大阪市西区のほりかわ泌尿器科は、おしっこの専門医です。おしっこがもれる(尿失禁)、回数が多い(頻尿)、出にくい(排尿困難)、血がまじる(血尿)、膿が出る(炎症)、痛い(炎症や結石)などでお困りの方は受診をお薦めします。
 ほりかわ泌尿器科では、前立腺癌検診や尿失禁にも積極的に取り組んでいます。前立腺癌は早期発見が大事です。50歳を過ぎたら一度専門医の診察を受けましょう。また、尿失禁は治療することができる病気です。恥ずかしがらず、あきらめないで相談してください。

お知らせ

 
【健康チェックの日】 ~ワンコイン(500円)で健康チェック(予約制)~
当院では500円で健康チェックを行っています。 
内容は

 
1. 身長・体重・腹囲 生活習慣病のチェックはここから・・・。
2. 肥満度指数
   体脂肪率・BMI 
身長・体重をもとに算出します。
体重計に乗るだけで簡易値がわかります。
3. 血 圧 高血圧や低血圧がないかどうかのチェックをします。
心臓、血管の病気や脳梗塞、脳出血、めまい、立ちくらみの原因を探ります。
4. 酸素飽和度 血液中の酸素の量を測ります。肺の病気がないかどうかを見る指標になります。
5. 血糖値 血液中の糖の量を測ります。糖尿病のチェックに必須です。
6. 検 尿 おしっこの中のたんぱく、糖分、潜血の反応を見ます。
腎臓病、糖尿病、尿路の悪性腫瘍や結石を見つけるきっかけになります。
7. 心電図 心臓の動きをチェックします。不整脈や心筋梗塞、狭心症の兆候がないかどうか調べます。
ご希望の方は TEL : 06-7493-6717 ほりかわ泌尿器科までお問い合わせください。

  


 診療時間のご案内

 

診 療 時 間
8:30 ~ 12:00(初診受付は11:30まで)
17:00 ~ 20:00(初診受付は19:30まで)
土曜日の午後、日曜、年末年始は休診いたします。
    
診療時間は午前診8時半から12時、夕診17時から20時と、地域の方々が受診しやすい時間帯です。
ご要望があれば、往診、在宅診療にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。また、それ以外の時間でも可能な限り皆様の
ご要望にお答えするため、時間外でも携帯電話(院長直通)でご相談をお受けするシステムになっております。
時間外院長直通電話:080-1503-7889。ぜひご利用下さい。

白露 白露とは、大気が冷えてきて露を結ぶころのこと。
   ようやく残暑が引いていき、本格的に秋が訪れてきます。
 
 9月7日から11日ごろ(白露 初候)
 
   草露白し(くさのつゆしろし)
      
  草に降りた露が白く光って見えるころ。朝夕の涼しさが、くっきりと際立ってきます。
      
  ハルカスを 見上げてたかし いわし雲
 
重陽の節句
 九月九日は重陽の節句。菊の節句で、長寿を祈る日です。昔は旧暦で数えたので、ちょうど菊の花盛りでしたが、新暦のこの時期は、菊にはちょっと早いかも。平安の時代、宮中では菊を飾って鑑賞したり、盃に菊の花びらを浮かべて酒を飲んだり詩歌を詠み合ったりと雅に過ごしたといいます。また、さらに昔には収穫祭の意味合いの濃い行事で、栗の節句と呼ばれ、栗ごはんなどで祝い、感謝を捧げたともいわれます。
 
 9月12日から16日ごろ(白露 次候)
 
 鶺鴒鳴く(せきれいなく)
 
