大阪市西区のほりかわ泌尿器科は、おしっこの専門医です。おしっこがもれる(尿失禁)、回数が多い(頻尿)、出にくい(排尿困難)、血がまじる(血尿)、膿が出る(炎症)、痛い(炎症や結石)などでお困りの方は受診をお薦めします。
 ほりかわ泌尿器科では、前立腺癌検診や尿失禁にも積極的に取り組んでいます。前立腺癌は早期発見が大事です。50歳を過ぎたら一度専門医の診察を受けましょう。また、尿失禁は治療することができる病気です。恥ずかしがらず、あきらめないで相談してください。

お知らせ

インフルエンザウイルスやノロウイルス感染のニュースが流れるようになって来ました。
手洗い、うがいを徹底させましょう。外出時のマスクの着用も有効です。しっかり実施しましょう。
当院ではインフルエンザワクチンの接種を行っています。
ご希望される方は一度電話でお問い合わせください。
問い合わせ番号 TEL:06-7493-6717
 
【健康チェックの日】 ~ワンコイン(500円)で健康チェック(予約制)~
当院では500円で健康チェックを行っています。 
内容は

 
1. 身長・体重・腹囲 生活習慣病のチェックはここから・・・。
2. 肥満度指数
   体脂肪率・BMI 
身長・体重をもとに算出します。
体重計に乗るだけで簡易値がわかります。
3. 血 圧 高血圧や低血圧がないかどうかのチェックをします。
心臓、血管の病気や脳梗塞、脳出血、めまい、立ちくらみの原因を探ります。
4. 酸素飽和度 血液中の酸素の量を測ります。肺の病気がないかどうかを見る指標になります。
5. 血糖値 血液中の糖の量を測ります。糖尿病のチェックに必須です。
6. 検 尿 おしっこの中のたんぱく、糖分、潜血の反応を見ます。
腎臓病、糖尿病、尿路の悪性腫瘍や結石を見つけるきっかけになります。
7. 心電図 心臓の動きをチェックします。不整脈や心筋梗塞、狭心症の兆候がないかどうか調べます。
ご希望の方は TEL : 06-7493-6717 ほりかわ泌尿器科までお問い合わせください。

 
≪水曜日と木曜日の診療時間が変わります≫
水曜日:午後診の時間が17時30分からとなります。
木曜日:午前診が休診となります。
  


 診療時間のご案内

 

診 療 時 間
8:30 ~ 12:00(初診受付は11:30まで)
17:00 ~ 20:00(初診受付は19:30まで)
※水曜日の午後診は受付共に17時30分からになります。
土曜日の午後、日曜、年末年始は休診いたします。
    
診療時間は午前診8時半から12時、夕診17時から20時と、地域の方々が受診しやすい時間帯です。
ご要望があれば、往診、在宅診療にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。また、それ以外の時間でも可能な限り皆様の
ご要望にお答えするため、時間外でも携帯電話(院長直通)でご相談をお受けするシステムになっております。
時間外院長直通電話:080-1503-7889。ぜひご利用下さい。

 
立春 立春とは、初めて春の兆しが現れてくるころのこと。この季節から数えて最初に吹く南よりの強い風が春一番です。
 
2月4日から8日ごろ(立春 初候)
    
 東風凍を解く(とうふうこおりをとく)
 暖かい春風が吹いて、川や湖の氷が解け出すころ。旧暦の七十二候では、この季節から新年がはじまります。
 立春の つぶやく息の 白さかな
 
節分
 今年の節分は2月3日です。節分とは季節の変わり目である「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日のことをいいますが、春を迎えることは新年を迎えることに等しいくらい大切であったため節分といえば立春の前日をさすようになりました。季節の変わり目は邪気が入りやすいと考えられており、新しい年を迎える前に邪気を払って福を呼び込むため、宮中では追難(ついな)という行事が行われ、そのうちのひとつの豆打ちの名残が豆まきになったと言われています。  
「鬼(おに)」は「陰(おん)」に由来し、「陰(おん)」は目に見えない気、すなわち邪気のことをさします。また、隠れている怖いものとして「隠人(おんにん)」が「鬼(おに)」変化したとも言われ、目に見えない力による災害、病、飢饉など人間の想像を超えた恐ろしい出来事は鬼の仕業とされたのです。鬼が住むのは鬼門である丑寅の方角なので、鬼は牛(丑)の角と虎(寅)の牙を持ち、虎の皮のふんどしをしているのです。
ところで、なぜ豆まきなのでしょう?大豆は五穀のひとつで穀霊が宿るとされています。米よりも粒が大きく、穀霊で悪霊を祓うのに最適であり、魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけて魔を滅する(魔滅=まめ)に通じるといわれています。また、炒り豆が使われるのは、拾い忘れた生の豆から芽が出ると縁起が悪いとされ、「炒る」が「射る」に通じて「魔目」を「射る」ことになるからです。          
最近、関西発祥として巻き寿司を恵方を向いてかぶりつくという風習が全国に広まっています。恵方は十干という暦に基づいて決められているそうです。今年の恵方は南南東です。 私の小さいころにはなかったように思うのですが・・・いつごろからですかねえ? まあ、お寿司も美味しいし、ここは黙ってぱくつきましょう。
 
