Design Your Dreams. SMD 成晃機械設計
サイトマップ 個人情報保護指針
Home 製品情報 お問い合せ
Home > CNC概要

CNCとは「CNC = Computer Numerical Control」の頭文字を
とったもので、コンピュータを利用した数値制御。
実際は、自動制御工作機械の全般に使われている名称です。

CNC概要

  ●パソコン6軸CNC制御システム●

 1..パソコン側プリンタポートのIN/OUTの信号をCNCソフトMach3,Kcam4,UCCNC「
  DeskCNC,  Qstep, LinuxCNC(EMC) などを介してG-CODEにてマシンを動かします。
 
  基本的にはプリンタポートから駆動するのですが、次の4種類の駆動方法があります。
  
  ・Basic CNC・・・古いパソコンのプリンタポート Dsub25Pから動かす。
                OS:Windows 2000,XP,Vista,7 32bit版のみ

  ・USB CNC・・・パソコンのUSBポートから動かす。(現在の主流。)例えば、UC100など
             OS:Windows 7,8.1,10  32bit/64bit
        Windows10になってからは、プリンタポートを利用せずに
       直接USBブレイクアウトボードにてMach3を64ビットシステムでも
       利用することが可能になりました。

  ・Ethernet CNC・・・パソコンのイーサーネットポートから動かす。    
                OS:Windows 7,8.1,10  32bit/64bit

  ・Ethernet CNC・・・パソコンのUSBにLANアダプタを取付て
                 イーサーネットポートから動かす。

 CNCソフトは、G-CODE読込と二次元DXFファイルの読込可能。

 3. 一部のCNCソフトは、DXFファイルの読込後、G-CODEに自動変換保存可能です。
  (この場合2.5次元加工)。

 
4.最大6軸制御可能。ステッピングモータ又は、ACサーボモータを使用します。
  自動ツールチェンジ機能はありません。手動になります。
  手動パルス発生器(MPG)、テンキー、Shuttle PRO などでジョグ動作が可能です。

 5. 2.5DのG-CODE作成には、簡単操作のCNCソフトSheetCAMソフトなどがあります。

 6. 3Dモデリング加工も可能です。
   3D加工する場合には、3Dデータ、たとえば*.STLファイルなど。
   MeshCAM ,Cut3Dなどで3Dモデルの*.STLファイル読み込みG-CODEを作成。
   3DモデルのG-CODEをシュミレータソフト「NCVC」「CncSimulater 」などで確認する。
   これで 3Dモデリング加工ができます。

 ●代表的なCNCソフト● 

   ・ CNCソフトMach3 パソコンのブリンタポート(Dsub25p)から制御します。
   ・CNCソフトUCCNC  ブリンタポート(Dsub25p)にUSBボードUC100を追加して
    USBからCNC−6軸制御。

 ●CNCプリンタポート説明●

 パソコンのプリンタポートに接続して接続して2相ステップモータ、サーボモータを制御します。
 ステップモータ制御方法には、定電圧駆動と定電流駆動があります。
 現在では、定電流マイクロステップ駆動が一般的です。

 通常は、パソコンのプリンタポートからCNC装置を動かしますが、「USB装置」を追加すれば、
 現状のままでパソコンのUSBからCNC装置を動かすことができます。
 USB装置から駆動するため対応するパソコンOSは「 Windows XP、7、8、8.1,10
 (32と64ビット版対応)」になります。

 ACサーボモータでもドライバを用意すれば、Mach3でCNC動作可能です。

 プリンタポートピン番号の設定は、各CNCソフト(Mach3,UCCNC,Kcam4 etc.)で
 共通ですが、ステップ、回転方向の設定は、各ドライバにより異なります。
 ドライバ仕様に設定してください。

      プリンタポートのピン割り当て

       

ピン
bit
I/O
Mach3,Kcam4説明
1
C0
OUTPUT
 ENABLE
2
D0
OUTPUT
X軸ステップ
3
D1
OUTPUT
X軸回転方向
4
D2
OUTPUT
Y軸ステップ
5
D3
OUTPUT
Y軸回転方向
6
D4
OUTPUT
Z軸ステップ
7
D5
OUTPUT
Z軸回転方向
8
D6
OUTPUT
A軸ステップ
9
D7
OUTPUT
A軸回転方向
10
S6
INPUT
RESET
11
S7
INPUT
Z軸リミットスイッチ
12
S5
INPUT
Y軸リミットスイッチ
13
S4
INPUT
X軸リミットスイッチ
14
C1
OUTPUT
主軸ON/OFF
15
S3
INPUT
未設定
16
C2
OUTPUT
主軸ON/OFF
17
C3
OUTPUT
主軸ON/OFF
18〜25
GND

  主軸ON/OFFは、3種類のどれか1つのポートを利用します。
  上記の説明は、参考です。使用するブレイクアウトボードの説明に従ってください。


 ●CNCマシン以外に用意するもの●

 (1)プリンタポートのあるパソコン。プリンタポートがないパソコンのときは、下記を参照。
   現在発売されているパソコンには、プリンタポートが無いものがほとんどですが、
   PCI増設プリンタポート(市販品PCI増設ボード)で使用可能です。但し、ボードと
   パソコンの相性により誤動作する場合がある。
   現在でもワークステーションパソコンではプリンタポートが標準装備のされています。
   CNCソフトMach3は、プリンタポートを基準に設計されています。
   USBから動かす場合には、「専用のUSBボード」が必要になります。
   プリンタポートがないパソコン場合には、「専用のUSBボード」を使用して
   Mach3を動かします。
   市販されているUSB変換プリンタポートでは、動作しませんので注意してください。
   LANポートから駆動することもできます。「専用のLANボード」が必要です。
   この場合、USBにLANアダプタを取り付けて駆動することができます。

 (2)パソコン最小システム。

  動作環境  
  CPU: PentiumV-1GHz以上
  Memory: 128MB以上
  HDD: 10MB以上の空き
  CRT解像度: 1024X768ドット グラフィックボードメモリ 32MB
  対応するOS: Windows XP、7、8、8.1(すべての両方の32と64ビット版)
  2015.05.15以降、USBから駆動が標準になります。
  
  市販のテンキー又は、ゲームパッドなどでXYZのジョグ動作が可能です。
  ShuttlePROを使用すれば、MPG(手動パルス発生器)と同じ微動作が
  可能になります。

 (3)CADソフト

  2D-CADソフトの場合、*.DXFファイルが出力可能なものを用意。
  3D-CADソフトの場合、*.DXF、*.STLファイルが出力可能なものを用意。

 (4)CAMソフト

  2.5D-CAMソフトの場合、SheetCAM TNGなど。
  3D-CAMソフトの場合、MeshCAM, CUT-3D, VisualMill, DeskProtoなど。

 (5)CNCソフト

  UCCNC,Mach3, Kcam4, CncPlayerなど。

  注記・USB駆動の場合には、USBケーブルが付属になります。
このページの先頭へ

SMD成晃機械設計 〒598-0001 大阪府泉佐野市上瓦屋518番
Copyright (C) SMD成晃機械設計 all rights reserved.