あしぎぬ大雲の里


 リーズナブルなお食事処 & 安価な旅の宿

 あしぎぬ大雲の里は、大江町北有路にある宿泊研修施設。由良川を望む高台にあり、リーズナブルなレストラン(鬼力亭)や宿泊施設(大雲塾舎)、地域文化を紹介する資料館(大雲記念館)が併設されています。
 約20名の宿泊が可能で、お食事や宿泊、研修をはじめ、安価な旅の宿として、ご家族連れやレジャー等、幅広くご利用いただけます。
 詳細は施設へ直接お問合せください。
п@0773-57-0168  FAX 0773-57-0069
あしぎぬ大雲の里・大江観光ホームページ(利用料金・予約等)
「大雲塾舎」とレストラン「鬼力亭」由良川を眺める浴槽 10:00〜20:00

由良川を再び恵みの川に

 大江町を貫いて流れる由良川は、流域の人々に豊かな恵みをはぐくむと同時に、度重なる氾濫により大きな被害を与えてきました。 人々にとって、水害とのたたかいは、この地域の歴史そのものでした。
  水害の記録は右をクリック 平成16年台風23号の水害  過去の水害の記録
 豊かな自然が残る由良川を、再び恵みの川として再生させるために、大江町では「あしぎぬ大雲の里整備事業」に取り組んできました。その拠点施設として、平成11年9月、大江町北有路に、「あしぎぬ大雲の里」がオープンしました。「あしぎぬ大雲の里」は、大江町北有路・国道175号線沿いにあります。

 ところで、「あしぎぬ大雲の里」の名前の由来は?
 「あしぎぬ」・・・かつて大江町の由良川流域は養蚕業が盛んで、見渡す限りの桑畑が広がっていました。蚕の繭からつくる「絹」に関係したことばのようです。
 「大雲」・・・古くは、由良川の中流を「おおくも川」と呼んでいたそうです。
   HOME