明智光秀 明智神社  細川ガラシャ生誕伝承地  TOPに戻る  越前・若狭紀行
 地図案内
 
   
 光秀が奉られている1886年に創建された明智神社の祠(ほこら)。高さ13cm程の烏帽子姿の木像は近くの西蓮寺に移されている。
 
 
 明智光秀の墓石(明智神社)
 2020年NHK大河ドラマは「麒麟がくる」。明智光秀が大きく取り上げられる。年齢順に明智光秀1528年生まれ、織田信長1534年、豊臣秀吉1537年、徳川家康1543年であるが四人が生きた時代に日本の歴史は「全国統一」に向かって大きく動いた。もし、本能寺の変(1582年)が起こっていなかったら・・・・・。信長、秀吉、家康の三人に光秀を加えるとこの時代はずっと味わい深くなる。NHK大河ドラマ「麒麟がくる」では、光秀が主君に叛いた逆臣だという旧来の凡庸な物語ではなく、人間愛豊かな名将として歴史の転換点に生き今も多くの人に慕われている姿が描かれる事になるだろう。  

 さて、時代を遡ることにする。斎藤道三(さいとう どうさん、1494or1504〜1556)は油売りの盛業で名を上げ父の地盤(美濃紙の商い)の利もあって美濃国主・土岐頼芸(ときよりなり、よりよし、1501〜1582)を追放して国盗りをし美濃の主となった。土岐氏はそこまで400年続く名族で200年間は美濃国主だったが紛争が多かった。明智家は120程ある土岐氏支流の一つ。

 
「たった、一言がこれほどの力で歴史を変えたことは例がないであろう。」
と『国盗り物語』は語る。ある日、「道三の子」である斎藤義竜(さいとう よしたつ、1527〜1561、義龍)は、本当の御父上は道三公ではなく先代の土岐頼芸殿であるという声を耳にした。
 実は道三の側室になっている義竜の生母・深芳野(みよしの)は元は頼芸の側室だった。そう言えば、常日頃から道三は義竜(道三の実子か?)を冷遇し、その弟の孫四郎と喜平次(この二人は道三の実子)を寵愛していた。1555年義竜は孫四郎と喜平次を殺害、翌1556年(弘治2年)道三を攻め長良川河畔で敗死させた(長良川の戦い)。この時、道三の娘・濃姫(帰蝶)を妻としていた信長も道三の加勢のために出陣し、引き上げる時には信長が危険な殿(しんがり)を務めた。
 義竜が頼芸の子だとする事に異論もあるが、『日本人名大辞典』(講談社)には「土岐頼芸の子ともいう」と記述されていて、義竜が道三ではなく本当は頼芸の子だとするのはそれなりの根拠がある有名な話だ。即ち、義竜にとって道三は父(土岐頼芸)の仇である。『国盗り物語』もそのように物語を展開しているが500年も前の事でありその真偽は定かではない。美濃を追放された頼芸は武田や織田を頼ってその後も生き抜き光秀や信長と同じ1582年に没している。鷹の絵を描くのが得意だったという。

 余勢をかった義竜は道三に味方した光秀の住む明智城(外部サイト)を陥落させた(1556年)。自刃を決意した光秀は、生きて明智氏を再興するよう城代の叔父・明智光安に厳命され、妻や僅かな家人を連れ若狭に落ち更に越前を目指した。苦難と貧苦に満ちた流浪の旅である。
土岐氏や斎藤氏の騒動から光秀の波乱万丈の人生が始まった。 土岐氏支流の光秀が明智城で静かな生活を送っていたら本能寺の変は起きなかったのだ。

