〜第1種ME技術実力検定試験〜



《menu》

home

bbs

link

mail








第1種ME技術実力検定試験 (概要)

第1種ME技術実力検定試験とは

  この試験は、社団法人 日本生体医工学会が実施している「ME機器・システム(以下、ME機器という)および関連設備の保守・安全管理を中心に、総合的に管理する専門的知識・技術を有し、かつ他の医療従事者に対し、ME機器および関連設備に関する教育・指導ができる資質」を検定することを目的とした試験です。
社団法人 日本生体医工学会


受験推奨者

1) 病院など医療機関でME機器の使用や保守・安全管理を担当されている方
2) 会社等でME機器の研究・開発、生産、販売、保守を担当されている方
3) ME機器の保守・安全について関心をお持ちの方(学生等)




第1種ME技術実力検定試験 (要領)

受験資格

次のいずれかを満たしていること(実務経験の有無にかかわらず受験可能です)
 ・ 第2種ME技術実力検定試験合格者
 ・ 臨床工学技士免許所有者


受験日時

6月の日曜日に行われているようです。


試験地

札幌、東京、大阪の3ヶ所で実施されています。


受験料

初回受験者                : 20,000円
再受験者(科目合格受験者を含む)  : 12,000円 (割引制度)


第1種ME技術実力検定試験合格認定までの流れ

第1種ME技術実力検定試験合格認定までの流れ


科目合格制度

  総合合格による合格(総合合格)の基準に満たなかった方で、科目得点(「ME基礎論」、「ME機器論」)が、一定基準を満たしている方は、その科目の「科目合格者」として登録されます。但し、科目合格の有効期間は3年となります。
  科目合格者は、有効期間中、両科目受験のほか、不合格科目のみの科目受験で可能のとなり、、不合格科目に合格すれば「総合合格」となります。なお、科目合格者で両科目受験をした方は、科目得点による判定および総合得点による判定がされます。


試験方法・解答時間

T.午前(ME基礎論)

試験方法 : 多岐選択と記述問題33問すべて必須
解答時間 : 2時間30分

U.午後(ME機器論)

試験方法
必須問題 : 多岐選択と記述問題27問すべて必須解答
選択問題 : 多岐選択で25問中15問を選択解答
       (選択数が15問より多い場合,解答番号順で15問が評価対象)
小論文 : 800字以上1200文字以内で解答。800字に満たない論文は0点

解答時間 : 3時間30分

※ 科目合格者は、不合格科目のみの受験も可能



試験範囲

T.ME基礎論

  ME機器および関連設備を理解し、適切に運用・保守するために必要な基礎知識

1) 物理・化学
  物理的、化学的現象を理解する能力

2) 医用機械工学
  機械工学的基礎知識で、運動力学、弾性力学、流体力学、制御工学等

3) 医用電気電子工学
  電気・電子工学的基礎知識で、電気・電子回路、電気計測、センサ、電気エネルギー等

4) 医用情報通信工学
  医療従事者とコンピュータ技術者とのインターフェイスを果たすのに必要な基礎知識で、通信工学、画像工学、ディジタル技術、プログラミング技術等

5) 信頼性・安全工学
  ME機器および関連設備の安全性管理、信頼性管理に必要な基礎知識で、信頼性原理、管理工学、精度管理、統計学

6) 生体物性
  生体の機能、構造を理解する上で必要な生体物性の基礎知識で、生体に対する安全の知識を含む。

7) 医用材料
  医用材料を理解する上で必要な基礎知識で、各種材料、生体反応(毒性、適合性)、安全性試験、滅菌法等

U.ME機器論

  ME機器および関連設備の保守管理のために必要な知識と技術

1)機器運用・関連法規
  病院の管理、医療経済、医療関係の法律、ME機器の安全等

2)病院設備
  電気設備、医療ガス設備等の原理、構造、個別規格、保守点検技術、トラブル処理

3)ME機器に関する共通問題
  計測用・診断用機器、治療用機器の原理、構造、個別規格、保守点検技術、トラブル処理

4)ME機器に関する選択問題
  呼吸関連機器、循環関連機器、代謝関連機器、その他関連機器の原理、構造、個別規格、保守点検技術、トラブル処理
※ 選択問題の中から規定の問題数を自由に選択する方式です。

5)小論文
  第1種ME技術実力検定試験合格者に必要な資質に関連する小問について論文形式で出題されます。




第1種ME技術実力検定試験総合合格

合格者認定

T.実務経験2年以上の方(合格時)