  鶺鴒が鳴きはじめること。イザナギとイザナミに男女の交わりを教えたことから、恋教え鳥と。
 
  団子添え 兎喜ぶ 月明かり
 
鶺鴒(せきれい)
 チチィ、チチィと鳴く、尾の長い小鳥が鶺鴒の一種、白鶺鴒。歩くときに尾を上下に振りながら地面を叩くようにする仕草は、石たたきと呼ばれます。鶺鴒は日本書紀にも登場するというからおどろきです。尾を振るようすを男女の交わりに見立てたのか、イザナギとイザナミが契りを交わそうとしたとき、その仕方を教えたのが鶺鴒でした。小鳥の尾を振る動きで、神さまたちはピンときたのでした。
 
 9月17日から21日ごろ(白露 末候)
 
 玄鳥去る(つばめさる)
 
  つばめが南に帰るころ。春先に訪れた渡り鳥と、しばしの別れです。
  
  賢治忌や はるか銀河に 夢かける
 
空の日
 九月二十日は、空の日。1911年(明治44年)のこの日、国産の飛行船が東京上空一周飛行に成功しました。開発したのは、山田猪三郎という日本航空界のパイオニア。山田式飛行船が初めて自由飛行したのは、前年の1910年。ライト兄弟の初フライトからわずか七年後のことでした。
 
秋分  春分と同じく昼夜の長さが同じになる日のこと。
    これからしだいに日が短くなり、秋が深まっていきます。
 
 9月22日から27日ごろ(秋分 初候)
 
 雷乃声を収む(かみなりこえをおさむ)
 
 夕立に伴う雷が鳴らなくなるころ。入道雲から鰯雲へ、秋の空が晴れ渡ります。
 
 霧雨は 森と林の 子守歌
 
秋分の日
 一日のうち、昼と夜の長さがぴったり同じになるのが春分と秋分。お彼岸というのは、もともと仏教のことばで、先祖供養の日とされます。また、日本では古くから農事としての意味合いも秋分の日には込めれれています。 豊作を祝い、感謝を捧げ、田の神さまを祀る儀式がこのころに。
 
 9月28日から10月2日ごろ(秋分 次候)
 
 蟄虫戸をとざす(すごもりのむしとをとざす)
 
   虫が隠れて戸をふさぐころ。土の中へ巣ごもりの仕度をはじめます。
 
   蔵開き 友待ちきれず あらばしり
 
 10月3日から7日ごろ(秋分 末候)
 
 水始めて涸る(みずはじめてかれる)
 
 田から水を抜き、稲刈りに取りかかるころ。たわわに実った稲穂の、収穫の秋まっただなかです。
     
 澄み渡る 水面に映る あきあかね
 
中秋の名月
 旧暦八月十五日の満月は、中秋の名月。またちょうど里芋の収穫の時期に当たり、芋名月と呼び、豊作への感謝を込めて芋をお供えするならわしも。満月の前後の呼び名は、十三夜、小望月、十五夜、十六夜、立待月、居待月、寝待月、更待月と。一夜一夜の月に名をつけるほど、月が身近に、愛でたい存在としてあったのでしょう。また、十五夜が雲に隠れて見えないことを無月、雨が降ることを雨月と、雲の向こうの満月を呼びならわしました。
    
 今年の中秋の名月は九月十三日です。晴れるといいですね。

6月の壁きり絵のテーマは”雨を楽しもう”です。
 
あめあめふれふれかあさんがぁ~ じゃのめでおむかえうれしいなぁ~ ぴっちぴっちちゃっぷちゃっぷらん・らん・らんっ!!
 
6月は雨の季節・・・。そう、梅雨ですよね。
じめじめ、じとじと・・・かびも生えたりして・・・外で遊べないし・・・。
いやなイメージしかない季節ですが・・・少し目を凝らして・・・耳を澄ましてみましょう・・・。
雨が地面にはね返る音・・・雨が窓をたたく音・・・。   激しい音・・・静かさをさらに増す音・・・。
げろげろかえるたちが鳴く声・・・草木がぐんぐん伸びる音・・・。
苗が田んぼの水を吸う音・・・あじさいの花びらがそっとひらく音・・・。
いろんな音が聞こえるに違いありません。
 
雨の日はそっと耳を澄ましてみましょう。