大阪市西区のほりかわ泌尿器科は、おしっこの専門医です。おしっこがもれる(尿失禁)、回数が多い(頻尿)、出にくい(排尿困難)、血がまじる(血尿)、膿が出る(炎症)、痛い(炎症や結石)などでお困りの方は受診をお薦めします。
 ほりかわ泌尿器科では、前立腺癌検診や尿失禁にも積極的に取り組んでいます。前立腺癌は早期発見が大事です。50歳を過ぎたら一度専門医の診察を受けましょう。また、尿失禁は治療することができる病気です。恥ずかしがらず、あきらめないで相談してください。

お知らせ

 
【健康チェックの日】 ~ワンコイン(500円)で健康チェック(予約制)~
当院では500円で健康チェックを行っています。 
内容は

 
1. 身長・体重・腹囲 生活習慣病のチェックはここから・・・。
2. 肥満度指数
   体脂肪率・BMI 
身長・体重をもとに算出します。
体重計に乗るだけで簡易値がわかります。
3. 血 圧 高血圧や低血圧がないかどうかのチェックをします。
心臓、血管の病気や脳梗塞、脳出血、めまい、立ちくらみの原因を探ります。
4. 酸素飽和度 血液中の酸素の量を測ります。肺の病気がないかどうかを見る指標になります。
5. 血糖値 血液中の糖の量を測ります。糖尿病のチェックに必須です。
6. 検 尿 おしっこの中のたんぱく、糖分、潜血の反応を見ます。
腎臓病、糖尿病、尿路の悪性腫瘍や結石を見つけるきっかけになります。
7. 心電図 心臓の動きをチェックします。不整脈や心筋梗塞、狭心症の兆候がないかどうか調べます。
ご希望の方は TEL : 06-7493-6717 ほりかわ泌尿器科までお問い合わせください。

  


 診療時間のご案内

 

診 療 時 間
8:30 ~ 12:00(初診受付は11:30まで)
17:00 ~ 20:00(初診受付は19:30まで)
土曜日の午後、日曜、年末年始は休診いたします。
    
診療時間は午前診8時半から12時、夕診17時から20時と、地域の方々が受診しやすい時間帯です。
ご要望があれば、往診、在宅診療にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。また、それ以外の時間でも可能な限り皆様の
ご要望にお答えするため、時間外でも携帯電話(院長直通)でご相談をお受けするシステムになっております。
時間外院長直通電話:080-1503-7889。ぜひご利用下さい。

正月
 正月とは本来、その年の豊穣を司る歳神様をお迎えする行事であり、1月の別名です。
 正月は家に歳神様をお迎えし、祝う行事です。歳神とは1年の初めにやってきて、その年の作物が豊かに実るように、また、家族みんなが元気で暮らせる約束をしてくれる神様です。
 正月に門松や注連飾り、鏡餅を飾ったりするのは、すべて歳神様を心から歓迎するための準備です。そもそも、私たちの祖先は全てのものには命がありなんらかの意味があると考えていました。作物の生命と人間の生命はもともとひとつのものであり、人間が死ぬとその魂はこの世とは別の世界に行き、ある一定の期間が過ぎると個人の区別がなくなり、祖霊という大きな集団、いわゆるご先祖様になると信じられていました。この祖霊が春になると田の神に、秋が終わると山へ帰って山の神に、そして正月には歳神になって子孫の繁栄を見守ってくれているのだと言います。
 
小寒
 小寒とは、寒さが極まるやや手前のころのこと。寒の入りを迎え、立春になる寒の明けまでの約一ヶ月が寒の内です。
 
1月5日から9日ごろ(小寒 初候)
  芹乃栄う(せりさかう)
 
  芹がすくすくと群れ生えてくるころ。春の七草のひとつで、七日には七草粥をいただきます。
  散りて尚 庭に燃え咲く 寒椿
 
春の七草
 春の七草は、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな(蕪)、すずしろ(大根)。 五節句のひとつにあたる一月七日の人日に、今年も健康でありますようにと願って、七草粥をいただきます。
 
1月10日から14日ごろ(小寒 次候)
  水泉動く(すいせんうごく)
 
   地中では凍っていた泉が動きはじめるころ。十日まで供えた鏡餅は、十一日に鏡開きをします。
  練炭を 熾して赤し 暗き朝
 
鏡開き
 一月十一日は鏡開き。歳神様に供えたお下がりとして、木槌や手で鏡餅を割っていただきます。餅を食べると力持ちになるからと、もともとは武家の風習だったとか。
 
1月15日から19日ごろ(小寒 末候)
  雉始めてなく(きじはじめてなく)
 
  雉のオスが、メスに恋して鳴きはじめるころ。小正月は十五日、正月納めもそろそろです。
  床に入り 足は行火に 届きたり
 
小正月
 一月一日を大正月、十五日を小正月といい、旧暦ではちょうど満月を迎えます。新年最初の満月の日に、正月を祝っていたのです。なので本来はこの日までが松の内。
 小正月には小豆粥を食べる慣わしがありますが、小豆粥はお米と小豆を炊き込んだ、晴れの日の食べ物。平安時代の宮中では、小正月に米、小豆、粟、ごま、黍、稗、ムツオレグサの七草粥を食べたそうです。正月中も忙しく働いた女性たちがやっとひと息つけるこらだから、女正月とも呼ばれます。
 
大寒
 大寒とは、一年でもっとも寒さが厳しいころのこと。日がしだいに長くなり、春へ向かう時期でもあります。
 
1月20日から24日ごろ(大寒 初候)
 ふきのとう華さく(ふきのとうはなさく)
 
 蕗の花が咲きはじめるころ。凍てつく地の下で、春の支度が着々と進みます。
 冬晴れに 山堂々と 空気澄む
 
1月25日から1月29日ごろ(大寒 次候)
 水沢腹く堅し(みずさわあつくかたし)
 
 沢の水が厚く張りつめるころ。日本の最低気温マイナス四十一度(明治三十五年一月二十五日 旭川市で記録。)は、この時期に。
 頭から 布団をかぶる 虎落笛(もがりぶえ)
 
1月30日から2月3日ごろ(大寒 末候)
 鶏始めて乳す(にわとりはじめてにゅうす)
 
   鶏が卵を産みはじめるころ。かって鶏の産卵期は、春から夏にかけてでした。
 湯たんぽを 猫に取られて くしゃみする

11月の壁きり絵は秋の里山です。
 
赤や黄色に色づいた木々の葉がまるで錦のようです。
きのこやりんご、洋ナシ、ぶどうなどの森の恵みがたくさん見られます。
 
昨今は地球温暖化の影響で季節がどんどん遅れてきているようです。
また寒暖差が少なくなってくると紅葉の色づきも悪くなるようですね。
19世紀の米国の思想家ヘンリー・D・ソローは1863年の著書「生き方の原則」で
「私たちの生活のあり方を見直そう」と呼びかけています。
なんと150年前から地球の未来に危機感を持っていたんですね。
 
以来、人類は豊かさにかまけて地球環境を見直さずに発展してきたのではないでしょうか?
 
美しい里山の風景はいつまでも残っていて欲しいですよね。