about   maint&repair   photogallery   mail   blog   link

ノックセンサーの補修  
ノッキングが酷くなってきたのでノックセンサーを調べた所、センサーの樹脂の被服が劣化してボロボロ状態で、中のワイヤーが完全に露出している状態でした。とりあえず絶縁テープを巻いて様子を見ることにしました。

センサーの樹脂の被服が劣化してボロボロ状態です。




















とりあえず絶縁テープを巻いてみることにしました。




















外したカプラーを元に戻して、補修した絶縁テープを保護するためにチューブ(矢印)を取り付けました。


















今回の作業はノッキング対策のためではありますが、以前からの問題のエンジンの息つき対策にと思い実施しました。
結果は後ほどご報告いたします。

息つきの原因は、エアフロ不良により加速不良が生じ、O2センサーはエアフロ不良により燃料が適正に供給されず
センサー部が故障していました。

やはりエアフロが原因でした。

Copyright(c)2006 My VolksWagen Jetta2 All rights reserved