酸素療法

HOME : 試験案内 : 目次 : 掲示板 : 参考書 : Link : 参考文献 : メール



  未熟な左手が作った臨床工学技士国家試験の呼吸治療機器に関するよりぬきノートです。
誤りがございましたら、ご連絡下さい。


酸素療法

酸素療法の目的と効果

@ 低酸素血症の改善  A 呼吸仕事量の改善  B 心筋仕事量の改善


酸素投与法

酸素流量吸入酸素濃度2濃度調整CO2蓄積備考
経鼻カテーテル3〜5L/分30〜35%××不快感あり
鼻カニューレ3〜5L/分25〜35%××不快感少ない
酸素マスク4〜5L/分30〜40%×○(低流量)両側に多数孔
ベンチュリーマスク4〜8L/分24、28、35、40○(低流量)
エアーゾルマスク5〜8L/分40〜60%○(低流量)加温・加湿可
リザーバ付マスク4〜10L/分60〜100%×○(低流量)酸素消費減
酸素テント10L/分以上40%以下×○(低流量)

高濃度酸素投与による症状

FIO2発現症状
<40% 長期に酸素投与しても、生体に影響がない
50% 長期間の吸入で症状発現の危険性あり
70% 数日で症状発現
100% 30〜72時間で合併症を引き起こす。

合併症

@気道の乾燥 A酸素中毒 BCO2ナルコーシス C吸収性無気肺 D火災 E感染


酸素ボンベ残量・使用可能時間の計算

≪ガス容量・圧縮圧≫

内容積満タン時の圧縮圧ガス容量ガス容量の計算[L]
3.4 L150[kgf/cu]
又は、
約15[MPa]
500 L内容積×圧縮圧[kgf/cu]
10 L1500 L
46.7 L7000 L

≪計算式≫

◆ ボンベ残量

ボンベ残量


◆ ボンベ使用可能時間

ボンベ使用可能時間


酸素濃縮器

膜型

≪原理≫

  窒素よりも酸素に対する透過性の高い高分子膜を使用


≪特徴≫

@40%以上の酸素ガスを得ることはできない
A加湿器が不要
B低音で動作

吸着型

≪原理≫

  窒素を選択的に吸着する吸着剤(アルミノ珪酸塩など)を内蔵した吸着筒内に圧縮空気を送る


≪特徴≫

@90%ぐらいの高濃度酸素ガスを得ることができる
A吸入時に加湿器が必要
B騒音が膜型に比べて大きい





目次