 流浪を続ける光秀一家の生活は苦しかった。しかし、光秀は鉄砲術、築城術、軍学を身につけ、茶華道、短歌、俳句など文武に通じた人だった。加賀の一向一揆との戦いでは朝倉軍として出撃し勝利に貢献した。1556年頃、軍師のような力量、広い情報網、奥深い教養と人格が一乗谷城主・朝倉義景(あさくらよしかげ、1533〜1573)の目にとまり5000石を持って客礼(居候に近かったかも知れない)として迎えられ、一乗谷朝倉館から京への大手筋にあるこの東大味に十年近く住んだ。光秀が諸国を巡って得た情報は義景にとって非常に有益だった。そこに至るまでにはX子(ひろこ)が美しい髪を売って貧苦の光秀に献身した内助の功があった。
 義景は光秀を高禄の重臣として迎えるべきであったが、朝倉家は優秀な人材を積極的に迎え入れようとする気概に乏しく、朝倉軍に人は多いが勇猛果敢先取の気風に欠けていた。朝倉家で光秀が活躍していたら或いは信長を倒す機会があったかも知れない。光秀は老大国の朝倉家にみぎりを付けた(1565年頃)。家臣ではなく客礼に過ぎないのも幸いだった。越前で人生の1/5にあたる10年間を過ごした事になる。光秀は将軍・義昭を擁立して自らは足利政権の中枢の職に就き明智家再興を果たす事を夢に、東大味を去り天下取りを目指す信長の許へ向かった(1566年)。義景は内心、面白くなかっただろう。尚、信長の妻・濃
(のう、1535〜1612、斎藤道三の娘、帰蝶、蝴蝶、濃姫、安土殿とも)が光秀の母方の従姉だった事が関係していたという説もある。光秀は信長と義昭の関係改善に努めたが1571年には信長にくみし、信長の配下で美濃に蟠踞(ばんきょ)する斎藤派の小領主達を攻略したり丹波平定などをしてめざましく活躍した。
     
  右端が光秀の墓石   光秀と妻・X子が理想の夫婦だった事から恋愛のパワ−スポットと報じられるようになった。  
  光秀の住居があったのは現在の福井市東大味町土井ノ内の明智神社付近であり、明智玉(1563〜1600、たま、細川ガラシャ、伽羅奢、光秀娘)生誕伝承地である。ガラシャの生誕地については異説(福井県坂井市の称念寺)もあるが、安定した生活を営んだ1565年頃まではこの東大味に光秀の住居があったのだから1563年生まれのガラシャの生誕地と推定される。細川家の一つの歴史がここから始まったとも言える。
   尚、ガラシャの母・X子(ひろこ)は幼い時から光秀とは許嫁で美貌の娘だったが婚礼を間近に控えた頃、疱瘡を患い頭痛、腰痛、化膿の痛みにさいなまれた末に命は取り留めたものの醜い痘痕が顔にも首にも残った。思い余ったX子の父は偽ってX子の二才下の妹を光秀に差し出したが見破られ、幼少より玉との契りはできているとして妹を返したという逸話が伝わる。 

  1573年信長は百年の栄華を誇った朝倉氏を攻め滅ぼし、その後は一向一揆が勢力を伸ばした。
 1575年朝倉氏滅亡後に本願寺が大きな勢力を振るっていた越前に侵攻した。信長の命を受けた柴田勝家軍が本願寺の一向一揆掃討作戦を開始、府中(武生)を中心に家々を焼き払い信長配下の軍勢は三、四万もの命を奪ったとされる。一向一揆に加担しなかった農民は山中深く逃げ込みどの集落ももぬけの殻であった。しかし、光秀はかつて家族と過ごした東大味を守るために柴田勝家・勝定兄弟に東大味地区を守らせる安堵状(保証書)を出させた。この安堵状は東大味の西蓮寺に保存されている。

 
明智神社には、「あけっつぁま」と呼ばれる小さな祠の中に高さ13cm程の木彫りの座像が奉られている。明智光秀(1528〜1582)の木像で、400年余り東大味(ひがしおおみ)の三軒の農家に大切に守り続けられてきた。祠は100年程前に地元の三軒の農家の先祖が建てたという。明智神社の周囲はのどかな畑や水田が広がるが耕地の下には取り除けないような大きな石が残り近くに当時の物と思われる苔むした石垣も見られる。土井ノ内の光秀の邸宅跡に住む三軒の農家の内の一軒で話を伺う事ができる。光秀のものだという墓石には「理言久意信士 天正十年六月十三日」という文字が認められる。天正十年(1582年)六月十三日は京都・小来栖(おぐるす)で敗死した日。現在も毎年六月十三日に明智神社で光秀を偲んで法要が行われている。東大味から朝倉遺跡へ通じる朝倉街道が残っていて車の通行も可能だ。
 1582年光秀が本能寺で主君信長を討ったために三日天下と蔑視、嘲笑されたが、三軒の農家は戦乱の時代に先祖を守ってくれた光秀の遺徳を忘れず光秀の木像を奉ってきた。 光秀は江戸時代の儒教精神やその後の絶対服従が当然とされる軍国主義の風潮の元では逆臣とされ、明智神社を守ってきた人の中には近年まで白眼視された人もいたという。でも、
人間愛豊かな名将として、過去の光秀観は転換されつつある。
 
