220pF と 100Ωは不使用。0.01μF 使用。今井OM にお見せしたところ、この部分は「(FCZ コイルなどを使って、)同調回路にした方が良い」とアドバイスを頂きました。
ファイナルのコレクタに接続されるコイルは、FT-37#43 10T としました(バイファイラ巻きではない)。

VXO 用コイル ファイナル 2SC2053

VXO 用コイル(左)とファイナル 2SC2053 (右)
(右下が増設した 'FREQ-mite'、スピーカも増設したもの)

発振回路は VXO にし、DX の周波数と国内コンテストの周波数を確保したかったので、大小のコイルを切り替えて、表の範囲を確保しました(「大」は FCZ コイルを両方使用、「小」は 7S25 だけ使用)。

VXOコイル 周波数可変範囲(例) 備考
FCZ 7S25+FCZ 7S14
(1.76〜4.1μH)
27.9989〜28.0465 MHz ←現状設定値(LOW)
FCZ 7S25
(0.84〜1.7μH)
28.0500〜28.0576 MHz ←現状設定値(HIGH)

ファイナルの後のローパスフィルタは、オリジナルの「あゆ」は2段なのですが、もう1段追加し3段にしました。
リレーを使ってフルブレークインにしました。


花のアニメ交信状況など〜トランジスタ2個で地球の裏側に電波が届くか?

交信実績はまだ 1 回です(2019/6/8現在)。

小生の QRP (5W以下)での地球の裏側(10,000km以上)との交信実績は 139回(南米が89%)で、JT65 などディジタルモードを除くと(SSB、CW) 86回になります。ただし、出力 1W となると、21MHz CW の2回だけです(ちなみにトランジスタ4個の送信機使用)。また、8,000km 程度なのですが、7MHz CW 300mW (これは2石)で米国と3回交信しています。以上の状況より、電波伝搬が良ければ、28MHz CW 500mW は可能性があると考えています。いつ伝搬が良くなるのか、気の長い話です。


花のアニメハムフェア2018での展示

2018/8/25〜26 に開催されたハムフェア2018 の JARL QRP CLUB ブースで実物を展示しました。
ブースにお越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

28MHz 基本波発振 2石CW送信機

ハムフェア2018 の JARL QRP CLUB ブースで展示した、28MHz 基本波発振 2石 CW 送信機
(中が見えるよう、上部と左右をアクリル板(厚さ 1mm)にしている)
(掲示した説明文はこちら(PDF)です。)


BACK   TOP   NEXT

Copyright (C) 2018-2019 by MATSUMOTO Koichi, JN3DMJ