  実務経験を示す証明書を提出することにより合格者認定原簿に登録され、「合格認定書」が発行されます。

U.実務経験2年未満の方(合格時)

  5年以内に2年の実務を修了し、その実務経験を示す証明書を提出することにより合格者認定原簿に登録され、「合格認定書」が発行されます。
合格後6年を過ぎると合格認定書は発行されません。

※ 実務経験

  受験資格取得後に「医療機関、その関連機関あるいは医療関連企業などにおいて常勤として2年以上の期間、医療機器・システムの設計、開発、操作・運用、保守・点検など従事し、又はそれらの教育、研究に従事して研鑚を積んだ場合」をいいます。複数の機関での実務経験日数を通算して2年以上の経験とすることもできます。



第1種ME技術者

  第1種ME技術実力検定試験の合格認定証を取得された方は、「第1種ME技術者」という呼称が使用できます。


臨床ME専門認定士

  第1種ME技術実力検定試験の合格認定証を取得された方のうち、臨床工学技士、臨床検査技師、診療放射線技師、医師、看護師などの医療国家資格を有している方は、申請により、医療機関等の機器管理責任者にふさわしい資質を有するものとして「臨床ME専門認定士」の認定が受けられます。




第1種ME技術実力検定試験講習会

講習内容

  過去3年の全問題の詳細な解説集を用いて、過去問題を中心に、「基礎工学および応用工学の概要、病院管理・機器管理関係法規、各種安全規格と共通保守管理技術、計測用・治療用ME機器、病院設備の概要と保守管理技術領域」の重要項目について解き、解説していきます。
  他に、科目合格制度の説明も行っています。


受講資格

第1種ME技術実力検定試験を受験したい方はどなたでも受講できます。


申込締切

3月の中旬まで


講習日時

4月の日曜日に行われているようです。


講習地

東京、大阪の2ヶ所で実施されています。


受講料

15,000円(テキスト1冊,過去問題解説集3冊の計4冊分含む)




語る左手

受験理由

  ME1種受験半年前、臨床工学技士国家試験の受験勉強で身につけた知識を生かしてワンランク上の試験にチャレンジを思い立ち、過去問を購入。
  ME1種講習会受講後、なんとなくテンションがあがりME1種受験を申し込む
  ME1種受験前日、新人職員として仕事に奮闘、試験勉強なんて全くの手つかず、とりあえず次の日起きれたら受けるだけ受けに行こうと決め、潔く就寝。
  ME1種受験当日、試験時間に間に合う時間起床。来年の再受験割引と受験後のショッピングをモチベーションに厭々でかける。


試験勉強

  臨床工学技士国家試験の受験勉強とME1種過去問は、1〜2年分を流し読み後難しい試験であることを痛感...封印。


試験対策(左手的)

  無心。


お勧め

第1種ME技術実力検定試験講習会

  ME1種講習会には参加されることをお勧めします。
過去問の傾向を示し、その傾向からよく出題されている部分をピックアップしその部分を集中講義、その後過去問数問を解くという非常に有意義な講義だと思います。
ただ、左手の場合過去問を一度も開かず受講したため、ほとんど理解できず、長時間の講義でお尻が痛かったのが印象的でした。
  皆さんは、受講前に過去問を1度を解かれることをお勧めします。

テキストと過去問

  講習会に参加される方は、事前にテキスト又は過去問の所有の有無に関らず、テキストと過去3年分(第11回受験なら第8〜10回分の過去問)が配布されます。
なので、講習会に参加される方は、テキストの購入は控え、過去問は前4回以降の過去問を購入されることをお勧めします。

科目合格された方へ

  科目合格の有効期間中に受験される場合、不合格科目だけを合格するよりも両科目(合格科目も)受験される方が合格に近づきます。
  不合格科目がギリギリ合格基準に満たなかった場合、不合格科目だけの受験であれば不合格となりますが、合格科目も受験しその合格科目がそれを補う結果であれば総合得点で合格する可能性があります。
  たとえ、合格科目も受験しその結果が非常に悪くとも不合格科目が合格基準を満たしていれば、それも合格となるのでちょっとしんどいですが、両科目受験されることをお勧めします。



テキスト・過去問解説集

テキスト・過去問解説集は”「第1種ME技術実力検定試験」関連図書のご案内 ”でどうぞ
第1〜8回までの過去問解説集は、PDF形式で閲覧(無償)できます。




good luck !!


戻る