2月9日から13日ごろ(立春 次候)
 
 黄鶯なく(うぐいすなく)
 春の到来を告げる鶯が、美しい鳴き声を響かせるころ。
 かつては梅の咲く季節「梅花乃芳し(うめのはなのかんばし)」とも呼ばれていました
 節分や 追われた鬼の 寂しさや
 
2月14日から18日ごろ(立春 末候)
 
 魚氷に上がる(うおこおりにあがる)
 暖かくなって湖の氷が割れ、魚が跳ね上がるころ。そんな春先の薄く張った氷のことを、薄氷(うすらい)と呼んでいます。
 霜柱 悪餓鬼どもに 蹴散らされ
 
バレンタインデー
 さあ、今年もこの日がやってきますね。一時の隆盛は影を潜めましたがチョコレート業界ではとっても大事な日ですよね。まあ、今宮戎神社でいえば十日戎ってとこでしょうか。でも、バレンタインデーってそもそもどんな日なんでしょうか?その起源は諸説あるようです。ローマ帝国時代、2月14日は女神ユノの祝日でした。ユノはすべての女神の女王であり、家庭と結婚の女神です。2月15日は豊年を祈願するルペルカリア祭の始まる日でした。前日の2月14日、当時の若い娘たちは自分の名前を書いた札を桶の中に入れ、翌15日、若い男たちは桶から札を一枚引きました。その札に書かれた娘と祭りの間、パートナーとして一緒に過ごすことになっていました。そしてそのまま、多くの若い男女は恋に落ち結婚することになったのです。
このような風習の中、ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、「愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がる」という理由で、兵士の婚姻を禁止していました。キリスト教司祭だったヴァレンティヌス(バレンタイン)は秘密裡に兵士を結婚させましたが、クラウディウス2世の知るところとなり捕らえられ処刑されることになりました。処刑の日はユノの祭日であり、ルベルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれました。そして、ヴァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄として処刑されました。
このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論だそうです。ロマンチックですが、かなり血なまぐさい物語ですよね。
起源は起源として世の男性諸君、期待しようではありませんか!
 
雨水 雨水とは、降る雪が雨へと変わり、氷が解け出すころのこと。
   昔からこの季節は農耕の準備をはじめる目安とされてきました。
 
2月19日から23日ごろ(雨水 初候)
 
 土脈潤い起こる(どみゃくうるおいおこる)
 早春の暖かな雨が降り注ぎ、大地がうるおいめざめるころ。
 古くは「獺魚を祭る(かわうそうおをまつる)」という不思議な季節とされていました
 夜の雪 ふわふわふわり 綿帽子
 
2月24日から2月28日ごろ(雨水 次候)
 
 霞始めてたなびく(かすみはじめてたなびく)
 春霞がたなびき、山野の情景に趣が加わるころ。遠くかすかな眺めが、ほのかに現れては消える移ろいの季節。
 寝入りばな 火の用心に 耳澄まし
 
3月1日から3月4日ごろ(雨水 末候)
 
 草木萌え動く(そうもくもえうごく)
 しだいにやわらぐ陽光の下、草木が芽吹き出すころ。冬の間に蓄えていた生命の息吹が外へ現れはじめる季節。
 殻はぜて 逃げ回りつつ 牡蠣食らう

2月の壁きり絵のテーマはバレンタインデーです。
大きなハートにI love youの文字・・・。
最近は意中の男性よりは普段がんばっている自分や大切な友達に高価なチョコやお菓子をプレゼントするらしいですね。
自分もいいけどやっぱり好きな人にプレゼントするのがロマンチックですよね。