大阪市西区のほりかわ泌尿器科は、おしっこの専門医です。おしっこがもれる(尿失禁)、回数が多い(頻尿)、出にくい(排尿困難)、血がまじる(血尿)、膿が出る(炎症)、痛い(炎症や結石)などでお困りの方は受診をお薦めします。
 ほりかわ泌尿器科では、前立腺癌検診や尿失禁にも積極的に取り組んでいます。前立腺癌は早期発見が大事です。50歳を過ぎたら一度専門医の診察を受けましょう。また、尿失禁は治療することができる病気です。恥ずかしがらず、あきらめないで相談してください。

お知らせ

 
【健康チェックの日】 ~ワンコイン(500円)で健康チェック(予約制)~
当院では500円で健康チェックを行っています。 
内容は

 
1. 身長・体重・腹囲 生活習慣病のチェックはここから・・・。
2. 肥満度指数
   体脂肪率・BMI 
身長・体重をもとに算出します。
体重計に乗るだけで簡易値がわかります。
3. 血 圧 高血圧や低血圧がないかどうかのチェックをします。
心臓、血管の病気や脳梗塞、脳出血、めまい、立ちくらみの原因を探ります。
4. 酸素飽和度 血液中の酸素の量を測ります。肺の病気がないかどうかを見る指標になります。
5. 血糖値 血液中の糖の量を測ります。糖尿病のチェックに必須です。
6. 検 尿 おしっこの中のたんぱく、糖分、潜血の反応を見ます。
腎臓病、糖尿病、尿路の悪性腫瘍や結石を見つけるきっかけになります。
7. 心電図 心臓の動きをチェックします。不整脈や心筋梗塞、狭心症の兆候がないかどうか調べます。
ご希望の方は TEL : 06-7493-6717 ほりかわ泌尿器科までお問い合わせください。

  


 診療時間のご案内

 

診 療 時 間
8:30 ~ 12:00(初診受付は11:30まで)
17:00 ~ 20:00(初診受付は19:30まで)
土曜日の午後、日曜、年末年始は休診いたします。
    
診療時間は午前診8時半から12時、夕診17時から20時と、地域の方々が受診しやすい時間帯です。
ご要望があれば、往診、在宅診療にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。また、それ以外の時間でも可能な限り皆様の
ご要望にお答えするため、時間外でも携帯電話(院長直通)でご相談をお受けするシステムになっております。
時間外院長直通電話:080-1503-7889。ぜひご利用下さい。

霜降
 朝夕にぐっと冷え込み、霜が降りることのこと。初めは山のほうで、十二月に入ると平野にも霜がやってきます。
 
11月2日から6日ごろ(霜降 末候)
 
   楓蔦黄なり(もみじつたきなり)
 
  紅葉や蔦が色づくころ。草木が黄や紅に染まることを、もみつといったのが語源だそう。       
 
  桐一葉 一葉一葉に 秋は来ぬ
 
こたつ開きの日
 江戸時代には、こたつを出すのは、旧暦十月の初亥の日と決まっていました。十月は亥の月で、亥は五行では火を司る水の気とされています。火事が多かった江戸の世では、亥の月の亥の日にこたつ開きをすれば、その冬は火事にならずに済む、という縁起担ぎのような言いならわしがあったとか。今年の亥の月の初亥の日は11月10日のようです。この頃ってすでにかなり寒いですよね。早めに出したほうがいいかも・・・。
 
立冬
 立冬とは、冬の気配が山にも里にも感じられてくるころのこと。木々の葉が落ち、冷たい風が吹き、冬枯れのようすが目立ってきます。
 
11月7日から11日ごろ(立冬 初候)
 
   山茶始めて開く(つばきはじめてひらく)
 
  山茶花(さざんか)の花が咲きはじめるころ。
  候には「つばき」とありますが、ツバキ科の山茶花をいいます。
 
  水澄みて 鏡の如く 山写る
 
鍋の日
 11月7日は鍋の日です。い(一) い(一) 鍋(七)にちなみ、だしにこだわるヤマキ株式会社が2001年に制定したことに始まります。日本は鍋王国ですよね。北海道の石狩鍋、秋田のきりたんぽ、福島のあんこう鍋、東京の柳川鍋、京都の湯豆腐、池田のしし鍋、大阪のてっちり、福岡の水炊き、モツ鍋、鹿児島のぼっけ鍋などあげればきりがありません。みんなでわいわいつつく鍋は冬の楽しみの一つですね。
 
11月12日から16日ごろ(立冬 次候)
 
 地始めて凍る(ちはじめてこおる)
 
  地が凍りはじめるころ。霜が降り、氷が張り、季節は冬を迎えます。
 
  ぬる燗と さんまのわたで 夜が更けて
 
11月17日から21日ごろ(立冬 末候)
 
 金せん香し(きんせんこうばし)
 
  水仙の花が咲き、かぐわしい香りが漂うころ。金せんとは金色の杯を意味し、黄色い冠をいただく水仙の別名です。
 
  わが席に ドンとまします こたつ猫
 
小雪
 寒さが進み、そろそろ雪がふりはじめるころのこと。とはいえ雪はまださほど大きくなく、さむさもそこまでではありません。
 
11月22日から26日ごろ(小雪 初候)
 
  虹蔵れて見えず(にじかくれてみえず)
 
  虹をみかけることが少なくなるころ。北陸では、冬季雷と呼ばれる雷が増してきます。    
  秋刀魚焼く 隣の庭の 煙染む
 
 11月23日の勤労感謝の日は、もともと秋の収穫に感謝を捧げる新嘗祭の祭日でした。その年に収穫された新米や新酒を、天地の神様に捧げます。一説には飛鳥時代からとも言われるほど、古くからある行事で、いまでも宮中や伊勢神宮などの神社で行われています。今年は新天皇が即位されて初めての新嘗祭・・・大嘗祭ですね。パレードも美しかったのできっと素晴らしい祭式になるでしょう。
 
11月27日から12月1日ごろ(小雪 次候)
 
 朔風葉を払う(さくふうをはらう)
 
  冷たい北風が、木々の葉を払い落とすころ。朔風の朔とは北という意味で、木枯らしのことです。
 
  道行て 襟かきあわす 暮れの秋

11月の壁きり絵は秋の里山です。
 
赤や黄色に色づいた木々の葉がまるで錦のようです。
きのこやりんご、洋ナシ、ぶどうなどの森の恵みがたくさん見られます。
 
昨今は地球温暖化の影響で季節がどんどん遅れてきているようです。
また寒暖差が少なくなってくると紅葉の色づきも悪くなるようですね。
19世紀の米国の思想家ヘンリー・D・ソローは1863年の著書「生き方の原則」で
「私たちの生活のあり方を見直そう」と呼びかけています。
なんと150年前から地球の未来に危機感を持っていたんですね。
 
以来、人類は豊かさにかまけて地球環境を見直さずに発展してきたのではないでしょうか?
 
美しい里山の風景はいつまでも残っていて欲しいですよね。