コラム

日本の四季を化学する−最終回 薫り(香り)の化学−

5月になると気温もかなり高くなり,ますます新緑が目にしみるようになってきました。江戸初期の俳人山口素堂の句「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」にもあるように,5月は自然そのものが活気づき,風薫る季節との表現されます。そこで,今回は薫り(香り)の化学についてです。

1)端午の節句の香り

5月といえば5月5日の端午の節句。もともと日本では5月の田植え前には,男が家を出払い,女だけが家に閉じこもって穢れを祓い身を清める儀式を行う「葺籠り」(ふきごもり)という風習がありました。一方,中国では5月5日(旧暦)を「端午」とし,邪気を祓って健康を祈願して蓬(ヨモギ)の人形を作ったり,菖蒲(ショウブ)を入れた酒を飲む風習がありました。日本の「端午の節句」はこれらが合わさったものと考えられ,奈良時代の宮中では菖蒲を髪飾りにした女官たちが帝(天皇)から薬草を丸く固めたもの(「薬玉(くすだま)」というそうです)を賜ったといいます。

鎌倉時代になると武士の台頭によって武家社会となり,菖蒲の葉の形が刀(剣)に似ていること,「菖蒲」の読みが「尚武」(これも「しょうぶ」と読み「武事を尊ぶこと」と意味します)に通じることから,「端午」は男子の節句ということになりました。鎧兜や武者人形を飾り,鯉のぼりをたてるという典型的な祝い方は現在でも行われています。また柏餅や粽を食べる風習もあり,柏餅は新芽が出るまで葉が落ちないことから「家系が絶えない」ことに通じるということから広まり,粽は中国の古事に由来しているのだそうです。

2)菖蒲と蓬の香り

菖蒲の精油成分の一例 アサロン
(菖蒲の精油成分の一例)

さて,現在ではあまり見られなくなりましたが,端午の節句に菖蒲湯につかる風習は日本各地でまだ残っており,ちょっと前までは銭湯などの公衆浴場でもこの日は菖蒲湯が当たり前でした。菖蒲というとアヤメ科のアヤメやハナショウブと混同されることがありますが,菖蒲はサトイモ科の植物で,アヤメやハナショウブとは全く別の植物です。菖蒲には邪気を祓う能力があると信じられていたようで,先述の「葺籠り」という儀式の際にはその家の屋根を菖蒲で葺いたりもしたそうです。

では,なぜ菖蒲が邪気を祓うと考えられたのかというと,その香りにあります。菖蒲湯に入られたことのある方はご存知かと思いますが,菖蒲の根茎には精油(植物から抽出される揮発性の芳香物質で,「エッセンシャルオイル」ともいいます)が含まれており,この香りが穢れを払いのけてくれると考えたのです。

1,8-シネオール 1,8-シネオール
(蓬の精油成分)

また今では全くなくなってしまいましたが,菖蒲と同様に端午の節句の邪気祓いとして用いられたのが蓬です。蓬はキク科の多年草で日本全国で見ることができ,蓬もち(蓬の別名は「モチクサ」),団子や天ぷらにして食べることもできます。またお灸に使う艾(もぐさ)や艾葉(がいよう)という生薬にも用いられています。この蓬にもシネオール,ボルネオール,カンファー(樟脳)などを主成分とする精油が含まれており,その葉をもみほぐすとメントールのようなスッとした臭気がします。

香りをはっする植物を魔除けに用いたのは,日本,中国といったアジア文化圏だけではなく,古代ヨーロッパでは蓬の一種であるニガヨモギが毒消しや魔除け,神事の供物に用いられたり,古代ギリシャでは勝者に月桂樹(クスノキ科の植物で,葉はフランス料理に出てくる香辛料「ローリエ」)の葉でできた冠を授け,その栄光を讃えたといいます。月桂樹の葉や実も生薬(月桂葉,月桂実)に用いられ,蓬と同様にシネオールという香り成分が含まれています。古代の人々は,その目に見えない化学成分による効能を香り(芳香)という五感のうちの一つに理由付けしようとしたのでしょう。