 福知山(京都府)の400年にわたる御霊祭(みたままつり)は光秀の死後に、その善政に感謝して始まったものであり御霊神社にも光秀が祀られている。 光秀は今もって福祉行政の元祖と言われる程、領民を手厚く守った人間愛の名将だ。後世に名を残し英雄視されている武将には徴兵、強制労働や年貢取り立てに苛斂誅求を極めた者が多いが、光秀はこの様に各地で善政を施し領民から慕われた。

    
織田がつき羽柴がこねし天下餅すわりしままに食うは徳川
 『惟任退治記』なる軍記物語があり「秀吉が謀反人・光秀を退治した」というが、信長がいなくなって得をしたのは秀吉であり家康である。秀吉や家康にとって信長は良い時に死んでくれた。信長が長生きしていたら秀吉や家康の時代は確実に来なかった。

 所で、無数の死を目の当たりにし幾度も死線を乗り越えて天下人になった徳川家康が帰依し話し相手を務めた天海大僧正(天台宗)は光秀だったという話が今に伝わる。信長が比叡山(天台宗)を焼き討ちした時、光秀が寺に情けを掛けた恩を僧や信者達が忘れずに、危機に立った光秀をかくまったのだという。しかし、多くの反証など、諸説ある。更に、千利休(1522〜1591)は光秀(1528〜1582)だったという浮説まであるが生存期間が重複している。
 これらは伝説のようなもので、判官びいきの義経伝説を思わせる。岩手県は
「義経北行伝説ドライブガイド」(外部サイト)で観光資源にしている。人々の心の中に彼らへの思慕や運命を哀れむなどの気持ちが残ったのだろう。
   ガラシャのその後。1600年関ヶ原の戦いに際し、西軍の石田三成が武将達の妻を人質に取るため大坂の細川邸に使者を差し向けた。しかし、ガラシャはこれを拒み家来に長刀で胸を刺しつらぬかせて自害した。この時、忠興は三男・忠利(後の熊本藩初代藩主)を東軍の徳川家に人質として差し出しており細川家は絶体絶命のピンチであった。ガラシャの死は三成への反感を生み東軍勝利の一因になった。家康は後々までも細川家を重用し、ガラシャの自決は江戸時代以降の細川家繁栄に繋がった。
  細川忠興(1563〜1646)は16才で同い年の明智玉(後のガラシャ)と1578年に結婚し波乱の夫婦生活を送りガラシャは没したが、忠興は美貌で聡明だったガラシャの面影を胸に抱いて83才で亡くなるまで新しい妻を迎える事はなかった。

 細川幽斎(藤孝)の子・忠興(三斎)と細川ガラシャ(光秀娘)の結婚で三男・忠利(熊本藩初代藩主)が誕生。その後、護久(もりひさ、12代藩主、廃藩により最後の藩主)を経て細川家18代・細川護煕(もりひろ、第79代内閣総理大臣)に繋がった。
             
