田尻洋一 | Yoichi Tajiri



田尻洋一近影

NEWS

1月10日タッキー816みのおエフエムに出演

しあわせの道しるべ:第63回(1/10放送)にゲストとしてお招きいただきました。ピアノを始めた理由、恩師との出会い、人生を変えたスイスでの出来事、これまでの田尻洋一の過去のさまざまなエピソードが語られています。放送内容をお読みになりたい方はこちらから、お聴きになりたいかたはこちら(約28分間)からどうぞ。

page top

3月18日アンコール企画決定!

昨年企画された朝日カルチャーセンターの「ベートーヴェン生誕250年記念 ピアノソナタ全32曲を全て聴く!」のアンコール企画としてその際のアンケート結果からリクエスト上位曲を中心に午前の部午後の部の2回に分けてプログラムを組んでいただきました。また午後の部では、交響曲第5番「運命」のオリジナルピアノ編曲版も披露します。会場は大阪市中央公会堂です。国指定重要文化財の美しいホールで、希望に満ちたベートーヴェンをご堪能ください。

page top

12月8日毎日新聞夕刊「特薦盤」に記事掲載

「田尻自身の編曲によるこのライブのCDを聴いて心底驚いた。交響曲の中の各声部がそれぞれの色を持って聞こえる。フレーズは弦楽器のように歌い、和音は管楽器のように響き、そしてピアノの美しい音色でもある。あたかもピアノソナタのようでありながら、まさに交響曲である」 全文はこちらでご覧いただけます。

page top

伊丹トーク&コンサート最終回チケット発売開始

12月4日午前9時から88回(20年6カ月間)にわたりロングラン公演を続けていたトーク&コンサート最終回のチケットが発売開始されました。今回は伊丹大ホールでの開催となります。また全席指定(コロナ対策で1席ずつ空席とします)となりますので、ご注意ください。

page top

「レコード芸術12月号」にインタビュー掲載

パッションあふれるデビューCD!ベートーヴェン交響曲第7番。「今回は録音用に演奏したのではなく、何百とあるライヴ録音の中から選びました」「極限まで指を使って総譜の音を拾っていくこともできます。でも演奏する側、そしておそらく聴いている側にとっても、ベートーヴェンの魂というか心というものを表現することが大切です」「自分で演奏した楽譜も残していませんので、おそらく同じようには二度と弾けません」・・・。購入は音楽之友社のホームページをご覧ください。

page top

初のCD発売 ~The Live!~

生のコンサート会場からベートーヴェンの熱い魂がひしひしと伝わって、きっと皆さまに勇気と元気をお届けできるかと願っております。
【演目】ベートーヴェン(田尻編):交響曲第7番、コリオラン・エグモント序曲
HMVAmazonタワーレコードで好評発売中。

page top

OTTAVA LIVE動画配信中

コロナでコンサートが開けない状況が続きます。この度OTTAVA社と提携し「The Concert at Home」を開催いたしました。その動画がYouTubeで公開されています。どうぞご覧ください。(最初5分間は静止画となっております。)

page top