3)緑の薫り

端午の節句の話はここまでにして,ここからは香りに関係した別の話題にうつりましょう。

5月は気候も安定し,行楽にはうってつけの時期ですが,遊園地などのレジャー施設へ行って命がけで絶叫マシーンに乗るよりは,最近は「癒し」を求めて森林浴などを楽しむ方も多いかと思います。森林浴はー木の香りによるリラックス効果,∋淪佞陵匹蕕による1/f効果,F常から離れることによる転地効果などの精神的効果が大きいとされています。その一方で科学的な効能としては「フィトンチッド」という物質が関係しているとされています。

「フィトンチッド」は,植物が傷つけられたときに放出する殺菌力を有する揮発性物質の総称で,植物は「フィトンチッド」を自ら放出することによって,他の生物に摂食されたり,病害菌に感染したりするのを防いだり,自らがそのエリアで繁殖できるように他の植物の成長を阻害したりしています。この現象はロシアのB.P.トーキンが1930年頃に発見し,「植物」を意味する「Phyton」と「殺す」を意味する「Cide」から「フィトンチッド」と名づけました。現在では「フィトンチッド」とは植物が自己防衛のために作り出す揮発性物質というだけではなく,「生理活性を有する植物の二次代謝成分の総称である」と定義されています。しかし,森林浴の人への科学的効能と「フィトンチッド」との関係はまだまだ研究の途中にあり,具体的には人間に対してどのような効果があるのかはわかっていません。

4)身近にある自然の薫り

カンファー(樟脳) カンファー[樟脳]
(ヒノキの精油成分)

広い意味の「フィトンチッド」(植物の二次代謝成分)はなにも森林だけに存在するわけではなく,私たちの生活の身近なところにも「フィトンチッド」が存在しています。たとえばすし屋に行けば,寿司をのせる飯台にはヒノキが使われ,ヒノキに含まれるカンファー(樟脳),リモネンなどの精油成分は相乗効果によって殺菌作用を示します。またネタケースの中の「椹(さわら)」の葉に含まれるピシフェリン酸には,強い酸化防止作用があることがわかっています。さらにはワサビや刺身に添えられる大根に含まれるアリルイソチオシアネートは辛味成分であると同時に強力な抗菌作用を示します。ヒノキの樟脳は防虫剤としても古くから利用されていますし,先ほどの菖蒲湯や蓬も,そして前回のコラムでもご紹介した桜餅の葉に含まれるクマリンも「フィトンチッド」の例です。

5)「危険な香り」もある・・・

ここまで「フィトンチッド」が生活に密着した天然成分であると書いてしまうと,人間にとって非常に安全かつ有効なものばかりであると思われてしまいそうですが,そうとは限りません。植物が「フィトンチッド」を自身を守るための自己防衛物質として作り出す場合もあることを忘れてはいけません。

たとえば毒キノコやトリカブト,スズラン,アセビ(馬酔木)などの有毒植物や漆の樹液などは人間に対して毒性や皮膚炎などの有害性をもっています。また若い女性が好むアロマテラピーで人気の「カモミール」「ペパーミント」などの精油は通経作用があるため,妊娠初期の女性は使用を避けるなどの注意が必要です。しかしこれらは正しく使えば,トリカブトは強心・鎮静作用もあるため,特別な弱毒処理をしたものは「附子」という生薬に用いられるし,漆の樹液は漆器の漆塗に用いられます。また精油もその香りに癒し効果によって心身をリフレッシュすることができます。要は化学物質を一方的に受け入れたり,遠ざけたりするのではなく,どのようにして化学物質と付き合っていくかが重要なのです。

※参考文献

1)「植物と行事―その由来を推理する」湯浅浩史著,朝日新聞社(1993).

2)フィトンチッド普及センターWebサイトhttp://www.phyton-cide.org/

3)「群れの科学―大きさの調節機能」小沢正昭,研成社(1991).

4)「ブルーバックス 毒物雑学事典」大木幸介,講談社(1984).

次のコラムへ>>

<<前のコラムへ

▲このページのtopへ

三津和化学薬品株式会社
〒541-0045
大阪市中央区道修町
1丁目2番9号
TEL:06-6231-1686
FAX:06-6231-1687
代表者 今田 美貴男
  |  top  |  商品一覧  |  ご購入方法  |  取扱店一覧  |  コラム一覧  |  
  |  Q&A  |  お問合せ  |  会社案内  |  サイトマップ  |