散りぬべき時知りてこそ世の中の花も花なれ人も人なれ
  ガラシャ辞世の句である。これはガラシャの末裔にあたる細川護煕(もりひろ)首相が1994年4月佐川急便グループからの一億円の資金流入問題で国会が空転した責任を取って退陣した時に引用した事でも知られる。
  参考文献     明智神社奉賛会資料      細川ガラシャ夫人(曾野綾子、新潮社)
        劔神社(参考になるサイト)
  土岐氏支流の明智光秀は、1556年斎藤道三とその子・義竜との乱で明智城を逃れ若狭から越前を目指したが、流浪の浪人が朝倉家に容易に迎え入れられなかった。『国盗り物語』は文庫本で2000ペ−ジを超える大作で遼太郎の代表作の一つ。道三と信長を主にして、一乗谷や称念寺での光秀も描かれている。称念寺の住職・一念と光秀とのやり取りを描いた場面。
 『国盗り物語』(司馬遼太郎、新潮文庫)                       
・・・・・
「さればさしあたって、 一乗谷城下で文武教授の道場をひらきたい」
 「道場」
一念は手をうった。
「これはよいことを思いつかれた。左様なものが一乗谷にはござらぬのじゃ」
諸国にもない。武士は大半が文字を習わぬが、習う者もせいぜい寺の僧について学習する程度で、その方面の専門施設というものはない。まして「武」のほうもそうである。兵法者を自邸によぶか、その師の自宅に押しかけて技をまなぶというのが普通であった。
「教授する内容は」
と、光秀はい,った。
 「兵法、槍術、火術(鉄砲)、それに儒学一通り、唐土の軍書」
 「ほほう」
一念はついに顔をふりたてて感嘆してしまった。これほど絢爛多彩(けんらんたさい)な各分野にわたって一人で教授できる人物もまずないし、第一、これほど広範囲な種目を一堂で教えてくれる私立学校は天下ひろしといえどもないであろう。・・・・・
  明智光秀が信長にそむいたのはなぜか?「本能寺の変」から400年以上にわたって「日本史の謎」として世間の耳目を集めてきた。光秀の天下取り野望説、信長への怨恨説、秀吉黒幕説、朝廷黒幕説、長宗我部元親(ちょうそかべ もとちか、1538〜1599)が覇権を広げる四国説、そして足利義昭黒幕説など、諸説50程あるという。当時の信長に見られるのは近畿や東海周辺を織田家一族が領有し他者は「最後には役立たず」と罵って遙か遠国へ移封する冷酷無比な合理性であり近習する武将の中に疑心暗鬼は広がっていた。「本能寺の変」の議論は信長の残虐性や織田一族至上主義を起点にすべきである。信長の側室に入っていた光秀の妹が死去(1581年)して織田家一族の立場ではなくなった事を指摘する説もある。折しも柴田勝家、前田利家らは上杉討伐のために越中魚津へ、滝川一益は北条と対峙中、織田信孝らは長宗我部攻撃に備えて大坂に、秀吉は備中高松攻め、家康は堺へ旅行中。1582年6月2日の早朝、信長を守っていたのは僅かな親衛隊だけだった。
  残党狩りを逃れた光秀の子・於寉丸(おづるまる)の後裔だと自称する明智憲三郎の書である。

『本能寺の変 431年目の真実』
 (明智憲三郎、文芸社文庫)             
・・・・・
  これが謀反の真の動機

 信長が織田家一族の生き残りと繁栄のために構想を描いて実現に向かって着々と手を打つ一方で、光秀は強力な同盟者である長宗我部氏を失おうとしていた。
 そしてさらに、遅かれ早かれ安土・京都を中心とする中枢部にある近江・丹波の領地を召し上げられて、遠国へと移封されることも明らかだった。光秀の領地が最後まで中枢部に残っていたということは、光秀がいかに信長の信頼が厚かったかの証明でもあるが、織田家の長期政権構想のもとでは、光秀の領地没収と遠国への移封は既定路線だったのだ。信長の腹心として仕えた光秀にはよくわかっていたことだ。
 遠国への移封は光秀が苦労して築き上げてきた家臣団の分断・弱体化を意味する。一族・譜代の家臣は光秀に随行して新しい領地へ移り、先祖伝来の地や親類縁者と切り離されることに動揺するのは明らかだ。 一方、旧幕臣衆は京都周辺を離れるかどうか選択を迫られるに違いない。また近江衆や丹波衆は地元に残り、新たな領主に仕えることになる。
 ・・・・・
 そんな時に知った信長の唐入り。青天の霧震だったに違いない。
信長を支えて天下統一すれば百年続く戦国が終わり平和な世になると信じて東奔西走、粉骨砕身してきた。もう少しでそれが実現できると思ったのに、まだ戦い続けねばならない。しかも、大海を渡って、見たこともない異国の地で戦うことになる。それは自分ではなく子供たちかもしれない。子の代には一族は異国に放り出されて減亡してしまうだろう。
 ・・・・・
※信長の侵攻から逃れた長宗我部元親(1538〜1599)は次に秀吉と対立したが、土佐(高知県)だけの領有を許され、その後は九州攻め、小田原攻め、文禄・慶長の役に出陣し豊臣家に尽くした。しかし、元親四男・盛親(もりちか、1575〜1615)はその後大坂夏の陣で負けて捕らえられ家康の命に依り京都六条河原で処刑された。
  杉本苑子は歴史上の人物の心理を歴史的背景とからめて深く追求し、『穢土荘厳』など非常に優れた歴史小説を残した。『春の波涛』は1985年にNHK大河ドラマになった。一向一揆との対決が信長を追い詰めて行ったと説く。  

『歴史エッセイ 人間紀行』(杉本 苑子、文春文庫)    
・・・・・
 一向一揆の敵は主体が民衆である点、純武将同士との戦闘にのみ馴れてきた彼にすれば、はなはだしく勝手のちがう厄介で無気味な相手だったろう。憑かれたような抵抗への情熱、連帯感に支えられた狂信的な強さ‥…。長島を討てば越前が蜂起し、越前を叩けば石山本願寺が立つ。この執拗さは、速戦即決の爽快感の中で、華麗な燃焼をとげてきた信長には耐えがたい拷問だった。 一揆への憎悪は、火攻め兵糧攻め、女子供までをふくむ大量殺戮となり、本願寺側に寝返った荒木村重の一族奉公人、六百余名への礫刑、焚刑という残虐行為となって表面化した。
 人心は離れた。家臣団もが、あすの我が身を思って戦慄した。四十代後半の信長の、心の荒廃から推せば、本能寺での破局は、いずれ迎えねばないぬ総括的結論だったともいえよう。
直接的には、信長を殺したのは明智光秀だが、間接的には一向一揆――いや、 一揆に歪まされた彼みずからの性格だったのだ。
・・・・・

 朝廷黒幕説の論者は次の様に展開する。    
『信長燃ゆ』 (阿部龍太郎、新潮文庫)
 
・・・・・
「それでは手ぬるい。明智の軍勢で信長を滅ぼし、義昭を都に呼び戻して幕府を再興せよ」
 前久は女房奉書と宮さまの令旨を示し、信長を洛中におびき出す計略を打ち明けた。
「ご譲位の儀を終えた後に将軍に任ずると知らせれば、信長は取るものも取りあえず上洛する。そちの軍勢をもってすれば、それを討ち果たすことなど造作もあるまい」
「しかし、そのような……」
光秀は蒼白になって目を宙に泳がせた。
「この豊葦原の中つ国は、帝を中心とした神道の国じゃ。帝のご信任なくは政は行なえぬ。信長のように力で押さえ込もうとしても、次々に叛乱を招くばかりじゃ。比叡山の焼き討ちや一向衆徒の虐殺のようなむごたらしい惨禍が、果てしなくつづくことになろう」
「・・・・・。」
「たとえその者たちを殺し尽くして国が治まったとしても、そちにはもはや活躍の場はあるまい。林通勝や佐久間信盛と同様に、役立たずとののしられて放逐されるのが関の山じゃ」
・・・・・
※近衛前久(このえ さきひさ、1536〜1612)への織田家遺族らの憎しみは激しく、本能寺の変直後に危険を察知した前久は姿を消した。しかし事態は一転して信長没3年経った1585年、羽柴秀吉は前久の養子となって藤原氏を名乗り五摂家しか任官できない関白となり、翌年太政大臣となって豊臣の姓を賜った。
そして、足利義昭黒幕説は次のように述べる。  
 『老いの坂を越えて』(津本 陽、角川文庫)

 ・・・・・
 彼はその日、参内して自らの天下政権の名目的地位を確立するための、二つのメッセージを発表することとなっていた。
 朝廷からの、任官への要請への奉答と、暦改正への意志についてである。彼は重大な政治的発言をする矢先を狙われたかのように殺された。

 光秀が信長襲撃の意志をかためたのは、近江坂本城にいた五月十八日から二十五日までの八日のあいだであったと想像される。
 
 光秀は信長を抹殺する機会が突然めぐってきたのを、知っていた。
 長岡藤孝以下、畿内武将を組下に従える光秀の兵力は、いま信長を容易に倒しうる可能性をそなえている。
 柴田、佐々、前田は越後、越中で上杉景勝と対戦していた。滝川、河尻、森は上野、甲斐、信濃の戦場にいる。秀吉は備中にあり、家康は丸腰で畿内に来遊している。
 
 光秀がいま、信長討滅を成功させる鍵を握っていると、そそのかした者がいたはずである。
 
これから衰運に向うであろう光秀が、思いきって叛逆すれば、朝廷、京都町衆のほかに、寺社勢力、信長に淘汰され、あるいは人材登用の恩恵に浴していない地侍勢力が、すべて味方につくとそそのかし、野戦の苦手な彼をつきうごかした黒幕は誰か。
 それは公家、京の町衆、備後の鞆の浦にいた将軍義昭であったと推測できるのである。・・・・・